« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

チェロの弾き納め

明日、新しい年になっても我が家にはお正月が来ません。だからきょうはゆっくり弾き納めができました。
半年間、指の故障や背骨の故障が相次ぎ、コンサートはもうできないものと決めつけていましたがチャイコフスキーの「偉大な芸術家の生涯」の譜面を渡され、決心も鈍ってしまいました。本番はできなくとも弾くことができるだけでうれしいことです。

2_0934

楽譜棚を探したら6冊の「芸術家の生涯」の楽譜が出てきました。わたしはその都度楽譜をサラにするので(原譜をコピーして使うので)、この曲は6回コンサートで弾いたことがあるということです。7冊目の新しい楽譜にどんなことが書き込まれるのでしょうか?楽しみでもあり不安でもあります。

| | コメント (0)

まどろみ

_0834

日なたぼっこしながらまどろんでいます。 年の瀬で忙しいのに、うらやましい!

| | コメント (0)

我が家のもうひとつのおせち料理   〜しぞーかおでん〜

我が家の正月料理は、おせち料理の他にもうひとつあります。それが定番静岡(しぞーか)おでんです。

G_0916

_0919

3日間煮込んで出来上がりました(これにはまだジャガイモが入っていません)。
このおでん、すごくおいしいですよ。マゴたちが来るとあっという間になくなってしまいます(実はこの3倍作ってあって充分足りるようになっています)。
このおでん、保存が利く上に、日に日にうまくなるのです。だから毎日喰っても飽きが来ません。粉(海苔と削り節)をかけて食べるのが特徴です。

| | コメント (0)

2013年12月30日 (月)

「竜爪山」水汲み/散骨登山   〜第33弾〜

33_0866

_0873_2

竜爪山山頂には“Hana” はすでに眠っています。
しかし、“Hana” は毎年暮れになるとこの水場まで登ってきて、わたしの水汲みのお手伝いをしてくれました。だから水源のすぐ横に埋めてきました。
アマティ、ちょっとお行儀悪いけど、これからはアマティが水汲みのお手伝いを引き継いでくれます。

| | コメント (0)

今年最後の贅沢  〜オジイサンは山に水汲みに〜

_0864

_0862

毎年恒例のお正月用の水汲みです。わたしが思うに、竜爪山のここの岩清水がコーヒーには日本一適していると思います。
これが水源です。あるだけの空のペットボトルをリュックサックに入れて担いできました。山道はものすごい急登なので「♫行きはよいよい帰りは恐い〜!♫」です。
正直、背骨骨折の身にはかなり重かったですが、これが今年最後の贅沢です。

_0880

_0900

アマティにも水運びをつてだって貰いました。アマティのリュックサックの両側に500ccずつ入っています。
アマティはこの丸太橋も渡れますが、下に降りて水浴びしてしまいました。

| | コメント (0)

静岡の屋根、赤石山脈

_3216

今朝もよいお天気です。
アマティと谷津山にお散歩してきました。
山頂からは真っ白な南アルプスが顔を覗かせています。
静岡の屋根と言われる赤石山脈。右から赤石岳、聖岳、上河内岳、茶臼岳がみごとです(写真はブレていますが)。
歩いたことがある山を見れるってすごくワクワクします。

_3220

_3227

こんな低い山でもアマティはしっかり喜んでくれます。

| | コメント (0)

2013年12月29日 (日)

まけた! 娘はカニ捕り名人だった!

_0820

_2872

最近、近所の小川でよく見かけるモクズガニです。海からこんな所まで登ってくるなんてオドロキです!

この蟹、実は大変おいしいのです。で、娘に自慢してそんな話をしたら
娘「あぁ、藻屑!? わたしKちゃんとよく獲ったよ〜!」
私「なに〜!?」
娘「十二双にいっぱいいたよ〜!」
私「そんな話聞いたこと無い!」
娘「Kちゃんにあげちゃったけど、食べたのかなぁ!?」
おぉ、なんという親不孝者!

| | コメント (0)

2013年12月28日 (土)

畑から見た富士山

_0543

ダイコンを抜きに畑に行ったら、富士山がこんなでした。雪煙があがっています。
手前のビルが元職の静岡大学です。(農学部は工事をしているようですね)
電柱・電線がないときれいなのに!

| | コメント (0)

アマティ、大浜海岸で大暴走!   〜寒波水泳〜

_0660

_0740

きょうは一日中クルマで市内を回らねばならなかったので、アマティはストレスが溜まりっぱなし。
海岸沿いを通ったおり、ちょっとだけ浜に降ろしてあげました(若干嫌な予感はしたけど)。浜では流木を拾って大喜びで走り回っています。

1_0746

2_0747

3_0748

この3枚は連写です。

_0584

_0586

_0587

_0588

0591

_0592

この6枚も連写です(途中で2コマ抜いてます)。コンデジのくせになかなかやります。それもそのはず、わたしのフルサイズのデジ一、EOS6Dの連写は4.5コマ/秒に対し、PowerShot G16の連写速度はなんと12.2コマ/秒(取り説値)という。驚異的です。

_0789

_0792

アマティが見えなくなったことに気付き、慌てて大声で呼んだら海の中から這い上がってきました。日本中寒波に浸かっているというのに、アマティは海に浸かってた!

_0812

やれやれ!  塩水でずぶ濡れです。 寝る前にお風呂で洗ってやらないといけません !

| | コメント (0)

そば半の鴨南

_0536

登呂遺跡の近くの「そば半」がおいしいと聞いてたので、寄って見ました。いつもは蕎麦は「もりそば」しか食べないのですが、あまりにも寒かったので鴨南にしました。
無添加無農薬をうたってる蕎麦ですが、それがおいしい!味はしっかりしているが決して濃くない。こんなにおいしいんだったらもりそばにすればよかったと思うほどおいしい蕎麦でした。

| | コメント (0)

コンデジの特殊フィルターが面白い!

_0505

_0515

_0507

_0512

コンデジに特殊フィルターが付いているんです。これは[魚眼レンズ]。 鼻先だけリアルですね。目にもピントが合うようにもう少し研究します。

G_0461

G_0492

_0517

上の3枚は[背面ボケ]です。地面がぼやけています。これが使えると面白そうですね。
野山の花にも使えるのでしょうか?

_0516

これは[ソフトフォーカス]です。全面をホンノリ撮しています。(でも、これはボクは使わないかな!?) こんな写真が撮れるのは面白そうですが、取説見ながらでないとここまでの設定はできません。 1つだけ大きな欠点はjpgのみでrawの保存ができないことです。(オートでなければrawは可)

| | コメント (0)

2013年12月27日 (金)

“あんず”が逝ってしまった ! 

Img_63494_41071020_3

Img_63494_41081810_2

Img_63494_41127072_2

Img_63494_41127072_0

Img_63494_41127072_1

Img_63494_41101288_1

とうとうポインターの“あんず”が闘病生活の末、逝ってしまった ! 推定年齢10歳半。
この子たちはヒトの5倍以上の早さで駆け足している。成長も早いが老化も駆け足だ!
“あんず”たちは精一杯生きながら、わたしたちヒトに生きることと死ぬことの意味を教えてくれる気がする ! “あんず”あっぱれだったよ !
“Mick”や“P多”や“Nana”や“Hana” に会えたかな?

| | コメント (2)

新しいコンパクトデジカメ 試し撮り

_0459

_0460

_0470

_0484

_0526

_0521

コンデジってスゴイですね! 
オートにしておけば何でも撮れてしまう!
このカメラ、機能が多すぎて全く理解不能!せめて⅓位の機能は使ってみたいなぁ!
それにしてもアマティの写真はなぜかアマティの左側が多くなってしまう。 なぜだ?

| | コメント (0)

柚子の実、大豊作!

_0450

_0456

庭の奥で隣の家にはみ出た枝にたくさんのゆずの実が見つかった。昨年は全く実がならなかったので気にも留めていなかったのに、今年は豊作!

すでに冬至もおわり、ゆず風呂にも入ったのだが、もういちどやり直しだ!
実はこの木は、中学生の時に(45年前)同級生のお宅で頂いたもの。未だに実を付けているけど、今年こんなに実ってしまって、来年は大丈夫だろうか?

| | コメント (0)

2013年12月26日 (木)

老眼鏡

_3173

2_0446

今年最後の授業中、なんの予告もなくポロリと折れた老眼鏡。なんでこんな所が?
気に入っていたものだけに、同じような眼鏡を探したが、みつからずこれで妥協!
5年ほど前の眼鏡だったから、計測し治して作って貰ったら(乱視が進んでいた)、驚くほどよく見える!
眼鏡は数年で壊れるべきなんだと、思い直した!

| | コメント (0)

家で食べられるふぐ刺し、ふぐ鍋、ふぐ雑炊

_0429

_0430

下関に住むカアサンの妹から今年も “ふぐ” が送られてきた。時間指定配送に合わせるように娘達もやってきて昼間からふぐ三昧。
トラフグの薄造りをもみじ下ろしで喰う幸せ感!美味なり!

_0438

_0443

ふぐ刺しと一緒に皮刺しも頂く。これがまたおいしい!
刺身を食い終えたら鍋だ! そして最後はふぐ雑炊。みんなで大満足の昼食会だった!

| | コメント (0)

松の木にはお正月が来てしまった!

_0331

_0402

わたしはこの松の木に60年間見守られて育ってきました。樹齢は解りませんが何百年か経っていると思われます。わたしが思うに、今年世界遺産になった三保の松原の松の木よりも立派です。
この暮れも植木屋さんが2日間かけて剪定してくれました。[byfore →after]の絵です。
最近は[byfore]の写真のように上まで登ってくれる植木屋さんはほとんどいなくなってしまいました(クレーン車使用です)。植木屋さんも2代にわたっておせわになっています。

今年はウチにはお正月は来ないのですが、松の木にはお正月が来てしまいました。

| | コメント (0)

2013年12月25日 (水)

クリスマスは特別な日

_0421

12月25日はクリスマスですが、わたしにとっては特別な日です。
この日はわたしの誕生日でもあるんですが、もっともっと大事な日なんです。それは先代登山犬“Hana” の誕生日だったのです。
きょうはカアサンがケーキを作ってくれました。折しも当時の“Hana” の仲間(“Mick”と“Nana”)のママ達(現在はそらとあんずのママ)が来て、一緒にケーキを食べてくれました。

2011_5211

これは2011.12.25の写真です。

“Hana” は15才。
毎年、このようにしてわたしと“Hana” のお誕生日を一緒に祝って貰いました。
この写真を撮った10日後に、“Amati”が生まれ、2週間後に“Hana” は世を去りました。
このときの“Hana” はまだ食欲があり、ケーキをおいしそうに食べていました。

20101225_5956

Hana2010g_5930

Hana2010_5935

これは2010年、“Hana” は14才。一緒にケーキを食べました。翌年の5月、癌が見つかりました。

Hana2_0158

2009_0160_2

2009年、“Hana” は13才。

元気盛んな頃の“Hana” です。バリバリの登山犬でした。

20072_0879

_0423

左の写真は2007年、“Hana” 11才のクリスマスです。

白髪で真っ白ですが、一番ハードに山に登っていた時期です。
そして右の写真は2013.12.25。
今日のアマティです。まもなく2才になります。
クリスマスはいろんな思い出があります。でも、いつも楽しいクリスマスでした!

| | コメント (0)

気持ちの伝わるプレゼント

わたしたちはこんなステキなプレゼントを頂きました。

_0406

_0415

アマティの取り持つ縁で知り合った素敵なご家族のお嬢様からのプレゼントでした。[革工房アトリエ サーシャ]の製品です。
サプライズは次の刻印を見つけたときです。

_0408

_0419

そこには[HANA ★ AMATI]と打ってあります。
これを見たとき、胸が熱くなりました。“Hana” とは15才で大往生したわたしのカワイイ娘。わたしと同じ12月25日が誕生日でした。そして“Amati”とは言わずと知れたまもなく2才になるわたしのひょうきんムスコ!
このよき日をうるうるで迎えたのははじめてのことです。

| | コメント (0)

2013年12月24日 (火)

日なたぼっこするアマティ!

_0290

アマティがこんなに優しい表情をすることはあまりありません。
日なたぼっこしていい気持ちになっているからでしょうか?
ほんとうは優しいいい子なんだよね! 2才になったらいい子になるんだよね!

| | コメント (0)

クレアール(ケーキ屋さん いすとわーるだむ〜る)の “シュトーレン”

_3202

_3204

_3209

シーズン2つめのシュトーレン([創作珈琲工房 くれあーる]に注文してあったが製作は[ケーキ屋さん いすとわーるだむ〜る])を食べ始めました。

中身はフルーツケーキで、味が奥深くおいしいです。
これでクリスマスを迎えられます。

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月)

アマティ、有度山を駆ける ! 

G_0353_2

_0336_2

体力を持て余しているアマティは、朝夕のお散歩だけではたりません。

春先にショウジョウバカマが咲く有度山(日本平)を訪れてみました。

山道を登っていくと急に開けたところに出ると、なんと残り紅葉が見られました。
これが今年最後の紅葉でしょう。

今回はあたらしいコンデジのテストを兼ねているので、アマティを走らせてシャッターを押し続けていました。

ちっさなカメラなのでなかなか馴れませんが、連写の機能は大したものです。
動きのある写真が撮れましたよ!

_0357

_0341

以下は4枚の連続写真です。

_0347

_0348

_0349

4__0350

3枚の連続写真です。

G_0366

2_0367

_0369

このコンデジ、おもしろそうです。
思いがけないシーンが撮れそう !
ただし、セットが難しそうなので、それが難点です。
でも、本当を言うとこのデジカメはアマティ用ではなく、年老いた老登山家のためのメインカメラのつもりなのですが・・・・・・・・!

| | コメント (2)

コーヒー飲み比べ③

_7197

_0168

コーヒーは(なんでもそうだが)水によって味は全く変わります。多くの場合、水道水は論外です。
左の写真は普段わたしが珈琲用に使っている山からチョロチョロと垂れ出している湧き水です。愛知県新城市の“かおれ”という村外れです。
右の写真はわたしのとっておきの場所なんですが、竜爪山の中腹の沢の水です。
この2カ所の水で「ボリビア アグロ タケシ」の豆で飲み比べをしてみました。
あぁ、なんということでしょう ! 全く違う!まろやかさが違う!とろっとしておいしい!竜爪の水の方が全然おいしいです。わたしは毎年お正月用に登山しながら3リットルの水を汲んできます。「おじいさんは山に水汲みに・・・・・・・・!」を地でいってます。今回は500ccのペットボトルしか持っていなかったのですが、アマティは1リットルを持っていたので、運んで貰いました。(ちなみにこの場所は竜爪水で有名な場所ではありません)

| | コメント (0)

コーヒー飲み比べ②

_3179_3

_3177_2

_3178_2

今回買ったのはこの3種です。エチオピアは前回のお気に入りです。
上の2種の名前が面白いです。タケシとゲイシャです。どちらも地域名のようです。
やはり甘系の豆ですが、まだタケシしか飲んでいません。ゲイシャも早く飲んでみたいのですが、封を開けるとカオリが逃げそうなので、ガマンしています。
〖追記〗ゲイシャを飲んでみました。これはおいしい! 甘みがある味とカオリの上に、なんとも上品な味です。これはすばらしい!

| | コメント (0)

コーヒー飲み比べ①

Photo

_3027

12/9[創作珈琲工房 くれあーる]で3種の豆を購入したうちの2種です。どちらもグァテマラなのですが、甘い感じが共通しているものの味が全く違いました。どうやらコーヒー農家(小規模農家)の農法の相違や地域によるもののようです。
ラ ベンデシオンは底抜けに甘い感じがし、ラ・ベラはコッテリした味でした。

_3028

このエチオピアのイルガチェフェ コカーナは、甘さとコクがほどよく、一番のお気に入りとなりました。
国や農家によって味がこんなに違うんだから、次は何を買うのか、名前をしっかり覚えておかなくてはなりません。しかし、カタカナに弱いわたしにはそれは不可能です。
幸いなことにお店では全てPCに記憶させているので「このあいだ買ったグァテマラではないヤツをください」で通じます。

| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

水絆創膏はチェロのA線の張力に耐えられるか?

_0307

_0324

この指はわたしの左手の1、2、3の指(ピアノの2、3、4)です。

昨日「2の指が痛くてチェロが弾けない」とブログとFacebookでつぶやいたところ、読んでいただいた方々から多くのアドヴァイスを頂きました。きょうは教えていただいた医薬品(?)を全部買ってくるつもりでしたが「メンソレータム ヒビプロ」だけは入手できませんでしたが、とにかくあるたけ買って塗ってみました。
チェロは一番張力の強い弦はA線で、ラーセンのソリストを使っているので18.31kgです。果たしてこんなもので対応できるんだろうか・・・・・・・・?
半信半疑で弾いてみました。おぅ、わたしの2の指は見事に復活です。ヴィブラートも全く問題ありません。
わたしの手は楽器も弾きますが百姓もします。山登りや雪遊び、犬との遊び、カメラ操作、薪割り、火おこし、なにをするにも素手です。
手はいつも荒れていることは承知しているのですが、もともと脂性なので気にも留めず手入れはしていませんでした。
わたしはヌルヌルしたものがキライなので、顔を洗うのも手を洗うのも石けんを使いません。もちろん乳液やクリームも嫌いなので荒れ放題!
しかし、最近特に困ってることに譜めくりができなくなったことです。楽譜によっては1小節で楽譜をめくらねばならないこともしばしばです。それができなくなってしまったのは指先が乾燥しきっているからでしょう!
写真をよく見ると、おとなりの1の指もかなりヒビワレが進んでいます。幸い弦に触る位置ではないので痛くはありませんが、いま手入れをしないと痛くなりそうです。もう年なんだからできるだけベタベタしないハンドクリームを探してみます。

| | コメント (2)

作手/レザンの“シュトーレン”

_3174

このシュトーレンは作手のパン工房「レザン」に予約してあったものです。

ナッツケーキに砂糖をまぶしたシュトーレンは大好きです。なんでクリスマス限定なのでしょう!?
レザンのシュトーレン、おいしいです。味かカオリに一工夫あってすばらしい!
さて、このペースで食べていくと、ちょうどクリスマスには食べ終わります。
でも、「クレアール」のシュトーレンがすでに届いているので、急いで食べなくては・・・・・・・・!

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

“瞬”のうな丼(関西風)

炭焼き鰻 瞬]に行ってきました。サプライズがありました!

_3185

_3187

なんとタケノコの刺身をいただきました。いまですよ、この時季にタケノコを頂けるなんて、感動です! ワサビ醤油でいただきました。おいしかったですよ〜!
ダイコン、とてもおいしい! おいしくは作れてもこんな風に上品に造るのは難しいと思う。

_3188

_3191

これが関西風のウナギです。この焼きがいい!
右の山椒を見てください。山椒の実をその場で挽いてウナギにかけます。このかおりのものすごくいいこと!
来年ご主人と、山椒の花や実を摘みに行こうと約束しました。

| | コメント (0)

左手人差し指の故障

_0284

2〜3日前から人差し指の先が何となく痛くて、とてもチェロを弾く気が起きなかった。いくら何でももう弾きたいと思って、指先を虫眼鏡で見てみたら、ひび・あかぎれの類いだろうか、亀裂が入っている。これでは痛いわけだ !
まもなく70才になるわけだが、最近は故障がよくある。今回は乾燥によるものだろうが、頸椎を痛めているため首こり・肩こり、腰椎を痛めているための腰痛、胸椎を痛めているための背中の痛み。 年齢以上に肉体は蝕まれている。
とにかく年中故障だらけで、コンサートを計画することができない状態がずっと続いている。
にもかかわらず先輩からはチェイコフスキーの「偉大な芸術家の生涯」の楽譜を渡され、途方に暮れているところだ !  (故障はともかく、この曲を演奏する体力すら危なげなのだが・・・・・・・・!)

| | コメント (0)

賤機山散策

2_0258

今日のお天気は素晴らしいですね!(予報では曇りと言っていたのに)
昨日も朝は素晴らしい景色だったのに、竜爪山に登ったら何も見えませんでした。
今日は浅間神社のある賤機山稜線に上がってみました。ミカン畑の向こう側に見事な富士山が映えていました。(コンデジのデジタルズーム)
お天気がよく3連休初日なので、大勢の方が歩いていました。
このミカン畑、中学校の同級生の山で、よく遊びに来てミカンを頂いたものでした。懐かしい!

| | コメント (2)

またまたトワ君と大バトル  〜やられたらやりかえす〜

_9160

_9181

すご〜ぃ、この子たち!
わたしたちはコーヒーを飲みながら大笑いして見ているだけです。

_9077

_9079

_9125

_9237

_9274

_9275

_9324

ペットの雑貨屋さん ふぁみりぃ]の看板犬トワ君に遊んで貰いました。声が聞こえてきそうな写真ですが、実際には声は出していません。(たまに間違えて本気で噛んでしまったのか「キャン」ということはありますが)。でも、皮膚が破れたり耳に穴が開いたりしたことは1度もありません。
疲れるとケロッとして休憩に入ります。

| | コメント (2)

朝から牡蠣の炊き込みご飯

_3181

先日、仙台の親戚から大量の牡蠣が送られてきた。牡蠣は大好きなのでカキフライにしておいしく頂いていたんだが、ついに「牡蠣の炊き込みご飯」となった!
これがうまい ! 「カキ釜飯」は何度か食べたことあるが、この炊き込みご飯は最高 ! おそらく醤油も出汁も酒も最高のものを使っているからだろう。

| | コメント (0)

2013年12月20日 (金)

赤い実はむずかしい!?

_0219

_0255

竜爪山に赤い実がたくさん実っていたのですが、なんの実か解りません。花のない時期、きれいです!

鳥も喰わないところをみると、ヒトも喰えないと思います。

| | コメント (2)

竜爪山 則沢口

_0168

_0163

竜爪山は静岡市民の人気の山だが、則沢口は知る人ぞ知る直登ルートで人に合うことは無い。犬連れには理想的なルートだ。

登山口と中腹に水場があり、熱くなった体を冷やすことができる(今日の寒空でも、帰りにはどっぷり浸かっていた)。

_0178

_0180

久しぶりの山登り、アマティはかなり興奮していた。ジッとしていないから写真が撮れない。

_0241

_0251

_0252

_0230_3

途中から雪が残っていた! もう、アマティは大変! 雪の上を飛び跳ねまくり、雪を食べまくり、寝転びまくり、とても写真どころではなかった!
今シーズン初の雪を踏むことができた!

| | コメント (0)

2013年12月19日 (木)

ニュース 「レプトスピラ感染で静岡市の猟犬4匹が死ぬ」

Scan122_2

右は静岡新聞11月14日、左は読売新聞11月15日の切り抜きです。感染死は猟犬に出ているので、うちの登山犬“アマティ”は大変心配となるところです。

先日、フィラリアの薬を貰いに行ったおり(静岡は暖かく遅い時期まで蚊が発生している上、庭には池があるので12月まで飲ませています)、レプトのワクチンの相談をしてきました。
現在、レプトを全面的にカバーしてるワクチンは「京都微研」の11種混合ワクチンなのだそうです。(すでに常備しているとのこと)
静岡県は猟友会に予防接種を呼びかけているとのこと。山でたまり水を飲む可能性がおおきいアマティの場合、接種するのが良さそうです。来春の接種時期にお願いしてきました。

| | コメント (0)

2013年12月18日 (水)

こんな譜面台、見たことない!

2_3162

この譜面台、すごい!

本職は鍛金家で、チェロ愛好家のお宅のアトリエにある譜面台です。
何十キロもある丸太の切り株にZライトと譜面台が打ち込んであります。
風が吹いても、躓いても、あるいは地震が来ても絶対倒れる心配はありません。
よく譜面台倒して楽器を傷つけることがあります(わたしの楽器にも傷つけられた)が、これなら譜面台につまずいたら骨折しそうです。
こんなの見たこと無い ! かっこいい !

| | コメント (0)

伊東の「楽居」で食事!

_3163

_3164

きょうもおいしいお料理を腹一杯頂いた。 とりわけ驚いたのは“天王寺かぶと牛すじの煮付け”だ。カブがこんなにも柔らかく味が染み込んでいるなんてオドロキ! そういえば「とこわか」の“親里芋の煮付け”がすごくおいしかったことを思いだした。いままで自家菜園で里芋を獲っていたが、親里芋は食べられないと思って捨てていたからだ。もったいないことをした。野菜料理はすばらしいなぁ!
右側はまぁ、なんと言っていいか解らないほどおいしい“ セコ蟹の甲羅焼き” セコガニ(セイコガニ)はマツバガニの雌で、卵とみそが激うま!

| | コメント (0)

2013年12月17日 (火)

まちがいなく高齢者  〜終活〜

Photo

ぅふぁ! こんなものが来ました。

病院にかかったときに健康保険証と共に提出すると、いままで3割負担だったものが2割負担になるんだそうです。
たいして安くなる訳では無いだろうが、これを受給することによってまちがいなく高齢者の仲間入りと言うことになります。
たしかに70を目前にして体力はガクンと落ち、ともかくバランスが悪くなりました。これではいついかなる事故を起こすか心配です。

わたしはすでに終活には入ってます。死ぬ前にウマイものをたらふく喰っておこうというものです。

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月)

南天エース

_3137

_3138

今年は年間で64日ワサビ田で過ごしました。もう今月は来れないかも知れません。 今年は喪中ですが、お正月は花がないので裏山の南天の実を切ってきて、ハイエースに積みました。荷台が一杯になってしまったので“南天エース”です。

| | コメント (0)

アマティの野遊び

_8907

_8858

_8881

_8905

G_8925

_8926

_8921

_8971

_9013

G_8879

G_8860

G_8861

_0049

小屋にいるときは毎日コング投げで遊びます。だから寝坊するとワンワンと大声で怒られます。 静岡の自宅ではこんなことができないから、アマティは小屋が大好きです。

| | コメント (0)

ふすまの張り替え

_3074

ワサビ田の小屋もここ十数年、誰も使わずわたし達の専用となっている。
わたしのものでは無いから勝手に手は入れられないのだが、痛みはかなり激しい。

先代“Hana” も子犬の頃はかなり悪かったし、アマティは未だにヒドイからふすまは桟までボロボロだった。
ただ、田舎だからふすま張りをどこに頼めばいいのか解らなかったが、偶然見つけることができ、さっそくお願いしたらとてもきれいになった。早くお願いすればよかった。

| | コメント (0)

2013年12月15日 (日)

作手のレザンでパンのランチセット

_3127

いつものことだが、作手に着くのがお昼になるから、おいしいパン屋さん「レザン」でランチ。
わたしはパンは出来たてのフワフワが好きだ!

来年からピザも扱うと言うことなので、薪釜のピザが食べられる。
ますます作手巡りが楽しくなる。

| | コメント (0)

北設楽郡豊邦/白鳥神社

愛知県の作手には11の白鳥神社があり、全部の参拝を終えた。おとなりの北設楽郡には4つの白鳥神社があり、全てを参拝した。

津具白鳥神社  ②名倉白鳥神社 ③田峰白鳥神社 ④豊邦白鳥神社
この豊邦は細い林道をどこまでも登り、不安も最高潮になったときにポツンと現れた。

_3126

_3114

白鳥神社と書いてある鳥居をくぐって石段を登ると、本殿が現れる。

_3106

_3111

_3109

今まで回った白鳥神社にしては珍しく手入れが行き届いていた。 参道の入り口に[白鳥神社創立300年記念改修碑]があった。おそらくどこの神社も300年位は経っているので”あろうが、なかなか手入れはされていないのが現状である。ここ大字豊邦字モリシタ村も人影は見られなかった。

| | コメント (0)

冬いちご

_3091

_3096

参拝途中で“冬いちご”をめっけ!
木イチゴの種類の中で、最もおいしいのがこの冬いちご。マゴたちも大好き!

| | コメント (0)

北設楽郡田峰/白鳥神社

田峰白鳥神社は有名な田峰(だみね)天神のすぐ横にありました。賑わっている天神様の駐車場にクルマを置き歩いて行きますが、だれもいません。アマティは自由行動です。

_3089

_3085_2

[白鳥神社]の銘は鳥居の手前の石碑にかいてあるだけで他には見当たりません。

_3100

_3098

_3101

鳥居をくぐって長い急な石段を登ると、立派な本殿が現れる。

これが[田峰村社 白鳥神社](正式名)だ !
サンサーンスの小品「白鳥」の美しさに感動し、オオハクチョウ・コハクチョウのダイナミックさに驚愕し、白鳥の渡りを調べ、白鳥神社巡りも20社を越える。
ここでも「白鳥が上手に弾けますように」と願をかけた。
全国の白鳥神社は何百もありそうなので、まだ当分この参拝は終わりそうに無い!

| | コメント (0)

2013年12月14日 (土)

中津川の栗菓子

_3059

栗菓子と言えば“栗粉餅”でしょう!

中津川の恵那福堂では9〜12月の14、15日だけ、この栗粉餅を売り出します。したがって、今回が今年最後のチャンスです。
しかし、わたしたちは先月、岐阜市内で栗粉餅を作りながら食べました(年中行事)。その感動が今でもはっきり残っています。
ただ、それを知らないほとんどのヒトは、この恵那福堂の栗粉餅を食べるしか無いのです。
何が違うのか?
①餅が倍くらい大きい ②塩味が強い ③栗粉を着せてあるのでは無く、上から振りかけてあるだけ ④栗粉がフワッとしていないでボソボソしている
でも、これでも充分おいしいですよ!

_3075

これは伊那屋の栗きんとんです。実はこれ、頂き物なんですが、伊那屋さんはチェックしていませんでした。
すごくおいしいです。
この栗きんとんを裏ごしすると、栗粉餅の栗粉ができます。
したがって、裏ごしする前のきんとんの状態なら風味は2日ほどは持つのです。
それが一旦裏ごししてしまうと、5分もしないうちに酸化して味が落ちてしまうのです。
栗粉餅って、なんて贅沢なお菓子なんでしょう!

_3140

G_3142

これまた贅沢な栗菓子。干し柿の中に栗きんとんが入っているのです。お店によって名前が違うようです。

_3147

上の栗菓子は賞味期限が短く、とてもお土産にはなりません。 しかし、これは日持ちがいいはずです。名前は少し長いけど「栗きんとんおこげ」といいます。栗きんとんを炊き込む鍋属に焦げ付いたおこげなんだそうです。これが又おいしいんですが、たくさんできないために、なかなか手に入りません。

| | コメント (0)

中津川の料理屋 “とこわか”

伊東で修行され、故郷の中津川で開店したお店があると聞きつけ、どうしても食べたくなったのです。予想通り、中津川らしい料理でサプライズの連続でした。

_3062

I_3064

左は大きな大きな岩魚のお刺身です。これはおいしかったです。海の魚では味わえない味です。

右は鯉の煮付け。いい味でした。にごこりが最高です。鯉は静岡では滅多に食べることができません。

_3067

_3065

あじめどぜう(味女泥鰌)の天ぷらには驚きました。こどもの頃からよくドジョウを捕っては食べた記憶がありますが、この“あじめどじょう”は川魚料理の絶品です。 右は飛騨牛です。軽く焼いてあり、2種の味噌を付けて頂きます。

_3070

_3072

最後のサプライズは子持ち鮎の炊き込みご飯。たべきれないご飯(たぶん2合)は持たせてくれました。翌朝、おいしく頂きました。

| | コメント (2)

くるまや中津川店のもりそば

_3050

本当は木曽福島の「くるまや本店」に盛りそばを食べに行く予定だったんだけど、どうしてもうまく組むことができませんでした。

仕方なく、中津川店でお昼を食べることにしました。ただ、夕飯は特別のお料理を食べに行く予定なので、いつもより少なめのもりそば2枚!
久しぶりに食べる中津川店、おいしくなっていました。

| | コメント (0)

馬籠宿(観光)

_3051

_3052

_3054

わたしたちは旅行しても観光地は避けて通っていたんですがね・・・・・・・・!

きょうは時間がたっぷりあったし、雪で極寒となってしまった夕方は観光してもいいかな?って気になりました。
40年ほど前に行った記憶があるのですが、何となく覚えていますね!
思いがけず、澤田屋の餡菓子「老木」のお店があったので買ってしまいました。
先ほどは柿羊羹を買ってしまい、そして栗粉餅を買ってしまい、甘いものばかりです。どうしよう!?

| | コメント (0)

岩村城址(岐阜県)で一休み!

アマティのオシッコ休憩は昨年と同じ岩村城址です。

_8819

_8820

とつぜん、城壁を登り出しました! 忍者ごっこ?

_8833

_8831

石垣遊びをした後、天守閣跡に登りました。 アマティは今シーズン初めての雪で、ハシャギ回っています。 なんとか写真を撮ろうと思って座らせるのですが、わたしの命令を振り切って走り回っています。土曜日だったにもかかわらず、すごく寒いので観光客がいなくて良かったです。

昨年、12/8にこの城跡を訪れていました。その時の写真が出てきました。

G_3380

昨年の方がすごいですよねぇ! ずいぶん上まで登ってる。 昨年のアマティは今より4kgほど身軽だったからかな?あるいは今年は岩に雪が少し積もっていていて危険を感じたのかな?

| | コメント (0)

雪がふってきた〜!

_3048

_3049

_3045

_3046

鳳来の小屋から真西に走って中津川に行ってきました。途中峠がいくつもあるのですが、その度に吹雪のような雪に見舞われました。雪道は大好きなのでワクワクしながらの運転ですが、残念ながら道路に積もるほどではありませんでした。

| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

今年もオオハクチョウに会えました!

_8793

_8768

今年も豊川にオオハクチョウがやってきました。

うれしいですね!

オオハクチョウは家族単位で行動します。滑走や滑空はダイナミックで興奮しますが、いつまで経っても移動しないところを見ると、ここで食料は充分足りているようですね!

_8738

_8783

| | コメント (0)

2013年12月12日 (木)

アカギレじゃぁないよね ! 

_6627

まもなく2才になるアマティの肉球がこんなことになっていました!

まるでアカギレです。
いつも裸足で野山を走り回っているからネェ!
痛そうな素振りは見たこと無いけど、もしかしたらけっこう痛いかもね!
先代の登山犬を富士山に連れて行ったときに、火山岩で肉球が痛くなって歩けなくなったことを思い出しました(仕方ないからオンブして降りてきました)!

ただいま、お手々揃えて爆睡中!

| | コメント (6)

2013年12月11日 (水)

柿菓子「牧渓」

_3037

_4641_2

_3039

毎年この時季になると、岐阜の教え子からこのお菓子を送っていただきます。

信州に自生する“豆柿”という柿を松花堂が独自の製法で作った柿の干し菓子です。大きさは2cm程か(ドングリ位の大きさ)。

口に入れると砂糖の甘さの他に、トロリとした柿の甘さとかおりが口の中を包む見事な柿砂糖菓子です。

裏千家の初釜に無くてはならない菓子らしい。“同門”と言う月刊誌に取りあげられたらしいのだ!それを見た茶道家達がその菓子のことを探し出しているようだが、この菓子の正体はなぜか謎のままである。もしかしたらわたしの過去のブログが一番詳しいかも知れない。

松花堂は井奈波神社の門前にあるのを確認したが、季節ものだから手に入りにくい。

| | コメント (3)

2013年12月10日 (火)

コケモモ入りシフォンケーキ   〜これはうまい!〜

_3015

_3009

シフォンケーキにコケモモジャムを入れただけであるが、甘みと酢みが絶妙のハーモニー!

コケモモは富士山産。

| | コメント (0)

2013年12月 9日 (月)

コーヒー豆 3種

_3028

_3027

Photo

わたしはコーヒーは無くてはならないものなので、マメを切らさないようにいつも気を使っている。

ただ、冷凍庫を使っても2週間置くと味・カオリともに落ちてくるので200〜300gを買うようにしている。
今回は静岡市の[創作珈琲工房 くれあーる]の店主に相談して、甘みのあるものを選んで貰った。
そんなわけで、この3種を100gずつ買ってみたが、1時にそれぞれを飲み比べる訳にも行かず、「ブラックベリーの様な甘く爽やか」なグァテマラのラ・ベラを飲んでみた。爽やかでとても印象的なコーヒーだった!

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

ハイエースのHID、3年で交換

_3023

_3024

Hid_1752

HIDに交換してから3年、トラブルがあった(社外品)のでアセンブリーを交換して貰った。

ところがハイエースの電球交換はえらく手間がかかり、バンパーまで外さなくてはならない。とても気短のわたしの手には負えない。
夜、長距離走るわたしにとってHIDは必需品であるが、山道を走っていると、この明るい光を求めて鹿がやってくるから、それはそれで恐ろしいが・・・・・・・・!
それでも、一度使うとやめられない逸品であることは間違いない!

| | コメント (0)

ハイエースのバッテリー交換

ハイエースは6年を越えました。走行距離は15万キロを越えています。これから冬を迎えるに当たって、バッテリーを交換しました。

といっても、寒冷地仕様のわたしのハイエースはでっかいバッテリーを2つも積んでいます。(ランクル40は同じくバッテリーを2つ直列につないで24V車だったけど、ハイエースは並列つなぎの12V車)
1つが大きいバッテリーなので、腰痛持ちのわたしには持ち上げることもできません。これも甥にお願いしました。
さぁ、いつ真冬になっても大丈夫!

| | コメント (0)

ハイエース/冬タイヤの準備完了

_3017

_3019_2

各地から雪のニュースが聞こえてきます。ハイエースは四駆ではあるけど雪道に弱いので冬タイヤは必需品です。

5月連休が終わるまでの半年間、このタイヤにお世話になります。半年で1万2〜3千キロ走るので、3年毎に買い換えます。
背骨を骨折しているわたしにはとてもタイヤ交換はできないので、甥にやってもらいます。
さて、これでどこでも行けるぞ〜!カニを食いに行きたいなぁ!

| | コメント (0)

2013年12月 7日 (土)

二王山(1208) 犬連れ貸し切り山行

_2984

梅ヶ島の十枚山(写真の右が下十枚、左が十枚)の真横に位置する二王山はわたしの好きな山です。昔は山岳サイクリングでよく登りました。首を痛めてからは登山犬“Hana” と5回登っています。

アマティは今回が初めて!そして登山犬の“Mick”II世である“そら君 ”とはじめて同行しました。

_2927

2時間かけて山頂に立った時はビックリしました。最後にここに立った時は7年前でした。今日、驚いたのはあんなに見晴らしのよかった山が、木々が生長して展望を台無しにしていました。

湯の森からの登山口も非常にわかりにくく、人気の無い山となっているようですが、犬連れのわたし達にとっては、誰もいない山は大変「いい山」なのです。

_2941

_2946

_2945

_2953

_2940_2

_2930

_2963

_2964

_2992

_3000

今回はわたし達の友だちと、アマティのお友だちも一緒だった!アマティは喜びのあまり、ハシャギまくっていた!

| | コメント (0)

2013年12月 6日 (金)

静岡の関西風うなぎ/炭焼き鰻 瞬

予約が混んでいたり貸し切りだったりでなかなか[瞬]のウナギを食べることができなかったが、1ヶ月半ぶりでやっと予約が取れた。

_2916

_2917

わたし達の席は長火鉢の横! うれしいねぇ、ここで炭火に当たることができるなんて!

まずは白焼きのおいしいこと! 醤油と塩が用意されているのもうれしい!

_2920

_2922

うな丼なのだが、丼ではなく“井川メンパ”なのがステキ!

焦げ具合がとてもいい! ウナギもサンショもとてもいいものを使っている。

| | コメント (0)

ヒイラギの花のカオリがステキ!

_2888

先日、友だちの家に行ったらとてもいいカオリがしてきた! 「モクセイでも咲いているのかな!?」と思ってキョロキョロしていたら、ヒイラギの花だという。

ヒイラギというと節分しか思い出さないが、こんなにもいいカオリの花が咲くのか!
この木はめずらしい斑入りの葉で、さらに葉のトゲは大変やさしく微妙である。
考えてみればヒイラギは[柊]と書いて冬の花であることがわかる。今どき咲く貴重な花である。4月には実がなるらしい。

| | コメント (0)

酒ケーキ

_2860_2

_2861_2

賞味期限は1ヶ月あったので、今日開けてみた!

愛知県北設楽郡にある関谷酒造/蓬莱泉は酒の飲めないわたしでも大ファンで、年に何度かは訪れる。

今回も[空]を受け取りに行ったのだが、先にアップした[酒蔵の作った米]を見つけたが、もう一つ[SAKE CAKE]なるものを見つけて買ってあった。
箱は「純米大吟醸 空」と書いてあるから酒かと思ってしまう。

_2866

中には[上質の素材で焼いたケーキを純米大吟醸「空」に浸し、お酒を風味をしっかり含ませました。 時間がたつとともに味がしみて一層おいしく召し上がれます。生クリーム等を添えていただくとまたおいしさが引き立ちます。

上品な酒のカオリが心地よく、コーヒー飲みながら2切れ食べたら、なぜか顔が火照ってきた!酔ったかな?どうもそうらしい!
書いてあった!「アルコール度数は2.5%未満ですが、お子様やお酒の弱い方が召し上がる際にはご注意ください。」

| | コメント (2)

2013年12月 5日 (木)

粉吹き干し柿

_2863

柿がおいしい! 大変うれしいシーズンです。

干し柿もおいしい!
粉を吹いた干し柿。最高です。
先日、北設楽郡に行ったときに買ってきたものです。
こんなのを見ると、つい手が伸びてしまいます。

| | コメント (0)

2013年12月 4日 (水)

抹茶モンブランロールケーキ

_2906

病院が町の中なので、つい近くの伊勢丹地下に寄ってしまいます。フードフェスタの[冬の京都めぐり]で抹茶モンブランロールケーキを見つけてしましました。

抹茶と栗のかおりがとてもおいしかった!
わたしは冷凍物はおいしくないから買いません。このロールケーキは食べてはじめて冷凍物だと解りましたがおいしかったです。というより、京都に行って生のケーキを食べたいです。でも、人混みがキライだから恐らく行くことはないだろうな!

| | コメント (0)

スイセン、満開です!

_2893

_2889

ことしはキャベツもダイコンもとてもできがいいです。今晩はダイコン煮とロールキャベツでした。

何年か前に下田の野水仙を見に行ったときに貰ったスイセンの球根を、畑の隅に植えておいたら毎年花を付けています。

_2899

_2904

| | コメント (2)

2013年12月 3日 (火)

酒蔵の作った米

_2855

先日、北設楽郡に行ったときに蓬莱泉の関谷醸造に注文してあった「空」を受け取りに寄ったおり、「酒蔵の作った米」なるものを見つけてさっそく買ってきた。

売りは①蓬莱泉の酒用の米 ②はざ掛け(昔よく見たように、田んぼの中に丸太を君で刈り取った稲を天日で乾かしたもの) ③チヨニシキ ④新米
さっそくご飯を炊いて食べてみた!
米粒がしっかりしていておいしいとは思うが、やはり白米の味しかしない!我が家は普段は玄米で購入して、食べるつど五分突きで精米しているのだが、そのほうがおいしい!

| | コメント (0)

2013年12月 2日 (月)

近所の小川で捕まえた“もくずがに”

_2871

わたしがこどもの頃は(60年も前の話だが)、近所を流れる小川では、フナやハヤを捕ったり、シジミやウナギを捕ったり、ドジョウやザリガニを捕ったり、カニも捕ったり、どうやら今のわたしの原点を見る思いがする。

父がチャボを何種類も飼っていたので、餌として大変よろこばれたから、貧乏ながらもボッタイ(小魚を捕る道具)は壊れるとすぐに買ってもらえた。そして母がすぐにそれらを料理してくれた!

昨夜、アマティのお散歩で小川を通りがかったらモクズガニが顔を出していた。犬を放り出して川に入りヤツをゲット!

家に帰ってさっそく鍋でゆでる。

3_2875

_2877_2

最高の味ですね!

こんなにうまい蟹は滅多に食えません!
「人生観が変わるほどおいしい」とはこのことです。
細い爪の先までほじりだしていただきました。
腹もこわさず無事に今日を迎えられたので、安心してアップします。

| | コメント (2)

2013年12月 1日 (日)

サクラとモミジとイチョウと・・・・・・・・!

_8431

_8565_2

今年もサクラが満開です。モミジの紅葉も始まりました。

愛知県豊田の里山の「花見紅葉」は有名ですが、これはわさび田小屋のすぐ前です。 この時季、これを見るのが楽しみです。

小屋の目の前にイチョウの木があります。

一面黄色のジュータンです。
この里は日に日に秋が深まり、まもなく冬の佇まいとなります。

| | コメント (0)

♫ いろんな木の いろんな木の 実がなるんだよ ♫

_8276

紅葉に映えるムラサキシキブです。上品な紫が好きです。

_8271

_8290

山ではよく見かける木の実です。小鳥は食べるのかなぁ?

お正月の準備に入った南天の実もたわわに実っていました。

_8699

_8698

_8702

秋は実がキレイですね! よく見ると色々な実がなっています。 ナンテンの写真は小屋の隣で撮りました。 写真の奥に大きなイチイの木があって、この森を守っています。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »