« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

視力は右1.5、左1.5に回復!(人間ドックで検査)

_4807_2

年に一度の人間ドックに通いだして20年以上になる。55才を過ぎた頃から、まい年新しい病名が増えてきているのが哀しい!
しかし、今回のようなサプライズは初めてである。
わたしは若い頃から視力はいい方だった。中学生の頃までは右1.5、左1.5だったが、その後1.2、1.2に下がり時には右1.2、左1.0ということもあった。
しかし、今日の検査では両眼とも1.5・1.5だったのである。おどろき!
もちろん、老視だから手元は見れないし、乱視と遠視が進んでいると言われているが………!


| | | コメント (0)

2011年11月29日 (火)

2012カレンダー「花の山旅」 Ishibasi Mitsuo

G_4653石橋三夫のカレンダー「花の山旅」はここ数年まい年入手しているカレンダーの一つである。
わたしは石橋の写真の意図がとてもよく理解出来る、大好きなカレンダーである。石橋の狙いが素直にわたしの心に響く。
写真の上部は昨年の表紙で、カタクリが素敵だった。下部は月山の薄雪草の写真だ!
とくに薄雪草は今年は7/25に月山に見に行ったし、8/1には木曽駒ヶ岳に見に行った。
来年はぜひ早池峰に薄雪草を見に行きたいと思っている。
新しいカレンダーを見ながら、心はすでに来年の春以降のわたしの「花の山旅」に心を奪われている。


| | | コメント (0)

2011年11月28日 (月)

鎌倉の鶴岡八幡宮の大イチョウのいま!

_4798_2

_4799_2

横浜のコストコを出た後、鎌倉の八幡宮に寄ったらイチョウの黄葉が見られるかも知れないと思った。
急遽コースを変更して鎌倉へ!
もちろん大イチョウが平成22年の3月の突風で倒れたことも知っていたし、その倒木から新しく芽を出し始めたというニュースも知っていたが、自分の目で確認してみたかった。
写真左は倒れた大木を起こしたもので、右は大木の残された根の部分である。どちらからも落葉してしまったが新たな枝が伸び上がっていることがわかる。
実に見事な光景だった!
ところで、他にも銀杏の木はあるはずなのだが、期待した黄葉は見ることができなかった。全て落葉してしまったのか?

| | | コメント (2)

三井アウトレットパーク横浜ベイサイトと Costco

_4780

_4779_2今回の横浜の目的は年に数回買い出しに行くコストコと、コストコのすぐ近くにある三井アウトレットパーク横浜ベイサイトである。
しかし、どちらもわたしの仕事は運転手と、マゴの守なのだ!
アウトレットパークのど真ん中に子どもの遊び場所があって、そこでマゴが1人で遊んでいるからわたしはただそれを見守るのが仕事だ!塀にセミのように張り付いているおバカさんがわたしのマゴだ!
2階の右側はモンベルなのだが、とうとう店に行くことは許されなかった!
それでもfoxfireはのぞくことができた。わたしは真ん中の黄色い派手なキャップを買ってしまった。


| | | コメント (0)

一風堂の豚骨ラーメン赤丸は、かなりおいしい!

豚骨ラーメンが好きで、おいしいといわれる店をアチコチ歩き回っているのだが、きょうは横浜の「みなとみらい」のクイーンズスクエア内の一風堂を訪れてみた。(全国各地にある)

_4771

_4773

_4775

豚骨ラーメンの決定的な判断基準は“辛し高菜”があるかどうかである。豚骨ラーメンには辛し高菜が無くては許せないのだが、一風堂は食べ放題の辛し高菜、食べ放題のもやし、食べ放題の紅ショウガ、そのほか食べ放題の生ニンニクやすりゴマが利用しやすく配置されている。

_4777_4

_4778_2

店に入ってまず赤丸を注文したら、さっそくもやしと辛し高菜をつまみ食い!そのうち左の写真の赤丸のオリジナルが配膳される。それにトッピングを好きなだけ加えて頂く。足りなくなったら好きなだけ追加する。替え玉を入れたら更にトッピングを加える。
久々に満足出来る豚骨ラーメンである。

| | | コメント (0)

2011年11月27日 (日)

今年最後の紅葉は真富士山

_4758

_4729

_4739_3もう紅葉は最後だから「どこかに見に行こう!」と思って家を出発したのは10時を過ぎていた。「そうだ、真富士にいこう!」
途中の滝まで行けば最後の紅葉は楽しめるだろうと思ったから、お弁当も持たず水ももたず「早く降りて津渡野でおいしい蕎麦を頂こう」と思って気軽に出かけたのだった。

_4737

_4736

_4742

_4743

_4733紅葉は予想以上に素晴らしかった!今年最後の紅葉を充分堪能することができた。
滝まで登ると、想定通りすでに紅葉は落葉していた。
ここで引き返すつもりだった。お腹も空いてきた!
しかし「峠まで登ればイワシャジンが見られるなぁ!」と考えたのだ!今年はまだシャジンを見ていなかった。それに30日が人間ドックなので中性脂肪を燃焼させておく必要があった!

_4755_2結局、イワシャジンは咲いていなかった。もう咲き終わったのか、絶えてしまったのか、盗掘にあったのかはわからない。
会えると思って来たのに誰もいなかったショックを引きずりながら下山するのも悔しいので、結局山頂を目指した。
第2真富士の山頂には誰もいず、貸し切り状態だった。富士山は独り占め!
午後になっても富士山がこんなに美しく見えるのは珍しい!


| | | コメント (3)

2011年11月26日 (土)

島田/柏ッ原のドウダンツツジの紅葉

_4689

_4687

_4709

新東名の工事が始まって以来、北中からの登山道は使かわず、どうだん原から降りてきたのだが、何年ぶりかで歩いてみた。おそらく10年ぶり位ではないかと思うのだが、とてもいい小径で楽しめた。
柏ッ原(かしわっぱら)のドウダンツツジの紅葉はなんとかわたし達を迎えてくれたが、それより上はすでに落葉が始まっていた。

_4708

2_4704

_4697

赤い実はサンキライ【山帰来/猿捕茨(さるとりいばら)】
この時期、森では美しい実を見ることができる。サンキライというと岐阜の「濃尾平野の銘菓 餡麩三㐂羅(あんぷさんきら)(餡麩三喜羅)というサンキライの葉で包んだ麩菓子をどうしても思い出してしまう。
リンドウは9月から咲き出してまだまだ沢山咲いている。ずいぶん息の長い野草だ!
でも、ハルリンドウは気難しがり屋さんで、期間も一日に開花する時間もごく短いし、さらには曇っていると咲かないずいぶん我が儘なリンドウもあることからすると、この秋咲くリンドウは大変オリコウさんである。

| | | コメント (2)

2011年11月25日 (金)

秋の日のコーヒーコンサートの余韻

_0097

_0053もう数日がたったのに、いまだにまめやでのコンサートの余韻が残っている。
「この部屋でチェロを弾けば素晴らしい響きになるはずだ」との予想通り、演奏者もお客様も感動できるコンサートだった。
まめやかふぇのマスターから喜びの声と当日の写真が送られてきた。
今回のコンサートは響きが予想できたという点でとても有意義だったと思う。このようなことは伊東のButter Noteでも経験している。ほかでも何カ所か気に入った場所があるので、いつかまた企画してみたい。


| | | コメント (2)

2011年11月23日 (水)

“まめやかふぇ”「秋の日のコーヒーコンサート」は大成功

_4506_2

Img_1517袋井市の珈琲豆の焙煎店に通い詰め「この場所でコンサートを行ったらいい響きになるだろうなぁ!?」と思いついたのがキッカケで、それを実現してしまった。お客様は16名。出演者はP:中村かおり、Fl:原 佳乃、Vc:松下允彦の3人。
入り口から左部分がステージにあたり、右部分がお客様の席となる。軽食・コーヒー・お菓子を頂きながら聞いていただく。
左には3人が写真の様に何とか治まった。
楽器の響きはその楽器の特製とそれを鳴らす部屋の響きで決まってくる。
予想通り、部屋中が見事に響き渡ったひとときだった。
至近での演奏は直接観客にあつかましく訴えかける。涙をポロポロこぼしながら聞き入って下さるのは1mも離れていないご婦人!演奏する方も聞かれる方も大満足の時間だった!


| | | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

やまいも(自然薯・とろろ芋)最盛期

_4677_2

_4681_3

_4683_2

梅ヶ島の帰り、とてもおいしそうな山芋(自然薯・とろろ芋)が手に入った。
とろろ汁はお玉では掬えないほどトロトロ!やまかけは箸ではとれないほどネバネバ!天麩羅もシッカリ揚がっている。
やまいもはこれからが最盛期!うれしい季節がやってきた!
きょうは昼も夕も大変な馳走で食い過ぎた!


| | | コメント (0)

魚魚の里でヤマメづくし

紅葉がどこまで下がっているだろうか?時間もなかったので梅ヶ島温泉の魚魚の家ににお昼を食べに行って来た。

G2_4659

2_4661

2_4671

2_4669

2_4667

紅葉はちょうど草木の辺りまで降りていていた。魚魚の家の周りもとてもきれいだ!
ヤマメの刺身、ヤマメのナンバン漬け、山女魚の甘露煮、ヤマメの卵、とてもおいしい!

2_4663

2_4676さて、もっともおいしいモノは一番最後だ!
やはり炭火で焼く塩焼きはすばらしい。まだピクピクしているヤマメを焼くのだから、おいしくないわけがないと言っていいだろう。ヤマメの右で焼いているのは刺身の残りの頭と骨だ!
最後の写真は塩焼きの頭も含め、炭火でシックリ焼き上げたもの。少しの醤油をたらして頂く。これぞまさにサイコウの馳走!これを喰ってはじめて「山女魚を食った」といえる!


| | | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

安樹の栗蒸し羊羹

_4644ワサビ田の帰り道をめずらしく浜松西インター経由となったので、いつも気になる田舎菓子の店に寄ってみた。
場所は新城市から引佐に向かうR257から僅かに入った所。先日コンサートを行った伊平小学校の手前である。
いつもドライバーやライダーでごった返す「道の駅」鳳来三河三石や、庭園で有名な満光寺に隣接している「安樹」というお店(?)と呼べばいいのかギャラリーと呼ぶべきか?
おもしろいのは羊羹は写真の2種類のみ。あとはビーズ等のギャラリーで、ピアノ教室やコンサートも行われているという。
で、「つぶあん栗蒸し羊羹」。蒸し羊羹で粒あんは珍しい。たしかに小豆のかおりは粒あんのほうがいいかもしれない。甘味はかなり抑えてあるのでいくらでも食べれてしまう。いかにも田舎羊羹風だが、食べ出すと止まらなくなりそうな羊羹だ!


| | | コメント (0)

Timberland の赤い靴

_4650まえから「赤い靴」が欲しかったんだ!
そう思いながら靴屋の前を通るといつも「赤い靴はあるかな?」とのぞいている。
しかし、さすがに男用大人用の赤い靴はなかなか見かけることは少ない!
たまにあっても本当に若い人用といった感じで、わたしが履くにはやや気がとがめる。
この日は土岐のプレミアム・アウトレットに寄ったので靴を見て歩いたら、Timberland でこの靴を見つけた。
これならわたしにも履ける!なかなか上品でいい色である。
この靴、おもしろかったのは靴紐が黒と茶の2本が付いていることである。どちらか気に入った方を付けられるようになっている。わたしは黒いひもを付けてみたが、飽きたら茶色に付け替えよう!

| | | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

奇蹟の栗粉餅

現職時代の卒業生が「今年も栗粉餅を食べましょう」と誘ってくれた。
「栗粉餅を作りながら食べる」というまさに“つまみぐい”の文化である。わたしも3年目なのでかなり慣れてきている。その喜びのために岐阜市まででかけてきた!
栗粉餅とは一言で言えば静岡の「安倍川餅」のきな粉の代わりに栗粉を用いたものである。でも、菓子としては安倍川餅とは格が違う!

_4610

_46121枚目は蒸かした栗をスプーンでかき出したものである。
この栗をすり鉢でつぶし砂糖を加えて裏ごしする。ここまでにかなりの企業秘密があるので示すことはできないが、2枚目の写真が裏ごしされたきれいな栗粉である。これをそのまま絞れば「栗きんとん」となる。

_4634

_4620

_4625

お餅に栗粉をまぶせば栗粉餅の出来上がりである。
これが裏ごししたばかりの栗粉をお餅にまぶしたものだ!これを口に放り投げる。
ここで奇跡が起こる!栗粉のかおりが口の中で広がったと思うまもなくシュワッと溶けるのだ!
こんなことはここ3年間無かったことである。ここの主もそのおいしさに驚いている様子!
ただし、この奇跡は裏ごししたての数十秒間だけの出来事だった。もちろんそれ以降もおいしいのだが、この奇蹟のおいしさを味わったのはつまみ食いが可能な極少人数だけに限られる数十秒間の幸せな時間だった。
きょうは暖かかったが朝から雨が降っていた!その日の気温・湿度・状態とかでお菓子にも変化が生じるだろうが、このような奇跡は何度起きてもいい!
なお、裏ごししたのは6回だったので、奇蹟はその都度6回起きたことになる。!

| | | コメント (0)

信濃柿(豆柿)

_17152

_4641

_4643

このお菓子は「牧溪」という信濃柿(渋柿)の干し柿を砂糖でくるんだものである。
干し柿のかおりといい、甘さといい大変おいしくて上品な茶菓子である。
しかし、その信濃柿の実態が知りたかったのだが、それを目にすることができた。
枝にすずなりとなった小さな柿はまるでブドウのようである。柿の大きさは巨峰の半分くらい。
板に塗る「渋」の原料になる柿だということで、とても食べる気は起こらなかったが、焼酎で渋抜きしたものを頂いた。結構いける!

| | | コメント (0)

2011年11月18日 (金)

卵かけご飯専用たまご

_4604森町の街道沿いに「白壁館」という地域の特産品を扱う店がある。
ワサビ田での買い出しによく寄るのだが、今日は珍しいものを見つけた。それが「卵かけご飯専用たまご」だ!
卵かけご飯は大好きなので、養鶏場を見つけるとよく購入するのだが、専用たまごを見たのは初めてである。
さっそく買って食べてみた。たしかに黄身が大きく白身が少ないので、卵がおいしく感ずる。これはなかなかいい!

| | | コメント (2)

入鹿ハム

_4603「入鹿ハム」の名前を知ったのは10年以上も前だろうか?静岡市の伊勢丹デパートの地階でおいしいハムを買っていたのが入鹿ハムだった。それがいつしかバッタリ入荷しなくなってしまったのだった。
そんなとき、森町ー二俣ー熊ー鳳来町間を頻繁に行き来しているとき「入鹿ハム」の看板を見つけた。それ以来森町の街道を通る度に寄っている。
ハムを買うだけでなく、近所のおいしい店を教わっている。珈琲豆焙煎の「まめや」を教えて貰ったのも入鹿ハムだし、23日「まめやコンサート」を行う事になったのも入鹿ハムのおかげだ!


| | | コメント (0)

森町の次郎柿(?)治郎柿(?)

_4602次郎柿と書くとばかり思っていたら、森町のJA販売店では治郎柿の字を使っていた。
まぁ、字で味が変わるわけではないからどちらでもいいか!
つい先日はトウモロコシを探しながら森町を通ったものだが、季節は移って柿のシーズンとなった。
トウモロコシも好きだが柿も大好きだ!
JAでは袋ごとに制作者の名前が入り、なかには「こだわりの柿」と書かれたものもあった。


| | | コメント (0)

天竜膳 三好の「昼膳」

_4607

_4609二俣の「三好」はおいしい店なので時々訪れたいのだが、ついついすぐ近くのさいとうラーメンに行ってしまう。
こんかいはどういう訳か大広間ではなく個室に案内してくれた。ちょうど空いた時間帯だったからだろう。
紅葉には少し早かったが、ここのお庭はとてもきれいだ。
寒くはなかったので窓を全開して貰った!
膳も彩りがきれいでとてもおいしかった。昨年の秋にはエビ芋のおいしい料理があったので、それを期待していたのだが、エビ芋は残念ながら使われていなかった。


| | | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

帽子が大好き!

111117_わたしは帽子が大好きだ!コレクションと言える程の帽子を持っていたが、かなりの数捨てられてしまった。でもまだ20〜30個は残っている。
行く場所や服装に合わせてどれをかぶるかを決めるのがたのしい。
ただ、最近はほとんどクルマ移動なので、シートやベルトに引っかからないキャップが主流である。
さて、この帽子、ある女子学生がかぶっていたものだ!若い子が帽子をかぶるのは、しかも建物の中でかぶっているのは大変珍しいかもしれない。(いや、もしかしたら流行りだしているのかもしれない?)
なかなかよく似合っていたので、借りてかぶってみた。
写真を撮るというのでちょっとににやけてしまったが、なかなかカッコイイ帽子だ!
わたしもできれば屋内でも帽子をかぶっていたい方だが、それはなかなか難しい雰囲気だ!

| | | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

ユニクロの“暖パン”

_4601ユニクロの人気商品は、シーズン前に売り切れてしまう程なので、話題が盛り上がりつつあるいま、暖パンを買ってきた。
特別新しいものではなく、昔からあったものなのだが、このポケットが気に入った。
クルマを運転する場合、両サイドのポケットやおしりのポケットに財布を入れておくと、シートに座る時大変ジャマになるのだ!もちろん札束がいっぱい入っているからジャマになるのであるが、これはコインでもカードでも同じようにジャマになってシートに座りにくい!
それを改良したのだこのような外太もものポッケである。これは何を入れてもさほど気にならず、ジャマにもなりにくい。
しかし、さすがユニクロ!わたしの場合ウエストに合わせるとサイズはLだが、足の長さに合わせるとサイズはSである。裾詰めはしてくれないという。2000円もしないズボンに1000円も払って裾を詰めるのもバカらしい。裾にゴムが着いて締められるようになっているが、長さに関してはほとんど効果はない。
確かに軽くて暖かくていいのだが、引きずって歩くのもしゃくなので10cm程切ってしまった。ユニクロさん、われわれメタボ世代のサイズも用意して欲しいものだ!
まぁ、犬の散歩用ならこれでもいいか!


| | | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

愛犬“Hana”の足の怪我

_4600腰が砕けてしまったのは夏前からだった。尻・足の筋肉は激やせした。
10/9散歩途中に急に後左足を引きずってビッコになってしまった。出血もある。
腰がふらついているのにビッコになってしまったから、これはオオゴトである。ビッコというよりできれば左足は地面に付けたくない模様。いつも3本の足で立っている有様。
獣医にも診せたが、原因は不明。爪をとってしまえば治りは早いだろうが、“Hana”には麻酔は無理との判断。犬はクスリを塗ってもなめてしまうので化膿止めの抗生物質を飲ませるだけである。
こうしてみると傷口は乾いてきているようである。このまま治ってくれればいいのだが!
爪が異様に伸び、まもなくキャップのように脱げそうである。

| | | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

タマネギを植えた!

_4592雨で延び延びになっていたタマネギの植え付けをおこなった。
300本だが、体制が悪く腰が痛くなった。
しかし、おいしいタマネギを食えると思うとそんなことは言っていられない。
一般にはタマネギの苗の周りに「保温効果」があるといって藁を敷くが、わたしは昨日富士山で集めてきた落葉松の葉を敷いてみた。
保温効果と害虫駆除の効用を狙ってのことである。
ところで、この落葉松の落ち葉、嗅いでみたらハーブのようなとても素敵なかおりがする!ハーブティーにしたい程である。これでは虫が集まってしまうだろうか?


| | | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

富士山と青木ヶ原樹海の紅葉は終わり!

富士山を見たいというメイを富士山五合目に連れて行った。紅葉は現在一番美しいのは一合目から二合目の間で、それより上はすでに終わっている。
カナダに帰って威張れるように、五合目までの道を運転させてみた。少し怖かったが無事辿り着いた。
五合目はすっかり雲の中で、寒くて散策は無理だった。急遽下に戻り青木ヶ原樹海に向かう。

Gdscn5684_2

Dscn5685樹海の紅葉はすでに終わり、落葉も終わった。
したがって鬱蒼とした樹海は日が差し、明るい森になっていた。
原生林と言っても大室山の麓はわたしの大好きなところだ!いつ来てもホッとすることができるわたしのパワースポットである。昔は子どもを連れて良くキャンプをしたものだった!

Gdscn5686樹海の散策の後は富士山が見事な姿を披露!
崩れゆく富士山の急所を目の当たりに見て嘆く!
今この瞬間も、あそこの谷では大きな石がゴロゴロと音を立てて崩れていく!静岡県ではあの崩れをコンクリートで固めようとしている(工事現場が写真の崩れの右岸に写っている様に見える)が、果たして効果はあるのか?

| | | コメント (5)

喜八のセリ笊と天麩羅の盛り合わせ

Dscn5669

Dscn5671カナダ在住のメイが来て「富士山を見たい」というのでまずは富士宮の喜八に連れて行った。
下関が実家のメイはセリを乗せたざる蕎麦に驚いていたが、大層喜んで食べた。
旬の野菜を天麩羅にした盛り合わせも、かなりの量だが「おいしい!おいしい!」と言って完食!なかなか喰いっぷりがいい!


| | | コメント (0)

2011年11月12日 (土)

犬の腰砕けには「おくだけ吸着マット」がいい!

最近、愛犬“Hana”はフローリングやタイル張りの床は大の苦手である。足腰の弱ってきた“Hana”は立っていても足の踏ん張りが利かず、足が滑って開脚してしまい、その結果転んでしまう。実はお座りしていても後ろ足が滑って転けてしまうことがある。
足腰も弱っているが肉球も爪も全て弱って、踏ん張りが利かない状態なのだろう。聞くと老犬は皆そうなるという!
いまでは畳の上でも足を滑らせて転ける。
春まで登山犬“Hana”として山を歩いていたとは思えない老化である。

_4582

Hana_4584

_4586

そこで目に着いたのがこの「おくだけマット」!
30cm四方のマットを床に並べるだけなのだ!吸着処理されているのでただおくだけでいい。汚れたらそれ一枚を外して洗えばいい!
こんな簡単なものがあったのでさっそく取り寄せて敷いてみたら、“Hana”はシッカリ地に足が着いて、滑ることが無くなった。


| | | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

まめやのコーヒー/クプラ(グァテマラ産) 

_4651袋井のまめやでコンサートの打ち合わせをした後、まめやブレンドの他にこの写真の“クプラ(グァテマラ産) ”という豆に気をひかれ、買ってみた!
それがおいしいこと、おいしいこと!甘さとフルーティーさと上品さを備えた素晴らしい味でした。
一番気に入ったコーヒーと言っても過言でない!
まめやかふぇのHP→メニュー→新入荷の珈琲豆→3つめのクプラ
焙煎日(購入日)が記念すべき11.11.11だったのもよかった!


| | | コメント (0)

玉華堂の“和栗モンブラン”と“和栗極ぷりん”

_4581_2Facebookにアップされた和栗モンブランの写真をみて「ぜひ食べてみたい!」と目論んでいたが、磐田市に出かける口実ができたので玉華堂を探して寄ってみた。
アップされていたのは(大)だったが、今月末に人間ドックを控えているわたしは(小)でガマンすることとした。
話題のモンブランだけあってなめらかさ、栗のかおりとも素晴らしい!軽いから(大)でもペロリと食べられそう!

_4572

2_4570

店の中を見ると、他にもまだおいしそうなお菓子がいっぱいある!
これも話題の「極ぷりん」。生クリームを使ったプリンでトロトロのおいしさ!
さて、次は「口どけふんわりのチーズケーキ半熟ちーずRARA」。これはパッケージがかわいくて買ったものだ!じつはまだ食べていないので味はわからないのだが、この楽譜の「きらきら星」のララがこのお菓子の名前のようだ!


| | | コメント (0)

鍛金家 仲村渉 磐田で個展

伊東市在住の仲村渉氏が、磐田市の新造形創造館で催されていることを知り、見に行ってきた!
ご本人をよく知っているが、まさに金属をたたいて彼らしい優しさ、ヒョウキンさ、おとぼけさ、柔軟さを醸し出した素晴らしい作品だった。
特に大きい作品に惹かれたがさすがにわたしの部屋には作品が鎮座する場所は無く、残念ながらも小品に手を出すしかなかった。

_4563_2

_4561_2

銀杏の葉をあしらったハンガーは大変美しい!実用的でもあり気に入った!
しかし、わたしの部屋には鴨居がないのでどこに設置しようか悩んでいる。
この靴べらには息をのむ美しさがある。靴下があたる部分のスベリの良さは抜群。握りを持った時のバランスもすばらしい!
あぁ、わたしはこの鍛金家に五右衛門風呂の灰の掻き出し棒を依頼するという失態をしてしまった。おかげで風呂釜は甦ったものの、芸術家に頼んではいけない!
ちなみに仲村氏のチェロはアマチャながらもプロ級の感性を持っている!

| | | コメント (2)

レストラン「ハーモニー」で腹ごしらえ

磐田の新造形創造館に仲村渉氏の個展を見にきたのだが、同じ建物内に有名なレストラン ハーモニーがあった。まずは腹ごしらえ!

_4557

_4560_2普段は余り肉料理は選ばないのだが前回は「イチジクづくしのコース」を頂いたので、今回は「遠州・三河産牛フィレ肉のステーキコース」にしてみた。ご飯は古代米、それにオードブルとスープとデザートが付く。
そしたらうまいうまい!
こんなにうまいんだったらランチではなくディナーで分厚いステーキを食いたくなった。

| | | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

銅の湯たんぽ

_4556これはわたしのお気に入りの新光金属の銅製の湯たんぽ!
昨夜から急に気温が下がり(立冬なので当たり前だが)、母が寒がるのでわたしのお気に入りの湯たんぽを貸したのだった。
朝、その湯をこぼそうと持ち出したら、なんと湯たんぽに触っていられない程熱いのには驚いた。
考えてみたら、わたしは暖まってくると湯たんぽを足で布団から追い出しているのだが、母はベットなのでそれができず朝までシッカリ布団の中で保温していた模様。
最近、銅製品なんて滅多にお目にかかれないが、なかなか美しいものだと感心する。


| | | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

野食屋“いかばた”の栗おこわと子持ち鮎の煮ひたし

_4553

_4528伊東に行く途中、修善寺ー冷川ルートを取ると不思議なたたずまいの武家屋敷風の古民家がある。
最近わたしはよくここで「ずがに(モクズガニ)うどん」を食べる。
無口だがとても優しそうな人柄のご主人はなかなかの職人だ。
この門構えや屋敷を見ても大変こだわりを持っているのが感じられる。

_4538

_4537今日は8人のレッスンをするという大変な仕事が待っているので、シッカリ腹ごしらえをするつもりでコースを頼んだ。
最初に出てきたものは「胡麻豆腐の揚げ出し」だった。始めはなんだかわからなくてご主人に聞いてみたら胡麻豆腐だという。なかなかうまい!
そして「栗おこわ」。これは絶品!ものすごくおいしい。伊豆で採れた栗が沢山入っている。

_4540

_4550極めつけは「子持ち鮎の煮ひたし」。
これはすごい!
この鮎の卵を見てください。体の2/3以上が卵です。うまい!
鮎の頭も何の違和感もなく、最もおいしいところです。
この鮎とおこわを知ったことは大収穫でした。


| | | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

犬の白内障

_9794_2

G_9806_2

“Hana”はおそらくわたしの顔を見ることができない!
なぜなら両眼とも白内障で白濁状態だからだ!
以前はつぶらな瞳にいつもわたしの姿が映っていた。カメラを構えるわたしの姿がはっきり映っていたのだが、今は何も映っていない。
それどころか、おそらく何も見えていないだろう。お散歩に出ても電信柱にぶつかったり、止まっているクルマにぶつかったりしている。
でも、家の中ではどこにもぶつからずに生活しているから不思議だ!

Photoこの写真は何年前だっただろうか?目の部分だけ拡大してある。
“Hana”の瞳の中にわたしがデジ一を構えているのがはっきり確認できる。
おそらく5年程前の写真だと思う。
真っ青な空の下で、公園の芝生の上にわたしが這いつくばってカメラを構えている。
どうやらマニュアルでピントを合わせているようだ。


| | | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

初もの/山いも(自然薯)

_4512

_4511今年も山いものシーズンがやってきた。
山いもの正式名はよくわからないが、子どもの頃からトロロいもとか山いもとかよんでいた。
わたしも山いも掘りの名人だった。
今回、なかなか立派な山いもが手に入った。長いので一枚の写真に納まらなかったが、これでもまだ撮りきれていない。

_4519

_4518

G_4523

山いもで最も好きなのは“やまかけ”だ!
近所の魚好でマグロの中トロを買ってきて、山いもをおろしたものを中トロに絡めてワサビ醤油で頂く。
気が遠くなる程おいしい!
もちろんとろろ汁も大好きだ。麦ご飯にかけて頂く。欠点はおいしすぎて沢山食べてしまうことである。
秋はおいしいモノが沢山あっていい!


| | | コメント (0)

犬の癌発生率1位はゴールデン、ラブラドールは3位

発病前の“Hana”の写真  「行き倒れ」

_4940こんな記事が見つかった。
犬の癌発生率はヒトよりも高く、ヒトよりも若いうちから発症するようだ!
また、犬種によってがんのなりやすさが異なることが、ペット保険大手のアニコム損害保険(東京都新宿区)の調査でわかった。犬種が作られる過程でがんになりやすい遺伝子を持つようになった可能性があるという。
このことがわかっていたらもう少し早期発見が可能だったかもしれないと悔やまれる。
このアニコム損害保険には“Hana”も赤ちゃんの時から入っている。しかし、およそ病気をしない子で、ほとんど無駄払いだったから、今回「やっと元が取れるかも知れない」と思ったものの、結局手術も抗がん治療もしないことに踏み切った。

| | | コメント (4)

2011年11月 4日 (金)

愛犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)による多量の出血

106_94154/26、愛犬“Hana”が癌の宣告を受けた。
その後も特に痛がる様子はないが、日に日に痩せてきている(食欲は旺盛なので助かるのだが)。
患部は左上唇なのでこの写真の反対側なのだが、かなり堅く腫れ上がり犬相が変わってきている。
左首のリンパ腺には大きなしこりが3つほどある。一つはタマゴ2つ分くらいに成長している。そしてついに右首にも転移が見つかった。
出血はジワジワとあるのだが、けさ、ついに多量の出血をわたしの布団の上で確認した。
この場に及んで「向こうの部屋で寝なさい」とか「お布団に来てはいけない」とかは到底言えない。この際「血まみれになってもいっしょに寝てやろう」と決心している。
なんとか15才のお誕生日(12/25)を迎えさせたい。今年もわたしといっしょに(68才)お誕生日ケーキを食べたい!


| | | コメント (2)

2011年11月 3日 (木)

ポインターの“あんず”のオイタ!

G_9750

G_9756

この“あんず”の得意顔を見てやってください!
あんずを久しぶりにお山に連れてきました(扇ノ要)。“Hana”は高齢のため、もうお山を歩くことはできませんが、あんずは若い盛りなので、パワーをもてあましています。
そのうちあんずはなにやら枝のようなものをくわえて、得意顔で姿を現しました。“Hana”はよく枝をくわえて走り回っていましたが、あんずはそういうことをする子ではありませんでした。
なんかおかしいなぁ!と取りあげてみたところ、それは枝ではなく獣の骨でした。これでポインターが得意顔をした意味がわかりました。
骨はまだあたらしく、関節部分にはコラーゲンがくっついているようでした。「頭など持ってこなくてよかった!」

_9760_2

_9717

_9720

あんずは本当に自分の体力をもてあましているようでした。
森の中やがれきの中を走り回っていました。
いつも思うんだけど、犬は原野で走っている姿が一番美しいと思います。

| | | コメント (0)

日本三大崩れ/大谷嶺“扇ノ要”の紅葉

_9710_2

_9708_2

_9712

_9764

_9736

_9706

_9729

毎年11月3日は大谷嶺に行っていることを思いだして、扇ノ要まで登ってきた。
今年は紅葉が早いとか遅れているとか、情報が混乱しているが、安部奥に関しては例年通りか!
なかなかきれいな紅葉で、今が見ごろかと思うが、なんせ曇り空ではその美しさが半減してしまう。しかも午後も遅い時間になってしまったので、イマイチではあったが満足出来るものだった。

| | | コメント (3)

一風変わった会場で「秋の日のコーヒーコンサート」

_4506

_4509袋井の油山寺近くにあるコーヒーの焙煎屋“まめやがふぇ”。この小さな焙煎場が、今度のコンサートの会場となります。
音楽は演奏する建物も含めて楽器の一部となります。そういう意味では自分が気に入った空間でコンサートを行う幸せ感。そんな発想からこのコンサートは生まれました。
今までで一番小さなコンサートです。焙煎したてのコーヒーを飲みながらのコンサートです。
さて、昨日購入した“ブラジルピーベリー”という豆。甘さの際だった超マイルドなとてもおいしい珈琲でした。今年の新米ならぬ新豆だそうです!


| | | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

山間の小学校でのコンサート

Photo_2きょうは楽しいコンサートだった。
全校生徒40人に満たない山の中の小学校だった。
音楽室の両側の窓から大きな山が迫ってくる。
そんな景色の中で演奏するのは初めてだった。
子どもたちはとても素直で明るい!
わたし達の演奏をしっかり聴いてくれた。
とても気持ちのいいコンサートだった。


| | | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »