« 八戸名物 | トップページ | 退屈 “アマティ” »

2016年1月29日 (金)

手編みセーター

20160129_103807_2

20160129_103640_2

20160129_104917_2

わたしは3枚の手編みセーターを持っています。(モデルには耐えられないのでアマティにお付き合い願いました)
こどもの頃は手編みのセーターは当たり前で、1枚のセーターを何度も何度も編み直しをして弟たちにお下がりしたものです。
ところが上の2枚の手編みセーターはわたしの友だちの形見で、友だちのお母さんが愛情込めて編んだものです。とてもきれいに丁寧に編まれています。わたしは大事に着させていただいています。
3枚目のセーターは、未脱脂のバージンウールを頂いたのでカアサンに編んでもらったものです。これは雨の中でも着られるスグレモノです。
ことしの暖冬だか極寒だかわからない冬も、これらの暖かい心のこもったセーターで乗り切れそうです。

|

« 八戸名物 | トップページ | 退屈 “アマティ” »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

素敵ですね!((´艸`*))
セーターを手編みで作れるカァサンやご友人のお母様に脱帽です!!
わたしもあやかりたいです!

昔、わたしが彼氏のために作っていた手編みのマフラーを見た祖母が、あまりにも汚いので
見るに耐えられず、勝手に一晩で作り上げてしまい、鼻高々に彼氏にはそれをプレゼントしました(笑)

投稿: Maiko | 2016年1月29日 (金) 13:17

Maikoさん

ふふふ!
手編みのセーターは独特の暖かみがありますよ〜!
ましてや、未脱脂はとくべつです。

昔、かあさんから初めてもらったマフラーは
とても人前では着られませんでした!(笑)

投稿: yopi | 2016年1月29日 (金) 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八戸名物 | トップページ | 退屈 “アマティ” »