« 100万ドル・トリオ | トップページ | 真っ昼間の赤とんぼ »

2014年7月30日 (水)

キジバトの偽傷

縁側に置いてあるマッサージチェアに腰掛け、池の鯉を見ているときだった。
椅子から起き上がれば手の届く位置にキジバトが羽を痛めてうずくまっている!
「おいおい!、どうしたんだ?」と声をかけるが逃げようともしない。

20140729_133046

20140729_133200

少しだけ体を起こしてのぞき込むと、池の排水溝に子どものキジバトが水浴びしていた。
わたしはこのブログでカルガモの偽傷観察をアップしているが、いままで鳩が偽傷をするとの報告はなかった。が、これはまさしく子どもを守るためのキジバトの偽傷である。親の気持ちを察してそおっとしておいたが、しばらくして飛び立っていった。

|

« 100万ドル・トリオ | トップページ | 真っ昼間の赤とんぼ »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100万ドル・トリオ | トップページ | 真っ昼間の赤とんぼ »