« ホテルにアマティのお迎えに! | トップページ | 雨降りはイヤだね! »

2013年6月19日 (水)

水芭蕉の匂い

_7579_2

“夏の思い出”の2番の歌詞に「水芭蕉の花が 匂っている」という一節がある。

いままで、花に詳しい人々の間では「水芭蕉には匂いはない」というのが定説であった。
江間章子氏自ら自書で、水芭蕉に匂いのないことを認めていた。
わたし自身も何度も水芭蕉を見ているし、匂ったということは経験していないので、臭いはないものと信じていた。
が、野草愛好家の中で「水芭蕉は微かだが匂いがある」という話題が持ち上がり、大騒ぎとなり、結論として「無臭ではない」ということになっている。
わたしもそれを確認しようと、何度もニオイを嗅いでみるのだがついぞ匂ったことはなかった。それもそのはず、湿地帯に咲く水芭蕉の花に自分の鼻を近づけるのは至難の業であって、通常は無理である。
先日、尾瀬の木道脇に咲いている水芭蕉の花にわたしの鼻を近づけて始めて匂いを確認した。一言で言うとあまりいい匂いではなく座禅草の花の匂いをやや甘くした感じだった。
もし、江間章子がこの匂いを知っていたら「♪水芭蕉の花が 匂っている♪」という歌詞は作らなかったかも知れない。無臭だと思っていた証拠でもある。

| |

« ホテルにアマティのお迎えに! | トップページ | 雨降りはイヤだね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホテルにアマティのお迎えに! | トップページ | 雨降りはイヤだね! »