« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

愛知県設楽郡/名倉白鳥神社

作手には白鳥神社が11社ありましたが、お隣の設楽郡には4社があるようです。

きょうは白鳥神社のハシゴで、津具の後は名倉です。この2社はどちらも素晴らしい神社でした。

_8556

_8525

急で狭い階段を注意深く上ると、アマティが待っててくれました。

_8528

_8552

するともう一つの階段があって本社が見えます。 と、思ったらそれは賽銭箱舎でその奥にまだ階段があります。

その奥の急な階段を上ると立派な本殿があります。

_8531

_8538

_8539

_8541

_8545

_8536

動作が子犬のようでカワイイので、同じような写真を何枚もアップしてしまいましたが、この階段はかなり急角度で、アマティも「マテ」をさせられているので実は恐くて困っているところです。 この名倉の白鳥神社はとても素晴らしいものでした。

| | コメント (0)

「白鳥山」貸し切り山行

_8462

_8481

白鳥神社から登山道が付いています。入り口に[愛知県設楽郡警察署]の案内に、「熊対策をしっかり!」と書いてありました。また「山岳事故が多いので慎重に」と書いてありましたが、ルートははっきりしていました。

_8456

_8458

Pb300021

ショートコースではありますが、とても変化に富んだこの山は大変気に入りました。

山頂からは見慣れた南アルプスの塩見岳が美しく見えます。
またすぐ横には愛知県の最高峰茶臼山と萩太郎は並んでいます。
誰にも会わないすてきな山でした。

_8486

_8494

途中にヌタ場があって、氷が張っていました。今年の初氷です。

アマティは喜んで氷を食べに行ってヌタ場にはまってしまい、大慌てする一幕もありました。

| | コメント (0)

愛知県設楽郡/津具白鳥神社

白鳥神社を[音楽/チェロ]カテゴリーに入れているのは、サンサーンスの「白鳥」が上手に弾けるようになるよう、各地の白鳥神社に参拝したことによります。

津具の白鳥神社はたいそう立派な神社でしたが、背後に白鳥山を抱えているだけあって、その道のりは遠く、鳥居から本殿まではほぼ登山です。

_8519

_8445

_8449

_8450

急な階段を上ると白鳥神社の本殿が現れました。

_8513

_8517

_8447

とても素敵な神社で、保存状態がいいのでうれしくなります。

しかし、津具村の村社はずいぶん大変なところに建立されたんですねぇ!
村人は全員、足腰が強かったのかも知れません。
多くの白鳥神社を見て回ってきましたが、こんなにハードな参道を持った白鳥神社ははじめてです。

| | コメント (0)

アマティ、霜の原で跳ねる!

_8430 昨夜は冷えました。
小屋は1ヶ月使ってなかったので、しっかり冷え切ってるから寒さが応えました。
奥三河の夜中は氷点下になっています。
朝は一面霜景色! 霜が降りる前にイノシシが広場を耕し、僅かな草の根やひょっとしたらいるかも知れないミミズや蟹を探した跡がくっきり残っています。
この道路標示は小屋のすぐ側の道路に設置されています。午前8時で0度です。
でも、アマティは元気ですよ〜!

_8292

_8296

_8355

_8302

_8364

_8411

ゴングで楽しく遊んでいるのですが、投げたゴングが枝に引っかかってしまいました。

_8359

_8669

_8670

_8672

_8671

最後の写真!は「おとうさん、早く取ってよ〜!」 と言ってます。

霜原で遊んだあと、小屋に帰ってアマティはコタツに潜りました!

| | コメント (0)

2013年11月29日 (金)

紅葉狩りのハシゴ3つめは愛知県民の森

_8264

_8252

_8263

愛知県民の森はもうかなり落葉が進んでいました。

でも、少し歩いてみると、こんなに素敵な所がありました。
これで、今年の紅葉は終わりです。
ことしもイロイロなところで紅葉を楽しませて貰いました。
愛知県民の森へも春から夏から秋から、何度も訪れることができました。
人もいなくなった広場で、アマティはタップリ走ることができました。

| | コメント (0)

森町/「ゆう成」で カレー と ピザ と グラタン を頂きました!

__2852

__2842

_2845

カレーは「ゆう成」の定番ですが、ピザパイとグラタンは特注品です。

ベーコン、ハム、ソーセージはご近所の「入鹿ハム製」です。ピザは海鮮ピザでした。

今回は4人で伺い、3つの料理×2で6人分を4人で頂きました。おいしい!

お腹いっぱいです!

| | コメント (0)

紅葉狩りのハシゴは小国神社

_8147

_8174

大洞院の隣の小国神社です。散っている葉も多かったのですが見事な紅葉でした。

_8153

_8202

_8205

_8209

次の2枚は紅葉が小川をまっ赤に染めていました!

_8235

_8229

_8166

_8169

散ったモミジが上流から流れてきて、水がよどんだところで溜まっています。

水の下には黄葉した銀杏の葉が沈んでいて、見事でした。

_8212

G_8221

| | コメント (0)

森町/大洞院の紅葉

_8087

毎年訪れている大洞院です。峠は過ぎたと思われますが。まだまだキレイでした!

_8076

_8099

_8107

_8079

_8133

_8085

_8096

_8108

_8127

_8124

_8113

_8111

| | コメント (0)

2013年11月28日 (木)

チェロのビビリ音 ! 

10月24日、本番の前日にD線のE、G線のEの音にビビリ音が出るようになりました。現在、そのビビリ音は消えていますが気になるので時系列で記しておきます。

○10月24日 :大型台風の後、1週間以上続いた高湿度と更なるW台風が迫る中、いきなりビリビリ言う音が発せられたが、表板・裏板にニカワのハガレは確認出来ず。テールピースのアジャスターからも確認出来ない。
○11月8日 :楽器屋さんに持って行き、ニカワの剥がれ、バフリングの剥がれをチェックするが異常なし。テールピースの交換、魂柱の交換、指板の調整をするが効果無し。
○11月13日:鍛金家に金属部分をチェックしてもらう。糸巻の弦の処理を調整して貰うが一時的に消えたものの効果は認められない。
○11月14日:弦を交換してみるが変化なし。
○11月20日:数日前からかなりの寒波が押し寄せ、湿度も50%台に下がる。このころからEの音のビビリが鳴らなくなる。
○11月24日:低気圧がきて、数日雨の日が続き、湿度も80%近くなるが、ビビリ音無し! その後現在に至る。

_6647

_6648

_6663

_6653

_6651

_6657

とうとう原因がわからずじまいで直ってしまいました。かって1度だけこのような経験があります。 現在、楽器はとてもよく鳴っています。

| | コメント (0)

2013年11月27日 (水)

ラブがいた! ゴールデンがいた!

Photo_2

Llbean_2

昔は大型犬が多かったのに、今はずいぶん少なくなってしまった! でも、このご時勢でもラブやゴールデンを積極的に宣伝に使っている[Eddiebauer]と[L.L.bean]がうれしい!

左の写真は[Eddiebauer]のカタログ。ラブがよくでてくる。ラブは美人のお姉さんが大好きなのだ! 右の[L.L.bean]のカタログにはゴールデンがよく登場する。[L.L.bean]は犬のグッズも販売している。

| | コメント (0)

2013年11月26日 (火)

アマティのレクレーション

_7809

_7852

アマティは[ペットの雑貨屋さん ふぁみりぃ]に行くことがわかると(わたし達の会話から察知するのか、掘端を通ると連想するのか)、クルマの中でうれしくて大暴れします。

まぁ、それもわからんでは無い! 前登山犬の“Hana” は毎晩このような機会を持てたが、アマティは月に数度もないから・・・・・・・・!

_7890

_7897

_7995

_7931

_7943

_7945

_7946

_8056

_7955

_8048

_8017

_8051

一見、噛みつき会いの大喧嘩のように見えます。

でも、アマティもトワも楽しくて仕方ないのです。
1つだけ気になるのは、アマティはゴールデンの耳を攻撃(?)しているようです。いや、耳をなめ回しているのかも知れません。トワの耳と耳の横の飾り毛はベトベトというかネトネトというか、唾液ですっかり濡れちゃっています。

| | コメント (0)

2013年11月25日 (月)

暖国のコタツ犬

_6607_2

_6591_2

昼から雨が降り、夕方までは仕事が無かったので、久しぶりにのんびりした日を過ごした。

アマティも一日コタツの中だった。
わたしのカメラは ISO25600 まで使えるようなので、真っ暗なコタツの中でカメラテストを行った。ピントも合わないくらい暗いが、なんとか撮れるものだ!

_6597

_6584_2

コタツからちょっと顔を出してくれると、いつものアマティになる!

| | コメント (0)

2013年11月24日 (日)

赤い実を食べた♫

_7644

_7687

_7648

いま、山では赤い実が沢山なっています。 

これを見るといつも、北原白秋・成田為三の♫赤い鳥小鳥♫を口ずさんでしまいます。
1枚目はガマズミで、2枚目はサンキライです。
3枚目の実がとてもかわいかったのですが、なんの実か解りません。
ミョウガのような大きな葉でしたが・・・・・・・・!
【追記】このブログを見た“ななさん ”から「ハナミョウガではないか?」とのご意見を頂き確認したところ、3枚目の写真は[ハナミョウガ]に間違いないことを確認しました。ありがとうございました!

| | コメント (2)

ずいぶん色の濃いリンドウでした!

_7702

_7675

リンドウが一杯咲いていました。

とても色が濃くてキレイでした !  
ヤマラッキョウもさいていましたよ !

| | コメント (0)

アマティ、跳ねる ! 

G_7615

_7578

柏っ原近辺で、アマティは跳ね回っています。普段は枝をくわえて走るので、きょうはコングを持って行きました。枝で遊ぶよりいいようです!

G_7617

_7575

_7582

_7584

_7705

_7722

_7724_2

_7731

アマティは昨日は一日お留守番だったので、きょうはたっぷり遊ぶことができました!

| | コメント (0)

千葉山のドウダンツツジの原生林 ! 

_7663

_7679

島田の千葉山のドウダンツツジの紅葉はまっ盛りです。ここはヒトはなかなか近づけないので見事な群生を形成しています。

_7662

_7748

_7586

_7659

| | コメント (0)

気になるアイツ ! 

_7150

このクルマ、1955年製の[VOLKSWAGEN](通称カブトムシ)です。

このクルマのオーナーが昨日結婚した、わたしの甥っ子です。なんと、嫁さんよりも目立つ場所に展示してありました。ゴキブリのように地べたに張り付いていましたが、もちろん自走でここまでやってきました。

1956_6691

1956_6709

1956_6716

3枚目の写真、何だかわかりますか? 当時の方向指示器です。 これはアポロと言って「矢印」が出てくるのです。レバーを左右に回す手動式です。ボクはこれがこのクルマの1番のチャームポイントかなと思ってます。

1956_6705

1956_6698

1956_6704_2

このクルマ、まもなく還暦(60才)を迎えます。なんでも、赤いちゃんちゃんこを着せてお祝いするんだとか!?

| | コメント (0)

2013年11月23日 (土)

甥っ子の結婚式

_6842_3

とてもいい結婚式でした。

花嫁さんも花婿さんもとてもうれしそうでした!
うれしいのは当然だとは思うけど、それをそのまま全身で表現できる若者ってすごい!
君たちだけではなく、みんながよろこんでいるよ!

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

明日、この子が結婚する!

_2837

この子は、わたしの甥です。おそらく4〜5才の頃だと思います。

当時、父が油絵で描いたものです。整理していたら出てきました。
明日、この肖像画の子どもが結婚します。きっと父も母も大喜びだと思います。
式場に展示して貰うように額縁屋さんに額を持ってきて貰い、3つの中からこの赤っぽい額縁を選びました。
明日は式場を父と母の絵が彩りを添えます。

| | コメント (2)

おいしいダイコンが採れました!

_6645

暑かった9月23日の朝6時から頑張って植えたダイコン、こんなに見事に育ち、今日収穫してきました。さっそくアレを作りました。

_6674

_6680

学生時代、友だちのお母さんがこれを作って食べさせてくださいました。

それ以来、ダイコンのおいしい時期にはこれを作ります。 2枚のダイコンでチースを挟んで、海苔を巻いて頂くのです。これはおいしいですよ〜!
ただし、なぜかこのチーズがなかなか手に入りません。スーパーでは扱っていません。先ほど[雪印]に電話して、特約店を探して貰っています。

| | コメント (0)

白かび熟成の乾燥ソーセージ

世の中にはおいしいものがあるものですね!

白かびのドライソーセージ(サラミ)を頂きました!

_2828

_2832

ブルーチーズのように白かびで熟成されたドライソーセージです。

香辛料に黒七味、黒胡椒、行者ニンニクが使われた詰め合わせです。

ブルーチーズのような強烈さはありませんが、口の中でステキな熟成味を楽しめます。 また、3種の香辛料はそれぞれかおりがあって、大変おいしいです。

__2835

赤ワインと相性がいいとのことですが、赤ワインがなくともとてもおいしく頂くことができます。

写真はリンゴと一緒に食べているところです。
飛騨の山村にある工房「キュルノンチュエ」で作られているそうです。

| | コメント (0)

2013年11月21日 (木)

梅ヶ島街道/横山でたわわに実るムベ

_2822

_2823

昨日、横山の「小沢芳子ワサビ」店にわさび漬けを買いに行ったら、隣にきれいなムベのみが鈴なりだった。

ムベとアケビの違いは詳しくないが、少なくとも森アケビは美しい紫色でこんなに赤くはない。
アケビの葉は3枚と5枚があるが、このムベは5葉だった。また、アケビに比べて葉が大きく厚い気がする。
ムベは第1東名高速道(旧東名)の焼津〜島田間の中央分離帯に沢山植えられているが、実を取りに行くのは命がけだからやめた方がいい !
しかし、アケビ同様ムベも大変美しい山の幸である。

| | コメント (0)

2013年11月20日 (水)

津渡野の“つど野”で打ち立て蕎麦 

“つど野 ”に蕎麦を食いに行ったら、梅ヶ島方面の紅葉狩り客で大変混んでいて蕎麦が終了してしまった。普通なら用意した蕎麦が売り切れた場合は、そこで「本日の営業は終了」となるのだが「いまから蕎麦を打つからしばらく待って欲しい」とのこと。打ち立ての蕎麦が食えるなんてこんなにラッキーなことはないから、安倍川河川敷でアマティと遊んでそのチャンスを待った !

_2814

_2816

_2821

1時間ほど待った後、蕎麦打ち直後のソバを食ったのは初めでた ! 口の中でソバのかおりがパーッと広がるのをはじめて体験した。

う〜ん、「ブルータス、おまえもか!」

蕎麦もやはり、打った瞬間から劣化が始まる ! こまったな! うまい蕎麦を食いたければ自分で蕎麦打ちするしかないか ! あるいは今回のチャンスのように時間を見計らってたびたび「つど野」を訪れるか!

| | コメント (0)

アマティ、津渡野の安倍川で遊ぶ ! 

_2769

2_2770

「この寒空で!」と思うのだが、Labrador retrieverにとっては夏も冬もないのだろう ! 

_2768

_2763

そば屋「つど野」で待つ間、すぐ前の安倍川河川敷に遊びに行った。草の刈られた土手を走るのはアマティにとっては応えられない。体が火照ってきたら土手の反対側は安倍川だ!

_2778

_2780

_2782

_2788

_2790

_2796

_2812

_2775

| | コメント (0)

2013年11月19日 (火)

鳥坂のラーメン屋 「一元」 の味噌ラーメンともやしラーメン

_2751

_2143_2

夏のラーメンもいいけど、冬のラーメンは格別です!

左は一元の名物:サッポロ味噌ラーメン。右はもやしラーメン。
ニンニクと豆板醤はお好きなだけどうぞ!

| | コメント (0)

2013年11月18日 (月)

とろカツオの土佐造り

西千代田町の魚屋「魚好」が閉店して以来、ほとんど魚は食べてないが、大岩のスーパー「静鉄ストア」に脂のしっかりのった戻り鰹「とろかつお」を売っていたので、カアサンお得意の土佐造りを作って貰った。

_2753_2

_2755

いや〜、うまいねぇ !  久しぶりの鰹だけど、秋の鰹は最高だぁ!

| | コメント (0)

刃物研ぎ

久しぶりに暖かかったので、水仕事をする気になった。まずは愛用のナイフ。

_2747

わたしはハンドメイドのナイフのコレクションをしているが、これは常用のナイフで、アウトドアではいつもポケットに入っている。ブレードは武田松水、ハンドルは松野寛生のコラボで、ライナーロック方式のフォールディングナイフが実現した。

_2742

_2743

ナイフを研いでいると、すかさずカアサンが包丁を持ってくる。左は藤原照康、右は武田松水の手造り鍛冶包丁。研いでいても気持ちいい!

_2741 _2746_2

最後の写真は武田松水作の、愛用の鎌。手入れが悪かったが、刃だけは付けた。

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

静大祭/農学祭で仕入れたキノコ3種でつくった「きのこ丼」

_2738

退職後も農学部の農学祭はほぼ毎年行っている。

今回はとんでもないサプライズがあった。
今年は富士山のきのこはセシウム問題があったりして、結局キノコも松茸も食べていない。
それが、農学祭に行ったら、恐らく栽培ものであろうがクリタケ、ヒラタケ、大ナメコを販売していたので迷わず買って「きのこ丼」を作って貰った!
それがおいしいこと ! 2杯食べてしまった !

| | コメント (0)

2013年11月16日 (土)

「天狗石山」散骨登山  〜第32弾〜

_6461

_6463

32カ所目の散骨は天狗石山です。

“Hana” はここには4回登っています。お友達とも2回登ってます。
途中でニホンカモシカに出会ったこともあったね!群れで走り回ったこともあったね!
アマティもお前の後を継いで立派な登山犬に育ちましたよ!

| | コメント (0)

「智者山」散骨登山  〜第31弾〜

_6457

初代登山犬、黒ラブの“Hana” の遺骨を、かって一緒に登った山に2代目登山犬“Amati”と散骨をはじめて31座目になります。

智者山には“Hana” は3回登っています。
“Mick”や“P多”や“Nana”と群れを作って登った思い出があります。
智者山の1番景色のいいところに、散骨しました。
「“Hana” ちゃん、また会いにくるからね!」

| | コメント (0)

「智者山〜天狗石山」犬連れ貸し切り山行

_6443

_6454知者山神社から知者山の登山道に入るとき、いきなりこの難所に出くわします。

これはワンにとってはなかなかの難所で、黄ラブのP多は拒否し続けた有名な階段です。
アマティの場合は問題ないと思っていましたが、案の定登ったり下ったりして遊んでいました。

G_6553

Pb160003

Pb160009

Pb160001

Pb160008

紅葉はほぼ終わっていましたから、厚い落ち葉の道を歩きました。ときどき、残り紅葉を楽しんでいます。

_6525

G_6531

Pb160007

Pb160010

山の登りは、カアサンの方が強いです(下りはまだわたしの方が強い)。しかし、今回は頸椎・腰椎を痛めている上に胸椎の圧迫骨折を抱えての山行でした。初めての簡易コルセットと痛み止め服用山行となりましたが、これならまだ行けそうです。

| | コメント (2)

2013年11月15日 (金)

柿好きにはたまらない“市田柿ミルフィーユ”

先月、長野県飯田市を訪れ道の駅に寄った折、産地野菜と共においしそうな市田柿を2つ、買い物籠に放り込んでレジに行ったらとんでもない額を請求された。

中身を見てみたらこの市田柿ミルフィーユが1個1050円にビックリ !

_2622

_2661

このおいしさにはビックリしましたねぇ!市田柿だけでもおいしいのに、上質なバターを挟んである。

いや〜、このセンスに感服 !

| | コメント (0)

2013年11月14日 (木)

チョコラブのマスコット

こんなマスコットをみつけました!

_6416

_6422

_6423

_6417

ちょっと目がきついけど、かわいいです ! アマティに似ている !

_6403

_6407

さらにかわいいのは足の裏の肉球です ! ヘソ天してもらいましょう !

_6437

| | コメント (0)

2013年11月13日 (水)

伊東の日本料理「楽居」

きょうも帰りに楽居さんによって腹一杯、食べてしゃべってきました。みんなFB仲間です。

_2716

_2723

いきなり好物が出てきます。鯖、大好きです。〆鯖だと言ってたけど生のような感じでした。おいしい!

_2725

_2727

海老を食べれば頭も足もちょうどよく焼いてくれます。中トロもおいしかった!

_2719

_2733

魚の粗で煮たというダイコン、メヒカリの煮付け! ボクはやはり煮物が好きだな! メヒカリの薄味の煮付けは最高でした。

そして本日の大サプライズはこれです。 [セコ蟹の甲羅焼き]

_2720_2

解禁後初水揚げされたセコ蟹の甲羅焼きです。これはうまい!   
初物だと言うだけでもうまいけど、見事な料理です。(料理は他にもあるのですが書ききれません) 

| | コメント (0)

バターノートの暖炉

_2714_2

10月25日、台風の中、汗をかきながらこの場でアレンスキーのピアノトリオを演奏したばかりなのに、とうとう暖炉に火を入れる季節に急変しました。

きょうはこの暖炉の横でチェロのお稽古です。
[火]っていいですねぇ!見てるだけで満たされますが、心まであたたまります。
お稽古の終わった人から暖炉のまわりに集まり、マスターの入れてくれたコーヒーを楽しみます。

| | コメント (0)

冷川峠(柏峠)

_2712

1度通ってみたいと思っていた修善寺から伊東に抜ける旧街道「冷川峠」をやっと昼間通ることができました。昔からよく聞く峠道だったので、たぶん何かで有名なんだと思います。たとえば、ラリーのコースだったことがあるとか、サイクリングの名所だとか・・・・・・・・!

で、数ヶ月前、1度だけ、県道が通行止めで、夜中にこの峠を通ったことがあります。走りながら「いい道だなぁ」と思っていたことをFBにアップしたら「よくあんな道を通りますね! でるんですよ〜!」と伊東出身者に言われ、余計通りたくなったものです。

昼間から薄暗く、手入れの悪い舗装路でしたが、特に何も出ませんでした(夜でないとダメかな?)

しかし[峠]っていいですね ! 昔のヒトもここで一服したんでしょうね !  心が落ちつきます。

| | コメント (0)

中国製チェロと欧州製チェロ

_2406_2

_2707

_2705

中国製のチェロは造りも材料もしっかりしていて音も出しやすいので、とてもお買い得だと思い推薦してきた。

しかし、最近の中国人の(韓国人もそうだが)反日感情はどうだろう!? 
尖閣諸島問題いらい、彼らは感情をむき出して攻撃してくる。
最近はチェロを習い始める方でも「中国製以外にしてください」という方が増えている。
これはドイツ製のモダンチェロだが、やはり[伝統]が感じられる音色である。

| | コメント (0)

2013年11月12日 (火)

圧迫骨折

Photo

半年以上前から背中が痛かったが、頸椎と腰椎に持病を持つわたしは、医者も取り合ってくれなかった。

10月のコンサート3日前になって(台風の影響か?)かなり痛みを感じるようになり、再度整形外科でレントゲン・MRI撮影すると、なんとなんと圧迫骨折していることが判明!!
いつ、こんな怪我をしたのか全く思いつかなかったが、あれこれ思い起こすウチに3/17スキーで転倒し、息ができないほどの苦しみを味わい、それ以降肋骨・背中に痛みを感じていることを思いだした。ずいぶんのんびりした話であるが、まさか背骨の骨折とは思いもしなかった !
その後、腰椎と大腿骨の骨密度を測定したら、わたしの骨密度は同年齢の平均と比較すると140%、若年成人と比較すると123%という好結果だったのだ !それなのに骨折とはかなり転倒の衝撃が大きかったんだろう。
潰れているだけあって身長が1.5cm程低くなっていた。

| | コメント (3)

2013年11月11日 (月)

新窪乗越(大谷嶺)/犬連れ貸し切り山行

_6330_2

_6298_2

大谷崩を過ぎると紅葉はすっかり終わっていたが、素晴らしい青空に誘われ大谷嶺(2000m)に向けて歩き出した。

30年ほど前にスキー板を担いで登り、スキーを楽しんで以来の山行と思われる。
富士山の大沢崩と共に「日本三大崩」の1つと言われているこの崩は、1707年の宝永大地震から崩が始まったという。ガラガラのガレ場は登りがかなり大変だが、アマティは平地のように駆け上がったり駈け降りたり走り回っている。

_6307

_6315

_6288

_6302

_6324

_6326

_6375

Pb110088

Pb110094

Pb110091

登っている途中から気温が下がり、青空ながら雪が舞いだした。

扇の要から新窪乗越まで2時間もかかり、お弁当を食べたら体が冷えてしまい、このまま下山することにした。
雪(風花)はかなり降り続いたが、もちろん積もる気配はない。しかし、山はもう冬山の準備が必要!

| | コメント (0)

梅ヶ島/大谷崩の紅葉

_6261

_6257

_6270

_6264

梅ヶ島の紅葉を見に大谷崩に入ってみた。

若干、遅すぎたかな!?という気もするが、なかなかきれいだった!

_6383

_6392

_6379

_6384

| | コメント (0)

2013年11月10日 (日)

雨の日はアマトワ=バトル

アマティはストレスがたまっているので、雨が来る前に安倍川河川敷で走らせようと、表に出たらすでに降り出していた。さすれば「ふぁみりぃ」の同い年のトワちゃんに会いに行くのがいい! フラフラになるまで遊んでくれる。

_6086

_6084

_6092

_6095

_6133

_6125

_6177

_6188

| | コメント (0)

2013年11月 9日 (土)

やっとタマネギを植えました!

_2701

_2703

忙しく飛び回っているものですから、タマネギを植えることが気になっていたのですが、やっと今日、300本植えました。一日かかってしまいました。

あと200本くらい植えるスペースがあるのですが、もう疲れました。
でも、自家製タマネギってほんとうにおいしいんですよぅ!
5月・6月の収穫が楽しみです。(今年の春収穫したタマネギ、まだおいしく保存できています)

| | コメント (2)

谷津山散策

_2697

_2549

昨日は一日クルマの中だったし、今夜から雨だというので、朝のお散歩は谷津山です。

低い山ですが、自然の中を走り回れるので、アマティにとっては大喜びです。

_2699

_2698

こういう藪の中に入ると、イノコヅチが体中に付いてしまいます。幸いチョコ色のアマティには、このイノコヅチの緑色がとても美しく映えるのでわたしは大好きなのですが、アマティにとっては苦手とみえて口で一生懸命拭おうと苦戦しています。きっとチクチク痛いんでしょうね!

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

これが一風堂の豚骨ラーメン(赤丸)

静岡にある[IPPUUDO]の豚骨ラーメンはおかしい!  第一替え玉がないし、辛子もやしがないし、辛子高菜は有料。麺の堅さもオーダーできない!これでは一風堂ではない! 川崎で一風堂を見つけました。

_2669

2_2670

右側の写真はトッピングを好きなようにしたもの。ニンニク、辛子高菜、辛子もやし、紅ショウガは好きなだけ乗せられる。

_2663

_2665

辛子高菜はとてもおいしいのだが、そうは食べられない。しかし、辛子もやしはいくらでも食べられる。無くなればお替わりしてくれる。一風堂はやはり、これがいい!

| | コメント (2)

チェロが不調!

_2673_2

_2676_3

10月25日、台風27号、28号が最接近する本番前日、チェロからビビリ音が出るようになりました。

それがどうしても取れなくて楽器屋さんに行ってきました。
D線のE、G線のE音にビビリが出ます。やはり楽器屋さんが見ても見つからないのでテールピースを交換したり、糸巻きを調整したりしたのですが、原因がわかりません。魂柱を替えて見たけどダメでした。指板のソリも削って調整したのですが、やはりビビリは出ています。
取り敢えずはお手上げの状態で家に持ち帰り、様子を見ることになりましたが、楽器の不調は子どもが怪我をしたときよりもしょげてしまいます。

| | コメント (0)

2013年11月 6日 (水)

さくらえび解禁

_2656

サクラエビが5日の夜から解禁となった。

その最初の漁で上がったサクラエビが食卓に乗った。
うまい〜っ!  たまらないですねぇ!
獲れたて、出来たてはうまいに決まってるけど、都会での流通はおそらく今晩以降になるでしょうねぇ!? お気の毒!

| | コメント (0)

2013年11月 5日 (火)

ゆう成/まぼろしのグラタン

森町の“ゆう成”といえばカレーでここにも何度も登場しているが、メニュー外のグラタンがおいしい!(要予約)という話を入鹿ハムさんに聞いた。

さっそく駆けつけてみた。

_2649

_2652

グラタンは入鹿ハムのベーコンとハムが入っており、さらにクリームはやわらかく自然な味で見事だった。これは病み付きになる!

_2654

グラタンはかなりボリュームがあるが、やや物足りない。かといってカレー1人前では多すぎる。

わたしたちはグラタンセット2人前とカレーを1人前(半分こ)でちょうどよかった。

| | コメント (0)

秋の花園

_5979

_5982

B010026

_5985

_5989

_5998

「秋のお花畑」って珍しいですよね!三河にこんなステキなところがありました。

ヤマラッキョウとムラサキセンブリが一面に咲いていました。

_6042

_6034

_6032

_6025

アマティはお花の中に座っていましたが、バッタを見つけて大はしゃぎ! 一緒になって跳ね回っていました。

Pb050076

Pb050075

| | コメント (0)

2013年11月 4日 (月)

アマティのおともだち!

岐阜の帰り道、アマティのお友達(アマティのお友達はわたし達のお友達、アマティの親戚はわたし達の親戚)の家に寄ったときには、あたりは真っ暗でした。

今日は一日中相手にしてやれなかったので、ストレスがたまっていましたが、おかげですっきりしたようです。

_2641

_2642

_2643

_2644

| | コメント (0)

恒例の「栗粉餅」作り

今年も栗の季節がやってまいりました。わたし達は年に1回、岐阜の職人から手ほどきを受けて栗粉餅を作ります。というか、作りながら食べます。

_2630

_2631

これが、栗を蒸かして皮を剥いて実をほじり出し、スリコギで潰して更に裏ごしした直後の栗粉の写真です。みるからに空気をたっぷり含んだフワフワ感がわかります。40cmほどのお皿だから栗粉の大きな山です。

_2634

お餅ちを小さくちぎって、栗粉の中に投げ入れ、上手に栗粉の着物を着せたこの写真が完成品です。

が、ふわふわになった栗粉はものの1〜2分で風味も舌触りも失ってしまうから、わたしたちは作りながら頂くのです。
こんな贅沢はない! こんな絶品はない! 涙が出るほどおいしいです。
賞味時間:2分の世界です。
それでも帰り道、いつもお世話になっている瀬戸のお宅と岡崎のマゴ宅に届け、喜ばれました。翌日は静岡のマゴにも届けました。24時間経っても「すごくおいしい」なんて言われると、「本当はこんな味ではないんだよ」と喉まで出てしまいそうになり、わたしは舌を出してニヤッとしてしまいます。

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

天然酵母パンのランチ

_2624

川売(かおれ)に珈琲用の水を汲みに行き、沢で一泳ぎした後は作手にまわり、レザンの天然酵母パンランチを頂くのがいつものパターンになってしまった。

今日のパンもおいしかったが、自家焙煎のコーヒーがおいしかった。 グァテマラとマンデリンの豆を買ってきました。

| | コメント (0)

アマティにとってはまだまだ水浴びのシーズン!

クルマを停めたら、この沢に向かってすっ飛んでいきました。

この子にとっては、きっと年中水あびシーズンなんでしょうね!

_5705

G_5804

_5729

_5722

生き生きしていますねぇ!

_5747

_5748

| | コメント (0)

昨日もコング、今日もコング、明日もコング!

_5977

_5921

_5924

_5951

_5973

_5963

_5964

こちらで生活していると、アマティはなんか逞しくなったような気がします。

ただし、四六時中一緒の生活ですから、甘えん坊になったことも確かです。静岡に帰ったら困りそう!

| | コメント (0)

2013年11月 2日 (土)

きょうも自然保護のために猪と鹿を喰います!

_2607

_2612

_2619

_2615

本当のことを言うと、今年はまだ焼き松茸を食べてなかったので、それが目当てで飯田の越山まで来てしまったのだったが、残念かな松茸のシーズンは終わっていた。

なんということでしょう!
松茸釜飯なら出来ると言うことでお願いしたら、これがおいしいこと! かおりもすごくいいし!
鹿肉と猪肉、すごくおいしい!猪鍋と鹿刺しを食べ、鍋は後でおじやを作って腹一杯!

| | コメント (0)

蛇峠山貸し切り山行

_5654

_5662

_5657

_5655

_5651

_5635

蛇峠山には以前、“Hana” と登ったことがあります。それを思いだして登ってみました。

上の方は紅葉は終わり、落ち葉のジュータンを歩いてきました。
カサコソカサコソといい音がします。
下の方は見事な紅葉でした。
誰もいない貸し切り状態だったので、アマティも自由気ままに走っていました。

_5585

_5584

Pb020029

Pb020036

なんということでしょう! マツムシソウです。 地べたに這い着く様に咲いていました。急に愛おしくなります!

| | コメント (0)

茶臼山の紅葉

_5478

_5468

_5459

ちょうど見頃でした。

_5471

_5554

_5498

_5496

_5540

_5460

_5542

| | コメント (0)

ミックロック峠の紅葉

_5573

_5564

_5572

ここをわたし達は「ミックロック峠」と呼んでいます。

11年前(2002)の11月3日、わたしたちはワン3頭、ヒト4人で大川入山登山に出かけ、この峠道を通りかかったときにあまりにも美しい紅葉とその葉に積もった雪景色に目を奪われ、クルマを降りたとき事件は起こりました。
GRの“Mick”が運転席側のドアロックボタンを押してしまったのです。それ以来わたし達はここをミックロック峠と呼んでいます。
今年は雪はなかったけど、きれいでした!

| | コメント (0)

朝のお散歩はコング遊び!

_5358_2

_5300

アマティは枝拾いの次に好きなのがコング拾いです。

「とうさん、早く投げて!」と目付きが真剣です。
姿勢はいつでも飛び出せるように全身に緊張感がみなぎっています。
いきなり走らせるのは可哀想なので、始めのうちは極近くに投げますが、体が温まってきたらできるだけ遠くに投げます。

_5296

_5293

_5309

_5308

_5343

_5348

イヌは走る姿が美しいと思います。この躍動感がいいですねぇ!

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

タマ天寝相

_2602_2

小屋に着くと、まずやることは窓を開けることと布団を乾燥機にかけることです。

アマティは、乾燥機で布団がふっくら膨らんでいるところに目を付けました。
乾燥した暖かい空気はすっかりに抜け、ぺちゃんこになっているのにまだ寝ているアマティ!
「ヘソ天」なんて悠長なことを言っていられません。「チン天」とか「タマ天」と呼んでいますが、それにしてもヒドイ・・・・・・・・!

| | コメント (0)

センブリ3種       〜センブリのモジャモジャ〜

今回は三河で3種のセンブリを見ることから始まりました。ほんの1時間ほどでイヌセンブリ、ムラサキセンブリ、(普通の)センブリが見られるなんてなんという幸せでしょう!(先日はソナレセンブリを見ているし)

また、センブリでとても気になるのが蜜線の一部でしょうか、モジャモジャした白い毛のようなものです。

まずはイヌセンブリ

_5129

ムラサキセンブリ

_5168

センブリ

_5219

どのセンブリも花びらに薄い紫色の縦の線が入っていることと、モジャモジャがあることが共通しています。(花弁は普通は5枚ですが4〜6枚が見られます)。 イヌセンブリのモジャモジャが1番見事なのですが、個体差かどうかはわかりません。 なぜかわたしはこのモジャモジャが大好きで、ここにピントを合わせてしまいます。

センブリが終わると、本格的な冬になります。

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »