« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

リンゴが鈴なり

_2268

わたしたち静岡人はミカンがなる光景は見飽きているが、リンゴのなる木は大変珍しい。何度見てもいいものだし、いつまで見ても飽きない!

さらに、リンゴは摘み取った直後が最もおいしいことも知らない。(ミカン、とくに青島ミカンは年明けの方がおいしいが)
秋映(あきばえ)も収穫が始まったようだし、ドルチェも買うことが出来た。両方を食い比べてみるとかなり個性が違い、味も違う事に気付く。
こんな光景が見られて、新鮮なリンゴが食えるなんてうらやましい!

| | | コメント (0)

これはオドロキ! 栗菓子「朱雀(すざく)」

小布施経由で峰の原に着いたら「朱雀をたべないなんてもったいない!」とFBで言われました。たしかに小布施に行ったら「朱雀を食べるように」言われていたのを思い出しました。「これは食わない訳にはいかない!」(期間1ヶ月限定・持ち帰り不可)

朝9:30に小布施堂着。整理予約券ゲット。やった〜と思ったが予約時間は11:30。しかし、更に待たされて目の前にしたのがこの栗菓子。これが小布施堂の「朱雀」です。実物を見てオドロキです!
_2262

_2264

わたしは栗菓子に関しては少々うるさいです。感動の栗粉餅をプロの職人の元で自分で作らせていただいて、作りながら食べる体験を何度かしているからです。
で、この朱雀、一言で言うと「栗そうめん」です。モンブランよりも遙かに細く、色は蕎麦に似ているけどさらに細く、柔らかいゆでたてのそうめんのようです。
栗あんを芯に、この栗そうめんを折りたたむように乗せてあるのですが、わたしはこれを作った職人の技と業に感動します。蒸し栗をスリコギでしっかりすり、それを切れないように細長く裏ごししてあると思われるのですが、それは途方も無い労力のはずです。思わず手を合わせていただきました。
小布施堂では、この菓子を「注文を受けてから工場に取りに行く」そうですが、わたしに言わせれば「工場で喰わせて欲しい!」
なぜなら、栗粉は裏ごしした直後が1番おいしいことを熟知しているからです。裏ごしして1分以内に口に入れる贅沢を知ってしまったからです。
あぁ、わたしは栗の食文化に感動と感謝を捧げます!

| | | コメント (0)

2013年9月29日 (日)

ペンション・チロルにて

P9300067

P9300070

2日間車中泊だったので、3泊目はいつもの峰の原の「チロル」で疲れを取ることにしました。いつもわがままを言って急に訪れてすみません!

アマティは自宅でもフリーですが、わたしたちの布団に乗ることは滅多にありません。ところがどうでしょう!? アマティはベットの存在を知らないはずです。この部屋に何度か泊まっているのですが、いままではケージに入れていたのでベットには登ったことはありません。それが今回は登ったっきり、怒っても聞こえないふりをしています。(阿部さん、すみません)
でも、アマティの目、何かを訴えてますよね!「ボクは今晩は絶対ここに寝るんだ!」と言ってるような気もします。

| | | コメント (0)

ラブ等 

_3758

_3829

なんとラブ達と合流できました! すごい! 

すぐお友達になれます、というよりアマティが1番若いからか、わがままです!

| | | コメント (0)

旅は買い物

_2178

_2167

信濃町インターと戸隠の間にはいくつかの魅力あるお店があります。

その1つが自家製ベーコン屋さんです。完全無添加(発色剤も無し)のベーコン、塩分が強いけどすごくおいしい!これはバラ肉のベーコンです。(脂身がおいしい)
もう1つはなんと、今ごろトウモロコシ!「サニーショコラ」でした。甘くてとてもおいしかった。今年のトウモロコシシーズンはとっくに終わったと思っていたのに!

| | | コメント (0)

初代登山犬“Hana” と、2代目登山犬“Amati”

_3745

テントサイド(車中泊サイド)のここに“Hana” が眠っています。

わたしたちがクルマで近づくと“Hana” が「とうさん、ここだよここだよ」と騒いでいるように感じました。
わたしたちは今春、どうしてもこの地に来れなかったので、やっと会いに来れたのです。
アマティをここに座らせるのは一苦労でした。この子はジーとしていることが出来ない、大変な子です!

| | | コメント (0)

戸隠キャンプ場でハイエース車中泊

P9270001

P9290066

戸隠キャンプ場はクルマ1台1000円でテント1張1000円ずつ。今回はタープテントも張らなかったので1000円のみです。当初は2泊する予定が無かったので、キャンプ場内の別の所にクルマを停めて寝ましたが、どちらもドングリの木の下でした。ドングリが屋根に落ちると落石を受けたようなすさまじい音がします。

_3565

_3705

_3555

_3561

_3714

27、28日もキャンパーが多くて驚きましたが、とにかく広大なキャンプ場なので、アマティは思いっきり遊べます。 川も流れているので水遊びはタップリできますが、今回は寝るだけだったので川辺には近づきませんでした。

背景にはいつも戸隠が見えていて、とても素敵な環境です。
とはいえ、シーズン中は大変混雑していると思われるので、オフシーズンがお薦めです。(春は一面ミズバショウが咲きすてきですよ)
10月下旬から4月までは閉鎖です。

| | | コメント (1)

2013年9月28日 (土)

オオシラヒゲソウ  〜グズなヤツもいるものだ〜

P9280011

G_2208

オオシラヒゲソウは9月初旬に咲くことは聞いていました。だからさすがにもう咲いてはいないだろうと思って、デジ一を持たずに出かけてしまいました。しかし、何処の世の中にもあわてん坊やグズなヤツはいるもので、出会うことが出来ました。

シラヒゲソウに比べてオオシラヒゲソウは1.5倍ほど大きいから迫力があります。ヒダヒダの切れ具合も、シベの様子も違うようです。咲き殻は沢山あったので、また来年再挑戦です。

| | | コメント (0)

飯縄山・犬連れ山行

P9280046

飯縄(綱)山山頂です。昨年登り損なった山なので喜びもひとしお!

後ろは高妻山です。日差しが強いのでアマティはほっかぶり姿です。

_2251

_2184

上り下りの1/3はこのような沢沿いのルートです。犬連れにとっては大変うれしいルートです。

P9280035

P9280042

_2244

山頂には大勢の登山者がお昼を食べていましたが、上り下りではほとんど登山者とは会いませんでした。マイナーなルートだったからでしょうか!?

最後の写真の背景が切れてしまいましたが戸隠です。

| | | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

洋梨のコンポート

_2163

長野県に入るときはどうしても中央高速・諏訪インターの「シェ 岩波」に寄ってしまいます。ランチの時間に寄れると、その後の予定が無理なくこなせます。

9月のシェ・岩波の目玉はデザートの「洋梨のコンポート」(8月までは桃のコンポート)です。
ランチには肉料理と魚料理があります。スープは洋梨のスープでした。

_2159

_2162

| | | コメント (0)

2013年9月26日 (木)

我が家の松の木

最近、何度か庭の松の木の根をアップしたが、本体はなかなか登場しないのでここらあたりで・・・・・・・・!

日本姓氏源辞典でマツシタを調べると、当然ながら「松の下の土地」が1つの源となっている。

_1975

_1976

この松は1953(昭28)年我が家に移植された。現横内小学校の近所に生えていた松はその当時から大木で、トラックには乗せきれず(当時は軍用以外は大きなトラックはなかったので(なんせ、バスは薪を燃料としていた時代である)、馬力(馬車)で運んだ。庭に大きな穴を掘り、そこにスルメと一升瓶を振る舞って植樹した。その時点で上に伸びる幹は止められた。また、根を浮かせて[根上がりの松]とした。

わたしと弟はこのテッペンに登って遊んだものだ!父はそんな姿を見て「これだけ枝があるから落ちてもどこかに引っかかるだろう」なんて言ってた大らかな時代である。
松は未だに年々成長を続け幹は太くなり枝は広がっている。この木を移植した植木屋さんが(代は替わったが)見る度に「大きくなった」と喜んでいる。
これが我が家のシンボルなのだが、維持費はバカにならないし処分の費用も大変なものだ!父母がいなくなった今、さて、どうしたものか!?

| | | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

雨雨ふれふれ もっとふれ

アマティとお姉さんのサラちゃんが池に入ったり地べたに転がり回って遊んでから1週間が経ちます。

その間、今朝ちょこっとだけほんのチョッピリのお湿りがありましたが、雨という雨は降っていません。畑の水やりも含めて、もう少し降って欲しいのですが・・・・・・・・!

写真はこの子たちが汚した庭石と松の根とツワブキの葉です。

_2115

__2116

__2119

__2118

__2120

見事しか言いようが無い![強者どもの夢の跡]

| | | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

家中ウンチの匂いに包まれています!

_2150

娘のアパートに寄ったときに、駐車場にギンナンがたくさん落ちていたので拾ってきました。

タネは少し小さいけど、ずいぶん沢山拾えました。
ただ、いま、家の中は臭くて閉口しています。でも、これ、おいしいんですよね!焼いて食べるのが一番好きです。
そういえば、元職の駐車場にもギンナンが沢山落ちていて、よく研究室で焼いて食べたなぁ!

| | | コメント (0)

ダイコンとキャベツ

_2144

_2146

朝の6時から畝作り(左の写真)。畑仕事ではこれが一番大変です。

このあと、お彼岸の行事があったので、15時から再び野良仕事でした。朝は寒いくらい。夕方も風があって汗はかかずじまいでした。
右の写真はダイコン60本分とキャベツとレタスを植えました。キャベツはまだスペースがあるのであした植えます。
この畑の奥にタマネギ数百個を植えるスペースがありますが、植えるのは11月に入ってからです。
取れたてのダイコン、おいしいですよ〜!

| | | コメント (0)

2013年9月22日 (日)

一元(鳥坂店)の“もやしラーメン”

_2142_2 一元の“サッポロ味噌ラーメン”の味は有名であるが、この“もやしラーメン”は隠れた一品であることはあまり知られていない。
このラーメンは近年、メニューに書き加えられたものであるが、実はわたしは35年も前からこの“もやしラーメン”のファンであり、チェロの練習が終わると夜な夜な一元に食べに行ったものである。
もやしの量は麺のおよそ2〜3倍。もやしをほじくらないと麺が出てこない。このもやしの歯ごたえは最後の1本までパリパリ・シャキシャキの食感で、これがたまられない。

| | | コメント (0)

とあるカバー写真に写り込んでいました!

Photo_3

Photo_4

この2枚の写真は毛無山と安倍の大滝に行ったときの同行者のFBのカバー写真になっていたものです。どちらもわたしの姿が写り込んでいたので貰ってしまいました。

花の写真を撮るものけっこう命がけです。ヤバイと思ったことも何度かあります。

| | | コメント (0)

吊り橋恐し

Photo

Photo_2

2日前に安倍の大滝に行ったときの写真です。同行者に頂いたものです。

アマティがコワゴワと、そして慎重に2枚の板の上を歩いている姿がカワイイです!下は台風18号の余波の濁流です。
実は先代登山犬“Hana” はこの吊り橋を嫌がって徒渉しましたが、この日の激流では徒渉は不可です。

| | | コメント (0)

谷津山朝散再開

F1000147

F1000144

朝、6時に目が覚めたので、以前よく先代の“Hana” とお散歩した谷津山に登ってきました。この場所は“Hana” の散骨をした所です。

ケータイ写真なのでよくわかりませんが、アマティの後ろの町並みには、わたし達のお家が写っているはずです。稜線はお散歩する人がいますが、脇の登山道は誰もいません。ただし、クモの巣が張っています。
谷津山の麓の霊園のカアサンの実家のお墓をお参りをして家に帰って、以前と同じ70分です。
気持ちよかったけど、しっかり汗をかきました。

| | | コメント (0)

2013年9月21日 (土)

野焼き焼き芋

_2136

_2139

畑を耕している片手間に、奥の耕地では先日刈った枯れ草を燃してサツマイモを焼いていた。マゴに喰わせたい一心でこのくそ暑いのに野焼きの管理をしながら焼き上げた愛情のこもっている焼き芋である。だが、マゴは食いに来てくれなかった。従って、今日の我が家の夕飯は焼き芋である。 味見したがなかなか美味だった!

| | | コメント (0)

野良仕事 その3

_2133

_2126

以前は「草を刈ってから畑を耕して畝を作ってマルチを掛けて苗を植える」行程を1日ですませていたものだ!(それでも結構の収穫を得ていた)

ところが今のわたしはその行程に四日を要するようになってしまった。今日はここまでで終わりである。というより、もうパワーが残っていない。これが[老い]なのだ!幸い、あすも明後日も少しずつ時間が取れそうだ!
この奥にもう1カ所残っているのだが、ここにはタマネギを植えるので来月でいい!

| | | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

少し早すぎた”ウメガシマシャジン”

_3367

_3375

岩沙参(イワシャジン)なんですが、ここでは梅ヶ島沙参と呼んでいます。白山沙参とか福島沙参とか、あるらしいです。何処か違うんでしょうが、よくわかりません。

昨年見つけた場所なんですが、まだ1週間以上早すぎました。しかも1番上の株しか咲いていませんでした。

| | | コメント (2)

シラヒゲソウ

_3093

_3113

_3129

白髭草というと、白髭神社よりもわたしの白髪の無精髭を思い起こしてしまうが、実際の花を見るとそんな考えは吹っ飛ぶ!

わたしはこの花は常々[創造の神のイタズラ]と考えている。実に見事なものだ!

_3150

_3161

2_3091

P9200041

今年はたくさん咲いていたが(昨年はショボショボだった)、1週間早いほうがよかったかな!?

| | | コメント (2)

自然がいっぱいでアマティは興奮気味!

_3201

_3192

_3250

G_3244

_3253_2

安部奥は紅葉を間近に控え、美しい緑に包まれています。あと2ヶ月もしないうちに素晴らしい紅葉に様変わりします。

_3407

_3419_3

_3435

_3458

_3386

_3389

今日は同行者が大勢いたので、アマティは少し調子付きました。オイタばかりして、制止が全く効かない状態です。

| | | コメント (0)

梅ヶ島の大吊り橋を渡る!

P9200036

P9200037

_3512

_3520

昨年、アマティが0才9ヶ月でこの吊り橋を渡った時にはスタスタと歩いたものでした。しかし、今回は途中で恐くなってしまい、お父さんにリードをつなげて貰い、おっかなびっくりでなんとか渡りきることが出来ました。

この吊り橋、かなり揺れるので確かに恐いです。しかも、今日はかなりの水量とその音でビビるのも当然かも知れません。

P9200066

P9200062

P9200074

P9200065

_3226

_3229

この2枚の写真は更に上流の1/5程の短い吊り橋です。

こんな吊り橋だったらボクは全然へっちゃらだい!Uターンだっでできちゃう!

| | | コメント (0)

2013年9月19日 (木)

看板犬「トワ」との大バトル

_2847

_2862

[ペットの雑貨屋さん ふぁみりぃ]の「トワちゃん(アマティと同い年の男の子)の所に行くよ!」というと、もうアマティは平常心ではいられません。

何を言っても耳に入らなくなります。これでは困るので、駐車場で座らせるのですが、フセだけはどうしてもしませんでした。
やっとのことで落ちつかせて、お店に入っていきました。
G_2890

G_2891

_2902

_3016

_2966

_2969

トワ君はお店の看板犬なので、どんなに疲れていてもお客様が来ると付き合わなければ成りません。相手がそんなに乱暴者でも、決して怒ることなくやさしく接してくれます。

でも、度を超すと次のようになります。

G_2979

_2995

ひぃえ〜! アマティの頭がトワの口の中にある! 
でもご安心! これが楽しいのです! もちろん怪我は無いですよ!

| | | コメント (0)

よごれ松の根

_3081

今朝玄関をでたら、松の木の根元が案の定こんな具合に変色していました。

これは昨夕、アマティのお姉ちゃんのサラとアマティが、池に入ったり土の上を転がり周り、体中にドロを含ませ、根上がりの松に塗りつけたからです。(塗りつけたと言うより、ここでバトルを繰り返したというのが正しい)
残念ながらわたしはその様子を見ていません!でも、この松の根を見ればおおよその想像ができます。
見たかったなぁ!

| | | コメント (0)

2013年9月18日 (水)

福竜の餃子とラーメン

_2106

_2112

_2109

_2114

知る人ぞ知る静岡市内の「福竜」という中華店の餃子とラーメンと五目チャーハンです。

最高においしいです。マゴも大喜びで完食します。

| | | コメント (0)

クララ・ファミリー

_2795

アマティの兄弟サラちゃんとお母さんのクララが訪れてくれました。アマティの喜びは尋常ではありません!

_2789

_2796

_2816

_2817

_2827

_2840

_2843

_2833

時間は17:30を過ぎていたので薄暗くなってしまい、ほとんどブレた写真になっていますが、それも喜びの表現です。 兄弟サラちゃんとのバトルに、お母さんのクララはあきれています。 最後の写真は2人のお母さんです。アマティと似ていますが、兄弟のサラにはもっと似ています。

| | | コメント (0)

メープルハウスの“いちじくロール”

_2102

やっといちじくロールが届きました。昨年のデパートの金沢展で味を占めたので取り寄せたのですが、送料はバカになりませんでした。

いちじく好きにはたまりませぬ!
こっそり食べようと思っていたら、マゴがきてしまいました。食べ分が減ってしまいましたが、とてもおいしかった!
これだけおいしいイチジク菓子は他に見当たりません。(かって道玄坂においしいいちじく菓子があったのですが、店じまいしてしまいました)
発注してから知ったのですが、来月、静岡市内のデパートで金沢展があるようです。

| | | コメント (2)

津渡野の“つど野”

_2088

わたしの大好きなそば屋の窓の風景です。

向こう側に見える山は竜爪山(真横から見ています)です。

_2090

_2094

この蕎麦とそば湯と蕎麦つゆが最高!

| | | コメント (0)

谷津山散策

_2047

_2048

_2063

_2062

久しぶりに谷津山を訪れました。

静岡市の中央にある小山で、市民の憩いの丘ですが、巨木があったりなかなか自然に富んでいる素敵な所です。
“Hana” とは毎朝のお散歩によく来たのですが、アマティとはあまり来ていませんでした。
山頂には古墳と社があります。
少し涼しくなったら、朝のお散歩に来ようかな!

_2065

_2072

| | | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

久しぶりにアマティ用グッズを買いました!

_2041

アマティのリードです。

アマティはいったい何本のリードを喰ってしまったことでしょう!あまりのすごさに新しく買うのは止めて先代“Hana” のお古を使っていたのですが、気付いたら皮のリードしか残っていませんでした。革製は使いやすいのですが雨の日は使えません。それで、“RUFFWEAR”のザイルのリードを買ってきました。1100kgに耐えると書いてありますが、そんなに引っ張ったら首が折れてしまうよね!それにしても頑丈なカラビナです。

_2044

これは犬笛では無くエマージェンシーホイッスルです。5cmほどの笛ですが大きな音がします。山の中でこれを吹くと、アマティはすっ飛んできます。(熊を追い払うことも出来るし、遭難時には自分の位置を知らせることも出来ます)

2つのザックに常備するように、買い足しました。

| | | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

アマティ、我慢の限界!

_2035

台風18号が豊橋に上陸し、新城市を経由して長野県に移ったという。

別荘代わりに使っている小屋が直撃を受けているかも知れない!
わたしはソファーに寝転び、ニュースに目をやっていたときである。
いきなり、アマティがわたしの腹の上に飛び乗ってきた。
こんなことは滅多に無いことなのだが、昨日まで10日間もマゴを預かっていたので、アマティもいい加減忍耐力に限界が来ていた模様!
昨日から子ども帰りし、イタズラに没頭している。

_2026_2

_2027

_2028

この3枚の写真は、寝転んでいるわたしの腹の上で大暴れしている様子!

_2031

_2032

これも腹の上です。ピーピーおもちゃをくわえてきたと思ったら、いきなり腹の上に飛び乗りました。

ただでさえストレスがたまってるのに、外は雨降りですから、もう我慢の限界です!

| | | コメント (2)

2013年9月15日 (日)

いとこ同士もいいねぇ!

_2745

_2752

わたしのマゴたちです。

子ども達は遊び作りの天才です。
段ボールのひな壇があったので、それに登って遊んでいます。
段ボール製だから、3人も並んで登れば壊れるのは当然です。
壊れたのを修復してまた登りだしています。

_2770

_2772

_2773_2

| | | コメント (0)

ひ孫同士っていいねぇ!

_2012

身内一同が集まり法事がおこなわれました。

呼び名が難しいのですが、わたしのマゴ又甥(両親のひ孫)たちです。
みんな大きいジイちゃん、大きいバアちゃん、大好きでした!
ボクもそうだったけど、親戚って子ども乍らに「友だち」と違う独特な近親感があるんですよね!
一番年少の左の小僧が一番大きい態度してます。
この子をわたしたちは10日間預かりました。いや〜、大変でした!今日、親に返しましたが普通で無い疲れが残っています。アマティもストレスたまりっぱなしでしたからねぇ!

| | | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

最後の晩餐

_2005

まさかこんなに早く最後の晩餐を頂くとは思ってもみなかった!

西千代田町内にある鮮魚店「魚好」が本日をもって閉店となる。
魚好きのわたしとしては大変ショックな出来事!
我が家ではお客が来たときの定番である手巻き寿司を今日はさみしく頂いた。
これからわたしは魚を食いたくなったときにどうすればいいのか!
ぜひとも「魚好」さんには近々お店を再開して貰いたい!

| | | コメント (0)

冬野菜の準備 その2

_1981

_1984

10日に草刈りをやったのですが、今日はその続きです。背丈ほどあるすごい雑草です。

_2000

_1989

左が今日刈った畑です。土が見えるようになってきました。右は5日前に刈った畑です。

_1991

_1993

草を刈ると、やっと里芋が出てきました。

マゴは里芋を掘ってくれていますが、あまりいい芋は出来ませんでした。
いくら[不耕起農法]といっても、限度があるんでしょうね!
小さくて、少ししか成っていませんでしたが、さて、お味はどうでしょうね!?

_1996_2

明日から台風がくるというので、5日前に刈った草を燃してみたら、よく燃えました。ただ、残念なことに焼き芋の準備が出来ていなかったので、マゴはガッカリしています。「きょう刈った草が枯れたら焼き芋をやろうね」と言い聞かせましたが、あしたパパとママが帰ってくるので実現するのでしょうか?

| | | コメント (2)

2013年9月13日 (金)

アマティ、箱乗り!

_1732_2

_1726

クルマで移動中はエアコンを入れているので、窓は閉め切ってある。

しかし、山道に入るとACは切り、窓は全開となる。
新鮮な風はアマティも大好きだよね! 「おっこちないでよ!」

| | | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

最後は沢遊び!

_2674

_2690

_2691

_2692

_2710

シャンプーは持ってきてないけど、これだけ泳げば、あのきたないドロもきれいに落ちます。

今日は一日よく遊びました!

| | | コメント (0)

松下枝男

_2647

_2649

_2651

_2650

_2655

山に来ると野性に返ることは仕方ないことかと思います。

しかし、いつも山で枝をくわえている写真をアップしていたら[枝男君]というあだ名が付いてしまいました。

顔は泥が付いたままです。

| | | コメント (0)

牛ヶ峰のチャボホトトギス

_2610

牛ヶ峰のチャボホトトギスがおかしい!

大群落があるのですが、なんと今日見つけたのはこの3輪だけでした。写真の上のヤツはもう終わってますね!
他にツボミは少し見つかりましたが、早すぎるのか遅すぎるのか、あるいは盗掘にあったのか、とにかく見る影もありませんでした!

| | | コメント (4)

ボク、どろんこ遊びがだいすきだよ!

_2582

_2586

_2632

_2588

この林道は工事中でブルが通った後には水たまりが出来ています。アマティは清流で泳ぐのも好きですが、こんな所にしゃがみ込むのも好きです。ようするに水が好きなんですよね!

_2601

G_2617

_2597

アマティの顔を見てやってください!泥が飛び散っています。

G_2628

G_2622

体にも泥が飛び散っています。バンビみたいな斑点が付いています。

帰りには川に入って洗わないと、お家には帰れません。

| | | コメント (0)

ボク、また獲物を見つけたの!

_2533

_2544

クルマを降りて林道を歩き始めたときである。なんかアマティの様子がおかしい!妙に浮かれて走り出したり、わたし達をにらめ付け、呼ばれても無視したり、明らかにケモノの目付きになっている。

_2555

_2575

_2563

よくよく見たら鹿の手首をくわえてる!JJJ!

ひずめも骨も毛皮も付いているヤツ!
どんなに「こい〜!」と叫んでも全く無視し通して、近づこうともしない!オヤツを目の前にぶら下げても全く効果無し!
コントロールを失ったアマティは手の付けようがなくなった。
確かに自分で稼いだ獲物だから、しかも特上のヤツだからわたしに刃向かうのもわからんでは無いが、困ったヤツだ!

| | | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

チェロの駒を交換しました

_1967

わたしのチェロ(Stoss)は4枚の駒を持っています。

季節によって駒を取り替える訳です。40年前にヨーロッパから持ってきたばかりの頃は、駒の高さが季節ごとに狂ってしまい、3つとか4つを必要としていたのですが、ここ10年ほどは楽器も落ちついてきて、年間に1回替えるかどうかです。
(駒の高さといいましたが、正しくはネックの角度の変化)
この駒はわたしの最もお気に入りの駒で、4つの内でもっと背の高いものです。(指板の一番先の弦の高さ:A線6mm、C線8mm)
今年は天候がおかしいといわれていますが、この時季、この高い駒を使うのは初めての体験です。

_1971_2

この駒は40年前に作って貰ったものです。

白肌の楓の駒はかなり変色して黄ばんでます。残念なことにゴム製の弱音器の汚れも付いています。
しかし、ソリは全くありませんし、弦の食い込みもありません。その秘密は駒を毎日チェックすることと、A線が当たるところに象牙を埋め込んであります。したがって、汚れてはいるものの新品同様の力強い音が鳴ります。
駒を高くした今日、伊東でピアノトリオの練習をしてきたので、しっかり疲れてしまいました。

| | | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

富士山世界遺産と東京五輪

2020_2

日本中が2020東京オリンピック決定で浮かれています。 ついこの間は富士山の世界遺産決定で大騒ぎをしたばかりです。わたしとしてはどちらも後味の悪いものが残ります。 富士山の世界遺産も本来は富士山の自然を後世に残す目的かと思っていたら、何のことは無い、単に経済効果を狙ったもの以外のなにものでもない!なんなんだ、いったい!

オリンピック開催地決定。これはヒドイんじゃない?IOC委員会の決定方法はなんなのか?ヒミツのベールの影で金が飛び交っているだけではないのか!? なぜ公開してフェアに決められない! プレゼンテーションで委員に媚びるあの姿は痛々しい!ロビー活動が決め手となるとはどういうこと!?そして、安倍首相の「コントロール発言」は日本人なら誰も信じていない。こういうことに左右されるIOC委員会に操られているオリンピックはもう止めた方がいいのではないか?

| | | コメント (0)

冬野菜の準備

_1957

_1959

今年の夏野菜はおいしく沢山、収穫できました。

しかし、収穫期を終えるとこのように雑草が生い茂り、とても秋なすが実る状態では無くなってしまいました。これではいくら[自然農法]といってもヒドイです。
毎日「今日こそやろう」と思っていてもなかなか腰が重く、やっと動き出しました。

_1960

_1962

これで限界です。もう腰が痛くてできません!

この刈り取った草を乾かして、マゴと焼き芋をやります。その後、耕して土を作ります。そして苗を植えるのですが、9月中にやらなければならないので、大変です。
実は奥にまだ借りている畑があるのですが、今日は手を付けずに今度涼しい日を狙います。
よく野菜は「買った方が安い」と言われます。それはその通りですが、買った野菜より遙かにおいしいのです。

| | | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

スルガジョウロウホトトギス

_2339

10日前にはチョボチョボだったのに、今日は賑やかでした!

_2378

G_2360

_2426_2

_2380

_2411

_2397

_2432

_2350

今回は増水で徒渉が大変でした。でも、苦労した甲斐がありました!

カメラを持ったまま滑り落ちたり、雫でびしょ濡れになったり散々でしたが、こんな花に巡り会えると「ブラボー」と叫びたくなります。

| | | コメント (4)

10日ぶりの滝壺で水あび!

_2493

_2507

_2453

_2464

_2483

_2476

_2470

わたし達が写真を撮っている間つないでおいたので、ご褒美に滝壺で泳がせました。

アマティは枝をくわえると興奮してしまって、クールダウンにはなりません!
でも、つながれたストレスからは発散できたよね!
10日ぶりに来たのですが、水量はかなり増していました。

| | | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

お泊まりアマティをお迎えに!

_2297

_2300

_2308

昨日の昼、アマティをひなたさんに預けて東京に行ったのですが、帰りが12時近くなってしまったので今朝、迎えに行ってきました。

お泊まりのお友達が大勢いたので、楽しくてわたしたちのことを忘れてしまったのではないかと心配していましたが、わたし達を見つけるなりお友達を放り出してこの通り大喜びでした。_2324

じゃぁオレ、帰るからな! みんな達者でな!

_2313

_2334

なんか少しションボリしてるぞ!

アマティ、帰りますよ!

| | | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

ヴェルディ生誕200年 リゴレット「女心の歌」

_1931

ミラノ・スカラ座のヴェルディは数年前の「ドン・カルロ」と2回目。

今回も歌手、合唱、オーケストラ、バレー団をひっさげて大勢のスタッフと共に、ヴェルディの生誕200年を祝いに東京にやってきた。
オペラってなんでこんなに楽しいんだろうね!?
至福の時を過ごしました。
有名な「女心の歌」を聞きながらわたしはこの曲が中学校の教科書に載っていて、当時歌ったことがあることを思い出しました。
  風の中の 羽のように いつも変わる 女心
  涙こぼし 笑顔つくり
  嘘をついて 騙すばかり
  風の中の 羽のように 
  女心かわるよ ああ 変わるよ  堀内敬三訳詞
ずいぶん大胆な曲が教科書に載っていたものです。

| | | コメント (0)

ゴールデン・レトリバーのすみれちゃん

1002212_500514583373629_225693564_n

4ヶ月になる GR の「すみれちゃん」です。

この子に会いたくて、目黒の[MTC-DOG]の扉を開けたら、大勢いるワンコの中からこの子がわたしに飛びついてきました。
すみれちゃんは、あたかも自分のお父さんとわたしが藝大の同期生で仲のいいお友達であることを知っているような振る舞いでした。わたしに飛びつき、わたしの周りをグルグル走り回り、こうしてダッコしていないとはしゃいで走り回っています。でも、重くて長くはダッコできませんでした。
「すみれ! 元気に育てよ! いつかアマティといっしょに遊んでね」

| | | コメント (0)

イタリア/ミラノ・スカラ座

今朝、娘たちがマゴ(年長さん)をわたしの所に置き去りにしてミラノに向けて発った。当初はミラノ・スカラ座で「オペラを見るんだ」と意気込んでいた!

わたしもスカラ座は1度だけ行ったことあるのだが、夜遅く始まることとワインを飲んでいたことから眠ってしまい、何を見たのかも覚えていない!

_1883_3

_1931_2

ところがそのミラノ・スカラ座がいま、東京に来ている。

しかも、わたしたちは今晩のヴェルディの「リゴレット」GPチケットを頂いたのだ。

一旦は仕方なく預かったマゴを又貸しならぬ又預けをし、東京に行くことになった。
今日はスケールの大きな一日になりそうだ!

| | | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

わたしたちの南アルプス!

南アルプスがユネスコエコパークの国内推薦を受けることが決まりました。

南アルプスのほとんどは静岡市に属しているのですが、市民の「わたしたち」との意識が薄いのは、山が深すぎるからでしょうか・・・・・・・・!

しかし、自然の深さ、美しさは富士山を遙かに凌ぐものがあります。

富士山の世界遺産は、もともと開発を念頭にしたものだったのでわたしは大反対でしたが、こちらは是非とも自然をいつまでも残す運動にしたいものです。ただ、「エコパーク」という呼び名はあの奥深い原生林には似つかわしくないと思います!

それはおいといて、今朝の静岡新聞に大倉尾根の記事が出ていました。

Scan116_2

Jpg

新聞を読んでいたら、懐かしくなって赤石岳に登ったときの写真を探してました。

赤石岳には数回登っていますが、大倉尾根を登ったのは自転車を担いで登った2回だけでした!この写真はたぶん1回目の単独の時だと思います。

| | | コメント (2)

2013年9月 4日 (水)

楽居のサプライズ

伊東市の“板前割烹 楽居”でお魚料理を頂いた。

_1921

_1922

これはサンマの酢〆です。写真を見るだけでどんな味なのか大方の想像が付きます。口に入れた瞬間、それを納得します。

しかし、さすがですね、楽居さんが造ったものにはサプライズがあります。想像とは違った驚きがあります。それが緑色のボツボツ(カボス?)
_1924このサンマに驚いて喜んでいたら、親方はニヤリとして「これを食べてみてください」と出てきたのがこれです。
これは〆鯖です。
これが2つめのサプライズ。声が出ないほどうまい!
〆鯖といったら「新鮮でない鯖」のイメージしか持っていませんでした。せめて「いづうの鯖寿司」を喰いたいと思っていました。たまに生鯖の寿司が食えると大喜びでした。
でも、鯖ってそんなものじゃないんだ!

_1925

お刺身の盛り合わせです。

3つめのサプライズは1番右端にあるカワハギです。
このカワハギの刺身を、カワハギの肝汁で食べるのです。
カワハギを生で喰ったのもはじめてですが、山葵醤油では無く肝汁で食べるオドロキ!
ものすごくうまい刺身です。

_1928

伊豆は「サンマ寿司」が有名です。下田に行くとかならずサンマ寿司を頂くほどすきです。

今夜の最後に、先ほどのサンマの酢〆でサンマ寿司を造ってくれました。
これが4つめのサプライズです。
いままで観光みやげ店で食べていた「サンマ寿司」は、あれは冷凍物だ!と思いました。
これが本物のサンマ寿司!
お魚もおいしかったけど、お話しもおもしろく、楽しいひとときでした。

| | | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

ステンドグラス「白鳥」

_1867

今年の木曽手仕事市で新海秀氏と同じ「木地の館」で展示されていた、ステンドグラスの「白鳥」です。[制作者はグラス工房圭子:岩間圭子氏]

優しい感じがとてもかわいらしいです。
涼しかった木曽を思い出し、残暑を苦しんでおります。

| | | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

カフェ爾今でランチ!  〜この豆乳スープは絶品〜

_1910

_1912

カフェ爾今(新城市)でランチを作って頂きます。

このスープ、最高においしい! これが食べられるだけで幸せです。
エリンギ、ナス、キンピラ、ソーメンカボチャのパスタです。

_1917

_1920

食事の後はこれがあります。塩ゆでアズキに、ショウガシロップのかき氷が乗っているのです。氷は温めてからかき氷になります。

ショウガシロップのおいしさには脱帽です。

| | | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

友だちと一緒だと楽しさは倍増します!

_2131_2

_2197_2

アマティは一人っ子だから、群れのルールを知らない!

できるだけ、お友達と遊ばせたと思ってます。
少々乱暴者だけど、ものすごく喜んで楽しんでいました。

| | | コメント (0)

古式狛犬?  〜犬の神様?〜

レザンで出来たてパンのランチを頂いた後、「おかしな狛犬がいる」というすぐ近くの[十二所神社]を紹介して頂きました。(作手民俗資料館の裏)

_1903

この十二所神社、一対の狛犬が鎮座していますが、もう一対がこの写真です。

風化が激しく、手や耳ももぎ取られていますが、江戸時代のものと思われます。

_1898

_1897

これは神社に向かって右側です。犬なのかオオカミなのか、よくわかりません。

両手とも無くなっています。
右顔は風化したのか、口が大きく避けています。
かわいい感じも恐い感じもありません。

_1899

_1900

これは左側の像です。口は長く裂け、ワニのようにも見えます。 ぽってりしているところはカバのようにも思えます。 狛犬の原型でしょうか?滑稽にも見えるこの狛犬の正体を知りたく思います。

| | | コメント (0)

長ノ山湿原のミミカキグサ

_2110

_2101

「ミミカキグサ」とはよく名付けたものです。

2〜3mmの小さな小さな花です。小さすぎて、三脚を使って撮ると間違いなくギックリ腰になるので、メモ程度に取ったものです。
黄色いのがミミカキグサで、紫の花はホザキノミミカキグサです。混生していました。

| | | コメント (0)

いっぱい泳ぎました!

_2020

_1978

作手村に行く途中、河原におりました。

ここはアマティがはじめて1mほど泳いだ場所です。(アマティは覚えていないよね!)

_1990

_1983

_2041

_2048

_2050

G_1993

アマティは「枝男君」と呼ばれているそうですが、いつも枝をくわえている訳ではありません。

枝をくわえているとインパクトが強いので、ついくわえている写真を選択してしまうのです。

| | | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »