« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

アマティと浅草岳の雪渓

_7216

_7087

_7106

犬は雪が好きだけど、夏山の雪は格別です。
体中が火照っていますから、沢に飛び込むのも楽しみですが、残雪に遊ぶのも最高の喜びです。

_7079

G_7080

G_7121

G_7122

この2組の写真はそれぞれ連続写真です。
アマティ、うれしそうです!


| | | コメント (2)

浅草岳散骨登山  〜第15弾〜

G_7072一昨年、“Hana” と登ったのは13才の時でした。
90%の降雨予報が出ていたので、“Hana” はクルマに残留させる予定でしたが、予報が外れてカンカン照りの好天になってしまい、日陰のない駐車場には置いていけないので、連れて行かざるを得ませんでした。
でも、おかげですばらしい思い出が出来「又登りたい山筆頭候補」となっていました。
このときよりも3時間も余分にかかるルートとなってしまいましたが、アマティはとてもよく頑張りました。というか、一番元気でした。
実は登りだけでパワーを使い果たしてしまい、下りはなんと4時間(休憩を入れて)もかかってしまいました。それでもアマティはわたし達の間を走り回っていました。

G_7149_2

_7058

“Amati”は“Hana” と同じ場所で記念写真を撮りました。

_7163

_7161今回の“Hana” の散骨は浅草岳です。
一面にヒメサユリがピンクに咲きそろう場所です。
自宅からクルマで440km走って、登山口から5時間かかって、ここまで来ました。下山にも4時間もかかってしまいました。
わたしたちは今度、いつ“Hana” に会いに来られるかわかりません。
もしかしたらもう会いに来られないかも知れません。
「でもHana! さみしがらずに回りのお花たちと遊ぶんだよ!」

| | | コメント (2)

新潟/浅草岳にヒメサユリを見に登ってきました!

_7054

_7049ピンクの花が好きなわたしは、一昨年“Hana” と共に見た浅草岳のヒメサユリが見たくて、梅雨の晴れ間を狙って急遽昨日、現地入りしました。
ところが当てにしていた林道が通行止めで、3時間余分なアルバイトを強いられることになり、愕然となります。
しかし、ここまで来て引き返すわけにも行かず、下から喘ぎ喘ぎ登って、すてきなヒメサユリに会うことが出来ました。

_7123

_7130

_7140

_7224

お天気良し、展望よし、お花よし!
まぁまぁ満足の山行でしたが、元気なのはアマティだけで、わたしたちはヘロヘロでした。

| | | コメント (0)

2012年6月29日 (金)

アマティはお池をのぞいています!

_7014

_7015

_7020

_7032

_7024暑いから水が恋しいんでしょうね!
水に浮いた葉っぱを取ろうとしているようです。
アマティはなんでもオモチャにしてしまいます。
でも、こんな不安定な格好は「さすが男の子だなぁ!」と思います。
“Hana” は自分から池に飛び込むことは始終でしたが「もしかしたら足を滑らせて落ちるかも知れない」と思われることは決してしませんでした。


| | | コメント (0)

2012年6月28日 (木)

駆け寄る“アマティ”

_6856機嫌良ければねぇ!
「アマティ」と呼ぶとすぐに駆け寄ってくるんだけど、そんなときはスゴクかわいいんだけど!
一旦集中力が切れると、全く言うことを聞かない!
それどころか反抗して吠えかかってきたりする!
わたしも対抗して吠えながら応戦するからもう家中大騒ぎとなってしまう。
この写真の直後、わたしはアマティに体当たりされて、カメラを持ったまま突き飛ばされる。


| | | コメント (2)

2012年6月27日 (水)

水出しコーヒー用の“クリップボトル”

_7659先日取り寄せた水出しコーヒー用の器具“ポタ”はとてもおいしいアイス・コーヒーが出来るので気に入っている。
水出しコーヒーはカフェイン等の刺激成分が少なく飲み口が良く、深いコクがありおいしい。
また、酸化もしにくい(冷蔵庫での保存がきく)ので、保存用のビンを探していたのだが、やっとお気に入りが見つかった!
口の小さいクリップ・ボトルがそれ。これなら今の気候のような暑い日や涼しい日が繰り返しても2〜3日は、かおりを逃がさずおいしいままで保存できる。


| | | コメント (0)

けさの“アマティ”

627_7000最近は[けさの“アマティ”]シリーズは飽きてきた!
今朝は、アマティが池の縁で何かをしようとしていたのだが、つい足を滑らせてバランスを崩し、池に落ちそうになった瞬間にシャッターを押せた。
実際にはドボンということにはならなかったのだが、本人はドキッとしたことだろう!真剣な目付きがそれを物語っている。


| | | コメント (0)

毎朝、日替わり納豆

_7641

_7642

_7649_2

_7648

納豆は好きだが、あまりこだわったことはなかった!
しかし、今回茨城の丸真食品の納豆を戴いて、その種類の多さとうまさに驚く!
いままでは納豆にガバッと細ネギを入れ、西洋からしをタップリまぜてから戴いていたのだが、その流儀からして間違えていたことに気付く(1枚目の写真)。
ここの納豆は生ワサビを指定したり、青じその汁、金山寺味噌のたれなど、納豆の種類に応じて喰い方をそれぞれ細かく定義している。
干し大根や大根葉が混ざった物まである。
中でも絶品なのは豆華(豆腐の味噌漬け)。まるでチーズ。
いや、目から鱗が落ちた納豆!

| | | コメント (2)

ハイエース 大リコール作戦  〜DPR不具合関係か?〜

国土交通省はトヨタ自動車のハイエース等ディーゼルエンジン車(1KD)のリコールを発表した。
対象車91,198台というからかなり大がかりなリコールである。
「排気管の一部の強度が弱く、亀裂が入って排ガスが漏れる恐れなどがある」というものだが、従来から問題になっているDPRとエンジン警告灯によるトラブルではないかと勘ぐっている。この点での対策があまりにもお粗末で対応があまりにもひどいからである。また、修理箇所がDPR本体のトラブルとあまりにも似通っている。
なお、リコールに要する作業時間は10.0時間〜14.0時間となっている。これはリコールにしても異例の出来事で、時間工賃として計算すると莫大な費用となる。
トヨタはいったいなにをしているのか?何をもくろんでいるのか?これでDPRのトラブルは本当になくなるのか?

| | | コメント (0)

2012年6月26日 (火)

アマティは初めての太平洋!

_6892

_6893_2

_6923

_6945_2

_6960_2

_6931_2

_6963

_6953

_6972

_6965

アマティはなぜかいままで、日本海では数回遊んでいるが太平洋は今日が初めてだ!
様子を見ていると、いかにもうれしそうだ!
こういう様子を見ていると、わたし達もうれしくなる!


| | | コメント (0)

けさの“アマティ” 〜おもちゃは好きじゃないの?〜

_6875

G_6882

_6869

けさは珍しくオモチャを引っ張り出していました。しかも2つも!
でも、どちらもすぐに飽きてしまい、遊びが長続きしません。
やはりアマティはタワシとか、木片とか、ホテイアオイとか、ビニール袋とか、段ボールとか、棒きれとか、既製のオモチャではなく自分で遊びを工夫しながら遊ぶのがいいようです。
ボクに似ているのかな?


| | | コメント (0)

2012年6月25日 (月)

“Amati”と“Stoss”

_7630アマティがシュトスの足下で熟睡しています。
シュトスとはわたしのチェロの作者の名前です。アマティとは言わずと知れた名器アマティです。
わたしだったらこんなにうるさいところで昼寝をするのはまっぴらゴメンですが、犬はわたし以上に音楽が好きなようです。
“Hana” も好んでこのようにして寝ていました。“Alex”もカアチャンが弾くチェロの足下で寝ていました。
この写真の場合、チェロのエンドピン(足のこと)にアマティの体が触れています。これってレコードの針のようなもので(若い人には想像できないかも知れない)、音が集結しているところですよね!心地よい振動が伝わるのかも知れません。


| | | コメント (0)

アマティ切れ走り

23_6701ときどき切れたように走り出すんですよね!
その様はすさまじいです。
ものすごいスピードです。四つ足が宙に浮いている間に方向転換をすることもあります。
狭い庭ですから障害物がたくさんあるのですが、それらに当たることはほとんどありません。
アマティも目をかっぴろげて不測の事態に備えているように思えます。
それにしてもこの集中力には感心します。
耳が羽ばたいているのがカワイイ!


| | | コメント (0)

2012年6月24日 (日)

「犬連れ山行」は沢筋ルートで!  〜アマティの沢遊び〜

_6774

_6800

_6796

_6799

_6847_2

_6853_2

梅雨時の蒸し暑い日の「犬連れ山行」は、沢筋のルートがメインとなります。
気持ちよさそうに沢遊びをしています。
全身ずぶ濡れになっているので、これで火照った体が冷やされます。

| | | コメント (0)

竜爪山のイチヤクソウ

G_6763

_6767

昔は竜爪山にはイチヤクソウがたくさん咲いていたのだが、いまは殆ど見られなくなってしまった。
それに少し遅すぎた!
高度を上げるとまだ咲き出したばかりのイチヤクソウがあったが、あまりの暑さにザックからカメラを出す元気は失せていた。

| | | コメント (0)

アマティは、ぜんぶ永久歯になっていた!

_6759

_6751

アマティは知らない間にすべて永久歯になっていました。(生後5.5ヶ月)
確かに噛まれても以前のような痛さはなくなりましたが、ときどきわたしに襲ってきます。
乳歯が抜けたのを確認したのは1本だけでした。たまに噛んだ物に血が付いていたことはありました。
しかし、全て生え替わって立派な犬歯が生えていました。


| | | コメント (0)

アマティ、今朝は“タワシ”を持ってきました!

G_6734

_6750きょうもサッサと用便を済ませてお散歩にでました。
途中、必ず寄るのが先日までホタルが飛んでいた十二双川です。
びしょ濡れになって帰って来て、いつものカミカミが始まります。きょうはどこからかタワシを持ってきました。


| | | コメント (0)

2012年6月23日 (土)

水出しコーヒー“ポタ”

__7617わたしは基本的にはホットコーヒーしか飲まない。
しかし、1年に10日間ほどはどうしてもホットコーヒーが飲めなくて、アイスコーヒーを欲することがある。
そんな時のために今年は早めに水出しコーヒーの準備をしました。
これはあこがれのハリオのウォータードリッパー“ポタ”です!
後ろにあるのはわたしのお気に入りのコーヒーミル“カリタのナイスカットミル(特別限定色)”です。
昨日、袋井の“まめや”でアイスコーヒー用のまめを買ってきたので、ためしに点ててみました。
5人前4時間ほどでできあがります。
これがサッパリしていてカオリがよくておいしいんだな!
この夏はプレスで点てたホットコーヒーと冷たいダッジコーヒーで乗り切ろう!

| | | コメント (0)

アマティの新しい首輪

_6728

_6715

_6724

アマティは新しい首輪を買ってもらった! チョコラブに似合う首輪が見つかった!
アマティに「みせて!」と言うと首を伸ばして見せてくれた。

| | | コメント (0)

けさのアマティ  〜小川の中で〜

_7624

_7623

_7625

_7627

さいきん、お散歩途中に十二双川を通るとアマティはそこから動かなくなる。
かといってアマティの行動に一抹の不安を持つ以上、リードを離しての水遊びはもう少し先にして、とりあえず繋いだまま「よし!」と言うと喜んで飛び込む!
大喜びして跳ね回るのだが、わたしが引っ張り込まれそうで恐い!

| | | コメント (0)

2012年6月22日 (金)

けさの“アマティ” 〜瞳の中にいるわたし〜

_6666

_6668

_6672

_6681_2

_6690

_6677

1枚目の写真はアマティの瞳の中にわたしの姿が映っている。
こんな写真が撮れるとうれしい!

| | | コメント (0)

2012年6月21日 (木)

赤い“タグ・ホイヤー”

_7521

Img_75212

この赤い派手な時計。この時計を17年前(51才の時)から右腕に付けている。当時は「還暦祝いでね・・・・・・・・!」といってごまかしていたが、そのうち「あぁ、赤い時計をしている変な人ね!」というトレードマークになってしまったことだろう?
17年間、殆ど毎日、雨の日も雪の日も、町の中でも山の中でも、海の中でも温泉に浸かっているときでも手放したことがない時計。
今回の電池交換の際もパッキン等の交換にメーカーに出した。
その際、あまりにも傷んだベゼルを交換して貰った。かなりの金額がかかったが、それほど大事にしているお気に入りの時計だ!

_7534

_7528

3兄弟
3_7525とはいえ、腕時計は1つしか持っていないわけではない。3兄弟の右側は20年前に買ったもので、左側は赤いホイヤーを買った年に購入したもの。
こうしてみるとわたしはタグ・ホイヤーの時計が好きなのだ!
いや、当時のタグホイヤーのデザイナーが好きだったのだろう!その後のホイヤーの時計には全く興味がない!
これらはクオーツ時計なので、コレクションとかそういう対象になる高級時計ではない。
でも、この当時のデザイナーにたいへん共感を覚える。


| | | コメント (6)

けさの“アマティ” 〜また何か喰ってる〜

_6638

_6642

_6648

_6659

_6661

G_6654

アマティは毎朝、同じ場所に陣取りますが、くわえるものは毎朝違います。
「アマティが自分で意識している」と思えるくらい全く別の物をカミカミしています。
けさは、わたしの腰痛用のモーラステープの包装袋でした。
こうなったらいつまで新製品が続くのか、徹底的にマークしてやりたくなります。
もちろんこれは喰っているのではなく、口で細かくかみ切っているだけだと思います・・・・・・・・!


| | | コメント (0)

2012年6月20日 (水)

木更津のアウトレットに行ってみました!

_7602

_7607

日吉の楽器屋さんにチェロの調整をお願いし、できあがるまでの時間つぶしに、新しくオープンしたという木更津のアウトレットに行ってきました。
といっても特にほしい物があったわけではありません。
平日だというのにすごい人出でしたが、わたしの知らない店ばかりでおもしろくなかったなぁ!若者指向なんだろうなぁ!
唯一知っていたゴディバのチョコ。2段重ねです。市価の1/4位だろうか?
もう一つはモンベル。カムフラージュのキャップを買ってみました。


| | | コメント (0)

けさのアマティ  〜どこから持ってきたの〜

20_6625

20_6634

20_6632

20_6627

20_6617このオモチャは今は亡き“Hana” がとても喜んで遊んでいたものです。
どこかに仕舞い込んでおいたのですが、アマティがどこからか見つけ出して1人遊びしていました。
いや〜、アマティは捜し物の天才ですね!
わたしたちにはいまだかってどこにしまっておいたのか、思い出せないんですから!


| | | コメント (0)

2012年6月19日 (火)

「初夏の日のコーヒーコンサート」(5/29)の写真をいただきました!

Photo_2

Photo_3

これは袋井の「まめやカフェ」で5/29に行われたコンサートの様子です。
このようにとてもいい雰囲気の中で演奏することが出来ました。
こういうコンサートはいいですねぇ〜!すごく楽しかったです。
特にチェロの場合はエンドピン(チェロのとがった足)から音が床板を直接伝わるので、気持ちいいです。


| | | コメント (0)

台風前夜のチェロ弾き

_7594

_7600

梅雨に入ってからわたしの練習室は湿度が70%代と、かなり湿気ている。
きょうのチェロの練習はバカに楽器が鳴らないと思って湿度計を見たら83%を指していた。
TVのニュースでは台風4号が今夜、日本列島を縦断すると注意を喚起している。
エアコンを入れると10%程は下がるが、それ以下にはならない!
おそらくこれからはチェロの指板は下がりだし、その結果コマが高くなり、ただでさえ楽器が響かなくなりさらに弦が押さえきれなくて鳴らすのに苦労する弦楽器受難の季節となる。
ちなみに、A線と指板の一番先の間隔の標準は6mmと言われる。

| | | コメント (0)

ブログの検索フレーズランキング1位は「チョコラブアマティ」

20120619_163542ブログ「HanaHana日記」の右側にある[検索フレーズランキング]の順位が旅行中に大きく入れ替わっていた。
従来は「ハイエース 車中泊、ハイエース 警告灯、ハイエース キャンプ、ハイエース DPR、ハイエース 車中泊ブログ」など、ハイエース関係が1〜5位を独占していたのだが、それが一変してなんと「チョコラブアマティ」が1位になっている。
う〜ん、なぜだろう?
唯一考えられるのは最近発売になったエイ出版社の雑誌「レトリーバー」でアマティが取り上げられた影響か?

なお、詳しく調べてみると「チョコラブアマティ」が68回に対し、「hanahana日記」が64、「はなはな日記」が42、「HanaHana日記」36で、3つを足すと142となり。68を大きく上回る。

| | | コメント (0)

アマティが雑誌に載った!

Mret120614お馴染みエイ出版社の「レトリーバー」です。
お馴染みというのは登山犬“Hana” で2度ほど大きく扱って貰いました。
今回のタイトルは[15年間で638回山行した登山犬“Hana” の跡継ぎが成長中! 二代目アマティ、登山犬への道]という長いものです。
“Hana” の散骨登山や“Amati”が背負い籠に乗って山に登った様子が克明に報じられています。
今回はインタビューだけで作成し、わたしが校正をしていないので、若干?部分もありますが、とてもよく書けています。

さぁ、アマティ君、がんばろうね! 本に載ってしまったよ!

 

| | | コメント (0)

ヤマビルにやられてた!

_7561これ、わたしのズボンです。
一昨日、コアツモリソウを見に行った日の夕方、小屋に戻ったらズボンが汚れていました。
あれ?と思ってズボンをめくったら両足から出血しています。「やられた!」と思いました。
これはヤマビルに食い付かれた痕です。3カ所ありました。幸いなことにぷっくらと膨らんだ蛭との鉢合わせは避けられましたが、どこに行ったんだろう?辺りを探しても見つかりません。
喰われて3時間は経っているのですが出血は止まりません。「傷口を絞って毒を出せばいい」と言われていますが、そんなに簡単なことではありません。
ここまでは日曜日(17日)のレポートです。
きょう(19日)、その傷跡がまだ痒いのです。30時間以上も経っているのにまだカユイ!
恐るべしヤマビル!


| | | コメント (0)

けさの“アマティ” 〜ボールを持ってきた〜

_6593

_6594朝のお散歩前の写真です。
まだ眠い目をしています。
どこからかボールを見つけて持ってきました。
昨夜は久しぶりの自宅のベットでゆっくり眠れたはずなのに!

いつもは28mmの単焦点レンズでファインダーのぞかずに撮っていたのですが、今朝は35mmのレンズを使ってみました。
この方がピントが合う確率が高いかも・・・・・・・・!

_6609

_6612この3枚はお散歩から帰ってからの写真です。
お散歩中に十二双川(駿府城の堀の石材を運ぶための運河)に飛び込みました。
自分から飛び込んだので、ずいぶん成長したものです。大喜びで川の中を歩き回っていましたが、あいにくカメラを持っていませんでした。
そんなわけで、頭からずぶ濡れのアマティです。

| | | コメント (0)

2012年6月18日 (月)

モリアオガエル

_6567

_6560

_6562

モリアオガエルはこれもわたしの大好きなカエルで、毎年見に来るのですがなかなか産卵そのものに立ち会えません。
このドラマチックな姿を再び見たいと思っているのですが・・・・・・・・!
モリアオガエルの産卵はトキソウの時期と同じです。
そこまでわかっていても、なかなかベストシーズンにあうことは難しいです。


| | | コメント (0)

作手町の湿原のトキソウ

_6592

_6579

G_6589_2

_6585

先日(6/1)のトキソウとはずいぶん雰囲気が違うものだといまさらながら感心します。
3枚目のようにしっかり開いたのは1輪だけでした。
全体が薄いピンクでやさしそうです。
最後の写真はサワランです。トキソウに混じってポツンとあるとビックリします。
それほど鮮やかな色です。

| | | コメント (0)

2012年6月17日 (日)

アマティの水浴び

_6415

_7577

アマティは臆病というか、用心深いというか、なかなか水に入ろうとはしません。

_6443

_6447

この写真は、水辺で遊んでいて、ついうっかりではあるけど深みに入り込んでしまったとこですが、確かに泳いでいるという証拠写真です。

_7580

_7581

やはり地に足付いている方が安心して遊べるようです。

| | | コメント (0)

お堀のある池葉守護神社

_6370

_6388

_6375_2

人里離れたところにある無人の神社です。
驚いたのは本宮と言うんですか?奥宮と言うんですか?よくわかりませんが堀が掘ってあるのです。
こんな神社は初めて見ました。見事なものですが手入れは非常に悪いです。
杉の大木もスゴイです。円周7.6mと書いてありました。
境内には広場があってアマティは走り回っていました。


| | | コメント (0)

奥三河の“コアツモリソウ”

_6338

_6335

このコアツモリソウはなんだかおかしいですよね!
花が葉の下に降りてきていません。普通はつぼみの段階で下に降りるんですがね!

_6348

_6361

_6357

_6342

_6346

地味だけどカワイイ花ですよね! 大好きです!

| | | コメント (2)

田舎暮らしでの“アマティ”の朝のお散歩

_6319

_6320

_6323

_6512

_6316

_6311

_6326小屋の近くには空き地があるので、“アマティ”の運動には最適です。
走る!走る!走る! いいですね! 
ワンコの走る姿は最高です。 とてもうつくしい!
でも、ピントが定まりません。
そして最後は「あ〜、つかれた! ボクもう走れない!」


| | | コメント (0)

2012年6月16日 (土)

雨が降っていてもホタルが飛んでいるって知ってました?

ホタルの写真はボクには無理です!難しい!

_6486

_6465

_6467

G_6476

奥三河ではこの時期、蛍が飛び交います。
あいにくこの日は雨だったので、ホタルのことなど思ってもいなかったのですが、2階でチェロを弾きながらふと外を見ると、雨の中をホタルが飛んでいるではないですか!
普通は雨の中を蛍狩り(夕涼み?)などするわけもないから、雨降りは飛ばないものだと決めつけていました。
もちろん雨の中でカメラを出すことは出来ないので、これは翌日トライした写真です。
この写真、クリックして拡大しないと全く何が写っているのかわかりません。


| | | コメント (0)

森町のトウモロコシ 〜シュガーマーケット〜

_7556

_7562

いま、森町はトウモロコシ一色といってもいいほど一斉に路地でトウモロコシを売っている。
最近はトウモロコシもいろいろな種類があって、何を買うか迷うところであるが、今日は店のすすめたシュガーマーケットなる種を買ってみた。
1枚目はゆでたもので2枚目は焼いたもの(オーブンで)。どちらもとても甘くて味がしっかりしてておいしいが、焼きもろこしの方が更にうまい!


| | | コメント (0)

日本一の清流/阿多古川の“岩ツツジ”が見ごろ

_6289_2

_6291

_6298

_6294

_6295

わたしは岩に取り付いて咲くこの岩ツツジが好きだ!
阿多古川では今がちょうど見ごろか!この花を見たくて4時間も遠回りをしてしまった。

_8744この写真は2006年7月8日にこの場所で撮ったものである。
今は亡き“Hana” が生き生きとこの清流で泳いでいる。
とても懐かしい写真だ!
“アマティ”はまだ水が怖くて、とてもこんな所には入れない!
早く“Hana” のように泳げるようになってほしいものだ!


| | | コメント (0)

掛川のパン屋さん「ポワポワ」

_7553

_7551

_7558掛川にこんなにおいしいパン屋さんがあるなんて、知りませんでした。
一口食べただけでやみつきになりました。
試しに5種類くらいのパンを買って田舎暮らしに出かけたのですが、どれもおいしい!
パン職人の意図がしっかり伝わってくるウレシイ味です。
ベーコンは「いるかハムさん」のを使っていると書いてあって、よけいうれしくなりました。
わたしは好んで表面の堅いパンを選びましたが、どれも最高です。

| | | コメント (0)

アマティ 〜けさのオイタ〜

_6264

_6287

_6283_2

_6271アマティは今朝はアルミの板をオモチャにしていました。
こんなもの喰えるはずはないのですが、一生懸命がじっています。
あいかわらず大きな手をしていますね。

毎朝恒例のカミカミをしたあとはさっさと用便を済ませたので、雨の中ではあるけどご褒美としてお散歩に連れ出しました。


| | | コメント (2)

2012年6月15日 (金)

Lab の血液型と性格診断

_6210Labには黄ラブ、黒ラブ、チョコラブの3色があることは意外と知られていない。
しかし、単に色が違うだけではなく、それぞれの性格を表しているとのことだ!
アマティの先生によると、黄ラブは人間の血液型にたとえると思慮深い“A型”だという!
黒ラブは“B型”もしくは“O型 ”で、チョコラブはなんと“AB型”だという話を聞いて衝撃を受ける!

わたしの血液型は“A型”なのだが、他人からは“O型 ”と思われている。わたしはおそらく“B型”と一番相性がいいと思うのだが、カアサン(母ではない)が“B型”なので「もうこれ以上はいい!」という感じ。
そこにいくと“AB型”はわたしには全く計り知れないところが多いので最も苦手とするところなのである。
が、なぜかわたしの回りには“AB型”が多い!イヤダイヤダと思っているとそのイヤが現実となるのか、本当は“AB型”を自分が求めているかはさておいて、まさかアマティが“AB型”とは夢にだに思わなかった!

もしわたしがこの事実を事前に知っていたらチョコラブは飼わなかったかも知れない!

| | | コメント (2)

渦巻きと言えば!?  〜アマティのお尻の渦巻きです〜

_6205

_6206

少年期のアマティには少し恥ずかしい写真ですが、アマティのお尻には2つの渦巻きがあります。
これは誰もある様なのですが、わたしが見る限りではアマティの渦が一番はっきりしているようです。

_6200

2_6196

このエクボのような渦はなんなんでしょうか? たんなる毛並みと考えればいいのでしょうか?
それにしてもカワイスギル!

| | | コメント (0)

アマティ! なにしているの?

_6224

_6229アマティは後ろ姿も絵になります!
一生懸命背伸びして何を探しているんでしょうね!

背中のたてがみが渦巻いています。渦巻き加減が左の写真と右の写真で違います。
なにかに「ビビッ!」と来たときに右のように大きく渦巻くようです。

| | | コメント (2)

けさの“アマティ” 〜南天の枝をくわえてきた〜

_6238“アマティ”は毎朝、何かをくわえてきて遊ぶのが日課になっています。
それが毎日、何になるのか、おそらくアマティもわかっていないでしょうが、わたしとしては興味津々です。

けさは植木の中に潜り込んで南天の枝を引っ張り出してきました。
この枝を遊びながら喰ってしまうんですよね(もちろん全部食べ終わる前に途中で飽きてやめる)!
まぁ、繊維質の物だからまだいいんだろけど、石とかプラスティックは喰わせたくないなぁ!と書いていたら、たった今この横でアマティが鉛筆を2本喰っていた!


| | | コメント (0)

2012年6月14日 (木)

バトル写真追加  〜サラちゃんの舌がチョコレート色〜

_5859まだサラちゃん(アマティのおねえさん)とのバトル写真が残っていました。
こうして社会性を身につけていくんだろうけど、すさまじいです。

ところで、チョコラブといえども舌はピンク色のはずです。
でも、サラちゃんの舌はチョコレート色になっているけど、これはなんなんだろうねぇ?


| | | コメント (0)

すずらんとコンニャクが有名な芦川村

G_5952_2

_7513_2数日前だが、芦川村に行ってみたら驚くことにまだスズランがまっさかりだった。
今年はあの寒波のせいでスズランは開花が大幅に遅れた模様だ!

この芦川村はスズランで大変有名だが、じつは[みやがわの生いもコンニャク]のこんにゃくは絶品。
これを喰ってしまったら他の刺身こんにゃくは食えないほどの逸品である。
もちろん刺身でこのままショウガ醤油でいただく!

| | | コメント (0)

けさのアマティ  〜どのリードにしようかな〜

_6176

_6172アマティは朝、用便を済ませるとここにやってきて、これからお散歩に行くであろうコトを予測して、リードを取りにくる。
2〜3本のリードが掛かっているので、その中から選択しなくてはならない。
まぁ、普通は手当たり次第に取ってくるのだが、今日は朝夕のお散歩時に2回とも赤い派手なヤツを持ってきた。
犬は色盲だと聞くから偶然の産物か!?

 

| | | コメント (0)

2012年6月13日 (水)

けさの“アマティ”  〜はやく済ませなさい〜

613_6139

613_6138

613_6144

今朝は雨も上がり気持ちのいい朝でした。
アマティは朝は外に出てまずシッコをするんですが、きょうはオモチャを取り出して遊び出しました。
でも、早くお散歩にいきたいらしく、さっさとウンチとシッコをすませてリードをわたしの目の前に持ってきて「さぁ、早くお散歩に連れてって」という目付きをします。
排便をウチで済ませて手ぶらでお散歩に行けることはボクの理想でした。少しずつですがわたしの思いが通じようとしています。


| | | コメント (0)

2012年6月12日 (火)

今日のアマティ 〜お客様が大好き〜

201206121515000アマティはお客様が来ると大はしゃぎです。
きょうは卒業生が自宅に来てくれました。
アマティは特に女性のお客が来ると興奮するほどはしゃぎます。
それも若い娘さんほど嬉しいようです。
アマティは生後5ヶ月になったばかりの子どもだと思ってたのに!
わたしが「スワレ」と命令しても聞こえないふりをしているのに、その方が「おすわり」というとチョコっと座るってどういうこと?
この写真はその方がケータイで撮ったアマティです。
この目つきはふだんわたしに向ける目つきとは全く違います。
ふだんの、わたしのカメラ目線とも全く違います。
それにしても、ケータイカメラってこんなにピントが合うものなのですか?
すごい!わたしのデジ一よりもスゴイ!


| | | コメント (0)

バトル写真追加  〜アマ君、サラちゃんはレディーだぜ!〜

_5872スゴイですよね、この2人!
追い詰めたり追い詰められたり、上になったり下になったり!
「これがいいんだよね」とエヘラエヘラしながら見ているけど、「アマちゃん、女の子にはもう少しやさしくしなさい!」


| | | コメント (0)

2012年6月11日 (月)

犬連れ山行に必要なもの!  〜リード〜

_6089「犬連れ登山」は大変楽しいが、そのためにはいろいろ気を付けなければならないことがある。
山登りはノーリードで歩きたいものだ!しかし、世の中には「完璧なる犬嫌い」な方がいることをいつも頭に置いておかなくてはいけない。
そのためにはマイナーな山やマイナーなルートを開拓しなければならない。しかし、誰も登山者がいないことはあり得ない。
そんな時に大変便利なのがこの短いリード(クイックドロー)である。これは普段はワンコの首に巻き付けておく。誰か人の気配を感じたらすぐにこのリードを引いて登山道をあける。
これは大変便利なのでぜひ用意するといい!
実物はドッグズショップ ViVi に置いてある。

| | | コメント (0)

若葉にむせる森の中の“アマティ”

_6018

_6015

_6095

_6058

G_6101アマティのチョコレート色は苔むした倒木や、美しい新緑、鬱蒼たる霧の中、自然のあらゆる情景にとてもよく似合います。
特にこの苔の上は気に入ったので、何枚も写真を撮ってしまいました。
1m程の倒木の上にアマティはピョンと飛び乗り、いろいろなポーズを取ってくれました。
ふふふ!かわいい、かわいい!

_5960

_5975

_5968

今日のアマティはとてもはしゃいでいました!
森の中を一人で駆け回っています。森の中はとても暗いので写真を撮るにはキツイです。
最後の写真はスゴイ勢いで駆けているところです。
駆け回っているときは単に遊んでいるのかと思っていたのですが、両目をかっぴらき、真剣な表情でしっかり前を見ながら走っているのがよくわかります。

| | | コメント (0)

“Hana” の散骨登山 第14弾  〜黒岳〜

14_6065

_6068わたしはこの山には30回ほど来ているが、登山犬“Hana” も、12回もこの山に登っていた。
しかも、この場所はわたしの大好きなカモメランの群生地だ!
この大樹の元に亡き‘Hana’の散骨をした。
ここに埋めておけば“Hana” に毎年会うことが出来る。
“Hana” にはぜひカモメランの番人をしてほしいと思っている。

Hana_6083アマティには「アマのおねぇちゃんと一緒に写真を撮ろうね」といってそこに座らせた!
するとアマティは何やら神妙な顔つきになってモデルになってくれた。

| | | コメント (0)

御坂山系にカモメランを見に行ってきました!

G_5988

_5993

_6013

_5997

_6073

_6009カモメランは30年もの間、毎年見続けてきた大好きな野生蘭です。
鬱蒼とした樹林帯の下草の中にピンクのかわいらしい花を咲かせます。
1つの株に2つ〜4つ位の花を持ちますが、きょうは3つしか見ることが出来ませんでした(最後の写真は2株で2つづつの花を咲かせています)。

最近、ピンクの花ばかり追いかけています。
それほどピンクの花が好きなのですが、春〜夏はピンクの花が多いのだとおもいます。
でも、暗い森の中で見るピンクの花は格別の趣があります。


| | | コメント (0)

2012年6月10日 (日)

西焼津のウナギ屋 “三味”

_7500

_7506

_7505

_7504

まず出てきたのは漬け物ですが、このお皿は一目で作者がわかります。
陶芸家:森恵子氏の絵皿です。このお皿を使っているというだけで、このお店の格が計り知れます。
鰻重は蒸かしてありますが、もはや関東風・関西風の域を脱しています。焼き方がすばらしい!
ほんとうは「酢〆(すしめ)」を頂きたかったのですが、すでに売り切れでした。
肝焼きをお願いしたのですが、カブト焼きも出してくれました。これがまたおいしい!


| | | コメント (2)

なんという姿!

_74902

_7491この姿だけはさすがのわたしも驚きます。
これはお行儀がいいというのかお行儀が悪いというのか、なんとも言いかねますが、よくもまぁ、これがリラックスする姿とはなんとも滑稽です。
かなり頻繁にこの格好をするということは、子犬にとっては楽な姿勢と言うんでしょうね!
この写真、1枚の写真を反転したものではありません。
それにしても、“ケツ”でかいですね!


| | | コメント (0)

アマティは“おねえちゃん”と大バトル

G_5824

_5787

_5794

_5848

アマティの実家には同い年のお姉さんと、お母さんと、お婆さんがいます。
お姉さんのサラはタップリタップリ一緒に遊んでくれます。

_5858

_5905

_5903

_5899

_5857

_5908

お嬢様のサラは今のところアマティよりも一回り大きいので、サラの方が優勢です。
色が濃く、黒っぽく見えるのがアマティで、明るいチョコに見えるのがサラです。

_5926_3

G_5919_2

全員集合!
お婆さんのローラ、お母さんのクララ、お姉さんのサラ、そしてアマティの全員が勢揃いしました。
おやつをもらえるからみんなお利口にしています。


| | | コメント (0)

にぎやかなこびとたち! 〜こんなホテイランはもう見られないかも〜

Photo

2000616dsc00033

もう10年も前の写真です。
当時はこんな姿を目にすることが出来ました。ポジで撮った写真です。
色が美しいですね!

3_5394これは先日、八ヶ岳でデジ一で撮った写真です。
(上の写真は南アルプス北部です。この花は地域による変化はなさそうです。)

近年では3本が精一杯です。
この3本もとても久しぶりに出会いました。
もしかしたら最後のスリーショットかもしれません。

H14この写真はあまり載せたくなかったのですが、証拠写真として、記録としてここにとどめておきます。
なぜなら見られる花は1本だけで、あとは全て終わっています。
でも、それも含めて数を数えてみてください。
全部で9本は確認出来ると思います。
この株は平成13年と14年の2年にわたって確認しています。
この場所はとても日当たりのいい場所(普通は鬱蒼と茂った森の中)でした。
2年とも事情があって5月中に行けなかったので、もう花期が過ぎていました。
しかし、15年からは更に条件が悪くなり、ここまで行くことを断念しました。
おそらく今ごろは更に株数が増え、賑やかに踊り狂っていることでしょう!

| | | コメント (0)

けさのアマティ  〜ペロペロペロ、ケッケッケッ、カィカィカィ〜

_5771

G_5648

_5686

_5767

よく見るアマティのポーズ集です。
ペロペロペロとなめたり(毛繕い?)、ケッケッケッを掻いたり(ダニでもいるの?)、カィカィカィと噛んだり(痒いの?)、いろんな動作をしてわたしを楽しませてくれますが、実情はどうなんでしょうね?

| | | コメント (0)

2012年6月 9日 (土)

けさのアマティ  〜ホウキがうまいらしい〜

_5688

_5677

_5741

_5691

_5692

_5680

_5699今朝はホウキを喰いだした!
こんなものウマイとは思えないのだが、いつまでもムシャムシャやっている。
喰うと言うより、遊んでいるんだろうね!

最後の写真はなんか様子がおかしい!
ひょっとして魔法使いになったつもりでいるのだろうか?それにしては乗る向きが反対なのだが!


| | | コメント (0)

2012年6月 8日 (金)

賞味期限3時間のじゃがバター

_7476新ジャガイモのじゃがバターの賞味期限は3時間です。
信じてもらえないかも知れない!
第一ジャガイモを掘って3時間以内に食べるのは無理かも知れない!
でも、その味を一旦味わってしまった者は、畑を借りて自分でジャガイモを植えて(3月)、今頃収穫することになります!
わたしたちは食べる度に畑に掘りに行ってたのですが、今日マゴが掘って全部持って行かれてしまいました。

 

| | | コメント (0)

また、アマティがやらかしてくれました!

_7485_2

_7489_2

これ、アマティのフードの袋です。残っていたフードをみんな食べてしまいました!
また、やらかしてくれました! 
このまま前にも進めず、脱ぐことも出来ず、困り果てながら食べていました。
とうぜん晩ご飯は抜きです!
まず、次から次へとやらかしてくれます。
2枚目は袋から出されて、怒られて、反省しているところです。

| | | コメント (0)

白雪姫の7人の小人  〜ホテイランの追加〜

_2503_4

_2532白雪姫のコビトに追加がありました。
今回は2日間で何十人もの小人に会うことが出来ました。
2連が数カ所で、3連が1カ所でした。
今では3連というと大変珍しいです。
もっとも以前は4連、6連、9連を見たことがあります。
9連は2年続けてみましたが、その後ここに入山することが不可能となってしまいました。
おそらく今もあそこで賑やかに咲いていることでしょう!

| | | コメント (0)

けさの“アマティ”  〜サボテン喰ってる〜

_5653

_5627

_5630

_5639

_5641

どこから持ってきたんだろう!?
サボテン喰ってる! サボテンよく見るとトゲトゲが一杯生えてる!
よくよく“アマティ”見ると、とげが痛くないように細心の注意を払いながらサボテンを喰ってる。
それでも多少は痛いはずだ!
おバカ!

| | | コメント (0)

昨夜の“アマティ” 〜お風呂は嫌い〜

_5622“アマティ”はお風呂(シャンプー)はともかく、ドライヤーが大嫌いな子だ!
それから関連してものすごいお風呂嫌いになってしまったようだ!
浴室に連れ込もうとするとあらゆる手段で拒否しようとする。それは大犯罪者が逮捕される前の悪あがきのようにも思える。
無理矢理シャンプーはしたものの、ドライヤーは使用を差し控えた。それでもまだ目つきは怯えている。


| | | コメント (0)

2012年6月 7日 (木)

けさの“アマティ”  〜大きくなりました〜

_5607

_5581

_5568

アマティ、ずいぶん大きくなりました!
五ヶ月になりましたが、もう「少年」の雰囲気です。
でも、中身は「いたずら小僧!」


| | | コメント (0)

2012年6月 6日 (水)

おバカな“アマティ” 〜泥だらけ〜

_5526

_5528

“アマティ”は旅行でストレスがたまっていたのだろうか?
ついに切れてしまった。
どんなに制止をかけても一向に言うことを聞かず、ただただ走り回って泥の中に突入!挙げ句の果てになにやら汚いものを銜えてきて振り回す。
そんなとき、やっきりして「バカアマー」と怒鳴ってしまいます。


| | | コメント (0)

比丘尼城址のササユリ

_5514

_5524

_5521

_5519

_5550

_2557富幕山で会った方から「比丘尼のササユリが見頃だから寄って見なさい」と言われ、再び愛知県に入って比丘尼城址を訪れた。
とてもたくさんのササユリが咲いていたが第一陣はほぼ終わりで、二陣以下がつぼみをふくらめて待機していた。数日前後した方がよかったかも知れないが、ピンクのササユリがとても賑やかだった!

_5558

_5560

ササユリとアマティのツーショットを撮りたかったのだが、ちっともジッとしてくれない。
この数分前に大暴れしたので、まだ興奮が残っているようだ!

| | | コメント (0)

ピンクのイナモリソウ

_5508_2三遠南信道路からいなさICで新東名に乗り継ぐのだが、そのいなさICのすぐ側に富幕山がある。
いま、富幕山ではササユリとピンクのイナモリソウが見れるはずだと思い寄って見た。
ササユリは全くのつぼみ、イナモリソウも堅いつぼみだったが、稜線のイナモリソウはわずかに開いていた。このピンクのイナモリソウは静岡県ではここでしか見られない。


| | | コメント (0)

2012年6月 5日 (火)

わさび田のホタル

_5488

_5502

わさび田のホタルは、全く予期していなかった。
考えれば毎年ホタルを見ているのだが、急に寄ることになったので全く気にしていなかった。
それだけにこの幻想的な光景はたいへんな喜びだ!
ずいぶんたくさん飛んでいたのだが、写っているのはこれしかない!
ホタルの写真はいったいどうして撮ったらいいんだろう?
あのホタルの乱舞をぜひとも写真に撮りたいのだが、途方に暮れている。


| | | コメント (0)

明治亭の“黒豚のソースかつ丼”

_7458

_7459

山から上がったら、静岡に帰るより鳳来峡に帰る方が近いことに気付き、高速に乗る手前の明治亭に寄った。
このソースかつ丼は“ご飯少なめ”だ!
食べるためとんかつをはがすと、このように山盛りのキャベツが出てくる。
ご飯とキャベツがほぼ同量でそのうえに5枚のとんかつが乗っている。
このソースがまたおいしくて、年寄りでもぺろりと平らげられる。


| | | コメント (2)

“Hana” の散骨登山 第13弾  〜戸台大橋〜

Hana_13_7436

Hana_13_74392ここは昨年の今ごろ“Hana” ときた思いで深いところだ!
“Hana” はキャンプを楽しんでいたし、目の前の川で泳いでいた。
そこに“Hana” のお骨を少し埋めて小さな石碑を建てた!
「来年も再来年も来るからね!」と言いながら・・・・・・・・!


| | | コメント (0)

“アマティ”は南アルプスの雪解け水(天竜川の源流)で水遊び!

_7452

_7449

_7454

_7445この日もアマティはクルマに残留。
ずっと寝ていたようだが、実はストレスはかなりたまっている。
かといって、水遊びはあまり好きで無い!
こんなすてきな場所で(天竜川の支流)水遊びなんてすごく贅沢なのに、アマティはそれを理解していない!


| | | コメント (0)

歌宿のホテイラン

_5455

_5467

_5472_2

_5479

_5443南アルプスのホテイランは少し遅すぎました。
でも、薄暗い森を探すと、白雪姫のような美しい姿が目に飛び込んできます。
暗いジメジメした苔の上に小さな根を張ってカワイイ花を咲かせています。


| | | コメント (2)

シナノコザクラ

_5416_2

_5418_3

_5434

_5440

_5430

_5433

_5409

_5412

_5404どうもわたしはピンクの花が好きなようです!
シナノコザクラは少し峠を越していましたが、わたしを充分満足させるに足りました。
水のしたたる岩に張り付いて美しい花を咲かせる見事なヤツです!


| | | コメント (0)

2012年6月 4日 (月)

戸台大橋の下で車中泊

_7432

_7456_2八ヶ岳を後に、南アルプスに向かいました。
きょうの宿は南アルプスのど真ん中、戸台大橋の下です。
昨年は“Hana” と共にきたところです。

夕方着いたのですが、なんとサルのコロニーのど真ん中でした。サルたちが大騒ぎして警戒していました。夜、トイレに起きたときは再び騒ぎ出し、コワイくらいでした。

翌朝、近所をお散歩したら鹿の死骸です。鹿の角をほしいと思ったのですが、まだ肉も皮も毛も着いているのであきらめました。もし、角が対で付いていたなら、なんとしてでも持ち帰ったでしょう!


| | | コメント (0)

アマティの水浴び

_7414

G_7426

_7423

_7421

白雪姫の小人たちに会っている間、アマティはクルマに残留です。
クルマに戻ってからたっぷりアマティと遊びました。
渓流がたくさんあるので、降りてみました。
アマティは相変わらず用心深く、流れに入ることが出来ません。
わたしに似ず、ずいぶん慎重な子です。


| | | コメント (0)

八ヶ岳の“ホテイラン”

G_5377

_5370

_5384

_5399

G_5374

_2503_3

3_5394八ヶ岳ではとてもいい状態でホテイランたちと会えることが出来ました。
森の中のこのピンクの花は、ドキッとさせられます。
「白雪姫の7人の小人」は7人どころではありません。もっと大勢の小人たちがあちこちで踊っているようです。

| | | コメント (0)

この花に魅せられて  〜ホテイラン〜

_5376何十年前だろうか? この花を薄暗い苔むした岩の上で見つけたときの驚きは今でも鮮明に覚えている。
それ以来、この花の虜になり、毎年会わずにはいられない花となってしまった。
最近では何カ所かの秘密の場所を確保し、それを毎年ハシゴして「また会いに来たよ!」と挨拶しながらカメラを向けるのが年中行事となっている。

ホテイランという名前は七福神の布袋様の顔に見立てたようであるが、このネーミングは大変センスが無い人が付けたものであきれる(たしかにふくよかでひげが生えているが)!

藝大の美校の大先輩である故冨成忠夫氏は「白雪姫の七人の小人のほうがぴったりくる」と言っている(「春の花」山と渓谷社)!それ以来わたしはホテイランを“白雪姫”と呼んだり“七人の小人”と呼んでいる。 

| | | コメント (0)

2012年6月 3日 (日)

きょうのアマティ  〜またやられた〜

_7375

_5360またやられたよ!
ちょっと目を離した隙だった!
とにかく目を離せないんだよね!
「静かだなぁ」と思っているときが一番危ない!
ラブの中でもチョコラブが一番悪いらしい!
そして女の子よりも男の子はさらに悪いらしい!
後で知ったことだけど!

| | | コメント (0)

カルガモの抱卵 IX  〜全滅〜 

_74064/29以来楽しみにしていたカルガモの抱卵・孵化! 
とうとう終焉を迎えた。しかも、残酷な「全滅」(10→8→7→5→3→0個)という結果を認めざるを得ない!
5/30孵化がはじまり、啐啄(そったく)と言う言葉を覚えた。
翌5/31雛鳥が消え、卵が3つしか残っていなかった。実は同日のこの後、カラスが卵を銜えて飛び立つ姿を確認した方がいた!5/31である。
きょう(6/3)、わたしは自分の目で直に確認にいったら、この写真のように巣の痕跡もわからないほどだった。
・ここに営巣したのが間違いだった!(当時は雑草が生い茂ってたが、畑だから人の目に付きやすい場所だった)
・毎回抱卵と卵の様子を写真に撮ったのが間違いだった!(その度に親鳥は一旦抱卵を中断した)
・親鳥が巣を空ける時間が多かった?(自分の餌を獲るのに時間がかかりすぎたかもしれない)


| | | コメント (0)

2012年6月 2日 (土)

御殿場/浅間神社の「木の花名水」

_7401御殿場に来たときはどうしても寄らなければならない所が何カ所かあるのだが、最近はこの「木の花名水」が加わった。
この水、日本の名水の中でも超一級で、コーヒーや日本茶に最適!
クルマで汲みに行くことが出来る貴重なわき水だ!

| | | コメント (0)

森の中の“アマティ”

_5349

_5352

_5354

花の撮影中、“アマティ”はジャマをしに来るので木につながれています。
でも、撮影に夢中になるとアマティはストレスがたまってきます。
ときどきはリードを離してやります。すると大はしゃぎで走り回ります。かなり暗い森の中なので、動かれると写真はぶれっぱなしです。そんな時は動画です。ここはかなりの急勾配です。


| | | コメント (0)

“スズムシソウ”も咲いていました!

_5336

_5341

_5339

コアツモリソウのそばにスズムシソウが咲いていました。
これもいい花ですよね!


| | | コメント (2)

忍野村の“コアツモリソウ”が咲き出した!

_5318

_5322

_5334

_5315

_5314

_5325

_5311この花、大好きなんです!
でも、こんなに写真を撮りにくい花は他にありません。
咲き始めは葉の上に鎮座しているのですが、その花が徐々に下がりだし、ついには葉の真下に入り込んでしまいます。(草丈10cmほど)
しかも口にはしっかり蓋が付いているので、一旦下がったらなかなか花を拝むことが出来ません。
ましてや90mmのマクロレンズだと、葉の下側に入り込むのにとてもたいへんです。
そんなに苦労を掛ける花だからこそ、こんなに好きになったのかもしれません。


| | | コメント (2)

2012年6月 1日 (金)

八起の“小鯵寿司”

_7370

_7371伊豆で遊んだ総仕上げは、いつもは宇久須の[八起]の小鯵寿司を食べることになるのだが、フェリーの時刻が変更して以来たいへん難しくなっている。
土肥を17:20が最終なので、ゆっくり食っている時間が無いのだ!
で、仕方ないから八起に電話で到着時間を伝えて注文しておいて、さっと受け取って土肥港に駆け付けるコトになってしまう。


| | | コメント (0)

トキソウの群落

G_5270

_5290

_5277

Img_5274

G_5273

_5286

_5285

_5284

_5294

今回の伊豆旅行の一番の目的は稻取のトキソウを訪れることだった。
とてもきれいなトキソウに会えたので、大満足!
いつも見るトキソウよりも大きく、色も濃く、開き方も大きく感じた。
これでは佐渡の朱鷺よりも色が濃くないだろうか?

| | | コメント (0)

巨大天然パワーストーン 〜ポットホール〜

_7351_2

_7356_2

_7353

_7363

_7362頻繁に伊東に行っていながら、なかなかこのポットホールを見ることが出来なかった!「今日こそ見てやるぞ!」と思って海岸に出てみたのだが、場所を見つけるのにかなり苦労した。
でも、見つけてみればビックリ! 
こんなにも巨大で豪快で迫力があるとは想像だにしてなかった!
残念というか幸いというか、潮は引いていたので直接手で触ることが出来た。波でゴロゴロする姿は見られなかったが、手で押してみると少し動く。

_7357

_7359「実はもう一つ、小さいポットホールがある」という話は聞いていたが、偶然にもその小さいヤツも見つけることが出来た。
こちらも三方にゴロゴロぶつかりながら丸くなってくる石の生い立ちがよくわかる気がした!
大きい方は70cmくらい、小さい方は25cmくらいだろうか?
こんなものを目の当たりにすると自分の小ささをつくづく感じる!

これは小さい方のポットホールです。
潮が満ちてきたり、波が荒いときにはゴロゴロと回るのでしょうね!

| | | コメント (0)

一碧湖の“チョウジソウ”

_7345

_7348

一碧湖を通りがかったので、何年か前にこの湖畔で見たチョウジソウを思い出して寄って見た。
案の定、ブルーの美しい花を咲かせていた。
ここに寄ったおかげですぐ側のButter Noteで、あさりのパスタと干しトマトのピザをいただくことができた。
美しいものを見ておいしいものを食べる! 是最高也!

| | | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »