« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

今年もウチョウランに会えました!

羽蝶蘭はレンズが届く位置の株はほとんど盗掘され、年々数が減っていきます。

今年は崖を登ろうと思って、28mmマクロ1本だけを持って出かけたら、近づけなかったのでほとんど写真を撮ることができませんでした。
僅かにこれだけです。遠くに見事な株が咲いているのに、悔しい思いをしました。

_8378

_8390

_8375

_8455

_8457

偶然、やはり羽蝶蘭を撮影に来たわたしの花の師匠に出会い、師匠の300mm×1.5レンズをお借りして撮ったのがこの写真です。
すばらしい!

| | コメント (0)

県民の森で会ったお友達 〜ラブとも〜

県民の森内を散策していたら2人のお嬢様が連れている黒ラブたちに出会いました。

さっそくいつもの調子で絡み出しました。

_8526

_8530

_8532

_8552

_8574

_8576

_8577

暑くなってくると、おきまりのドボンです。
みんなと泳ぐと余計楽しいようです。

| | コメント (0)

愛知県民の森で水あび ①

_8463

_8467

_8469

_8499

愛知県民の森は山に囲まれた沢がベースになっているので、大変素晴らしい雰囲気です。

至る所で深みが出来ているので、アマティにはたまりません。
歩いていて体が温まるとすぐにドボンといくので、目が回りそうです。

| | コメント (0)

2013年6月29日 (土)

作手の薪屋さん

“薪屋さん”といってもスケールが違います。 薪製造工場です。

五右衛門風呂を湧かすのに薪が必要なのですが、薪造りはすでにわたしの腰痛の限界を超えています。材料もノコギリもチェンソーも、ヨキもあるのですがあとが大変なので、最近は買うことにしています。

_1516

_1518

この薪屋さんには用途に応じて各種の薪を販売しています。

たとえばストーブ用とか暖炉用とかピザ釜用とかパン焼き用といった案配です。
風呂用にいい薪はもったいないので、一番安くて火持ちのいいものを調達します。
写真の左奥の大きなコンテナ1杯を買いました。
1つずつ手でクルマに積み込んだ写真です。荷台が薪で一杯になりました。
「薪エース」と呼んでください。

| | コメント (0)

残り“トキソウ”

_8366

_8370

トキソウは今年は見ることができなかった!

すでにシーズンを終えているはずだが「ひょっとして!?」と思って寄って見たら、見つかりました!
家に帰って写真を見てみると小さなバッタが写っていましたよ〜!

| | コメント (0)

作手に行ったらまずは“レザン”で腹ごしらえ!

“レザン”は作手高原に来ると必ず寄る森の中のパン屋さんです。

天然酵母パンとスープのランチです。これが食べたくて作手に行くようなものです!

きょうのチーズはとてもおいしかった!

_1506

_1505

_1514

_1508

レザンの「空ちゃん」です。

警戒心が強くて、なかなかなついてくれなかったのですが、やっと気を許してこんな歓迎ぶりでした!

| | コメント (0)

ひさしぶりでキンセイランに会えました!

_8299

_8320

_8315

_8307

以前はかなり咲いていたんです。でも、ここ2年間全く見ることができませんでした。

今年もあきらめきれずに探していると、1株だけ咲いてるのが見つかりました。うれしかった!
来年もぜひ咲いて欲しいと願っています。

| | コメント (2)

ドイツパン工房“ミンデン”

_1503_2

_1504_2

少し遠回りすると、よく尋ねるパン屋さん「ドイツパン工房“ミンデン”」があります。

ここの金山寺味噌入りパン“パンデポンダ”(写真がなかった)と、イチゴ入り食パンがわたしのお気に入りです。
このパンのセンスはすごいものだと、いつも感心しながら食べています。

| | コメント (0)

アマティ、走る! 早い早い!

アマティの動きは、よくみるとなかなかユーモラスな事をやっています。

_8607

_8609

_8665

_8723

次の4枚は連続写真です。

_8629

_8630

_8631

_8634

| | コメント (0)

2013年6月28日 (金)

アマティは野山に行くとうれしそうです!

_8177

_8191

_8174

_8237

アマティは走ってばかりいますが、4本の足が宙に浮いている写真は滅多に撮れません。もちろん偶然です。

_8266

_8270

自生のキキョウです。アマティと一緒に撮ろうと試みたのですが、こいつ照れているのか、なぜか固まっています。

| | コメント (0)

カキランをはじめてみました!

_8207

_8217

P6280004

ササユリの残り花でも見に行こうと丘を登っていったら、数本のカキランと会うことができました。

特に珍しい花という訳ではないようですが、はじめて実物を見ました。とてもきれいな花です。

_8251

_8243

野に咲くキキョウです。

園芸種と色も形もとても似ていると思いますが、野山では滅多に見ることができなくなりました。
わたしもいままで3回しか見たことがありません。
だから、野山で見つけるととてもうれしくなります。
長野県の根子岳に咲いているキキョウに出会ったときは驚きました。

_8189

_8194

ほかにも咲き出したばかりのオカトラノオ。アマティのシッポのように頑丈です。

それから残り花のササユリは2つ、見ることができました。

| | コメント (2)

鎮守の森の“イチイの木”

イチイの大木は枝振りにとても不思議な雰囲気があって、大好きです。

その巨根の前に小さな碑(文字は読めないがかなり古い。墓石ではなく鎮守様か?)が置いてあって一層雰囲気を盛り上げます。
鳳来のわさび田小屋の窓からこのイチイの木が見下ろせるのです。

_0674

_0676

_0677

小屋には2ヶ月近く行ってなかったので、かび臭くて往生することと思います。これから行って部屋の窓を開けて空気を入れ換えてきます。

| | コメント (0)

2013年6月26日 (水)

伊東の板前割烹“楽居”

ひと仕事終わった後、楽居(らっきょ)でおいしいものを食べながら山野草の話、四駆の話、カメラの話に花を咲かせてきました。

_1495

_1498

_1502

_1496

本マグロのカマトロです。うま〜ぃ!

焼き甘鯛、マナガツオの骨せんべい、鱧の吸い物、冬瓜と牛すじ煮、など次々とうま〜ぃ!そして最後の焼きおにぎりのうまかったこと!
腹一杯になって冷川峠越えで帰って来ました。

| | コメント (0)

韮山/三ッ割菊の“田舎そば”

_1494

写真を見ると蕎麦の実の甘皮をそのまま挽いたのがわかるとおもいます。

このおかげですてきなカオリを醸し野趣深い蕎麦に仕上がります。
やや太めで歯ごたえもタップリです。
田舎そばは、今まで食べた中では三ッ割菊が最もおいしかった!
2枚喰うとお腹が一杯になります。

| | コメント (0)

2013年6月25日 (火)

練習後の爽快感はアマティには通じなかった!

_8151

チェロの4本の弦に松ヤニがこびりついてるのが判りますか?

練習を終えると、この松ヤニをきれいに拭き取ります。その際、歯が浮くような“ギャギャー”という音を発します。ほとんどの人がギョッとしてこの音のする方向をにらみます。
でも、55年もチェロを弾いているわたしには、この音は快感です。「今日の練習が終わった」という安堵感でホッとできるから、この音が大好きなんです。
で、アマティの話です。
アマティはわたしのチェロの練習中、チェロの足元に寝転んでおとなしくしています。音楽の練習というものは聞いて居て[快感]とはほど遠いものです。だからアマティは音には無頓着なんだと決めつけていました。
しかし、練習中熟睡しているアマティも、この松ヤニを拭き取る音には飛び上がってわたしをにらみつけるのです。どうやらアマティにも好きな音と嫌いな音の区別は付くようなのです。その様を見ると少し安心しました。

| | コメント (0)

ピーピーボールがうるさい!

ピーピーボールというのは犬用のおもちゃで、ボールの中に笛が付いていて噛むとピーピーと鳴る物を言います。

昨夜アマティはある方からこのボールを貰いました。アマティは大変これが気に入り、朝から晩までならしっぱなしです。まるでわたし達がうるさがってるのを喜ぶような目付きでピーピー鳴らしています。

_8044

_8063

_8122

_8054

_8058

_8068

_8106

_8086

_8074

_8080

_8118

おもちゃをくわえた目がものすごくイタズラっぽいですよね!

こいつ、何を考えてピーピー鳴らしてるんですかね!?
自分も楽器を弾いている気になっているんでしょうか!?
取り上げておもちゃ箱に隠すと、箱に向かって大声で吠え「あのおもちゃを取れ!」と命令するんですよぅ!
夜中にやりだしたらどうしよう!

| | コメント (0)

新チェロ2台

_1488

_1484

いま、わたしの部屋に新しいチェロが2台、ゴロゴロしています。

1台は中国製のEastman。
弾くと音が出やすくバランスがいいのに驚かされます。
もう1台はドイツ製のGill。
これを弾くとさすがに伝統の重みを感じます。音色がいいです。
あたらしいチェロは弾けば弾くほど音がよくなっていくので、試奏はとても楽しいです。
2台のケース、色がきれいだし、軽いし、留め金はしっかりしていていいですねぇ!
新しいオーナーにかわいがってもらってください!

| | コメント (0)

ラブラドール・レトリーバー

_7096

“アマティ”は乱暴者だからキライ!というマゴとその母親からこんなウエブサイトに案内されました。

ラブラドールの宣伝なのでしょうか? こんなことが描かれています。

写真の“アマティ”の顔を見ながら読んで頂ければ幸いです。

http://www.petippai.com/dog/catalog/010.html

「子犬の時は好奇心旺盛な悪童」

 まさに“悪童”です。どう更生させたらいいのか悩みっぱなしです。

「何にでも興味を示して興奮し、大袈裟なリアクションではしゃぎ回ります。」

 その通りです。これにはホトホト音を上げます。

「特に賢くて好奇心旺盛な犬ほど、子犬時代は大暴れして手を焼きますが、そんな子犬ほど名犬の素質十分と考えてがまんすることです。」

 ほんとでしょうか?だとしたら“アマティ”は名犬になるはずですが、とても信ずることはできません。

“がまん”ですか! ガマンすることが肝心なのですね!

「2歳過ぎから突然落ち着いた分別ある大人に変身し、主人の足元で常に指示されるのを待つようになり、必要最小限の的確な動きで、その指示に従えるようになります。」

 2才までにはあと半年しか猶予はありません!この子が“突然落ち着いた分別ある大人”になるというのは信じられる話ではありませんが・・・・・・・・!

まるで夢のような話ですが、確かに回りにはそういうオリコウサンがいますね!

「子犬時代、家具や建具を破壊する怪物ぶり」

 まさに怪物ぶりそのもの!“怪物“とか“獣“の呼び名が相応しいです。

| | コメント (0)

2013年6月24日 (月)

これは使えそうだ!  〜お散歩用アダプター〜

Img_n_052

リードの何処にでも取り付けられる[donStop]というボール状のアダプターを薦められたので買ってみました。

アマティのように急に動き出す“多動犬”にはかなりの効力を発揮します。リードを短く持ちたいときはとても便利です。

ただ、あいつ、ボールだと思って喰わなければいいのですが・・・・・・・・!

| | コメント (0)

2013年6月23日 (日)

夏用のスポーッタイツを買ってみました!

Photo

腰と膝を痛めているので登山用のスポーツタイツは手放せません。 しかし、これ、冬はいいのですが夏はモモヒキ履いてるようなものなのです。で、夏用はないか普段から探していたのですが、なかなか見つかりませんでした。

昨日、横浜に行ったおりカモシカスポーツに寄って見たら、いいものが見つかりました。
それはクールマックスを素材としたタイツです。これだったら少しは涼しく過ごすことができるのではないでしょうか!?
さらに、サイズはMサイズのBタイプ。Bタイプとは中肥満型だと思うのです。まるでわたし用です。
この夏の山歩きはこのタイツと半ズボンで快適に過ごしたいと思います。

| | コメント (0)

1日1回はこうありたいものだ!

雨が降って運動不足になると、トワの元に出かける。

これだけのバトルを繰り返すと、そのうち疲れて休憩を取るようになる。

_7905

_7906

_7916

_7926

_7894

_7871

_7890

_7891

_7959

見ているわたしたちもハッピーになる!

| | コメント (0)

2013年6月22日 (土)

フリースペースのドッグホテル “11DOG”

わたしたちは犬を飼うとき、この子と生涯を共にすることを誓った。

だからどんなときでもいつも一緒だった。どこに行っても寝ることができるようにクルマにはベットを備え付け、3人川の字になって寝ながら旅行した。
東北も北海道も山陰・北陸も四国も(九州だけは犬連れでは行っていない)。
そんな時知ったのがペットホテル!
この子たちを溺愛しているだけに、フと忘れた瞬間を貴重にさえ感ずる。

_1471

_1469

_1467

_1458

11

外は炎天下で駐車中のクルマは高温になり、とても犬を入れておくことは不可能!

そこで、横浜/元町の近くに開店した“11DOG”さんに2時間ほどアマティを預けて買い物にいそしむ。
こういう優雅さ、リッチさ、喜びを今まですっかり忘れていた!
アマティはフリースペースでお友達と遊んだり、ご主人に遊んで貰ったりで大満足だった様子である。

| | コメント (0)

富士山が世界遺産になる日の朝・・・・・・・・!

_14482

2_1451

きょうは富士山が世界遺産に認定される予定の日です。

横浜に向けて新東名を走っていたら、富士山が顔を出しました。
富士山は傘を被っています。でも、よく見るとうっすら雪化粧しているではないですか!?
世界遺産認定を目前に控え、準備していたのでしょう!

| | コメント (0)

2013年6月21日 (金)

これもカモフラージュ!

_1443

迷彩色で話が盛り上がってたら、こんなものを思い出しました。

これは故“Hana” が着ていた雨合羽です。
探し出してアマティに着せてみました。
わたしの迷彩カーゴパンツとお揃で歩く日がくるのでしょうか!?

| | コメント (1)

迷彩靴   〜大人の悪戯〜

洋服の借金を返しに“ななみ”行ったら、またまた買い込んでしまった!

今回はカモフラージュ・シリーズである。
_1428_4

Frh_studio_co_1436

「こんな靴、買う人いないでしょう!?」なんて思いながら、「イヤ、オレだったら履けるよな!」と思って買ってしまいました。
FRH STUDIO Co.のまじめな革靴です。それがなんと迷彩色でコーティングしてあるところがスゴイ!しかも靴裏は本物の登山靴用のVibramソールです。
こういうイタズラっぽいオシャレは大好きです。
しかも、今回はカモフラージュのカーゴパンツまで買ってしまいました。(サバイバルゲームでもやるつもりなんだろうか?)

| | コメント (1)

アマティのチンチンが大変なことに!  〜その2〜

この写真は6/14御坂山系に行った日のアマティのお腹です。切り傷だらけでゾ〜ッとしました。

フィラリアの薬を貰いに行ったついでに診察して貰ったら「切り傷ではなく虫さされ等による発疹」と診察され、飲み薬を頂きましたが、翌日には消えてきたので投薬を打ち切りました。
スゴイ写真で、気分が悪くなったらゴメンナサイ!

_1386

_1392

それで、前回(2/28)、三河の山で同じくチンチンの周りを大けがしたときの写真をよく見てみたら、「ん?怪我してないじゃん!?」

あの時はすり切り傷がいっぱいあったと思ったのだが、よく見ると傷はない! そのうえ、虫に食われたようなポツンも見える。

_0359

_0363

前回と今回では発疹の色がだいぶ違うか、どうやらこれは小さなハエのような蜂のような蚊のような虫に刺されたと考えるべきであろう。

この時季は虫が多いので、ハーブの防虫スプレー等を使用すべきか!?
アマティ、恥ずかしい写真を公開してしまってゴメンネ!

| | コメント (0)

2013年6月20日 (木)

雨降りはイヤだね!

_7667

_7668

_7734

G_7673

G_7764

_7740

G_7747

G_7766

_7737

雨降りは欲求不満が募ります。

これはブーブー鳴く豚のお気に入りのおもちゃです。お友達のアマ太のオカアチャンから頂いたプレゼントの2世です。大事に大事にソオット噛みながら、ブーブーと遊んでいます。

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

水芭蕉の匂い

_7579_2

“夏の思い出”の2番の歌詞に「水芭蕉の花が 匂っている」という一節がある。

いままで、花に詳しい人々の間では「水芭蕉には匂いはない」というのが定説であった。
江間章子氏自ら自書で、水芭蕉に匂いのないことを認めていた。
わたし自身も何度も水芭蕉を見ているし、匂ったということは経験していないので、臭いはないものと信じていた。
が、野草愛好家の中で「水芭蕉は微かだが匂いがある」という話題が持ち上がり、大騒ぎとなり、結論として「無臭ではない」ということになっている。
わたしもそれを確認しようと、何度もニオイを嗅いでみるのだがついぞ匂ったことはなかった。それもそのはず、湿地帯に咲く水芭蕉の花に自分の鼻を近づけるのは至難の業であって、通常は無理である。
先日、尾瀬の木道脇に咲いている水芭蕉の花にわたしの鼻を近づけて始めて匂いを確認した。一言で言うとあまりいい匂いではなく座禅草の花の匂いをやや甘くした感じだった。
もし、江間章子がこの匂いを知っていたら「♪水芭蕉の花が 匂っている♪」という歌詞は作らなかったかも知れない。無臭だと思っていた証拠でもある。

| | コメント (0)

2013年6月18日 (火)

ホテルにアマティのお迎えに!

_7640

_7635

_7636

朝8時、アマティをお迎えにホテルに行きました。

アマティはわたし達のことを覚えているだろうか?「帰りたくない」なんて言わないだろうか?
不安を感じながら玄関前にたった瞬間にわたし達のことに気付いたようで、大喜びで山羊跳びを繰り返していました。
店内に入ったらこの有様です。ジャンプしてケージを飛び越える勢いです。
これだけ喜んでもらえたらうれしい!「さぁ、一緒に帰ろうね!」

| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

アマティはペットホテルでお留守番!  〜尾瀬は犬禁〜

Cimg4305

Cimg4308

Cimg4292

犬を連れて行けない山(犬連れ込み禁止とか、鎖場で地力では登れない山)はかなりあります。

前者は国立公園内とか信仰の山などです。後者はハシゴや岩場で巻き道がない山です。
(だから山に行く前には事前の調査が必要です)
尾瀬も、自然保護の観点からペットの入山は禁止です。
今回はどうしてもトガクシショウマが見たくて、はじめてペットホテルを利用しました。
これらの写真はペットホテル“ひなた”のブログに掲載されているので、旅行中でも見ることができます。
バーニーズにはさすがのアマティも、一目置いていたようです。

Cimg4353

Cimg4374

シャンプーをして貰った写真も残っていました。家ではあんなにイヤがるシャンプーも、おとなしくさせていたようです。 ブローされてる様子はどうでしょう!お兄さんの太ももに顔を乗せて気持ちよさそうにしているではないですか!

家ではドライヤーを見ただけで階下まで逃げ回るというのに!

Cimg4321

お散歩は近所の城北公園(わたし達と毎夜行ってる公園)のようです。

どうやら、初めてのお泊まりは無事できたようです。
これだったら、今後はアマティを置いてまだ登ってない山に行ったり、犬宿のないスキー場に行くことができます。
新幹線や飛行機を使った旅行も可能になります!
ところで、今回はわたし達は1泊2日ですが、帰りが夜中になるので2泊して貰いました。

| | コメント (0)

尾瀬の目的はトガクシショウマです!

戸隠に咲くトガクシショウマを最後に見て、数年経ちます。もうほとんどなくなってしまったのかも知れません。

が、「尾瀬には沢山のトガクシショウマが咲いている」という話を聞いて居ても立ってもいられなくなりました。

尾瀬を歩くこと約3時間。久しぶりに再会です。美しい花です!

G_7438

G_7475

P6170156

_7430

_7467

P6170137

G_7556

G_7535

_7501

_7506

| | コメント (0)

巨根群

_7395

_7402

「巨根」という言葉は正しくないことはわかっています。

しかし、わたしはこの巨木根を見ると、体中の生気が湧き出してきます。
尾瀬にはこんな巨根がゴロゴロして、見事です。
よくもまぁ、こんな原生林に木道などを付けたものだと感心するやらあきれるやら!
でも、これがなければわたしはこの巨根も見ることができません。

_7381

_7386

_7387

_7598

| | コメント (2)

緑色の“ゴゼンタチバナ”

_7388

_7398_2

静岡で見るゴゼンタチバナの花は白です。

それがゴゼンタチバナだと思っていたのですが、ここでは花は薄緑色です。なんということでしょう!
(よく探すと白いゴゼンタチバナも確認出来ました)

| | コメント (0)

はじめて見た「ムラサキヤシオ」

_7324

_7329

_7327

ヤシオツツジは、アカヤシオとシロヤシオしか知らなかったわたし!

福島県にはこんな見事な色のムラサキヤシオが花を付けていました。
この花は見事!
うっとり見とれてしまいました!

| | コメント (0)

全く期待していなかった水芭蕉が見頃だった!

_7361

_7364

_7369

_7586

_7610

_7606

_7579

_7380

咲き出したばかりの、この小さい水芭蕉が大好きなんです。

まさか、見られると思っていなかったので、大感激でした。

| | コメント (0)

尾瀬 散策   〜山姥連尾瀬を行く〜

_7589

P6170170

7625

_7393

尾瀬には一度行ってみたいと思いながらも、犬を飼っている関係でなかなか行く機会がなかったが、犬をペットショップに預けることでやっと実現した。

いかにも尾瀬らしい美しい景色の中を“山姥”達が颯爽と歩く!その最後尾を山爺が遅れを取らぬよう追いかけた!

| | コメント (0)

2013年6月16日 (日)

山の宿のご馳走 山人(やまんど)料理

宿の料理(白木屋)は見事に山菜を使った料理で、はじめて口にするものも多かった。

また山間で米が取れないから蕎麦(きりそば、はっとう)、イワナなどの郷土料理をおいしく頂く。
天ぷらも工夫が凝らされていた。が、何の天ぷらかはよくわからなかった。
思い切って衣をはがしてみたら驚いた!生きてるようなサンショウウオが出てきた!

P6160087

P6160082

P6170173

翌日、尾瀬沼を歩いているときに、沼の中で2匹の山椒魚が仲よく泳いでるのを見つけた!(左写真の左上に1匹写っている)

「ゲェー! アレ喰ったんだぁ!」

味? 初めは太いワラビの天ぷらかな?と思って一気に噛みついたら???

なんか「妙な苦さがあるぞ!?」ということで衣をはがした。山椒魚の黒焼きは聞いたことがあるが、天ぷらははじめて!

| | コメント (0)

尾瀬旅行

急遽尾瀬旅行の話が持ち上がったが、問題が2つあった。

1つは尾瀬は犬禁なので(だから行ったことはなかった)、アマティを預けて行かなければならない。もう一つは母の症状が良くなかった(危機を脱したばかり)。
難題をなんとか乗り越え6時間かけて尾瀬の登山口:檜枝岐温泉にやってきた。

_1423

_1415

宿の目の前にあるのが檜枝岐歌舞伎の舞台と石段の客席。

平家の落人が代々伝えたと言われる歌舞伎であった。ここに立つだけで身の引き締まる思いである。「これは大変なところに来てしまった」

| | コメント (0)

2013年6月15日 (土)

古傷が痛む

_7092

またまた傷顔です!

5/3に怪我をして1ヶ月半経ちました。
内出血は消え、カサブタも取れました。
でも、いまだに「どうしたの?」とよく言われます。
この傷、晴れた日はカリカリと痒くなり、曇った日はシクシクと痛くなります。
意外と長引くんですねぇ!
やや予想外です。

| | コメント (0)

マゴの運動会

M_7254

M_7259

M_7273

きょうは雨の予報だったがどうやら持ちそうな気配! 「最後だから(年長さん)見てやって!」という娘の願いを無視する訳にも行かなかった。

7時過ぎに自宅を出て何十年ぶりかの電車で会場に向かう。
マゴはどうやら園児の中で最も背が高かった。
そのマゴが開会式で全園児の前でなにやらお話をしていたが、写真を撮るのに夢中で何を話していたか聞いていなかった!
わたしたち、老人は若いパワーが爆発するこのような場所は苦手だ!
ましてや酷暑と来た!とても全部の演技を見て楽しむ余裕はなく、早々に経ち去った!

| | コメント (0)

2013年6月14日 (金)

アマティは美しい森が大好き!

_7171

_7166

雨に濡れた森は美しいです。

若葉が輝いて見れるからでしょう!
アマティはその美しさを感じてかどうかはわかりませんが、それはそれはうれしそうですよ〜!
雨が降っている山はだれもいませんから、アマティは上へ下へと走り回っています。

_7188

2013_7173

| | コメント (0)

初代登山犬“Hana” のお墓

_7135

_7180

“Hana” はここにも眠っています。

ここならわたし達は毎年カモメラン に会いに来る場所ですから、“Hana” にも会うことができます。
こんなステキな場所で“Hana” は眠っています。

| | コメント (0)

カモメラン満開

2013_7115 2013_7150

ことしもカモメランに会うことができました!

2013_7153

2013_7109

2013_7120

2013_7156

2013_7161

2013_7142

2013_7124

2013_7112

2013_7102

2013_7117

ピンクで背が低くてうつむいて咲くこの花が大好きなんです!

| | コメント (2)

2013年6月13日 (木)

犬は美しいものを美しいと感じるか? part 2

_5653

わたし達が美しいと感じるものをイヌは美しいと感じるだろうか?

これはわたしにとって、永遠のテーマである。
しかし、おそらく、イヌには美を感じる心はないと思う。
ただ、わたし達が美しいものを見て感動している様子は感じ取っているから、イヌもうれしそうな表現をするのではなかろうか!?
では、音楽はどうだろう?

_1380

音楽も美の追究だから同じようなことが言えるかも知れないが、はっきりさせるべきは音楽と音楽の練習は全く違う別物である。音楽の練習はしている本人にはそれほど苦痛ではないが、聞いている方にとっては苦痛以外の何物でもない。

それからすると、アマティは普段のわたしのチェロの練習は耐えられぬものがあるはずである。
しかし、練習中、わたしの部屋から出て行くどころか、チェロのエンドピンに体を預けているなど、とても[苦痛]という様子には見えない。
ということは、イヌは音に関しては快も不快も感じられないと言うことか!?

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

キュウリの収穫

Photo_2 G_13742

毎日キュウリを収穫して皆さんに食べて貰っている。

マゴが棒かじりでキュウリを食っている写真が送られてきたので、少しボカしてアップさせて貰った!

| | コメント (0)

静岡県知事選の期日前投票

Scan64

今回の知事選は面白くないので棄権を決め込んでいたが、市役所の近くに行く用事があったのでそのつもりで出かけた。

選挙結果はおそらく目に見えている。しかし3人の候補で1番分が悪いようだが、原発の撤退をはっきり主張しているかたに投票せざるを得ない。

わたし達は先が短いからもういいのだが、万が一にも若い人たちを被爆者にしたくない!

電気が足りなくなれば、電気代が高くなればそれをガマンしよう!わたしには覚悟ができている。

そんなことを考えながら投票所についたら、投票券を持ってくることを忘れていたことに気付いた。やはり棄権しようかと思ったが、念のため事情を話したら投票させてくれた。

今回初めての経験だがNHKの出口調査のアンケートを受けたのでそう答えた!

| | コメント (0)

「大人の美食レストラン」の中の[天ぷら すぎ村]

Scan67

Scan66

静岡新聞社発行の「大人の美食レストラン」という本を頂いた。

わたしは1回食べただけでファンになってしまった“にし堀”が載っているが、あとはほとんど知らない。

1件ずつ回っていくしかあるまい!
まず手始めは「天ぷら すぎ村」のお昼の定食。
カウンターで海老と野菜の天ぷらの揚げたてが食べられる。
いい素材の天ぷらはたいへんおいしい!

| | コメント (0)

犬笛の効用

_6167

これはレスキューホイッスルとかエマージェンシーホイッスルとか言われているものです。

山で事故に遭ったり遭難した時に自分の場所を示すためのものですが、いまでは防災・防犯・緊急連絡用として脚光をあびています。
先日、南アルプス前衛の山の中でアマティは甲斐犬と息が合い原野を走り回って、いくら呼んでも戻ってこないからわたしのザックに付けてあるホイッスルを鳴らしたら甲斐犬を払ってすっ飛んできました!それほど効果があるものです!
なお、イルカの曲芸で使用する犬笛(人に聞こえない高周波数を出す笛)は、自分には聞こえないので頼りないから、このレスキューホイッスルの方が使いやすい!

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

南アルプス市のサクランボ

_1373

この時期、昔は南アルプスに良く入ったので白根町(現南アルプス市)でサクランボを買ったものだ!

昨日、久しぶりにサクランボの里:白根町を通ったので、母に食べさせたいと思って買ってきたのだが、残念ながら母は口を開けなかった。

仕方なく、マゴとはんぶんこしたんだが、やはりサクランボはいくつになってもいい!甘さがいいのだが口に含んだ舌触りが心地よい!

母はその感触も味わえなくなってしまった・・・・・・・・!

| | コメント (0)

2013年6月 9日 (日)

久しぶりに紅花山芍薬(ベニバナヤマシャクヤク)に会えた!

_6808

G_7046

_6903

_6872

_6853

_7029

以前はたまに見ることができたベニバナヤマシャクヤクだが、ここ数年見ることはできなかった。

幸いなことに詳しい方の案内でまだ健在な紅花山芍薬に会うことができた。
大きな赤い花なので、他の野草に比べれば見つけやすいし、感動も大きい!

_6816

_7044

_6863

_6913

_6917

_6836

| | コメント (4)

アマティは花がよく似合う!

_6924

前登山犬“Hana” も花がよく似合ったが、黒ラブだったのでカメラの露出機能が良く迷っていた!

その点アマティはかなり迷わなくなったようだ!
しっかり澄ましてお座りしている!

| | コメント (0)

クリンソウ群落

_6954_2

_6971

_6976

暗く湿気た森の中、いきなりクリンソウの群落が目に飛び込んできた。

色鮮やかで見事!

日光の庚申山・千手ヶ浜以来のクリンソウの群生だった。

地元の方々によって手厚く保護されているようだ!

| | コメント (0)

2人静(フタリシズカ)か?

ヒトリシズカ、フタリシズカはすてきな名前の見慣れた野草である。

ヒトリシズカは群落を作るがやさしいステキな野草だ!

G_6814

_6897

写真は2人静なのだが、よく見ると左は4人静、右は5人静なのだ!

へぇ、こんなのははじめて見た!

| | コメント (0)

山中での突然の出会い!

_7014

_7015

誰もいない山中、しっぽを丸めたヤツが飛び出してきた!

ヤバイ!柴犬とは相性が悪いのだ!
ん?柴犬ではない!甲斐犬だ!これは更にヤバイ!チンチンが付いてるから♂同士だ!うわっ、ヤバイ!野犬か?イヤ、首輪が付いている!
アマティが追いかけられている! ん!? 今度はアマティが追いかけてる!

_7017

_7018

2人で野山を駆け巡っているときに飼い主の地元の方がやってきた!

「シシ! シシ!」と呼んでる!? 「シシ?」そう、ししまるという名前だった!

| | コメント (0)

登山犬“アマティ”の危機察知能力

_7064

_7054

アマティはいままで、1本橋でも吊り橋でも、急斜面や岩場でも、どんなところでもわたしに付いてきた!

しかし、今日はいくら呼んでも、最後にはおやつを取り出しても、降りてこようとしなかった!

_7060

_7061

確かにその先はこんな急勾配。しかもかけてあるハシゴは朽ちている。
かろうじて残っていたロープを頼りに降りてみたら、美しい滝が迎えてくれた!
アマティに水あびさせたくて、再度呼んだが、やはり降りては来なかった。
アマティは自分ではロープを捕まって上り下りすることは不可能だと判断していた!
確かにその通りだ!ここを降りたら帰れなかったかも知れない!

| | コメント (0)

ゴールドラッシュ対カンカンムスメの対決

_1371

トウモロコシも時間勝負の野菜で、もいでから3時間以内に茹でないとおいしくない。

しかし、栽培はわたしには難しいので買ったらできるだけ早く茹でるしかない。
今年の初トウモロコシは山梨県の万沢産だ!
手前がカンカンムスメで奥がゴールドラッシュ。
どちらも1本200円。大きさは甘甘娘が小さい。
食べた結果はゴールドラッシュの方が甘くて味が濃くておいしかった!

| | コメント (0)

2013年6月 8日 (土)

アマティ、走る! 跳ねる! 飛び上がる!

_6710

_6705

_6706

_6719

_6707

_6756

_6727

_6755

_6724

_6776

_6728

畑の帰り、暑かったので安倍川の河原に連れて行きました。

深いところには行けなかったので、浅いところで走り回りました。

| | コメント (0)

アマティはテントウムシが大好き!

_6475

_6487

_6480

これはザァちゃんとヴィンちゃんから頂いたテントウムシのテンちゃんです。

アマティはこれが大変気に入っていて「テンちゃんを持ってきて!」というと、おもちゃ箱から出して持ってきて「あそんで!あそんで!」といいます。

_6483

_6450

アマティなりに大事に扱ってたのですが、とうとうこんなになってしまいました!

G_6521

_6514

これを捨てようとすると、アマティは怒ります!きっと宝物なんでしょうね!

わたしはちょっと、触るのもイヤなんですが・・・・・・・・!

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

トワと遊ぶアマティ

G_6610_3

G_6667_2

トワとアマティは同い年の男の子です。

この2人の遊びはものすごいです。
往年の“Hana” を思い起こします。(あの子は女の子だったけどすごかった!)

_6591

_6590

_6601

_6562

これだけ遊んだら、今日のお散歩はもういいね!

| | コメント (0)

母の“びわ”の絵

_0629_2

先日、叔父(母の弟)宅を訪れたとき、この絵が飾ってあった。

母が20年ほど前に書いた日本画「びわ」だった。(ガラスがはまっているので正面から撮れなかった)

ずいぶん大胆な構図と色使いに驚いた!(実際の色はもっと明るい)

いま、母は描いた当時を思い起こすことはできなかろうが、母はこの絵を描くとき「ムスコはびわが大好きだった。小学校の修学旅行前日にびわを食べ過ぎてお腹を壊したこと」を思い出しながら描いたはずだ!

| | コメント (2)

2013年6月 6日 (木)

和久傳の生菓子をいただきました!

_1358

_1364

久々においしい水菓子を頂きました。

京都/和久傳の“れんこん菓子 西湖”と“ささのか菓子 希水”です。
美しさとカオリを備えた生菓子はその独特の食感に特徴があります。
まさにこの季節にぴったりの和菓子です。

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

黒うどんを喰ってみました!

御殿場に行ったので、先日TVで紹介していたぶどうやの「黒うどん」なるものも喰ってきました!

黒いうどんと聞いてぎょっとしましたが、無漂白・無添加の小麦粉仕様と言うことでホッとしました。

_1337

_1338

みそ煮込みうどん・海鮮辛みそ煮込みうどんです。(うどんが見えていませんね!)

とてもおいしかったです。具もおいしいけど小麦のカオリがいいです。味噌スープは高血圧に悪いと思いながらもついつい飲んでしまいます。

| | コメント (2)

おおよろこびのアマティ!

_6266

_6269_2

_6435

_6426

_6442

庭は狭いし近くにドッグランがないアマティは、欲求不満に満ちています。

そんなわけで、できるだけリードを離して遊べる機会を作っています。
きょうは山梨県の山中湖の近所にやってきました。
ここなら人っ子1人いません(熊出没注意の看板あり)!

_6363

_6367

はしる! はしる! はしる!  はやい! はやい! はやい!

_6415

_6416

_6417

_6418

連続写真です。こんな所を面白がって上り下りします。カモシカでもこんなことしません!

_6420

_6421

_6422

これだけ遊べば、アマティも満足です。

帰りのクルマではぐっすりおやすみです!

| | コメント (2)

控えめな“小敦盛草”

_6275

_6332

_6308

_6312

_6289

G_6333

_6348

_6326

コアツモリソウは写真を撮るには最も大変な花の一つです。

草丈10cmくらい。大きな2枚の葉の下に隠れるように花を咲かせます。花の顔は下向きに口を開けているので、100mmのマクロレンズは、カメラ本体を土の中に埋めないと覗けません。(さいわい落ち葉の堆積した柔らかいところに生えています)
ことしは幸いなことに、咲き始めが多く(始めのうちは2枚の葉の上で花を付けて、徐々に葉の下に移動する)、花を見る機会が沢山ありました。

G_6346

| | コメント (2)

山中湖のスズムシソウ

_6249

_6257

毎年訪れているスズムシソウに会いに行ってきました!

いつもは数本が花を持っているのですが、1本しか花を付けていませんでした。
いまにも「リーン、リーン」と鈴虫の音が聞こえてきそうな気がします。

| | コメント (2)

2013年6月 2日 (日)

かん吉/清水店の“ひつまぶし”

_6245

久しぶりに“かん吉”で食べてきた。

静岡市で“ひつまぶし”は、相変わらずこの店だけではないだろうか?
特に茶漬けが好きな訳では無いが、他では喰えない関西風が好きだし、最後にちょっとサラッと流し込む雰囲気がいい!

| | コメント (0)

渓流で水あび! 〜山ダニを洗い流そう〜

_6119

_6120

_6145

_6181

山に登った後は、渓流で水遊びをすると、まだ喰い付く前の山ダニは流れ落ちるんでは無いでしょうか?

山から降りてアマティを観察すると、何匹もの山ダニが毛の上を移動しています。この、まだ喰い付く前の山ダニには渓流で大暴れすることが効果的かも知れません。
まぁ、それでなくともこうして楽しそうに遊んでいる姿は嬉しいです!

| | コメント (0)

サイハイラン

_6076

_6081

_6190

_6106

何年ぶりかでサイハイランを見ることができました!

ややおそかったものの、立派な咲きぶりでした。
采配をふるったあの武将が持っていたヤツに似ているという花です。
花の名前ってなかなかオシャレだと思います!

| | コメント (2)

シリーズ:これが山ダニだ!

_6037

_6064

_6061

_6041

今朝、食卓の下に転がっていました!

この状態は、アマティの体に喰い付いていた山ダニが、お腹いっぱいになるまで吸血をし終え「もう充分だ!」と思って、ポロリと落ちたものと思われます。
最近、たびたび山に行ってるので、どこで拾ってきたか不明ですが、5〜6日は経っているはずです。
6本の手足と、正面の穴の中から頭と触覚が顔を出しているのが確認出来るでしょう!

_6052

_6054

_6060

_6023

山ダニをひっくり返してみました。

亀のように首が長くないので、自分では起き上がれないようです。
まるで装甲車ですが、指で簡単につぶせます。(血を吸ってないヤツは爪でつぶさないと潰れません)
このダニは8mm位ですね!血を吸う前は1mm位です。
これだけ膨らんでいても、動くのは意外と早く、写真を撮るのに苦労しました。
これだけの大きさですから、触ったり撫でたりしていれば気付くはずなんですが、たまにこういうことがあります。
もしかしたらアマティでは無く、わたしに付いていたのかも知れませんが、痛くもかゆくも無いので気付かないことが多いです。(自分の体はくまなく触ったり撫でたりすることは無いですからねぇ)
にっくき奴め!

| | コメント (2)

2013年6月 1日 (土)

夏タイヤに交換

_1327

_1329

タイヤの交換は、老人には大変です。特に腰痛持ちのわたしには!今回も甥っ子に交換して貰いました。

例年なら11月に冬タイヤを履いて、5月連休が終わると夏タイヤに履き替えます。ちょうど半年毎に履き替えることになります。
冬・夏、半年毎に3シーズンで買い換えるのがわたしのパターンです。この冬タイヤは今回限りです。したがって、今年の11月には8本のタイヤを購入しなければなりません。ふぅ!
でも、このタイヤのおかげで行動範囲がグ〜ッと広がって、大変楽しんでいます!

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »