« 驚きの高野山ショウジョウバカマ | トップページ | ハイエースの助手席のシートベルト警告ブザーをはずす »

2015年4月 8日 (水)

GIOVANNI LAZZARO 2003

_2288

このチェロは可哀想なことに主を失いました。
このチェロのオーナーのお別れ会でチェロを弾くことを依頼され、自分の楽器ではなくこのGiovanni LAZZAROで弾くことで承諾しました。
丸2日間、このチェロはわたしに猛烈な勢いで弾かれてガンガン鳴り出しました。
いざ弾き込んでみると新作楽器ですがとても楽に弾けるいい楽器です。
実際、オーナーが乗り移ってくれたようないい演奏ができました。

で、困ったことが起こりました。
明日、ピアノトリオの合わせがあるのですが、和歌山旅行期間と合わせるとしばらく自分の楽器を弾いていないことに気付きました。
しばらく弾き込んでないわたしの楽器は機嫌を損ねているので、そう簡単には鳴ってくれません。といって今から練習するわけにもいかないし!... さて、困った!
この楽器はまだ2〜3日借りているので、あしたはこの楽器で合わせをやろうか思案中!?

|

« 驚きの高野山ショウジョウバカマ | トップページ | ハイエースの助手席のシートベルト警告ブザーをはずす »

音楽/チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚きの高野山ショウジョウバカマ | トップページ | ハイエースの助手席のシートベルト警告ブザーをはずす »