« 亡き“Hana” の霧訪山/散骨登山 〜第26弾〜 | トップページ | いつものアマティです。 »

2013年4月29日 (月)

登山犬“アマティ”

P4290130_2

P4290134

P4290131_2

P4290152_2

G_3494

1年間、“アマティ”と一緒に山に登って、登山犬としての躾とマナーを仕込んできた。

今回はゴールデンウィークで多くのハイカーの中を歩かねばならないから、暴れん坊のアマティを連れているには抵抗があった。
登山犬はわたしの1歩前を歩かせるべきだと考える(熊や獣とで鉢合わせになったときの対応が人より早いから)が、登山者が多い場合にはそういうわけにいかない。
また、平坦な道ならリードでコントロールできるが、急な坂道をリードでつなぐことはおたがいに危険である(セクションをクリアするのに人と犬ではルートもテンポもリズムも違う)から、ノン・リードで歩かねばならない。
今回、アマティは実に見事にそれをこなした。テストは合格である。
もしできるなら、花を見て温かい心を持てるような情操を持った犬に育てたいが、それはいくら何でも無理か!?

|

« 亡き“Hana” の霧訪山/散骨登山 〜第26弾〜 | トップページ | いつものアマティです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亡き“Hana” の霧訪山/散骨登山 〜第26弾〜 | トップページ | いつものアマティです。 »