« 至福の時とは五右衛門風呂とモーツァルト? | トップページ | 朝一はまず行水から・・・・・・・・! »

2012年7月30日 (月)

鳳来寺ユリが咲いていた!

_8860

_8862

_8865宇蓮山、鳳来寺山辺りに咲くヤマユリを“鳳来寺ユリ”と呼ぶようだ!
普通のヤマユリと何処が違うのか知らないが、この鳳来寺ユリ、とてもいいカオリがした!


|

« 至福の時とは五右衛門風呂とモーツァルト? | トップページ | 朝一はまず行水から・・・・・・・・! »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
鳳来へ避暑なんて羨ましいです。
アマティ君、結構腕白なようですね。
我が家の先代甲斐犬「竜」のようです。
日々逞しくなって、背負い籠の中から顔を出していた頃の記事が懐かしいです。

ところで、前記事の夏文旦ですが初めて知りました。
二十年以上前から、高知出身の知人が田舎から送って来た土佐文旦を届けてくれます。
文旦の香りが好きで、毎年心待ちにしています。
皮は、義母に砂糖菓子のようにしてもらいますが、これも結構いけます。

投稿: やまぶどう | 2012年7月31日 (火) 07:36

わたしは母が土佐なので、文旦はずいぶん昔から食べていましたが、夏文旦なる物は昨年知りました。
今年は甘みがありませんでしたが、冬の文旦よりも水っぽくておいしいです。おそらく、最近は晴れの日が多いので更に甘くなっていると思われます。
ぜひ、おためしあれ!
おおぐし農園
http://www2.enekoshop.jp/shop/gogo-oogushi/item_list?category_id=222246

投稿: yopi | 2012年7月31日 (火) 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 至福の時とは五右衛門風呂とモーツァルト? | トップページ | 朝一はまず行水から・・・・・・・・! »