« きょうのアマティ  〜またやられた〜 | トップページ | 八ヶ岳の“ホテイラン” »

2012年6月 4日 (月)

この花に魅せられて  〜ホテイラン〜

_5376何十年前だろうか? この花を薄暗い苔むした岩の上で見つけたときの驚きは今でも鮮明に覚えている。
それ以来、この花の虜になり、毎年会わずにはいられない花となってしまった。
最近では何カ所かの秘密の場所を確保し、それを毎年ハシゴして「また会いに来たよ!」と挨拶しながらカメラを向けるのが年中行事となっている。

ホテイランという名前は七福神の布袋様の顔に見立てたようであるが、このネーミングは大変センスが無い人が付けたものであきれる(たしかにふくよかでひげが生えているが)!

藝大の美校の大先輩である故冨成忠夫氏は「白雪姫の七人の小人のほうがぴったりくる」と言っている(「春の花」山と渓谷社)!それ以来わたしはホテイランを“白雪姫”と呼んだり“七人の小人”と呼んでいる。 

|

« きょうのアマティ  〜またやられた〜 | トップページ | 八ヶ岳の“ホテイラン” »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのアマティ  〜またやられた〜 | トップページ | 八ヶ岳の“ホテイラン” »