« 松崎の洋菓子店“フランボワーズ” | トップページ | 南信/もみじ平 »

2011年10月28日 (金)

“ムラサキセンブリ”と“イヌセンブリ”のモジャモジャ

G_9557

G_9562_2

この数日間でソナレセンブリ、ムラサキセンブリ、イヌセンブリを見ることができた。
秋の花としては一級品といってもいいだろう!
さて、今日のテーマは花の中をのぞくと見えるモジャモジャである。
このモジャモジャは何という名でどういう働きをするのかは知らないが、なかなかかわいい!

G_9580

_9566

イヌセンブリの花はムラサキセンブリよりも小さい。
しかし、わたしの知る限り、モジャモジャはセンブリの中では一番たくさん生えているように思う。
これも創造の神々のイタズラにしてはなかなか凝ってる!
なお、全てのセンブリに共通するのは縦のストライブである。


|

« 松崎の洋菓子店“フランボワーズ” | トップページ | 南信/もみじ平 »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

センブリが咲く季節になりましたか
初めまして全然面白くないオモロと言います。

こちらでは身近にイヌセンが咲きます。溜め池の土手等に。
普通種のセンブリは山方面ですね。
ムラサキセンブリは遠出しないと中々出会えないね

イヌセンとムラサキセンブリはモジャモジャ感から判断して近いタイプでしょうか?

投稿: オモロ | 2015年10月17日 (土) 22:13

オモロさん

この記事は2011年に記録ですが、今年も各地でセンブリの開花が届いています。
センブリ、イヌ、ムラサキどれもいい花ですよね!
その他にもチシマセンブリ、ソナレセンブリを見たことがあります。
(チシマは7月ですが、ソナレは今です)

投稿: yopi | 2015年10月17日 (土) 22:24

yopiさん
おはようございます。

センブリ、リンドウの季節になりました。
ここ東広島市は溜め池が全国的に多いのでイヌセンブリが多いようです。

あとリュウノウギク等の野菊も美しい。
フィールド散策には快適な季節になりました。

センブリだけでも色々種類がありますね!
ソナレセンブリは憧れのセンブリですが、何分自生地までの距離を
考えると写真で我慢するしかなさそうです。

この時期の山野草の画像アップを楽しみにしてます。

投稿: オモロ | 2015年10月18日 (日) 07:15

オモロさん

広島でしたか!? イヌセンブリが多いんですね?
こちらではとても珍しく、愛知県の東端でしか知りません。
わたしは静岡市在住ですがソナレは伊豆まで毎年見にっていますが、
年々少なくなっています。
まもなく咲きだすはずですが・・・・!

投稿: yopi | 2015年10月18日 (日) 09:02

yopiさん こんばんは
はい広島県の東広島市在住です。
最近、イヌセンブリが以外と近くに自生することに気付きました。

yopiさんは静岡でしたか 。
静岡なら少し遠出すれば大概の山野草に出会えますね?

中国地方には高い山が少ないので高山植物には縁がありませんが、
その代わり里山の自然を満喫しています。

今日出逢った野草は草原系植物のヒゴタイでした。
花は終わり実の状態でした。
ヒゴタイは確か愛知や岐阜にもありましたね?

中国地方のヒゴタイ自生地は他に広島県境に近い島根県にも自生が知られています。
全国で隔離分布するヒゴタイは人馬の移動と関係がありそうな気がします。

モンゴルの草原ではヒゴタイが普通に見られるそうだし
ひょっとしたら元寇の時代に持ち込まれたんじゃないかな
ヒゴタイと言えば阿蘇の草原ですが、モンゴル草原から元寇、阿蘇の草原とリンクしてる気がしますね!

中国地方北部では峠のことをダワと呼ぶことがありますが、
モンゴル語で峠をダワーと言います。
植物から見た古代史も面白いですね!


投稿: オモロ | 2015年10月18日 (日) 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松崎の洋菓子店“フランボワーズ” | トップページ | 南信/もみじ平 »