« 木曽鈴木ヴァイオリン | トップページ | 木曽駒高原スキー場跡 »

2014年8月23日 (土)

キャンプ場の中と、テントの中のアマティ

_4091

_4088

このテントは蚊帳に屋根を付けた様なものですが、生活空間として大変重宝しています。
アマティは今までは網戸を突き破るなど、わがままし放題でしたが、今では随分成長して「ここで待っていなさい」というと、おとなしく待っています。(ヘタにリードで結ぶとテーブルが倒されたりテントが倒れたりするので危険です)
夜中雨に降られ、今日も雨が降るとの予報なので、キャンプを撤収して奥三河の小屋に移動することにしました。2人とも大忙しで片付けている中、アマティはジ〜ッとして待っています。

_6070_2

このキャンプ場にも、チラホラわすれなぐさ(エゾムラサキ)が咲いていることは知っていました。先代犬‘Hana’は、そのわすれな草を見ながらこの地の隅で眠っています。
キャンプ場自体が森林公園の一角なので広大な土地で、まだ全部を回りきっていませんが、朝のお散歩でエゾムラサキ(わすれなぐさ)の大群落がありました。色がハッキリ出ていませんが写真の手前がわすれな草の群生地です。その向こう側に池と水車小屋が見えます。

|

« 木曽鈴木ヴァイオリン | トップページ | 木曽駒高原スキー場跡 »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木曽鈴木ヴァイオリン | トップページ | 木曽駒高原スキー場跡 »