« 天然酵母パンのランチ | トップページ | アマティのおともだち! »

2013年11月 4日 (月)

恒例の「栗粉餅」作り

今年も栗の季節がやってまいりました。わたし達は年に1回、岐阜の職人から手ほどきを受けて栗粉餅を作ります。というか、作りながら食べます。

_2630

_2631

これが、栗を蒸かして皮を剥いて実をほじり出し、スリコギで潰して更に裏ごしした直後の栗粉の写真です。みるからに空気をたっぷり含んだフワフワ感がわかります。40cmほどのお皿だから栗粉の大きな山です。

_2634

お餅ちを小さくちぎって、栗粉の中に投げ入れ、上手に栗粉の着物を着せたこの写真が完成品です。

が、ふわふわになった栗粉はものの1〜2分で風味も舌触りも失ってしまうから、わたしたちは作りながら頂くのです。
こんな贅沢はない! こんな絶品はない! 涙が出るほどおいしいです。
賞味時間:2分の世界です。
それでも帰り道、いつもお世話になっている瀬戸のお宅と岡崎のマゴ宅に届け、喜ばれました。翌日は静岡のマゴにも届けました。24時間経っても「すごくおいしい」なんて言われると、「本当はこんな味ではないんだよ」と喉まで出てしまいそうになり、わたしは舌を出してニヤッとしてしまいます。

|

« 天然酵母パンのランチ | トップページ | アマティのおともだち! »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天然酵母パンのランチ | トップページ | アマティのおともだち! »