« 瞬のうな丼 | トップページ | いづうの鯖姿寿司 »

2015年4月 2日 (木)

ハイエースの腰痛対策レカロシート 詳細報告

_9315

0303_134409_hdr

以前使っていたレカロシートはハイエースに取り付けるには問題があったので、7年間はやむなくオリジナルシートを使っていたが、腰痛の悪化と共に何とかしなければならなかった。
大きな問題は、ハイエースの座席位置が高いために老齢・短足のわたしには乗降に支障を起こす危惧があった。(レカロは腰をホールドするために両脇が高くなってる)
もう1つは以前のレカロシートがそうだったが、腿の下側に圧迫があり足が疲れることだった。
しかし、ウルトラローポジションのレールが開発され、オリジナルシートより3cmも低くなるとの情報を得、急に現実味を帯びてきた。
候補はLX-F、SR-7F、ERGOMED-D の3つだが、実物に椅子に座ってみても実車に取り付けてみないと乗降もポジションもわからない。
で、大阪のTRIALに車種、年齢、身長、体重を申告して相談したところ、SR-7F SK100汎用エアーランバーサポート付)を推薦してくれたのでそれに応じた。
取り付け後1500kmほど走ったので、レポートします。
まず、ローポジレールを取り付けたことにより、乗降は全く問題ありません。むしろ楽になったほどで、腰回りの堅いERGOMED-Dにしてもよかったかもしれません。

_0046

_0049_2

左がレカロのローポジレールで、右が純正の助手席前方からのレールです。
高さがあきらかに違います。
では、問題点は・・・・・・・・!

_9324

_0045_3

リクライニングダイヤルは、ピラー側隙間が狭くて使えないが、コンソールボックス側はなんとか回すことができます。 また、背もたれ部が大きいので後部座席の運転席側は前方が見られず圧迫感があるが、わたしの場合は犬専用席なので問題ありません。
さらに、背もたれの背が高いのですでに設置してあったカーテンレールにぎりぎりセーフだったがあぶなかった。
もう一つ、背もたれの肩の部分が張っているので、シートベルトを引き出すのにとても苦労します。
腰痛に関しては案の定、大変案配がよく、運転もすごく楽です。(腿の下側の疲労は若干ありましたがすでに慣れた模様です)
こんなことだったら早く取り付ければよかったと後悔しています。

|

« 瞬のうな丼 | トップページ | いづうの鯖姿寿司 »

四輪駆動車/HIACE/車中泊/キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瞬のうな丼 | トップページ | いづうの鯖姿寿司 »