« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

作手のミツマタ大群落   〜開花まもなく〜

Img_4022_2

Img_4034_2

作手のミツマタの群生地を初めて訪れてみた。
すごい密集地だが、開花はもうしばらく先のようだ。(何輪かは黄色い花を咲かせていた)
一面黄色い花が咲いたらみごとだろうな!
昨年は岡崎のミツマタの大群落を訪れたが(3/7)やはり早かった。
今年は例年よりも早いかも知れない。

| | | コメント (0)

俊敏アマティ

Img_3669_2

Img_3670_2

Img_3671_2

クルマの移動中はアマティのストレスに気を使います。
特にアマティをクルマに残留させて食事などをしたときには、神社や広場で遊ばせます。
ここは新城市の岡崎との境の白髭神社です。峠から[富士山が見える]と言われているのでよく行くのですが、まだ見えたことはありません。

Img_3822_2

Img_3958_2

Img_3924

Img_3803_2

| | | コメント (0)

作手:古宮白鳥神社の狛犬

Img_3939_2

2img_3931_2

この白鳥神社はお気に入りの狛犬がいるのでよくお参りするんです。
江戸時代の狛犬が向き合って鎮座しているのですが、ちょうどアマティと体格が同じくらいです。(体重はかなり違うでしょうが)
特に左側の和犬のような垂れ耳狛犬がかわいいです。

| | | コメント (0)

目から鱗   作手の豆腐屋

Img_4059_2

作手の道の駅「つくで手作り村」は行く度にお客が溢れる人気スポットです。
その奥に「手作り豆腐屋」があるのですが、そこの自然薯豆腐(寄せ豆腐)が大変おいしいのです。
作手村は独特の文化を持った地域で大好きな地域なのでよく行くのですが、その度に買って帰るのがこの豆腐です。
(もうひとつ、手作り刺身こんにゃくがあるのですが、これは午前中に売り切れです)

Img_4062_2

ところが、今日気付いたのですが[厚揚げ]を見つけました。自然薯豆腐を揚げたものだそうです。
ボクはこういうものが好きなので買って帰って驚きました。
これこそ[目から鱗]
「塩で喰ってください」と言われてその通りにしたのですが、これがうまい!
世の中って広いですね!

| | | コメント (0)

レザン(作手)のマルゲリータ

Img_3641_2

Img_3645_2

何ヶ月ぶりかでレザンのピザが食べられました。
パンの炭焼き窯の余熱を使ったピザなので、なかなか食べる機会が得られないのです。
HPを見て確認してからでないと食べることができない幻のピザです。
トマトは近所の農家さんから、そしてチーズは近所の牧場で7時間かけて作ってくるのだそうです。

| | | コメント (0)

薪の買いだし  〜薪エース〜

20160131_120117_2

20160131_122740_2

五右衛門風呂の薪が残り少なくなったので作手の薪屋さんに行ってきました。
この薪屋さんの在庫はものすごい量です。
多くが暖炉用の薪ですが、ウチのような風呂用は一番安いクズのような薪を買います。
右の写真は何かと思ったら「ウッド・キャンドル」とかいって、切れ目のある方を上に向けて切れ目の中のおがくずを燃すとキャンドルのようにいつまでも(3時間くらい)燃えているんだそうです。
用途は最近はやりの冬のキャンプとか、直に鍋を置くとか、あるいは盆の迎え火とかだそうです。これはおもしろいから、長期のキャンプには持って行って見よう!

20160131_122303_2

わたしのハイエースは後部が薪でいっぱいになりました。アマティはうれしそうに薪の上に座り込んでいます。

| | | コメント (2)

コングで遊ぶ

Img_3453

わさび田小屋に滞在中は、毎朝コング遊びを楽しみにしています。

Img_3536_2

Img_3537_2

Img_3538_2

Img_3539_2

上の4枚は連続写真です。コングを加えて一人遊びしています。

Img_3451_2

Img_4855_2

Img_3601_2

_4186_2

Img_5044

あまり飛び跳ねると立ち耳のラブになってしまいそうです。

| | | コメント (0)

2016年1月30日 (土)

みんの餃子を食いたくて・・・・・

20160130_172156

Img_3395_2

2週間もすると無性に「みん」の餃子が食いたくなる。
静岡から直接新城市のみんに向かって、買ってからわさび田小屋にたどり着く。(2/13に新東名が繋がると30分ほど節約できそうだ)

この餃子は皮が厚く野菜餃子なので、主食となる。おかずはモヤシをパリッと炒めたものと生のキャベツを刻んだものを付けてくれてある。それと僅かなご飯を副食とする正統餃子ライスである。

| | | コメント (0)

退屈 “アマティ”

_0926_2

雨上がりの寒い土曜日、アマティはどこにも連れて行ってもらえないので退屈している。
では、餃子も食いたいことだしわさび田に行って来ようか!

| | | コメント (0)

2016年1月29日 (金)

手編みセーター

20160129_103807_2

20160129_103640_2

20160129_104917_2

わたしは3枚の手編みセーターを持っています。(モデルには耐えられないのでアマティにお付き合い願いました)
こどもの頃は手編みのセーターは当たり前で、1枚のセーターを何度も何度も編み直しをして弟たちにお下がりしたものです。
ところが上の2枚の手編みセーターはわたしの友だちの形見で、友だちのお母さんが愛情込めて編んだものです。とてもきれいに丁寧に編まれています。わたしは大事に着させていただいています。
3枚目のセーターは、未脱脂のバージンウールを頂いたのでカアサンに編んでもらったものです。これは雨の中でも着られるスグレモノです。
ことしの暖冬だか極寒だかわからない冬も、これらの暖かい心のこもったセーターで乗り切れそうです。

| | | コメント (2)

2016年1月28日 (木)

八戸名物

_6391

八戸から送っていただいたずいぶん贅沢な漬け物(松前漬けの1種?)です。
うに、あわび、かずのこ、ほたて等をふんだんに使った漬け物でパッケージの写真通りの内容です。
当然、すごくおいしいです。
冷凍にして毎朝少しずつ頂いています。
ご飯がはずんでしまいます。

| | | コメント (0)

2016年1月27日 (水)

雪のパノラマ台貸し切り

_2988

_2990_2

0127_103238

20160127_124629_2

山梨県の本栖湖と精進湖の間にあるパノラマ台は富士山の展望がよく、昔から何度も訪れている。
先代犬は3回登っているので、ここにも散骨してある。アマティは今日で3回目だ。
湖畔からは1時間半ほどの軽ハイキングだが、急登の連続で、冬の犬連れは落石や雪崩を誘発しそうで気を使う。
所々雪が溶けて凍っているので、アイゼンとストックは必需品。

今日もとてもお天気がよく、一日中富士山が望めた絶好の登山日和。
この方位版の上での記念写真は他にハイカーがいると顰蹙をかうが、撮影中に本栖湖ルートから登って来た犬好きの青年にシャッターを押してもらってみんなで記念写真が撮れた。

_3057_2

20160127_110736_2

山頂からの赤石岳、北岳の眺望もすばらしい!

_3004_3

_3196_2

_2979_2

_2984

G_3159_2

_3197_2

_3200_2

_3254_2

_3278_2

_3293_2

今日もよく遊びました。
登り初めから下山終了まで、上に下にと飛び跳ねっぱなしです。
わたしは最近体力が無くなり、カアサンは先に行ってしまいます。するとアマティはわたしとカアサンの間を始終行ったり来たりしているので、わたし達の2倍は歩くことになります。いや、歩くのではなく走って行き来しています。
帰りのクルマの中ではグッスリ寝ていました。

| | | コメント (2)

2016年1月26日 (火)

DoCoMoから格安シムに乗り換え

Simimg_20160126_0001_2

Img_20160125_0001_2

昨年11月にカアサンのiPhone5sをニフモの格安シムに切り替えた。
ニフモにしたのはプロバイダーもブログもメールアドレスもみなnifty(富士通)で安心できるし、山によく入るのでDoCoMoのキャリアが不可欠だからです。
カアサンが2ヶ月使ってみたが、全く問題はなく料金もわたし達の使い方で2000円/月もかかっていないのです。
20年間も使っていたDoCoMoですが、なんの未練もなくニフモのシムに切り替えが完了しました。
なお、本日をもってドコモメールは使えなくなりましたので、niftyのメールアドレスでお願いします。

| | | コメント (0)

2016年1月25日 (月)

Anker 24W 2ポート USB急速充電器 

20160125_185521_2

iPhoneやiPadや外部バッテリーを最も効率よく充電するのに紹介してもらったのがこのアンカーの充電器だ。
ベストセラー1位に輝いている充電器らしい。
急速充電器でありながら過充電をしない回路が組み込まれているようで、かなり賢いようだ。
これからはUSB端子での充電器が増える傾向(カメラとか懐中電灯等まで)にあるようなので、こういう賢いヤツがたのもしい!

| | | コメント (4)

豆腐・味噌・チーズ・燻製

タイトルの4語はいま話題の「豆腐の味噌漬け」のキーワードである。
今から20数年ほど前に友だちから「これを食ってみろ、なんだと思う」と言われてはじめて口にして驚いた食い物がこれだった。(広島のお土産と聞いている)
その後、東京駅の紀伊國屋で見つけ(熊本産)、新幹線利用時には買って帰った。
最近特に話題となり、新東名のSAでみつけて買ってみたが、これはまずかったな!
そんな折り見つけたのがデパートの「大九州展」のこれ!

0123_114123

_2317_2

これはうまい!(五木産)
「山うに」とはウニのような食感の豆腐ということで、舌に乗せるとトロトロに溶ける逸品。
どれも試食できるので、好みの豆腐を購入できるのもいい。

| | | コメント (0)

2016年1月24日 (日)

冷たい氷の花が咲く

_2930_2

_2927_2

シモバシラという植物のこの花を見たかったのです。
きょうはかなり冷え込むというので、今年最後のチャンスだと思って竜爪山に登りました。予想よりもかなり低い場所で(650〜800位)見つけました。
ただし、時間帯が14時頃だったのでシャープさは欠けていたのが残念!

_2852_2

_2847_2

いくら自然の造形といっても、息を呑む美しさがあります!

_2857

_2862_2

_2873_2

_2867_2

_2884_2

_2878_2

_2888_2

_2894_2

左のシモバシラは特別小さいのですが、右の写真は後ろに大きさの比較としてアマティを入れてみました。
アマティはこれらのシモバシラをアイスと認識しているので、撮影中はリードで縛り付けておかないとみんな喰ってしまうのです。
ことしもすてきなシモバシラに会うことができてホッとしています。

| | | コメント (0)

初冠雪の竜爪山

_2498_5

_2499_4

_2378_3

_2379_4

朝のお散歩に出たらなんと竜爪山に雪が積もっているではないか!(昨晩21時には月がきれいに出ていたので、それ以前に降ったのだろう)
一昨日、深雪で大暴れしてきたアマティとわたし達だが、竜爪に雪が積もったとなると行くしかなかった!

_2513_4

_2596_4

_2573_4

_2560_6

_2520_4

麓には雪は全く無く、標高900辺りから雪が現れると、もうアマティは大はしゃぎ。
一昨日に比べあまりきれいな雪ではないけど、アマティは十分に満足だよね!
山頂は日当たりが良くて雪が溶けていたが、富士山はきれいだった。

G_2689

| | | コメント (0)

2016年1月23日 (土)

畑のダイコン

20160122_084201_2

昨年の9月から準備したダイコン畑。
今シーズンのダイコンは植える時期をずらしたこともあって2ヶ月以上たっぷり楽しめました。
12月早々から食べ始めたけれど、そこの頃は細かったダイコンも年を越すとからり立派なダイコンに育ち、ついには3キロを越すこんなダイコンに成長しました。育ちすぎてスが入っているのでは無いかと心配したけれどみずみずしいおいしいダイコンでした。

_1092_2

20151205_181438_2

豚肉との、鶏肉との煮大根です。おいしかった!

Photo_2

1203_080651_2

20151116_081816

_3547_6

だいこんサラダも沢山食べました。

G20160123_181349_2

_5348_2

畑のダイコンはもう終わりです。今年もおいしいダイコンを沢山食べました。
また、来シーズン、がんばるぞ!

| | | コメント (0)

コーヒーがおいしい

20160123_091356_4

2_4

最近のお気に入りコーヒーです。(コスタリカ)
水は最高においしい竜爪山の岩清水を切らしているけど、先日御殿場に行ったときの浅間神社の湧き水を使っています。この豆はプレスにとても良く合います。

| | | コメント (0)

2016年1月22日 (金)

たのしかったラッセル登山

G_1195_2

G_1199_2

雪を踏みたくて来たのだが途中からはダレも歩いていないのでラッセル登山。
アマティは新雪が大喜びでズボズボしながら跳ね回っていたが、老夫婦にはラッセルは負担が多すぎるがしかたなかった。きょうはスノーシューを持ってきた方がよかった!

G_1439

G_1455_2

G_1454_2

G_1457_2

G_1461_2

G_1460_2

G_1767_2

G_1783_2

もう弾けっぱなしというか跳ねっぱなしというか、こんなに喜んでくれるとラッセルも快い疲れだ!

G_2037_2

G_2295_2

G_2045_2

G_2049_2

上の2枚はウ○チをしているところではない。急斜面を登ろうとしているのだが雪が柔らかく登るところができないで困っている図である。
往復3時間ほどのショートコースだったが、わたし達もアマティも十分楽しんだ!

| | | コメント (0)

ダイナミック富士山

_1426

_1428_2

きょうは雪山に行く予定だったが、朝起きたら薄曇りで「これでは富士山が見えない」から一旦中止したが、ゆっくり朝ご飯を食べ終わると徐々に富士山が見えてきた。 それでは「行ってみようか」ということで家を出発したのは10時20分。
富士宮からパノラマ台に行こうと思ったが、新東名からはあまり雪が見れなかったので、急遽御殿場まで走り立山(たちやま)に向かう。
この山は富士山から最も近い三角点がある山で、先代“Hana” は21回も登っているし、アマティは今日で6回目の馴染みの山なのだ!

G_1539_2

G_1524

アマティの後ろはダイナミック富士。

20160122_131616

_1667_4

スマホの[Geographica]を初めて使って見た。[GARMIN]の簡易版だがこの程度の山では十分使える。
しかし、頻繁な案内音声や鳥の鳴き声を発してうるさい! 止め方はあるんだろうか?
右の写真は21回もここに立った登山犬“Hana” の散骨場所。
“Hana” は毎日富士山を眺めながらこの場所に眠る。

| | | コメント (2)

2016年1月21日 (木)

ウオッシャー液補充

0121_092856_hdr

Img_20160121_0001_2

昨日、高速を走っていてウオッシャー液が出なくなってしまったので久しぶりにボンネットを開けて補充をした。
ハイエースのボンネットはエンジンが入ってないので何となくマヌケ!
ウオッシャータンクは3.2㍑容量だが、冬場は先日も菅平・峰の原でウオッシャー液が凍ってしまったので濃くしたいのだが、濃くするとガラスやボディーが汚れるんだよな!
説明書を見たら原液体水の割合が1:0で-5℃、1:1で-3℃。
どちらにしてもスキー場では凍ってしまうので1:1にしてみた!

| | | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

楽居のサプライズ3連発

久しぶりの楽居だったが、釣りキンキ・関鯵・鰯寿司の3大サプライズ!

_1071_2

_1086_2

席についていきなり出てきたのが大サプライズ。
これは網走で釣り上げられたキンキで、左はキンキの肝のソテーで、右はキンキの兜煮。キンキという魚はたいへんおいしくて大好きなのだが、この肝のソテーには度肝を抜かれた。世の中にはこんなにもおいしい魚料理があるんだ!

_1078_2

G_1081_2

これは丸々太った関の鯵料理。左は関鯵の刺身(暴れん坊の活クルマ海老もうまかったが)でもっちもち! 右は関鯵の兜焼き。鯵の兜焼きなんてほとんど喰うところが無いと思うでしょ?…  でも、あるんだなぁ、おいしさを凝縮した身がギッシリ詰まってる! そう、しゃぶるだけでもおいしい!

_1087_2

ナマコとかぶり大根とかまだまだおいしいものが沢山あったんだけど極めつけがこれ、鰯寿司!
「最近鰯を食ったこと無い」なんて話してたばかりだけど、世の中にはまだこんなにもうまい鰯がいるんだ!
口の中に入れるとトロッと溶けるこの食感は最高!
一日の疲れが吹っ飛ぶ瞬間だね!

| | | コメント (0)

伊豆高原の野外でアオゲラのドラミングを聞きながらのお昼

0120_115711_2

雪の残る鹿路庭峠を越えて伊豆高原のパン屋さん[ル・フィヤージュ]に着いた。
今日は特別の寒さなので室内でサンドイッチの注文を出したのだが、お庭のテーブルには日が差し、風もなかったので外に運んでもらった。久しぶりに外気を楽しみながらのんびり食べていたら、そのうち日が回り日陰になってしまったので早々に経ち去ったが、久しぶりのおいしいフランスパンだった。

| | | コメント (0)

2016年1月19日 (火)

ダイコン畑

0119_122757_2

ジャガイモを植える準備をしなければならないので、ダイコンを急いて抜いて喰っています。
11月初旬から収穫を始め2ヶ月以上楽しむことができました。
始めのうちは細い美人足のようなダイコンでしたが、徐々にしっかりしたダイコンになり、ついにはこの写真の大きい方は3kgもある大物でした。
さて、近々畑を耕して来月にはジャガイモを植えます。すでにデストロイヤーの種を取り寄せてあるので、これもまた楽しみです。

| | | コメント (0)

佐賀県の「増田の小城羊羹」

20160119_134711_2_2

0119_182850

デパートの催事場に行き小城羊羹のブースの前にたたずんだら、店長がいきなり「まいど〜! お客さんはいつもこれだね」といって一番高い練り羊羹を持ってきてくれた。
たしかに、この高級品は一般品の3本分を練りに練って1本にした羊羹でとてもおいしいから毎回これを買っているのは事実だが、まさかわたしの顔と好みを覚えているとは驚き桃の木山椒の木!
そういえば東北展の松前漬け売り場でも同じようなことがあった!
どうやらわたしは物産展の名士になっているかも知れない。

| | | コメント (0)

大九州展で買ってきた“ウルメイワシ”

20160119_180056_4

わたしの母は高知生まれだったので、ウルメイワシはこどもの頃からよく喰っていた。(わたしの骨密度が成人男性の120%というのもこれが影響しているかも知れない)
このワタの苦いのがおいしいのだが、カアサンは苦手なのでキビナゴと夫婦で食い分けている。
久しぶりにきれいでおいしいウルメを頂いた。

| | | コメント (0)

これが話題の[白いイチゴ]

0118_205926

20160118_210058_2

話しには聞いていた白いいちご(天使の実、雪うさぎ)を頂き、はじめて口にすることができた。
パッケージを開けたとき、ほとんど真っ白でギョッとするが、いきなり芳醇なかおりが飛び出してきて驚く。
見た目酸っぱそうで躊躇するが口に入れるととんでもなく甘く、酸味はほとんどない。
味もかおりもイチゴそのものだから、なかなか楽しい食べ物である。

| | | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

外部バッテリー確保

0118_121258

電源の無いところを好んで旅行するわたし達には外部バッテリーは必需品です。
車中泊、テント泊では電源確保はなかなか難しいから充電するためにコテージやホテルに泊まったり、あるいは充電するためにクルマを走らせるなんてことが起きてきます。
なにしろ、わたし達のスマホ2台とiPad2台をいつでも使える状態に保たなければならないのです。
そこでバッテリーを1つ買い足しました。左は5sを5台分、しかも2台同時に。右は5s2台分をフル充電できます。
左は重くてとてもポケットに入れては歩けませんが、右は小さく軽いので登山にも使えます。

| | | コメント (0)

登山用GPS

Gps20160118_142150_2

スマホからGARMINのOREGON 450に匹敵するようなGPSアプリがでましたねぇ!
これはすごいや!
もう重くて電池の持ちは悪く、使い込むのが難しいガーミンは持っていかなくて済みそう。
どっちみちスマホは持っていくんだから大変便利。
問題は使い方と使い心地だな!
ガーミンでも使い切れなかったから大丈夫だろうか?

| | | コメント (0)

もうDoCoMoはいらない!

_20160118_0001_2

わたしたちがDoCoMoのケータイを持ったのが20年前の1997年だった。
その間、1度も他社に機種変してこなかったから、いったいいくらDoCoMoの肥やしになったことだろう。
先般、カアサンのケータイをスマホに変える際、格安シムの[ニフモ]にしていらい、なんの問題もなくスマホ料金も安くなった。
その後スマホ料金が国会で取り上げられ、安い契約も各社で揃ってきたが、やはり格安シムにはかなわないようなので、わたしもニフモに踏み切った。なんせ[1600円+楽天電話]で、無料通話も何社(Lineも含め)もあるからわたしにはこれで十分。
なお、わたしのようによく旅行するモノには「データおかわり」プランがあって0.5GBずつ購入できるのもうれしい!
DoCoMoにMNPを申し込んだらおねえさん、電話口で切れてたが、切れたいのはこっちだ!「20年間DoCoMoに貢いできて挨拶もないのか!」
というわけで、月末にはDoCoMoのメールはつながらなくなります。

| | | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

朝散歩の風景   〜路傍の椅子〜

0116_0811592_2

0116_081211_2

わたしの住む街も最近は子どもの声は聞こえず、老人ばかりが目立つようになってきました。
床屋に行くたびにガラガラでほとんど待たないでできるなんて、かっての住宅街とはかなり様子が違います。
そんなことを思っているときにこんなモノを見つけました。
路に面した地主が、疲れて歩けなくなった老人のために[お休み処]を作ってくれたようだ! 
座り心地はあまり良くなさそうだが、いつの日かわたしもここに座らせてもらうかも知れぬ!

| | | コメント (0)

2016年1月16日 (土)

蒲原のハイキングコースの下見:大丸山ー大平山

里山ハイキングのコースで楽しそうな大丸山ー大平山が犬連れに適しているかの偵察に行ってきました。
出発は午後からだったので、できるだけクルマを使ってショートハイキングに挑戦。

20160116_124518_2

_1002_2

まずはJR蒲原駅で辺りを見渡すと、左の地図看板が目に入ったので、これを撮影して林道に入ったのですが、実際には林道と農道が複雑に交差していて全く訳がわからない!
それでもなんとか右の地図看板までたどり着いたものの、どうしても要領を得ず不安でしたが、とにかく大平山を目指して歩いてみました。

_0977_2

_0967

_0999_2

_1024_2

ルートはなだらかで、土曜日だというのにハイカーにも会うことなく、ヌタ場に飛び込むというトラブルもあったのですが、最後の写真のように水場もあります。
富士山の展望も良く楽しく歩けたのですが、どうも距離感が掴めず、今日の所は途中で引き返して戻ってきました。
こんどは舟場(ふなんば)からのルートを探してみようと思います。

| | | コメント (0)

蕎麦と桜エビのかき上げと寿司が食える店「井筒屋」

_0935_2

_0934_2

蕎麦屋の世界にははおもしろい店があるもので、メニューにもりそばしかないとか、蕎麦とステーキのお店とか、蕎麦と寿司の店とかある。
きょうはなんとなく蕎麦と寿司が喰いたくなったことから行動が始まった。
サクラエビのかき上げ天ぷらと蕎麦で有名な由比の井筒屋は寿司屋でもある。
先に鉄火巻きが出てきて、食べ終わった頃かき揚げそばが出てくるのもいい!

| | | コメント (0)

2016年1月15日 (金)

竜爪山犬連れ山行

_0596

_0580_2

ふくらはぎを肉離れして1ヶ月以上経つが、未だに違和感があり朝のお散歩では痛い。
幸い今朝のお散歩は痛みがなかったので、急に思い立って竜爪山に登ることになった。
犬連れの場合はほとんど登山者の居ない則沢ルートを取る。このルートはものすごい急登だが所要時間は短くて済むし、コーヒー用には最高の水場があるし、なによりも登山者がほとんどいない。

_0639_2

_0657_2

山頂に出るといきなり富士山。でも、雪が少なくつまらない山だ! 反面南アルプスはすごかった! コンデジで引っ張ったら聖岳がグッと引き寄せられた。

_0688_2

_0697_2

_0701_2

20160115_131440_hdr_2

富士山と記念写真をした後、駿河湾を望む!  アマティの後ろには清水区の街、三保半島、そして伊豆半島がきれいに見える。

Gg_0785_2

G_0603

G_0776

G_0784_4

誰もいない山頂広場(ふだんはかなり賑わっているのだが)で、アマティは大喜びで駆け回っている。あれだけハードなルートを1時間半登って来たのにまだまだ体力が有り余っているようだ!
アマティのリックサックには500ccの水が左右に入っている。冬の登山はこれで充分だ!(夏の場合はさらに1リットルをわたしが持っていく)

G_0594_2

G_0623_2

下りもアマティはハシャギながら降りてきました。 わたしは本格的な山はずいぶん久しぶりで、いきなりハードなルートだったので体がガタガタです。

| | | コメント (0)

2016年1月14日 (木)

シャンプー/ビフォーアフター

_0569_2

_0571_2

クルマは雪道を走るとそばに寄りたくなくなるほど汚くなる。(写真左)
この寒空、洗車などする気も起きなく、洗車機でさえ水仕事が残る。
そんなときわたしはディーラーに駆け込む。(要予約)
ディーラーでは“泡ムートン手洗い洗車”を千円でやってくれる。(たぶん軽でも1BOXでも一律料金)
このディーラー(ネッツ静浜)では納車のさい、頼みもしないのにボディーコーティングしてくれてあるので、シャンプーだけでご覧の通りピッカピカに輝く。

| | | コメント (0)

田おこし神事?

20160112_081710_hdr_2

おそらく伝統行事なのだろうが、数年前からわたしの目に付くようになった。
田の中に笹やススキに紙幣を付けたモノを立ててあるので、神事に使われたと思う。
時期は小正月頃で、奥の田んぼはすでに田おこしが済んでいるところを見ると、豊作を祈念しての田おこしの神事跡ではないかと思うのだが、[Wikipedia]で探すことはできなかった。

| | | コメント (0)

2016年1月13日 (水)

ハイエースの夏・冬用タイヤ

_0915

_2240_2_2

ハイエース4型を1年(25500km)乗り、冬用タイヤ(BRIDGESTONE BLIZZAK LEVO 乗用車用 右写真)、純正夏用タイヤ(BRIDGESTONE ECOPIA トラック用 左写真)、そして再び冬用タイヤにもどり、いくつか気付くことがある。
燃費:夏用トラックタイヤの方が1〜2km/リットル優れている(さすがにECOPIA)
    冬用タイヤは高速ほど燃費が悪い
乗り心地:トラックタイヤの方が路面のゴツゴツを拾わない
騒音:冬用乗用車用タイヤはノイズがうるさい
ハンドリング:夏用タイヤの方が切れがいいし、ふらつきもない
ブリジストンのBLIZZAK LEVOは冬用タイヤとして高信頼のタイヤだったが、 ECOPIA(低燃費タイヤ)はかなり高性能のタイヤだと思う。
ECOPIAの冬用タイヤもあるようなので、今年の買い換え時にはECOPIAのスタッドレスにしようかな。

| | | コメント (0)

2016年1月11日 (月)

雪、つもってましたよ〜!

_0537_2

_0555_2

ヤキモキした初滑りに行ってきました。2日続きの新雪と好天に恵まれ、とてもいい滑り初めができました。
後ろは根子岳山頂と四阿山。右に振ると浅間山がすごい(写真には入っていません)。
アマティとは根子岳に登ってないので今年のテーマです。

| | | コメント (0)

峰の原は新雪

G_9098_2

G_9099

G_9100_2

G_9103_2

G_9140_2

今シーズンは雪が少なくてヤキモキしていたけれど、やっと降り出しました。
アマティは新雪の中、泳いでいます!
冬の醍醐味ですね!

| | | コメント (0)

2016年1月10日 (日)

聖高原でロンとあそぶ

ペンションチロルに向かう途中、wood notes製作家:新海氏のアトリエを訪れた。
着くなりロンが飛び出してきて歓迎してくれた。年寄りのロンには可哀想な暴れん坊の訪問者でした。

_8733_2

_8718_2

_8747_2

_8744_2

アマティにとっては今年初めての雪。大はしゃぎです。

| | | コメント (0)

信州名物[おやき]

0110_102520

0110_103358_2

冬、信州に来ると喰いたくなるのが“おやき”だ!
“おやき”の有名な店は沢山あるのだが、昔よく行った乗鞍岳スキーに非常食として持っていった「さかた」というお店の“おやき”が一番うまいと思う!
今回はちょっと遠回りだが、松本ICで途中下車して買ってきた。
野沢菜、ひじきくるみ、きんぴら、あずきと好きなものだけ選んで仕入れた。(一番好きなカボチャはなかった)

| | | コメント (0)

2016年1月 9日 (土)

初代登山犬“Hana” のたちび

2012年1月6日に“Amati”が生まれ、その3日後に安心したように“Hana” は旅だった!
この子は初代登山犬で、15年間の生涯で218座638山を踏破した名犬だった。
わたしの人生観を変えてくれた相棒であり、忘れることはできない。
Hanaggg

根子岳山頂付近のスノーモンスターとの記念写真。 この山には何度も登った!

Hana3

二王山山頂。生き生きした目がすてきだ!

2797jpg_2

_4940_2

左は佐渡の金北山のカタクリの群生地で! 右は疲れ果てて伏せってお腹を冷やしている。

Hana__20151227_0001_2

Hana_2

Hana__20151227_0002_2

2_4

上は富士山山頂から下に伸びる影富士。
富士山が自分の影を樹海に移している。
右はおはち巡りをすませた後、山頂浅間神社の横でカアサンのジャケットを借りて休んでいる。
この後、大変なことが起こりわたしは忘れることができない。
いざ、下山を始めようとしたら“Hana” が歩くことを拒否したのだった。火山岩で肉球を痛めたようだ!
やむなく“Hana” をオンブして下山したのだが、“Hana” の体重は自転車の3倍ある。

Hanaggg_3

Hana_4

思い出は尽きないが左既出の写真。“Hana” の初めてのお散歩は二輪草の咲く里山だった。 右は仲良しのP多と何やらコソコソの図。

Hana_6

この写真も忘れられない。根子岳山頂まで苦労して登り、スキーをしながらいっしょに下山したときだ。

Photo_2

お気に入りの探していた写真がやっと見つかった。“Hana” はドドドドドと地響きを立てて走るが、ダルメシアンのナナは軽々と宙を舞うように走る。
きょう1日は“Hana” のことをいっぱい思いだしてすごそう!

| | | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

板敷のピザ

_8707_2

_8709_2

R151の宇蓮川沿いに板敷という美しい渓谷がある。
宇蓮川は河原まで降りられるところが少ないので、ここは貴重な遊び場だ。
この駐車場にある[マルモリート]という石窯ピザがおいしい!
トマトとチーズのピザ、甘味噌と里芋のピザを食べた。
ずぶ濡れになったワンコ連れでも食べられる貴重な場所だ!

| | | コメント (0)

アマティ、寒空で初泳ぎ

_8550_2

_8538_2

わたしたちがコセリバオウレンの写真を撮っている隙にアマティはスルッと抜けて宇蓮川に入ってしまった。
今日はずいぶん寒いからちょっと油断してたんだよな! 水を見たら入らねばならないと思ってるんだろうか!?

_8580_2

_8590_2

_8604_2

_8601_2

それにしても気持ちよさそうに泳いでるんだよな!

G_8626_2

_8524_2

_8527_2

ブルブルだけは入念にやっているようだ!

_8664_4

やんちゃぼうず! いまはコタツの中で寝ている!

| | | コメント (0)

コセリバオウレン

P1080017_2

_8497_2

1cmにも満たない小さく地味な花だけど、なぜか心をそそられます。
小さすぎてコンパクトデジカメではどうしようもなかったけれど、カワイイ花です。

| | | コメント (0)

節分草が満開

_8358_2

20160108_110102_2

名号の節分草が昨年から咲きだしているとの情報を頂き、居ても立ってもいられなくなり昨夜名号に入った。
今日、見に行ったらなんということだ、もうほとんど満開!
ここの節分草は日本一早い開花だが、いくらなんでも早すぎるなぁ!

_8382_2

_8381

_8355_2

_8375_2

_8387_2

春の使者がこれだけ勢揃いして咲くともう冬なんて言っていられないですね!
それにしてもオシャレでカワイイ花ですねぇ!
いよいよオッカケが始まります。
節分草だけでもこれから数カ所を追いかけることになります。場所によってシベの色合いがみな違うんです。

| | | コメント (0)

梅の里

_8260_2

_8267_2

_8265_4

_8268_2

名号は梅の里です。
蝋梅も紅梅もとっくに咲き出していますが、白梅はやっと咲きだしました。といっても、名号としてはずいぶん早いと思います。
今朝、アマティとお散歩しながら道路標識の温度計が0度を指しているのを見たあと白梅の開花を見つけました。

| | | コメント (0)

今朝のコング遊び

_8153_2

_8168_2

昨夜は寒かった! 寒くて目が覚めたくらいです。
8時のアマティのお散歩の時は0度だったから、かなり下がったと思われます。

_7808_2

G_7777_2

G_7845_2

G_7963_2

_7898_2

アマティの遊び場は霜で真っ白!

| | | コメント (0)

裏山散策

_8277_2

_8317_2

_8318_2

_8319_4

_8439_4

じつは山葵田の裏は山がせまっており崖崩れの心配や獣の心配もあり怖いところである。
山葵田は年中イノシシの被害が耐えなかった。(沢ガニを食べに夜な夜なやってくる)
それなりにとても自然に恵まれ、楽しいことがいっぱいある。
アマティはここで遊ぶのが大好きだ!

_8453_2

_8451_2

今日の大発見
裏山に一面に「冬苺」が実っていた。
さすがに時期を逸しているが、来年は大いに期待できる。
来年はおいしかった「冬苺のチーズケーキ」が沢山食べられそうだ!

| | | コメント (0)

2016年1月 7日 (木)

[みん]の餃子が食いたくて

_7725

_7728_2

12月19日にみんの餃子を食べて、しばらく食べていなかったらどうしても喰いたくなってしまった。それも思い立ったのは16時過ぎだったが、いまから直接新城市に行って「みんの餃子を買ってわさび田に泊まって明日は節分草を見てこよう」ということになった。
16時から支度をしたのでみんに着いたのは18時過ぎ、わさび田に着いたのは19時頃。
この餃子は実はかなり大きくて皮が厚いので、ほとんど主食になり得る。この餃子を15個も食うとお腹はもう満腹。(野菜餃子なのであっさりしているから15個は行ける)

| | | コメント (0)

2016年1月 6日 (水)

アマティの初詣

2_7420_2

_7428_2

全国の犬型狛犬を訪ねているわたしは、いつの日かアマティが狛犬になる日を密かに願っている。
そんなこともあって、アマティは初詣は谷津山の古墳神社に参拝し狛犬モデルとなる。
阿吽の形相を作るのがなかなか難しいが、いい感じで仕上がった!?

_7431_2

_7423

| | | コメント (0)

1ヶ月ぶりの谷津山散策

_7577_2

_7626_2

毎朝アマティと谷津山に登る約束をしていたのに、お天気が悪かったり、あまりにも寒くて朝起きれなかったり、極めつけはわたしのふくらはぎの肉離れなどで、お誕生日の今日ほぼ1ヶ月ぶりとなってしまった!

_7632_2

犬が全力で走る姿が大好きだ! しかし、なんだ? バカにたるみがあるんだが、これはなんだ? ひょっとして中年太り? 
全力で走る横の姿は目にとまらないので、カメラで時間を切ると見てはいけないものを見てしまった気もするが・・・・・・

_7628_2

G_7616_3

_7578

_7706

| | | コメント (0)

里山は秋と春が混在

_7683_2

_7680_2

_7686_2

静岡の里山は今、紅葉が見頃です。(少しオーバーな言い方だけど、かなり紅葉がまだ残っています。一昨日の賤機山もきれいでした)
そして、春咲くツツジも満開です。
一体どうなっているんでしょうね!?

| | | コメント (0)

アマティ、4才のお誕生日です

G_7616

アマティは今日で4才になりました。  ヒトに例えれば30代前半か?… 
相変わらず子どもっぽい顔をしてますねぇ!

_5746_2

120001_2

_5767_2

右がおかあさんのクララで左がお婆さんのローラです。
もちろんローラはおっぱいが出ませんが、2人で子育てしていました。

120002_2

27_1955878_2

生後1ヶ月、2月7日の兄弟です。チョコのだれかがアマティです。

011_2

022_2

生後2ヶ月、3月6日の写真です。左がアマティのようです。

| | | コメント (0)

2016年1月 5日 (火)

伊勢丹デパート静岡店の冬の大北海道展

今日から10日間、北海道展が始まりました。確か来月には松坂屋静岡店でも行われるから、あまりたくさん買い込む必要がないので自宅から小さなザックを持って歩いて行ってきました。

0105_145940_2わたしの好きな松前漬け店が来てたのですが(松坂屋には来ない)、松前漬けは暮れに沢山いただいてあるので、今日はこれだけです。
左は帯広の餃子です。まるごと海老餃子、行者ニンニク餃子、野菜餃子の3点を買ってみました。驚いたのは行者ニンニクと野菜餃子の値段は、食べる度に感動的な喜びを感じる新城市の「みん」の餃子の倍の値段だと言うことでした。

0105_180001_2

写真の左から海老、行者ニンニク、野菜を5つずつ焼いてみたものです。(試食は水餃子)どれも旨味が多くて驚くほど美味しいです。どれも美味しいが海老餃子の旨味はすごいです。
しかし、味はクドイから少しならいいけど沢山は食べられません。やはり水餃子にすべきだったかな!...

0105_182644_2

0105_182823_2

甘いものは、最近食べ過ぎているのでロイズはやめてこれだけにしました。

| | | コメント (2)

やっとアマティまで回ってきたスモークドアイスバイン

_6717_2

_7129_2

_7106

暮れに御殿場の二の岡ハムで買ってきたスモークドアイスバイン、お正月にけちけち削りながら振る舞っていたが、とうとう骨だけになってしまった。
買うときに460gの「均一料金ですが骨の太さによって肉の量が違いますから保証できません」と言われていたが、これは大当たりでいつもより買うものよりも肉が多かった!
小2のマゴですらこの旨さがわかってしまったのは少々オドロキ!
アマティがテーブルの横でまだかまだかと待っているというのに骨の隙間に舌を突っ込んでしゃぶっている。
わたしとしては少々は肉を残しておいてアマティにあげたかったのだが、マゴの執着ぶりを見るととてもそれは望めなかった。

G_7298_2

_7262_2

G_7304_2

久々の骨にアマティはもう夢中でくらい付く。

Gg_7279_2

Gg_7280_2

Ggg_7324_2

さすがこの姿はどう猛な肉食野獣とも思えるが「ちょうだい」といえば素直にわたしに渡すところを見るとすごいなぁと思ってしまう。

| | | コメント (0)

2016年1月 4日 (月)

10年前の録音機

Ic_6780

Ic

昨年、机を整理していたら10年前の[ICレコーダー]が出てきた。強引に裏蓋をこじ開け電池を交換したが使い方がよくわからない。形式で検索すると2005年製の取扱説明書が見つかった。ただし、読んでもよくわからないのでガシャガシャとじっていたらいきなりきれいな音が鳴り出した。
内容は齊藤・外岡・松下のピアノトリオで、メンデルスゾーンのピアノ三重奏の練習風景だった。それが恐ろしくきれいな音質で臨場感もあり、このレコーダーはただ者ではないと悟った。

録音は時々停まって打ち合わせをしながら先に進んでいるが、音はきわめて鮮明で、さらに音楽が生き生きとしてたいへん快い! アンコール用の小品の録音も入っているところから、当時の本番直前の録音と思われる。
録音フォルダをみると2006年5月10日の録音と記されているから、ちょうど10年前と言うことになる。
その後、メントリは数回の演奏機会を得、1年前にもやったばかりである。その記憶からすると、この10年間というのはずいぶん音楽が変わってきたように思える。
はたして「この10年間、ダテに飯を食ってはいない」と言い切れるだろうか?
今まで漠然と「以前よりもいい音楽が演奏できている」と思っていただけにショックは大きく、この録音のようは生き生きした演奏は逆立ちしても弾けないかも知れないな!

| | | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

初詣と登り初め(賤機山)で黄金の運が付く

新年になって5つ目の初詣に浅間神社を選び、天徳院から賤機山城址経由でお浅間さんにでかけた。(近年、お浅間さんにはこのルートを使っている)

_6792_2

_6820_2

わたしの右ふくらはぎの肉離れもかなり良くなったので、サポーターをして久しぶりに山登り。アマティも久しぶりなので大はしゃぎです。

_6894_2

_6825_2

_6963_2

_6964_2

_6941_2

_6973_2

稜線のお地蔵さまと記念撮影

_6999_2

_6994_2

ここは賤機山城跡の展望台で、アマティの頭の上には富士山が見えるのだが、写っていない。 右は同じ場所から富士山だけを撮ったものだ!

_7016_2

_7019_2

お天気も良かったしポカポカ陽気だったしハイカーも少なかったので、アマティは自由奔放に走り回っていた。 そんな姿をニコニコしながら見つめている老夫婦はそのあと凍り付くことになるとは夢にも思っていなかった。
老巨木の前でアマティの写真を撮りたいと思って呼んだが戻ってこない!何度か呼んでも戻らないのでホイッスルを鳴らしたら山の中から飛び出してきたので褒めてやって巨木の前に座らせたときだった。アマティの首に黄金色の運がしっかり擦り付けられている。「しまった!」
ハイカーや登山者が多い山はルートを外れると人糞が放置してあることが良くある。先代犬はそれを見つける名人で、よくわたしに怒られていたのだが、アマティはそんな気配がなかったので安心しきっていたのだ!(人糞だけではなく獣の糞も多い)
教訓[犬は山で何やらコソコソやっているときは油断してはいけない]

浅間神社に降りるとすごい人混みで「わぁ、かわいい」とか「きれいな犬ね」とか「さわってもいいですか」とか声をかけられたが、それらを無視してチョークチェンを引っ張り先を急ぐ。

そして、初詣もそこそこに、食事を取ることもできず急いで家に帰り、シャンプーをしなければならなかった。  「このバカ犬め!」

_7051_2

_7070_2

| | | コメント (0)

2016年1月 2日 (土)

アマティはお正月はキライだ!

_6769_2

_6770_2

_6771_2

きょうは10数人が集まったのでアマティはハウスに閉じ込められました。
やっと皆が帰った後、「おいで」と呼ぶと、天板が空いていたのでその場飛びでいきなり自分のハウスを飛び越えて出てきました。
3枚連続写真です。あいかわらずものすごい身体能力です。きっとすごく嬉しかったんでしょうね!

夕方、全員帰りました。やっとこれでわたし達の正月が始まります。
アマティはわたしとカアサンを独占できます。
そろそろ山に登りたいけど肉離れしたふくらはぎは大丈夫かな?…

| | | コメント (0)

正月料理

_6746

G_6739_2

正月は子どもやマゴがカアサンの料理を食いたくて集まるので大変です。
ことしは暮れから来ていたので、子どもやマゴ達の食べたがるすき焼きやしゃぶしゃぶ、お寿司も用意したから、気の毒なほどでした。
重箱がわりの陶箱(森恵子作)も数回分入れ替え。蟹皿は宗像睦生作。
とても豪華です。
ことしの「なます」の味は40数年の中で最もおいししかった!

_6732_2

_6753_2

それでも食い足りないので、これは恒例のしぞーかおでんです。
3日間以上かけてこの大鍋に4杯くらいを煮て、毎日足しながら食べるのですが、今日は10数人の客が来てかなり喰われてしまいました。
今日のコンニャクも40数年来の最高の味でした。他にはイモ(じゃがいも)がおいしかった!

| | | コメント (0)

2016年1月 1日 (金)

マゴとお散歩

20160101_080255_2

0101_080223_2

元旦の朝のお散歩はこと姉ちゃんが連れて行ってくれました。
アマティはちょっと、とまどっています。
このマゴたちは小さいときからアマと大の仲良しで、いっしょに転げ回って育ちましたが、もう中学校1年生。おにいちゃんは高校受験の年で、今回は静岡には来ませんでした。

| | | コメント (0)

今年もよろしくお願いいたします

2016

2016_3

| | | コメント (2)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »