« 雨雨ふれふれ もっとふれ | トップページ | 洋梨のコンポート »

2013年9月26日 (木)

我が家の松の木

最近、何度か庭の松の木の根をアップしたが、本体はなかなか登場しないのでここらあたりで・・・・・・・・!

日本姓氏源辞典でマツシタを調べると、当然ながら「松の下の土地」が1つの源となっている。

_1975

_1976

この松は1953(昭28)年我が家に移植された。現横内小学校の近所に生えていた松はその当時から大木で、トラックには乗せきれず(当時は軍用以外は大きなトラックはなかったので(なんせ、バスは薪を燃料としていた時代である)、馬力(馬車)で運んだ。庭に大きな穴を掘り、そこにスルメと一升瓶を振る舞って植樹した。その時点で上に伸びる幹は止められた。また、根を浮かせて[根上がりの松]とした。

わたしと弟はこのテッペンに登って遊んだものだ!父はそんな姿を見て「これだけ枝があるから落ちてもどこかに引っかかるだろう」なんて言ってた大らかな時代である。
松は未だに年々成長を続け幹は太くなり枝は広がっている。この木を移植した植木屋さんが(代は替わったが)見る度に「大きくなった」と喜んでいる。
これが我が家のシンボルなのだが、維持費はバカにならないし処分の費用も大変なものだ!父母がいなくなった今、さて、どうしたものか!?

|

« 雨雨ふれふれ もっとふれ | トップページ | 洋梨のコンポート »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨雨ふれふれ もっとふれ | トップページ | 洋梨のコンポート »