« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

大谷嶺 新窪乗越 ハイク

_8966_2

_8965_2

案の定、梅ヶ島の紅葉はもうすぐそこまで来ていた!
ここは大谷崩れのかなり手前だが、色づき始めた様子がよくわかる。
ここはわたしの大好きなところで、なにかというとここまでやってきてはおいしい空気をたっぷり吸うところとなっている。

_8983_2

_8981_2

_8970_2

_8975_2

ベストシーズンとあって、紅葉狩りの方々がいるのでここまではリードを付けて登って来たが、ここから上は人に会うことはまずない。
ここから新窪乗越まで急な登りの2時間が始まる。

_9052_2

_9039_2

_9063_2

_9315_2

_9060_2

_9108_2

ここまで登ると落葉が盛ん。 美しいジュータンの上をカサコソと気持ちいい音を立てて歩くが、ここから上はガレ場で急登。

_9116_2

_9117_2

_9231_2

ずっとすり鉢状のガレ場が続く。
若い頃はこの坂を自転車で下りたりスキーで下りたりしたものだ!(自転車はもちろん担ぎ上げる。雪は年に数日は積もるが、根雪が付いた上に積もるのは年に1〜2日しかない貴重な自然のゲレンデなのだ。もちろんリフトは無いから担ぎ上げるかシールを貼って登る)
そんなことを思い出しながら登って行ったら突然アマティが走り出し岩陰に消えた!
下の写真の矢印の先が見えるだろうか?  アマティがニホンカモシカを追い出し、カモシカが慌てて逃げているところなのだが・・・・!

_9120_2

_9125_2

少し遠かったのでうまく写らなかったのが残念! おかげでアマティにはいい運動になった!

_9167

_9204_2

_9309_2

_9307_2

_9319_2

_9321

_9323_2

_9324_2

上でお弁当を食べ(アマティは山登りをした日は昼食がある)、再び急な坂を下りてくるとまた見事な紅葉が迎えてくれる。
すてきな一日だった!

| | | コメント (0)

2015年10月29日 (木)

老セロ弾きの苦悩III

20151028_154033

70を越えると体のいろんな所にトラブルが発生します。
本番が近づく度に左手薬指が痛くなって、その度に「あぁ、これで最後かな!?」と悟るのであります。
が、本番が終わりしばらくするとそんなことをすっかり忘れ、また本番を組んでしまう。
次の本番は11月15日、チェイコフスキーの「芸術家の生涯」全楽章。(6月に1楽章のみ演奏している)
これだけの曲だから「これが引退公演になっても仕方ないな」と思いつつ練習を重ねているが、なんといまは薬指の痛みはとれて親指の付け根が痛くなっている。(かなり痛い)
原因ははっきりはわからないがわたしには頸椎の損傷があり、左手全体にシビレがあるのだが、それが影響している可能性は高い。(整形外科、針、整体等でも満足な結果は得られない)
最近ちょっと小指も痛くなっているが、なんとかチャイコの本番だけは持たせなければならないな!(写真は冷やさないようにサポーターをしている)

| | | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

だいこん畑

20151028_122028_2

新鮮なだいこんが大好きなのでたくさん植えた。
今回は時期をずらしてみたがどうなることか?
12月には水っぽいおいしいダイコンが喰えることだろう!?

きょうは最後の間引き作業。
これがダイコン造りの大きな喜び!
少し時期が遅れたので良く育った間引きがたくさん採れた!
これがダイコン作りの醍醐味で、これ喰うと「腰が痛い」なんて言っていられないほどうまい!

_8960_2

_8958_2

| | | コメント (0)

HUNTING WORLD のボディーバック

G20151028_112540_3

ボクはハンティングワールドのブランドが好きで、いくつか愛用している。
なかでも2つ折りサイフは30〜40年使い続けている。(もちろん5回くらい買い換えている)
今日、フラッとお店をのぞいたらなんとなんと欲しいと思っていたボディーバックがあるではないか!? あぁ、実物を見てしまったらもうたまらない!
最終的にどちらにしようかちょっとだけ迷ったが、すんなりきまった!

| | | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

毎朝“野遊び”

_8804

_8797_2

_8811_2

_8836_2

お天気もいいし、朝は涼しいし、こちらにいるときはアマティは天国ですな!
若いワンコのケツのアナって健康的でいいですねぇ! ホレボレしてしまう!

_8934_2

_8933_2

G_8775_2

_8626_2

疲れてくると休憩? いや、右の写真ははずかしながら○○○スタイル。

_8870_2

_8270_2

木の枝が落ちていないところではコングが必需品!

_8188_2

_8178_2

_8206_2

_8230_2

_8255_2

_8304_2

3日分の朝の遊びを一挙公開してしまいました。 流し撮りに挑戦していたのですが難しいですね!

| | | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

センブリとその仲間たち

20151026_104600

_6958_2

_6945_2

_6986_2

_6937_2

_6956_4

千振の種類ではムラサキセンブリが華やかで美しいと思います。
最後の写真はムラサキセンブリの白花です。

_6990_2

20151026_114153_2

左はイヌセンブリです。
ムラサキセンブリより2回りほど小さいが紫の筋が入っています。
関西にはどこにでも生えていると聞きますがこちらではあまり目にしません。
右は普通のセンブリです。
この根は乾して煎じると胃腸の薬と言われています。ものすごく苦くてマズいのですが、よくオバアチャンに飲まされたのを思い出します。

G_5040_2

Photo_4

左は先日見てきたソナレセンブリです。この花は海岸の岩場で咲きます。
右の写真は元のデータが無くなってしまったのでこんな写りですがチシマセンブリです。
7月に北海道に行った目的の1つはもう一度チシマセンブリを見たかったのですが、お天気がくずれ実現しませんでした。

さて、仲間たちをもう少し
センブリ、イヌセンブリ、ムラサキセンブリは同じ所で見ることができますが、こんな花も咲いていました。

20151026_102334_2

20151026_104033_2

_6985_2

20151026_105304_2

ヤマラッキョウが鈴なりでした。 

ミカワマツムシソウも咲いています。
そしてアマティもお花見!アマティの前にムラサキセンブリが咲いています。
下の写真はヤマラッキョウの白花です。みな、それぞれ思い思いに咲いていました。

| | | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

シラビソ高原/御池山

_8336_2

20151025_120906_2

下栗ーシラビソ間のエコーラインはすばらしいお天気と見事な紅葉で言葉も出ないほどの興奮。

_8422_2

すごい岩の上の御池山山頂にヴィンセント家族と共に登った。
岩の途中に誰かいるがだれだ? まるでカモシカ!?

_8479_2

_8427_2

_8488_2

_8471_2

_8497_2

4g_8548_2

上右の写真が唯一4頭のラブが写っている写真だった。

G2_8455_2

_8572_2

_8589_2

御池山登頂後、神秘的な御池を見に行った。山登りのあとだから、ワンコたちは池に入りたがることはわかりきっていたので、早めにリードを繋ぎ準備万端で望んだのだが、アマティのバカ者めがわたしを転ばして神池に突入。気持ちよさそうに泳いでしまった。(それを見ていた茶色い子が同じく飼い主を転ばして飛び込む)

20151025_154940_2

わたし達が歩いたところは何万年か前に巨大隕石の落下現場で、わたしたちはそのクレーターの淵を歩いていたことになる。
次回はクレーター目当てに歩いてみたい!

| | | コメント (0)

ヒョー峠の[国盗り綱引き合戦]

20151025_102911_2

水窪から下栗の里に向かうには兵越峠を越える。そのつもりで進んで行ったらなんと、国盗り綱引き合戦日に当たってしまった!
綱引きを見る人はマイカー規制がかかっていたが、峠越えは通行できたので、チョットだけのぞいてみた。

20151025_102752_2

20151025_102844_2

20151025_102827_2

峠近辺は見事な紅葉でベストシーズンだった。
峠もきれいだが、周りの山も素晴らしくきれい!
お祭りをやっていなかったら静かに楽しみたいところだが、早々に経ち去った。
したがってどちらが勝ったかの結果は、愛知県のニュースでは流れてこなかったのでわからない!(静岡と長野のニュースでは大々的に報じられたはずだ)

| | | コメント (2)

いま話題の原田橋

20151025_090740_4

20151025_090758_3

G20151025_090927_5

東栄町から水窪に行くには原田橋を通らねばならないのだが、今年の1月に崩壊して交通止めだった。
しかし、とりあえず河原に仮設道路ができたので雨が降らない限り通行可能になった。
右は崩壊場所で、以前の橋は撤去されている。

| | | コメント (0)

2015年10月23日 (金)

松崎の長八桜もち

_8114_2

_8116_2

あれだけたくさん喰ったのに、これは別腹!
今日は特においしく感じてみんな食べてしまった! あぁ!!

| | | コメント (0)

宇久須・八起の「小あじ寿司」

_8109_2

_8112_2

14時過ぎに2合の鮎炊き込みご飯を食べ、17時20分のフェリーに乗るとなると、どんなにおいしい小あじ寿司でもさすがにお腹には入らない。
それで、いつもの手を使うのだが、テイクアウトさせてもらう。するとちょうど19時に家に着くのでおいしく頂くことができる。
さすがに食べ過ぎたが、さらに別腹がある。

| | | コメント (0)

松崎の[鮎の茶屋]で遅めの昼食

_7982

_7986_2

松崎に来ると、寄らねばならない場所が何カ所かあるのだが、ここもその1つ。
鮎料理、猪、鹿の料理ならここに任せておけ!
今日の鮎は大きかったので、ピチピチしているのをそのまま焼くのは少々残酷。
もっと残酷なのは右のガニ汁。モクズガニを叩いてつぶして石臼でひいて濾したもの。これが滅法うまい!

_7989_2

そしてこれが鮎の炊き込みご飯。土鍋で2合のお米を炊き込んである。
これを2人で全部食べてしまったからすごい!

| | | コメント (0)

那珂川で海水落としの水あび

_8038_2

_8041_2

G_8033_2

海水のあとは真水で泳がせたくて探していたら松崎の那珂川(中川、那賀川、なかがわなどいろいろな表記があってどれが本当かわからない)にでました。(河口で川海苔が取れる有名なところです)
こんなに気持ちよさそうに泳ぐのを見るのは久しぶりです。

_7999_2

_8001_2

| | | コメント (0)

アマティ、伊豆の海岸で遊ぶ

Pa230025_4

こんなすばらしい景色の元でアマティ、遊んでいます!

_6818_2

Pa230010_2

G_6903_2

_6841

わたしの承諾無しに海に飛び込んだ証拠写真です。(旅行中は海水は原則禁止)

_6850_2

_6864_2

_6888_2

G_6881

_6910_5

岩場の海は波が荒く潮の流れも速いので普段は決して入れません。
でも、きょうは波の穏やかな入り江を見つけて入ってしまいました。
さぁ、あとが大変!
水は10リットル持っていますが、塩分を洗い落とすには足りそうにありません。
どこかで川を見つけないと!

| | | コメント (0)

ソナレセンブリ

Pa230018_2

Pa230024_2

_6764_2

_6768_2

_6770_2

_6778_2

_6783_4

昨年は伊東のコンサートに合わせて見に行ったので、遅すぎて花は終わっていました。
今年はほとんどの花や果実が早めなので、少し早めに行ったらまだツボミが多かった!
毎年見に行っている花なので、見れない年はすごくさみしいけど、今年は見られた!

| | | コメント (0)

ぶさかわいい狛犬さん   〜その2 湯ヶ島天城神社編〜

_7955

天城神社の狛犬は8/19にすでに報告済みだが、八幡神社を見たあとどうしても共通点と相違点を確認したくて再び訪れた。
最も大きな共通点はそのブサイクさだ!甲乙付けがたいが、カワイサもそれなりにある。
製作年代は八幡神社が1763年、天城神社が1765年でほぼ同時期。石工は確認出来ないが同じと考えた方が良さそうである。万一別人でも両社間は12kmほどなので、影響はし合っているだろう!?
この1対の狛犬産は体は正面を向いているが顔は同じようにひねって左前方の山の方向を向いている。

_7961_2

_7963_2

上の写真は狛犬の体の正面から撮っているので、顔をひねっているのがよくわかる。ただひねり具合は若干違うようだ!

_7965_2

_7964

上の写真は顔の正面にカメラを持っていって捕らえたもの。

_7967_2

_7970_2

大きさはLabrador retrieverのアマティと比べて欲しい。 大ざっぱな感想で申し訳ないが八幡神社の方が天城神社の狛犬より大きい気がした。

| | | コメント (0)

ぶさかわいい狛犬さん   〜その1 修善寺八幡神社編〜

_7925_2

伊豆市というところは不思議な狛犬がいる。
わたしはこれまで、江戸時代に作られた狛犬をたくさん見てきたがこれほどまでにブサイクな狛犬を他に知らない。
しかも、同じような狛犬がもう一対、伊豆市の湯ヶ島にもいるから、これにはきっとなにか理由があるのだろうが、わたしの想像力をしても何とも答えが出てこない。
ただ、ジーッと見ているとカワイく思えるから不思議ではある。

_7930_2

_7933_2

本当にブサイクだが愛嬌があると思えばカワイく思える!?

_7929_2

_7928_2

口の開け方は一応、右が[阿]で左が[吽]のようだ!

_7943_2

_7940_2

_7935_2

_7934_2

多くの狛犬は2頭とも正面を向きにらみを利かせているのだが、この子たちのように向き合っているのも無くは無い。
しかし、向き合う場合はお互いににらみ合っているのが普通だが、この子たちはちょっと違うぞ!?
右の[阿]君は[吽君をにらみつけているが、左の[吽]君は[阿]君から目をそらせ、首を右にひねっている!
前足がO脚なのも湯ヶ島・天城神社の狛犬と共通する。

| | | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

楽居のサプライズ

_5094

伊東の楽居に行ったら懐かしいクルマが駐まっていた。あわてで店に飛び込むと案の定、復活した友だちが待っていてくれた!
さらにFB友だちも初めてお目にかかることができて賑やかな食事だった。

刺身盛りの両側が地付きアジ(静岡では根付きという)。予約時に「地付きアジは刺身がいいですか酢〆がいいですか」と聞かれて判断に困っていたら両方出してくれた。
このアジが滅法うまい! 

_5105_2

_5103_2

メヒカリが喰えたのもうれしかった。頭からシッポまでバリバリ喰う。 右はアマダイを使った料理だがワサビをたっぷり使うとご機嫌にうまい!おもわず「うまいね〜!」

_5110_2

_5109_2

久しぶりの穴子、とてもおいしかったな〜! 
そしてカサゴ。小さなかわいいカサゴだけど、身もしっかりある。 丸揚げ大好き!

_5112_2

そして最後がサンマ寿司。
いつものサンマ寿司とちがってあぶりが入っています。
もう思い残すことが無いほどおいしい!

きょうは話も弾んで料理も弾んで、ずいぶん食べてしまいました。腹一杯になって自宅まで2時間、眠いのを我慢して帰って来ました。

| | | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

目がいいね!

_7900_2

_7903

年老いてくると、時間はあっても体力が無いためにアマティと遊んでやれないことがよくある。
きょうも「かわいそうだなぁ」と思いながらも、明日のために体力を温存させておかねばならない。
そんなとき、ちょっとコンデジを取り出してアマティにレンズを向ける。
いいなぁ、この子たちの目はわたし達と違って澄んでいて美しく、生き生きしている!

| | | コメント (0)

話題の健康食品[マコモタケ]

20151019_120657

最近、健康食品の新食材としてマコモタケが各地で売り出されている。
ウチのカアサンはこういう食材が好きで、アチコチ電話をしては在庫を取り寄せている。(わたしは新食材と言われるモノは全て苦手)
昨日、伊東市内の[いで湯っこ市場]で見かけたので電話したら「ぜひ買ってこい」というので仕方なく買ってきた。
今朝の朝食は[マコモタケご飯]だったのには驚いた!
こういうモノは人に勧めず自分一人で喰って欲しい!

| | | コメント (0)

2015年10月19日 (月)

山栗きんとん

_7882

_7885_2

山栗の最盛期に伊東に行けなかったので、ほとんどあきらめの境地で伊東の「いで湯っこ市場」に寄ったら、なんと一袋だけ残っていた。
たったこれだけだったが蒸かして小さじ(極少)で掘り出したら177gになった。(山栗でないふつうの栗は大さじで掘り出す)

G_7889_2

そうして出来上がったのが9個の山栗の栗きんとん。
色もかおりもきれいで味がまたすばらしい!

山栗は小さくて作業が大変だが、味は抜群だなぁ!

| | | コメント (0)

間違えてる!

_20151019_0001

チャイコフスキーのピアノトリオ「芸術家の生涯」の2楽章のチェロパートの 楽譜です。

この曲はいままで6〜7回弾いたことがあります。
11/15にコンサートがあるので今日はそのための練習日でした。
が、2楽章に入ってヴァリエーション1の4小節目からどうしても合わないのです。ボクが1拍遅れていると指摘を受けます。ボクは目をカッピライて足で拍を取りながらマジメに弾くのですがやはり合いません。ただ、楽譜を見ないで弾くとぴったり合うのですが、楽譜を見ると合わないのです。
よくよく楽譜を見るとなんとなんと、楽譜のミスが見つかりました。休符が一拍多いのです。
いままで、この楽譜で何度も合わせてきて今日、このミスに気付くとは何ごとでしょう!
いかに楽譜を見ないで雰囲気で弾いているかがバレてしまいました。

| | | コメント (0)

2015年10月18日 (日)

ゴキブリの冬眠準備?

_7876_2

チェロの練習をしていたら何やらチェロケースに向かってノロノロ移動している昆虫がいる。
なんだろう? と思ってよく見たらゴキブリではないか!
そのうちチェロのケースに入ってその中をよじ登ってるぞ! なんだ、こいつは!
こうなるともう落ちついて練習はできない。
弓の先で突こうかとも思ったが、それも気分悪いのでしばらく観察していたら更に上に登り、ケースの一番上の松ヤニを入れる袋にまで到達した。
こんな所で冬眠されてはたまらない! と思って立ち上がって手で追い払って外に出したのだが・・・・・・・・!
今年はわが家はゴキブリの発生が極端に少なかったが、ここ2〜3日、なぜかゴキブリの動きが激しい。いよいよ冬を迎えるに当たってイロイロ準備があるのかも知れない!

| | | コメント (0)

玉ネギの床造り

_5087_2

なぜか忙しい体なので、時間があるときに畑を作っておかねばならない。
暑い中、玉ネギ用の床を3畝作りました。
これで200本のタマネギの苗を植えることができます。
玉ネギは保存が利くので何百あっても有効利用できます。
苗を植えるのは11月中旬です。

| | | コメント (0)

コケモモのシフォンケーキがおいしい!

_6603

_6638_2

過日採取したコケモモです。 これでコケモモジャムを作りました。

_1060_2

_7871_2

コケモモジャムをシフォンケーキに入れました。ケーキの甘さとコケモモの酸っぱさが最高!

| | | コメント (0)

2015年10月17日 (土)

ちょっと甘やかすとすぐこれだ!

20151016_105036_2

お留守番が嫌いでどこに行くにも一緒に行きたがるアマティ!
後ろの座席に座らせても、すぐにこのように前の座席に覆い被さってきます。外が遊んでもらえそうな景色になると更に身を乗り出しこんな状態になってしまいます。

20151016_105040_2

20151016_105057_2

やっと落ちついてきたかな!?

| | | コメント (0)

2015年10月16日 (金)

弓の毛替え

_7864

昨日、弓の毛替えをしてまだ松ヤニを塗っていない毛です。
最初に松ヤニを塗る瞬間がなんかワクワクして大好きです。
ジックリジックリ松ヤニを塗りました。
最近は本番用の弓と練習用の弓を分けて使っていたので、おそらく1年ぶりの毛替えでした。久しぶりに毛を新しくした[A.Vigneron]と[L.Bazin]は機嫌を良くしてチェロがバリバリ鳴り出しました。やはり毛替えは年に2〜3回しないとダメですね!

| | | コメント (0)

キレベンダイモンジソウ

_6570_2

_6577_2

岩清水が流れ落ちる山中にダイモンジソウがビッシリ咲いています。
よく見ると花弁が “大”の字のように見えます。

_6589_2

_6599_2

ところが、創造の神は傷んだ筆を使ったのか、[大]の字がギザギザになった株がありました。花弁に切り込みが沢山付いているのです。

2_6604_2

G_6612

これは大変珍しいダイモンジソウで「キレベンダイモンジソウ」と言うことを東京の方に教わりました。

_6593_2

_6618_2

見事なイワホトトギスも咲いていました。

| | | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

軽油料金が100円以下(神奈川県)

Photo_3

ガソリン代がかなり安くなってきました。
普段から「軽油料金が100円になるといいね」と離していたおり、神奈川県を走っていたらなんと90円台のスタンドがチラホラ。
こんなだったら燃料タンクを空にしてくれば良かったと思っていたら91円を発見。(セルフでは無い)
急ブレーキしてスタンドに寄りました。
しかし、その後89円という表示を見つけてガクッとしましたが、とにかく静岡は高すぎる。
ガソリンは旅行中に他県で入れるべきです。

| | | コメント (0)

ユニクロの暖パン

_7860_2

東急デパートの駐車代金を浮かせるためにユニクロでいま宣伝中の暖パンを買ってしまった。
これ、履いてみると確かに暖かい。
これなら冬のキャンプで充分使える。
スキーにも使えそうだ!
ただし、いま履くと暑くてやっていられない!

| | | コメント (0)

コストコでお買い物

_7855_2

20151015_135028

日吉の楽器屋さんでチェロの調性と弓毛の張り替えをしている間、川崎のコストコに行ってきました。
ボクの狙いはリンツのチョコレートと、おおきなチーズケーキです。
ほんとをいうとリンツのホワイトチョコだけの大袋があるといいんですけどね!

| | | コメント (0)

2015年10月14日 (水)

久しぶりの谷津山朝散

G_7806_2

1週間ぶりの谷津山です。
 「何か投げて!」と期待しているアマティですが、わたしが撮りたい写真は走り回っている躍動的な姿です。
ただ、自分で木の枝を投げてコンパクトデジカメでそれを追いかけながら撮るのは難しいですね!

_7533_2

_7537_2

_7651_2

_7741_2

G_7650_2

_7586_2

G_7700_4

G_7776_2

| | | コメント (0)

2015年10月11日 (日)

山栗を拾ってきて “栗きんとん ”を作った!

_7422_2

中倉山からの帰り、林道をそのまま先に進んでみたら見事な紅葉に出くわし、カーブを曲がる度に歓声を上げてカメラを掴む余裕さえ無くドライブを楽しんだ。
結局はこの鋪装された林道は延々20km以上続き、その間1台も対向車がない不思議な道路だった。
鋪装された上には一面カラマツの落葉が被さり、正常に使われている道には見えなかったが、無事に下の村まで通じていた。

_7439

途中には何カ所かヤマグリのイガが落ちていたので、その都度クルマを停めて栗拾いを楽しんだ。
昨夜来の風雨で落ちたものだから、どうやら猿や熊に取られる前にわたしたちが横取りしたことになる。
左の写真は小布施で買った大栗と今日拾ったヤマグリの大きさを比較するために一緒に撮ったものだ。

2_7447_2

_7454_2

_7451_2

大きさを比べてみた。左上は小布施の大栗で5.3mm
右上はヤマグリで1.8mm(中でも一番大きいモノを選んで計ってみた)
参考までに標準的な栗は右の写真で3.6mm

まぁ、ここまでは良い。
大感心事は「小布施の栗と南志賀で拾った山栗で栗きんとんを作ったらどちらがおいしいか?」という事だ!

2_7458_2

_7461_2

_7467_2

1枚目は小布施の栗で作った栗きんとん
2枚目は拾ってきた山栗で作った山栗きんとん
3枚目は小さいのが山栗きんとんで大きいのが小布施の栗きんとん

喰ってみて驚きました!
山栗は小さくて実を出すのが大変で作るのに苦労したが、味は抜群!
山栗を食った後は小布施の栗きんとんはまるで芋きんとんのように思える。
(ここで言う栗きんとんは、この岐阜の栗きんとんのことを言うのであって、小布施で言う 栗きんとんとは全く違う事を付記しておく)

| | | コメント (0)

中倉山散策

_7375_2

_7314_2

_7337_2

G_7315_2

_7377_2

G_7328_2

人っ子一人いない山道(熊が怖いので鈴を鳴らして大声でしゃべりながら)は絶好のハイキング!アマティもすごくうれしそうです!

| | | コメント (0)

2015年10月10日 (土)

笠越スキー場跡

日さ_6476_2

_6535_2

山田温泉から笠岳を越えたところに[傘越スキー場]の廃墟がある。冬はこの道路は閉鎖されるので、志賀高原から下ってこのスキー場に来たと思われる。
スキー場は知らないが、以前からミズバショウやヤナギランが咲くステキな所だが、開拓が始まりそうな雰囲気だったので、ここで遊ぶのも最後かも知れない。
大きく見えるのが笠岳。紅葉が美しいステキな所だった!

_6536_2

_6475_2

G_6474_2

_6523_2

美しい草原をアマティはうれしそうに走り回る!

_6552_2

草原(スキー場)の脇にはミズバショウ沼があるのだが、体が火照ったアマティは水を見逃さなかった。どの写真も水しぶきが上がっている!

_6546_2

_6551_2

ミズバショウ沼に浸かったアマティは泥の匂いが染みつきこのままでは一緒に車中泊するわけにはいかない。洗い流すのに苦労した!

| | | コメント (0)

南志賀の紅葉まっさかり!

G_6450_2

山田温泉牧場近辺の紅葉はまさしくまっ盛りで見事でした!

_6437_2

G_6438_2

_6435_2

_6464_2

_6459_4

_6556_2

これだけ見事な紅葉・黄葉はタイミング的になかなか難しいです。

| | | コメント (0)

2015年10月 9日 (金)

幼なじみ

_6853_2

_6847_2

アマティとディランは幼なじみです。アマティ3才ディラン4才のお兄ちゃんなんですが、アマティ7ヶ月の頃から毎年2〜3回訪れて一緒に牧場内を転げ回る仲なのです。
この秋も訪れたのですがちょうどパパもママもおでかけでディランが一人でお留守番していました。
なんか、この2人ガラス越しでとても悲しそうでしたよ!?

2_6872_2

_6894_2

_6895

_7034_2

_7080_2

_7102_2

_7106_2

_7127_2

滞在中は毎日キャンプサイトにママが連れて遊びに来てくれました。 というより、ディランがキャンプ場の方にグイグイ引っ張るんだそうです。
ディランはお店の看板犬だけど、アマティは一人っ子だからお友だちで幼なじみって更にうれしいんでしょうね!
でも、アマティは自分のおもちゃは決してディランに渡さないイジワルぶりを発揮してて恥ずかしかったな!

| | | コメント (0)

ハイエース車中泊キャンプ

ほんとうに気に入ったキャンプ場は人には教えたくないものです。ここもその1つ。
とある牧場の片隅にあるキャンプ場は牧草が生え、ときに牛のウンチが積み重なっています。(1600m位)
_7197_7220_2

ここがわたし達のテント場の指定席です。ここまでは四駆でないと登ることはできません。

_7218_2

_7223

_7261_2

金曜日の夜は冷えました。
21時の気温は5℃。明け方はかなり冷えたと思われます。
クルマの中で寝たわけですが、車中の気温は明け方まで一定して10℃でした。
2泊目は写真のような美しい夕焼けでしたが、夜半から雨が降りました。
21時の気温は8℃。車中は13℃でした。
あるものは全部着て、羽毛の寝袋にくるまって、アマティを奪い合って眠りにつきます。

_7276_2

_7268_2

わたし達はガスコンロを3台持参しているのでいままで野火は使ったことが無かったのですが、今回ばかりは暖を取りたくて枝を拾ってきて焚き火をしました。 やはり野火はいいですねぇ!昔のことがイロイロ思い出されます。火遊びというのはいくつになってもいいものです。

_7269_4

おもしろいことを発見しました。
ふとアマティをみたら焚き火に当たってるんです!

14〜15年前の話しですが、先代犬“Hana” を連れて青森の酸ヶ湯温泉キャンプ場でバンガローに泊まったときにロウソクを灯したんです。その炎を見たとたん“Hana” はバンガローを飛び出し、どこか行方不明になって1時間ほど帰ってこなくなったことがあります。
それを思うとアマティは無防備というか子どもというか、焚き火を恐がりもせず煙が回ってくると嫌がって場所を移すほどあきれた子です。

| | | コメント (0)

ちょっと買い物に出るとすぐこれだ!

20151003_100556

20151003_102804_2

20151003_102802

20151003_103458_2

この子は後部座席で1人で座っているのがとても苦手のようです。

| | | コメント (0)

2015年10月 8日 (木)

浜松の鰻屋  [川〼]

20151008_124144_2

浜松の川〼(かわます)は40年近く通い詰めたうなぎやです。
浜松出張や、勤務時は帰りに良く寄ったものでした。
しかし、オヤジさん、4程前になくなってしまったんです。
それ以降はウナギ好きのわたしは途方に暮れ、おいしい鰻を求めてさまよったものです。
さいわい、静岡に[瞬]が店を開き瞬一筋に食べてきたのですが、2ヶ月間移転のための閉店期間に入ってしまい、とうとう浮気心が起きました。
「浜松の川〼がオヤジが変わって営業を続けている」という情報が入っていたのです。
今日、浜松に行く予定が入ったのでさっそく食べてきました。蓋を開けたとたんに真っ黒なうなぎがでてきたので「あぁ、あの口か!」とガッカリしたのですが、喰うと鰻の味がとてもしっかりしていて大変うまいです。確かにちょっと味が濃く、血圧が高いわたしには少し気になるほどですが、とてもいい味を出しています。
ウナギを1匹乗せのうな丼を食べるには上うな丼を頼む必要があります。

| | | コメント (0)

天神森

20151008_115755_2

20151008_115809_2

20151008_115707

ここはかってわたしが努めていた(併任)浜松の小学校の校庭の片隅で[天神森]といわれているところです。当時は雑草に覆われ鬱蒼としていたのですが、今日何年ぶりかで立ち寄ったらきれいに整備されていました。
勤務中、こっそりここに出向いて癒やされていた場所です。
驚いたのは右の「天神森美術館」です。あの当時は汚くて気味の悪い廃墟でした。
とうとう沿革を調べる機会を持てなかったのですが、おそらく浜松師範学校の名残だったのではないでしょうか?(図書館跡だと聞いたことがあります)

20151008_115916_2

ここにイチョウと楷の木の大木が生えています。
イチョウはすでにギンナンが一杯落ちています。よく拾って静岡に持ち帰ったものでした。
楷の木は巨木ですが葉は下にも生えていました。
枝が直角に別れ、葉がきれいに揃っているところから楷書にちなんで名付けられたという木です。学問の木、珍木・銘木・名木・聖木などと言われるそうです。

| | | コメント (0)

2015年10月 7日 (水)

松坂屋静岡店の “大北海道展”

_6830_4

北海道展の初日に行ってきました。 期間は2週間なのでもう一度行くには開催日直後に行くのが有利だからです。
行者ニンニク餃子とかトウモロコシのシュウマイとかおいしそうなモノがイヤと言うほど並んでいるので予定通り買い込みます。とてもここにはアップしきれないので、思い付くままにうずらの玉子の煮込みを載せました。これ、毎回買うのですがとてもおいしいです。

_6834

松前漬けも大好物です。
これは切り干しだいこん入り松前漬けと、数の子入り松前漬けを家でmixしたものです。
これがうまいんだな!

| | | コメント (0)

今朝も谷津山朝散

_6660

_6662_2

_6666_2

昨日は1日まったりと過ごしたので、今朝はさっそく谷津山です。

_6819

_6808_2

_6692_2

_6732_2

これだけ走り回ると、もうカメラの限界もボクの限界も超えています。

| | | コメント (0)

2015年10月 6日 (火)

これをヘソ天といわずチン天といふ

_6628_2

初めての人にはビックリされるが、アマティのお得意の寝姿である。
この3日間で5つの山に登ったから今日は一日中オフ。
アマティも疲れただろうが、わたしも疲れたからだ!

| | | コメント (0)

またまた“栗きんとん“話題

_6616_2

_6651_2

今年は全ての花期も果期も短く、イチジクもクリもあれよあれよという間に姿を消してしまった。最後の頼みの綱のファーマーズマーケット[じまん市]に9時半に行ってみたら大賑わい。そこにはイチジクもあったが、栗はこの3袋が残っていた。
夕食後、さっそく“栗きんとん“を作って、まもなく1回忌を迎える古くからの友人の仏壇に供えてきた。
地場産の栗はこれが最後かも知れない。さみしい話しだが、おそらく県外産の栗は12月まで入荷するのではなかろうか?

| | | コメント (0)

最後の(?)イチジク

_6620_2

_6649_2

イチジクのシーズンになってからは「ワイン煮」は切らしたことがありません。
食後はこのいちじくを食べながらコーヒーをいただきます。
ところが、露地販売からはイチジクが姿を消しました。(今年は野花の花期は短く、作物の果期も極端に短いように思う)(じつは栗も露地販売から姿を消してしまった)
なくなってしまう前にもう1回食べたいと思いアチコチ探し回りましたが、やっと小鹿のじまん市で見つけました。
う〜ん、これが最後かと思うとさみしい!

| | | コメント (0)

秋の味覚は松茸より山芋

_6643_2

わたしは山芋(自然薯)掘りの名人だったが、今はもはやイノシシにはかなわなくて山には入っていない!
今年の初ものが小鹿のじまん市にあったので買ってきた。
山芋が白いというのは間違いで、天然の山芋はアクが強いのか、芋がクネクネして皮をむきにくいのか、こんな色になってしまうことがおおいが、これがうまいのだ! 
粘りが強く箸では切れないのが難点?

_6642_2

_6645_2

山かけの残りは味噌汁を加えてとろろ芋にする。
今日は麦飯は間に合わなかったが2度もおかわりしてしまった!

| | | コメント (0)

富士宮の茹でピーナッツ

_6595_2

_6598_2

昨日、富士宮に行ったおりピーナッツを買ってきた。 富士宮と言えば茹でピー!
50分茹でたピーナッツは最高においしいことを知っている人は意外と少ない!
ちなみにアマティも大好き!

| | | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

コケモモ

_6355_2

_6353_2

コケモモがいっぱい生っていました。 まっ赤で小さなカワイイ実です。
口に入れるとちょっと酸っぱくておいしくも何ともないです。
でも、これってお酒に漬けたりジャムにするとおいしいんですよね!

| | | コメント (0)

富士山紅葉情報

_6241_2

_6242_2

富士山に遊びに行ってきました。標高2400m位からいきなり登りだしたので大変ツラいのですが、一人ハシャギ回っているヤツがいます。

_6246_2

_6280_2

_6301_2

_6259_2

そのうちクリも一緒になって走り回りだしたよ! とってもうれしそうでした!

_6393

_6404_2

ハイマツはまだ青々していますが、徐々に色付いてきています。

G_6490_2

G_6477_2

_6292_2

__7880711_2

_6589_4

森の中でみんなでお弁当を食べました。
まもなくこの辺りも見事な紅葉・黄葉が見れます。

15時頃クルマに戻って温度計をみたら8度。
寒いわけです!
(富士山スカイラインを上ると平均燃費がグングン下がります)

| | | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

今夜も栗きんとん

_6235_2

ほとんど毎晩、食事が終わると栗きんとんを作り出す日々が続く!
きょうも栗を買い出しにアチコチ回ったのだが、もう静岡は栗が終わってしまって買うことができない。
やっと見つけた栗は小さくて甘くなかったが、それでも栗きんとんの魅力には勝てず、作り出してしまった。
こんばんもなかなかおいしくできたぞ!

| | | コメント (0)

大谷嶺扇の要

_6082_2

_6157_2

_6146_2

_6112_2

_6193

_6177_2

G_6211

大谷崩れの紅葉は今月末だが、様子を見にやってきた。
紅葉はまだまだだが今月中には見事な景色になる!
1番黄色い木がオオイタヤメイゲツ。
走ったり水に入ったり、アマティにはたまらない時間だ!

| | | コメント (3)

朝飯前の谷津山散歩

G_5651_2

G_5763_2

朝、だれもいないところで走り回るのは気持ちいいようです。

G_5722_2

G_5726_4

投げるモノを持ってきてないので、落ちている枝を投げると大喜び!

_5832_2

G_5976_2

_5801_2

G_5757_2

目の輝きが違います!

| | | コメント (0)

2015年10月 3日 (土)

高根白山神社

_6418_2

高根山の8合目辺りにある高根白山神社。
左が拝殿で右が本殿です。
現在はここまではクルマで登って来れますが、当時は馬で運んできたのでしょうか?

_6410_2

この本殿は江戸時代前期の建築と書いてありました。この山奥ですよ!見事なものです!
この本殿の裏に巨大は杉の木が生えています。

_6396_2

_6403_2

この拝殿で古式神楽が行われるそうです。

| | | コメント (2)

藤枝の最高峰[高根山]サバイバルルート

G_6291_2

このルートは以前は標識もあるしっかりした山道だったんです。
しかし、数年前から標識はなくなり、踏み跡もなくなり全くの廃道となってしまいました。しかし、わたし達にはとても便利な周遊コースなので年に一度だけ使っています。おそらくわたし達以外、獣でさえ誰も使っていないでしょう。

G_6296_2

_6283_2

Img_6322_2

_6389_2

笹で覆われ、先に進めないがアマティは器用にじょうずにくぐり抜けている。ただし、山ダニがとても心配。
ここ数年毎年「もうこのルートも終わりだな」と思っていても1年経つとすっかり忘れてまた来てしまう!

G_6318_2

_6367_2

最後の写真。 アマティが木の根っこでうずくまっているので、何をしているのかとのぞいたらあれま! 木の根っこにできた穴に雨水がたまっていて、それをアマティが飲んでいた!

| | | コメント (0)

高根山のエンシュウハグマ

G_6218_2

_6222_2

カザグルマのようなカワイイエンシュウハグマ。
今が見頃ではないかと登ってみたのだが、なんとほとんどが終わっていた。
登山者に聞いたら「一昨日は一面満開ですばらしかった」とのこと。 ガックリ!

Img_6223_2

| | | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

2日続けて栗きんとん

_5632

_5629_2

昨日、1週間ぶりに栗きんとんを作ってブログにアップしたら、それを見たムスメがすごい剣幕で「ウチのはあるでしょうね!」と言いながらやってきた!
「バカを言うじゃない、こんなもの1日経ったら喰えたものじゃない!」と余分なことを言ったおかげで朝からまたまた栗きんとん作りに勤しむことになった。
今回もますますおいしくなってきたぞ!
いちじくのワイン煮は作り置きがあったのでこれも喰われてしまった。
いま、娘は帰ったのだが、ダンナとムスコのために栗きんとんを沢山持ち帰っていった。
ん?  今日の栗きんとんは2個しか食ってないぞ!?

| | | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

今宵も栗きんとん

_5621_9

昨日、修善寺の[農の駅]でおいしそうな栗があったので1kg買ってきた。
今シーズン、なんどめだろうか?またまた栗きんとんを作り出した。
やはり、出来たてだから、おいしいこと!
かおりと風味が格別!
こんなウマイものがいままで中津川近辺でしか食べられなかったことがまるでウソのよう!

| | | コメント (0)

車載用湿度計

_5620

最近では室内外の温度計が設置されているクルマはかなり増えてきたし、あとから増設することもできる。
確かに室内温度・室外温度を知ることは人にとっても犬にとっても重要なことだが、湿度計を備えているクルマはわたしは知らない。
わたしのように弦楽器を運んだり、ペットと一緒に旅行するモノにとっては湿度計は大変重要であり、以前から適当なものを探していたのだが、これを取り寄せてみた。
湿度以外に次の注意報が発せられる。①熱中症 ②食中毒 ③インフルエンザ ④カビ・ダニ

| | | コメント (0)

武田刃物の手持ち砥石

_5616

わたしはナイフのコレクションをするほど刃物が好きなので、刃研ぎも好きな作業だ!
武田の手持ち砥石が簡単でうまく研げるので愛用しているがフと見たら写真の上の中砥ぎ砥石がこんな状態にすり減っていた。
砥石用の砥石で修正を試みたがなかなか、ここまでヒドイと修復がうまくいかないので、両面中砥ぎの砥石を取り寄せた。
これでまた刃物研ぎが楽しくなるからカアサンの包丁を砥いであげよう!

| | | コメント (0)

雨の前に谷津山に行こう!

_5418_2

_5427

_5440

午後はお天気がくずれると言うから、眠かったけれど谷津山に登ってきました。
きょうもいい運動ができました!

_5453

G_5516

_5506

G_5425

G_5429_2

_5605_2

シマッタ! 山を下りて気付いたんだが、山頂付近にウンチを置き忘れてきた!
あした、雨が降っていなければ取りに行くのだが・・・・・・・・!

| | | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »