« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

ヘブンスそのはら→富士見台

_9664_2

_9671

_9677

G_9678_2

_9673

_9676

毎年スキーに訪れるところなのだが、もみじ狩りでも有名である。
標高差もあるので、素晴らしい紅葉を期待したのだが、曇り空も影響してやや裏切られた感じがする。
ことしはどこに行っても黄葉ばかりで鮮やかな紅葉が見られない。
黄葉もきれいなのだが、やはり秋は赤い葉がないとさみしい!
ただ、展望は素晴らしい。南アルプスが一列に並んでいる。先日登った南木曾岳、昨年登った恵那山がすぐ横に見える。

| | コメント (0)

南信/もみじ平

_9588

_9612

_9614

毎年訪れているところなのだが、今年はすでに落葉が進んでしまった。


| | コメント (0)

2011年10月28日 (金)

“ムラサキセンブリ”と“イヌセンブリ”のモジャモジャ

G_9557

G_9562_2

この数日間でソナレセンブリ、ムラサキセンブリ、イヌセンブリを見ることができた。
秋の花としては一級品といってもいいだろう!
さて、今日のテーマは花の中をのぞくと見えるモジャモジャである。
このモジャモジャは何という名でどういう働きをするのかは知らないが、なかなかかわいい!

G_9580

_9566

イヌセンブリの花はムラサキセンブリよりも小さい。
しかし、わたしの知る限り、モジャモジャはセンブリの中では一番たくさん生えているように思う。
これも創造の神々のイタズラにしてはなかなか凝ってる!
なお、全てのセンブリに共通するのは縦のストライブである。


| | コメント (5)

2011年10月26日 (水)

松崎の洋菓子店“フランボワーズ”

_4466

_4453松崎のフランボアーズのミカンケーキと言えば、静岡からワザワザ買いに行く人もいる程有名である。
わたしも松崎を通る時は必ず寄ってミカンケーキを仕入れて帰る。
今回はミカンケーキの他に「いちじくのタルト」があったので、いちじくが大好きなわたしは飛びついた。
案の定、いちじくの味とかおりを見事に生かしたおいしいタルトだった。


| | コメント (2)

ドックガーデン“びわの木”

G_4474下田にわたしの大変お気に入りの喫茶・犬の雑貨品の店“びわの木”がある。
大変気持ちのいいご夫婦が経営するドックガーデンなので、下田に行く時にはかならず寄ってひと休みする。犬グッズも大変センスがよく、使いやすいものをそろえてる。
今回は黒ラブ2頭が描かれているわたし用のTシャツ、“Hana”の赤い首輪、2頭の黒ラブのマスコットを仕入れた。

| | コメント (0)

ソナレセンブリ(磯馴千振)が咲き出した!

_9497

_9495

_9516

G_9528

_9506

ことしはきれいなソナレセンブリを沢山見ることができました。
ここ2〜3年、株数が減少していたのですが、今年になって盛り返してきたようです。
センブリにしては他のセンブリとはかなり様子が違いますが、これもたいへんかわいい、いい花です。
この花も年に一度は会わなくてはならない恋人みたいな、大好きなヤツです。

| | コメント (2)

今日は寿司2食!

_4463この写真は宇久須にある八起の小鰺寿司です。フェリーの中で食べようと思って買ってきたのですが、お腹が空かなくて家まで持ち帰りました。
実はお昼もお寿司だったのです。
きょうはなぜか行きつけのおいしい店が全て休みで、途方に暮れていました。すると下田の道の駅においしそうな地魚回転寿司「魚どんや」の看板が目に入ったのです。
観光地の回転寿司はいつもあとで後悔が伴います。しかし、今回は背に腹は替えられず飛び込んでみました。すると意外や意外、とてもおいしい!特においしかったのは“きんめだい”。下田は金目鯛で有名な漁港だからこれはたまりません。それから頭殻付きの“ボタンエビ”。これもうまかったぁ!
お気に入りの店がまた一つ増えました。


| | コメント (0)

ハイエース/10万キロ

_444911月11日の丸4年を待たずして、100000kmを越えてしまった。
年間25,000km走った勘定になる。市内や近回りは便利な軽自動車を使うので、長距離使用のみといえるかもしれない。よくもまぁ、走ったものだ!
今朝8時50分、東名高速の登りを走っていて99999の数字を見つけた。ちょうどサービスエリアがあったので脇にそれて写真を撮ろうと思ったら、10万キロに達してしまった。
さらに、先日の車検でタイミングベルトを交換したばかりなのに[T-belt]の表示が出た。通常わたしはこの表示が出てから交換するのだが、交換したあとに表示されたので驚いた。

_4457帰りはいつものように駿河湾フェリーを使う。
土肥発の最終便は17:20発だが、クルマは4台と、人間も10人いなかったくらい。
このフェリーは大変便利でよく利用するのだが、利用客が少ないので便数は減り、値段は高くなる一方!確かにシーズンオフではあるが、こんなに赤字路線では更に便数が減るのではないかと心配になってくる。
65分の快適な船旅なのだが、大いに利用したいものだ!


| | コメント (0)

2011年10月25日 (火)

電気炊飯器“極うま”コース

_4443

Tiger_4447先日、電気炊飯器が壊れてしまい、即日あたらしい炊飯器を買いに行って来た。
驚いたのは10万円以上もする炊飯器があることだった。いくらメシにこだわりを持っていても10万円は高すぎる!そんなわけでお徳用炊飯器を買ったのだが、これがなかなかよかった!
この機種には[極うま]というメニューがあるのだが、この機能ががすばらしい!
「おいしいごはん」に必要な甘み、弾力、香り、ねばり、やわらかさなど、すべてを引き出す贅沢なメニューと説明しているが、確かにおいしい!
炊飯器も日々進化しているようである。


| | コメント (0)

2011年10月24日 (月)

これはおいしい!“イナゴ”の佃煮

_4442_2昨日、御殿場を通ったのだが、その途中いつも寄り道するかまぼこ屋の「鈴廣」で、イナゴの佃煮を売っていたので買ってみた。
先月「蜂の子」をアップしてだいぶヒンシュクを買ったのだが、今回も恐れずに写真を掲載する。
いま、わたしの食卓には蜂の子とイナゴの佃煮が乗っている。
昔食べたイナゴはバリバリした感じだったが、今回のイナゴはしっとりしていて大変食べやすい。
同時に買ったワカサギの佃煮と味がどう違うかと言われると困るくらいよく似ている。目をつぶって喰えばどちらかわからない。ようするに醤油とミリンと砂糖の味か?
もちろん蜂の子もイナゴも1匹ずつ姿を確認しながら喰うものではない!
そういえば小学生の頃(昭和20年代)「イナゴやザリガニを捕まえるとお金をくれる」という話があったのだが、たくさん採れなくて断念した記憶がある。


| | コメント (2)

2011年10月23日 (日)

水ヶ塚の紅葉

_4430

_4427

_4435_2

あざみラインを下り、いったん御殿場に降りてから再び富士山に向かって水ヶ塚に行ってみた。
下に降りればやはり紅葉は見事!真っ赤な葉はより感動が大きい。
水ヶ塚はいまが紅葉のピークかもしれない。


| | コメント (0)

きょうの“Hana”/久しぶりの山歩き

_4411東富士山荘の黒ラブたちに会えるかもしれないと思って、久しぶりに“Hana”をお山に同行させた。
昨年はここでもリードを離して自由に登っていったのだが、もうことしは胴体を持ってあげないととても山は歩けなくなっている。
でも、自然の中にいる“Hana”は普段と違って生き生きとしている。
この“舌”を半出しした表情は15年前と全く変わらない。
いままでに637山踏破した面影は失せたが、いっしょに山登りした喜びは共有している。

「後に見える山のテッペンにもいっしょに登ったよね! でも、帰りはトウサンにオンブして貰ったんだよね!」


| | コメント (0)

東富士山荘のきのこ料理

_4390

_4392

_4399

あざみラインを須走口まで登ると1番奥に東富士山荘がある。ここはキノコ博士で有名な米山さんの小屋で、おいしいキノコ料理を食べさせてくれる。
写真はきのこ鍋、きのこご飯(お代わり付き)、きのこパスタだ!10種類以上のきのこを混ぜ合わせると、このようなおいしいあじになるという。

_4389この3台のクルマは東富士山荘のクルマである。よく見ると3台のナンバーがどれも[3776]となっている。う〜ん、さすが富士山の山小屋だ!
ところでこの山荘、ルナとエックスという黒ラブを飼ってる。そのワンコに会いたかったのだが、ルナは昨年亡くなってしまったそうだ。エックスもほとんど動けないらしい。2頭とも“Hana”より若かったのだが、残念!


| | コメント (0)

落葉松の秋の雨に わたしの手が濡れる

_4385

_4402

_4404

_4416

G_4421

G_4419

_9490富士山の須走口登山道に紅葉を見に行って来た。残念ながら紅葉はすでに落葉していたが、五合目はまさに落葉松の黄葉(こうよう)が最盛期だった。
今度風が吹くと落葉松の葉が金の雨となって降り注ぐだろう。
野上彰作詞・小林秀雄作曲の「落葉松」大好きです。

ところで、カラマツの林の根に生える「キヌメリガサ」がこんなに採れました。


| | コメント (0)

2011年10月22日 (土)

老犬“Hana”の寝姿

_4379

_4382“Hana”は普段は自分のベットで寝る。
夜寝る時もそうである。しかし、毎深夜2〜4時に間にわたしの布団にやってくる。
初めのうちはほんの少しだけわたしの布団に乗っかってくる。胴体の部分がほんの少しだけである。
でも、それも初めのうちだけで、いつしか徐々にわたしの布団は“Hana”に占領されだすのだ。
足腰の弱っている“Hana”だから、立ち上がって寝位置を変えるとは思えない。かといってイザって布団の中央にせり出すとも思えないが、明け方には中央にいる。
この写真は今朝の写真である。わたしは寝ながらにして圧迫感を感じ、布団の端に追いやられるか布団からはみ出す格好になる。
もし、“Hana”が元気なら蹴飛ばしてでも自分の寝場所を確保するのだが、老い先短いと考えるとわたしがはみ出されてやるしかない。


| | コメント (0)

2011年10月21日 (金)

ドングリ拾い

_4371_2

_4377_2マゴがお散歩に出たままなかなか帰ってこない!
やっと帰ってきたと思ったらわたしの元にかけてきて「ジィ、みてみて〜!」とビニール袋いっぱいに詰め込んだドングリを見せてくれた。
ドングリはいろいろな種類があってよくわからないがこれはかなり大きなドングリである。
本来なら「これは」クマさんのごはんだから採ってはいけないよ」と言いたいところだが、街中のドングリならクマさんも当てにはしていないだろう!
それにしても子どもってドングリが好きだなぁ!わたしはこれまで何度ドングリ拾いをさせられたことだろう!


| | コメント (0)

治一郎のカボチャ・ラスク

_4370治一郎はバウムクーヘンで有名なのだが、わたしはそれよりラスクが好きだ!
パルコではチョコレートだけでは駐車場代には足りなかったので、ラスクも買ってやっと駐車場代がまかなえた。
なんとハロウィン用なのか、カボチャのラスクがあったので買ってみたのだが、これがなかなか美味しい。でも、なんと言っても一番おいしいのはラズベリーである。


| | コメント (0)

リンツのリンドール・ホワイト

_4368静岡市美術館にアルプスの画家/ガゼンティーニを見に行った帰り、駐車場代を浮かそうとパルコに入ったらリンツの“リンドール・ホワイト”を見つけた。このチョコは袋井の「まめや」で冬季限定で売り出されているのだが、なんと静岡でも買うことができた。
このホワイトチョコレートは、ブラックのコーヒーには無くてはならないものとなっている。
ホワイトチョコとしてはかなり濃厚でおいしい!

| | コメント (0)

2011年10月19日 (水)

ムラサキセンブリが咲き出した!

_9469

_9467

_9479

_9484忍野の里山にムラサキセンブリを見に行ってきた!
秋の花では最もステキな花の一つだ!
とくにここのムラサキセンブリは色が濃いのが特徴。背丈の低い小さな株があるのもうれしい。
しかし、昨年に比べ株数が激減しているのが気になる。センブリである以上苦いはずだから、野生動物の仕業とは思えない。ヒトという行儀が悪く躾の入っていない動物か、あるいは2年連続の酷暑ですっかり痛めつけられてしまったのか!?

| | コメント (0)

2011年10月18日 (火)

コケモモの“シフォンケーキ”

_4363

_43662一昨日は自家製のバジルとタイムとローズマリーの入った“ハーブのシフォンケーキ”を紹介した。きょうは“コケモモのシフォンケーキ”である。

10/2に富士山でコケモモを収穫し、苔桃ジャムを作った!その苔桃ジャムを入れたシフォンケーキなのだ。これは生クリームはいらない。ジャムの甘さと苔桃の酸味が見事に調和したたいへんおいしい“コケモモのシフォンケーキ”の出来上がりである。


| | コメント (0)

2011年10月17日 (月)

“Hana”に来客

_4356

2_4349

_4354

_4359

_4353

きょうは“Hana”の所に“Mick”というお友達が訪れてくれた。
“Mick”は♂のゴールデンレトリバーで、あと10日で15才になる。“Hana”はあと2ヶ月で15才だから2ヶ月お兄さんになる。“Hana”よりも足腰はずっとしっかりしている。
この二人、城北公園のギャングと恐れられていたとんでもない奴らなのだが、いまはおとなしいものだ!
この二人はよくいっしょに山にも登った!野山も駆け巡った!いわば「戦友」ともいえる生涯の友である。
その二人が揃いも揃って15才を目前にしている。これ自体大変珍しくめでたいことだと思う!おそらく若い時に体をイヤという程鍛えたからであろう!
“Hana”と“Mick”、まだまだガンバレ!

| | コメント (2)

老犬“Hana”の大粗相

106_9410やられた!
朝起きて驚いた!廊下と絨毯の上にオシッコがしてあったからだ!
“Hana”はいままで、ウンチの粗相は何度かあったが、オシッコは初めてだからショックは大きかった。
叱るわけにも行かず頭を抱えていたら、なんと“Hana”のベットに大きなウンチがあるのを発見。
あぁ、ついにここまで来てしまった。


| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

ハーブのシフォンケーキ

_4340きょうはお客様が見えてくれることになっていたので、20cmのシフォンケーキを作って準備をしてもらえた。
このシフォンケーキはバジルとタイムとローズマリーのハーブが入ったものだった(どれも庭に生えているものである)。なかなかかおりがよくおいしく頂けた。
これに生クリームをかけて食べたのだが、いまウチにはクロマメノキジャムとコケモモジャムとヤマモモジャムがあるので、それぞれ楽しむことができる。


| | コメント (0)

液晶テレビAQUOSの故障

Aquos_43411週間前から食堂のTVが時々映らなくなっていた。その時間が徐々に延びていたので、シャープに来て貰った。
2年前に購入したものだが、5年間保証をしてあったので安心して修理を依頼したのだ。
しかし、全ての電気器具と同様、修理人が来るとその機械は正常に作動する。そういうものだから仕方ない!
一応修理人は中を開けてみて驚いた!隙間にはゴキブリの死骸とタマゴとフンがいっぱい!「虫が原因の場合は保険も利かないし修理すると買うより高くなります」と言われて更にショック!つい「今までのTVは15年間使っていてもゴキブリによる被害はなかった!」と主張したが取り合ってもらえなかった。
ゴキブリにしてみればTVの中は天国だろうが、そんなものが侵入する設計が悪い!
とりあえず、今は映っているがいつ映らなくなるかは時間の問題か!?5年間保証を付けるべきではなかった!


| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

ハイエース/3回目の車検

G_433211月11日でわがハイエースは丸4年になる。
現在の走行距離は99,500kmだからちょうど4年経つ頃には10万キロに達するだろう。
月平均2万5千キロを走ることになる。このほとんどがレジャーだとすると、なんとなく恐ろしい気がする。
10万キロに達っして最も恐れていたのがタイミングベルトの交換だった。いままではタイミングベルトの交換の度にかなり高額の費用を払ってきたからだ!
しかし、初めての経験だがタイミングベルト取り替え一式で2万円を切っていた。これには驚き!いったい今までは何だったんだ!


| | コメント (0)

2011年10月14日 (金)

鯖の浜焼き

_4330静岡伊勢丹で[加賀百万石・金沢・能登 味と技展]をやっていた。
金沢はとてもいいお菓子があるので行ってみたのだが、お目当てのお菓子はなかった。
そのかわりとてもおいしそうなものを見つけた。それがこの焼鯖だ。
2匹買ってきてマゴたちと食べたのだが、しっかり脂がのってとてもおいしかった。
マゴが大変喜んでごはんをお代わりしながら食べていた。「こいつ、味がわかるんだ!」
しかしわたしが骨を取ってやらねばならず大変な思いをしてしまった。


| | コメント (0)

メラノーマ闘病犬“Hana”のご飯と食欲

_4313これは癌患者“Hana”のご飯である。
直径12cmのわたしの茶碗によそってみた。
これはわたしの一食分よりは多い量である。これを朝晩2回食べる。
実は“Hana”は生まれてこの方、一度も食事を残したことがない(今年の7月、たぶん熱中症のために2回続けて残しているが)。それほど食い意地の張った意地汚い犬だと言える。(7月以降ドッグフードではなく手作り雑炊に変わっている)
さて、わたしの1日分とほぼ同量を食べる“Hana”!なんとそれでも食い足りなくしつこく付きまとう。これにはいい加減まいるのだが、考えてみれば食欲があることは大変有り難いことであって、もし、これを残すようなことがあったら心配でしょうがないだろうなぁと思う。


| | コメント (0)

2011年10月13日 (木)

馬籠/澤田屋の“老木”

_4297

G_432610/8、南木曾岳に登ったが、登山口が馬籠のすぐ近くだった。
木曽の澤田屋の“老木”はわたしのコーヒーの友として、よくブログに登場してくる。
今回は澤田屋馬籠店で買ってきた。
この小豆の和菓子、プレスコーヒーにはとても相性がいいのだ!

| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

いかばたの“ずがにうどん”

_4317

_4319_3伊東に行く途中に古民家を用いた「いかばた」という店がある。
ここの“ずがにうどん”がおいしい!
ずがにとはモクズガニの伊豆地方での呼び名らしい。
うどんは、手のばしうどんで、とても優しい食べ心地がうれしい。
もちろんモクズガニの出汁、うまみが丼に詰まっている。


| | コメント (2)

2011年10月11日 (火)

魚好に生の“シシャモ”があった!

_4309_2西千代田町に「魚好」というすばらしい魚屋があることはこのブログに何度も登場している。
「このししゃもはおいしいよ〜!」と進められて買ってきた生のシシャモ。
から揚げで食べたらおいしいことおいしいこと!
静岡でこんなものが食べられることに驚いた!

できることなら「今日の入荷は生シシャモと本マグロと新鮮なイカです」とか「新鮮なホタルイカ入荷」とか「きょうはウニ丼はいかがですか」とかのメールを魚好フアンに配信してくれたらいいのになぁと思ってしまう!こんど提案してみょう!

| | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

京楽軒(豊川駅前店)のうなぎ

_4303_2

_4304京楽軒(豊川駅前店)は、現在わたしの行動範囲内では最も気に入った鰻屋だ!
まぶし鰻を食べた。これにはうなぎの「あらい」が付いてくる。酢味噌で頂くのだが、これがまたおいしい。
たびたび食べに来るには少し遠すぎるが、お気に入りである。


| | コメント (0)

ダイモンジソウ

_9444

_9462_2奥三河のワサビ田の石垣に今年もダイモンジソウが咲き出した。
野山でピンクのダイモンジソウは見たこと無いので、誰かが植えたのだろうとは思うのだが、シッカリ根付いて大きな株になっている。


| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

薪を買った!

_4302作手の道の駅で薪を売っていた。
奥三河の小屋は薪の五右衛門風呂なので、薪にはかなり苦労している。チェンソーも最近機嫌が悪い。
薪のストックが無くなってきた時、偶然見つけたのだった。
1束200円。5束を買った。薪を買ったのは初めてである。この1束で夏なら2回、冬だと1回分風呂を沸かすことが出来る。そんな効率の悪いカマだが入り心地は最高なのだ。
でも、わたしが子どもの頃は風呂釜も飯炊きも薪で焚いていた。わたしも薪割りを手伝わされたものだった。でも、薪屋さんから定期的に薪を買ってもいたことを思い出した。


| | コメント (0)

色の濃い「エンシュウハグマ」

G_9433_2

_9436_2

_9438

_9437


先日、エンシュウハグマを藤枝で見たが、ここのエンシュウハグマはわたしの知る限り、一番色が濃い!これが見たかった!
咲き出したばかりの超新鮮なエンシュウハグマ!
言葉はいらない!

| | コメント (0)

アケボノシュスラン

_9424

_9428

Dscn5552_2
今年最後の野生蘭!やっと見ることができた。
小さな蘭の花だが、かすかに夜明けの曙色をしたカワイイ花だ!
花だけでなく葉もなかなかオシャレだと思う!


| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

くらがり渓谷(台風15号の被害は大きかった)

Dscn5554

Dscn5555

Dscn5556

Dscn5557この日どうしても本宮山とくらがり渓谷に行きたかった!しかし、先の台風15号で奥三河の小屋からの道路は崩壊のため大変な遠回りを強いられていた。その上両方の目的を果たすのは別の道路も崩壊し不可能だった。
そこで無い知恵を絞ってとんでもないことを思いついた。
長ノ山湿原に行く全てのエスケープルートを知っているわたしは、クルマで本宮山に辿り着き、そこから闇苅渓谷まで歩いて下り、歩いて登ってくることだった。
そこで目にしたのがこの写真の木製のダムである。
その前の12号台風で静岡の山の中はかなり痛めつけられた。安倍の大滝の手前ではコンクリート製の3連の砂防ダムが3つとも崩れ落ちていた。あれはいったい誰が片付けるの?
今回の15号台風では新城市の林道はかなり痛めつけられほとんどが通行止めとなっている。本宮山ー闇苅渓谷の遊歩道ですらヒドイ状態なのに、木製の砂防ダムは何事もなかったように土砂を食い止めている。
愛知県は昔から木製や石を積んだダムをよく見る。静岡県も見習って欲しいものだ!


| | コメント (0)

南木曾岳のベニマンサク(マルバノキ)の花

_4239_2

Dscn5525

_4238

_4248

_4241

_4242

いきなり一面の紅葉に驚いたものだが、それがベニマンサク(本名マルバノキ)の紅葉だと解り更に驚く!しかも、その花を見つけてもっと驚く。もちろんこの木を見るのも初めてだし、ましてや花など見たことも聞いたこともなかった。
1cmに満たない程の小さな花は真っ赤だ!
さらに驚いたのは翌日、カメラのデータを拡大して花の部分をよく見た時である。肉眼では「小さなお星様みたいでかわいい」と思ってた赤い花、よくみると「エイリアンのように見える」とさらに拡大すると、なんと5枚の花弁がそれぞれ背中合わせにペアを組んでいることが発覚!
たとえが難しいが、自分の両手の甲を貼り合わせた様な形態、あるいはヒトデを2枚重ねたような形態になっている。
山ではそんなことは思いも付かなかったので、それを狙った写真はないがこの写真でもよく見ると確認できる。

_4268

Dscn5536さらなる驚きは花と同時に実がなっていることである。それもなんとハート型の実だ!
しかし、まだ驚きは留まることを知らない。このかわいい実、なに!花と同じように2つのハートがくっついてペアになっている!なんということ!なんてかわいいんだ!


| | コメント (0)

南木曾岳/紅葉速報

_4231_2

_4233

_4232_2

年間、何度も木曽路に来ているのに、南木曾岳だけは登っていなかった。「クサリ場だらけの大変な山」だと言われていたし、イワカガミとシャクナゲが咲くこの山はなかなか予定に入れられなかった(他の山と開花時期がぶつかるので)。

Dscn5519_2

_4235

_4236_2

確かに急登が続くスゴイ山である。しかし、美しい自然が見事に残っている。
高野槇の原生林など、初めて見た!
もしも、深田久弥がこの山に登っていたら、まちがいなく日本百名山に編纂されたであろう。深谷に見つからなかったから大変ラッキーな山だと言える。
一番最後の写真は驚いた!一面赤く燃える紅葉に出くわしたと思ったらベニマンサクの紅葉だった。

_4291

_4295

_4294_2
1枚目はドウダンツツジの紅葉。
2枚目はベニマンサクの紅葉・黄葉。どちらも見事!
こんな紅葉が見られるとは想定外だった。

_4290_2

_4293

_4289_2
残念なことに駒ヶ岳も御嶽山もかすんでいた。
でも、すばらしい山だった。展望が楽しめるときにも来たいがイワカガミが咲いている時やシャクナゲの季節にも来てみたい。

| | コメント (0)

山中で車中泊

_4230

Dscn5549_2南木曾岳の登山口に着いたのはもう暗くなっていた。駐車場があったので安心して車中泊できる。最近の登山はほとんどが登山口で車中泊をするスタイルに定着している。
この山が百名山だったらこの駐車場にもギッシリ車中泊組が陣取るのであるが、ここは誰もいない。いつ熊が出てきてもおかしくないところである。夜トイレに行くのも辺りをキョロキョロしながら用を足す。
空を見ると木々の間から星が見える。ちょうどハクチョウ座が全景見られるだけ空があいていた!
驚く事にこの場所はドコモのシムを使ったルータでiPadが使えた。
1枚目は朝起きたところで、2枚目は山から降りてきたところである。
“Hana”は留守中ぐっすりお昼寝していたんだろう!


| | コメント (0)

2011年10月 7日 (金)

明治亭のソースかつ丼

_4221

_4222最近、伊那に来るといつも名物のソースかつ丼を食べている。
きょうはそのうち1つだけ心残りだった「明治亭」のソースかつ丼だが[黒豚丼〈松〉(ヒレ160g)]を喰ってみたかった。
写真は「ごはん少なめ」の丼。ヒレカツ5枚が乗っている。写真2はヒレカツを外したところ。少なめのごはんの上にごはんと同量以上のキャベツが乗っている。
この丼はうまかった!ソースかつ丼としては最高である。ごはんは少ないがカツが沢山あるので腹一杯になる。


| | コメント (0)

一元の味噌ラーメン

_4219_3三十数年前から通いつけている一元のラーメン。
ニンニクと豆板醤は自分で好きなだけ加える。
したがって、食べるときに味噌と豆板醤とニンニクを自分で溶かして食べる。
これから旅行に行くという時のスタミナ食にはとてもいい!
朝、一仕事して、お昼にこのラーメンを食べてしゅっぱ〜っ!


| | コメント (0)

2011年10月 5日 (水)

新静岡セノバの東急ハンズで自転車の空気入れを買った

_9397今日は新静岡セノバの開店日である。こういうところは余り興味がない。特に開店日の混雑だけはゴメン被りたい!
ところが近所を通りかかったら駐車場入り口は全く混雑がない。雨が降っているからか、あるいは静鉄バス会社が「周辺道路が混み合いますから公共交通機関をご利用ください」と宣伝している効果が出たのか?
静岡に東急ハンズやモンベルがやってきたのでのぞいてみた。
幸い開店らしき混雑は全く無かったが週末はかなり大変なことになるだろう。
で、駐車場代金を浮かすためにハンズで買った自転車用の空気入れ。
ウッズとフレンチとシュレッダーの3種類のバルブ付きで、さらに、重要なのは空気圧ゲージが付いていること。そして空気入れとしては異例な原色のカラー。
面倒な空気入れを少しでも楽しくするにはこれは最適である。

| | コメント (0)

2011年10月 3日 (月)

エンシュウハグマ

_9373

_9382

_9378_2

_9375_2

_9385静岡県の西部・愛知県の東部限定と言ってもいいかもしれないエンシュウハグマ。
山林の下草として生えている場合が多いので、現地に3時過ぎに着いたときにはかなり暗かった。
今年は株数が増え、見事な群落を作っていたが少し遅すぎたのが残念!
秋の花にはなぜかおもしろい花が多い!もしわたしが花を創る神であったとしても、ここまでおもしろい花は思いつかない!ただただ驚くばかりである。


| | コメント (2)

2011年10月 2日 (日)

今日は快晴の富士山/コケモモは大豊作!

_4192

_4211

_4214_2

今日は下界は曇っていて富士山は見えなかったと思うが、五合目から上は見事な景色だった。
オンタデの黄葉はすでに真っ盛りとなっている。
写真の中央に移っている「白い宮殿」が山頂!

_4194

_4195先日の台風15号でかなり荒れていることが予想されたのだが、思ったよりも破壊されてはいなかった。静岡市の方がずっと被害は大きい!
森林限界までは向きによってはなぎ倒された木々もあったが、ハエマツ帯から上はほとんど被害はなさそうである。

_4204

_4206

_4208

今回はいつものメンバー7人であるが、いつもと違うのは“Hana”と“ミック”(共に15才直前)がいないことである。今回はまだ若い“あんず”と“P太”だけが参加した。
老犬にはチト無理である!

_4198

_4200

Dscn5506_2

コケモモは当たり年か?
かなり沢山あった。最初は子どものように一心に摘んでいたが、飽きるのも早くなってきた。老齢なる所以か!

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

ロイズのホワイトチョコ と マルセイのバターサンド

_4176_3

_4184北海道展でいつも仕入れるのがこの、ホワイトチョコとバターサンドだ!
この2つは単体では甘すぎて、わたしには食べにくいのだが、コーヒーの友とするなら最高の組み合わせである。
これらはコーヒーを更においしくするので、やむなく少しずつ頂いている。
なお、コーヒーをおいしくするにはリンツのホワイトチョコとロイズのホワイトチョコは双璧であるが、もう一つ忘れてはならないのが木曾/澤田屋の和菓子“老木”であることはすでに述べた。


| | コメント (0)

京都/前田珈琲「牛若丸」

_4173京都のコーヒーというと「イノダコーヒー」はよく知っている。むかし、恩師である井上頼豊先生にイノダコーヒーの豆を頂いた思い出がある。
今回はデパートの京都展で「前田珈琲」の豆を売っていた。その名前が牛若丸とか弁慶といったおもしろい名前なので完熟ブラジルコーヒー豆〈牛若丸〉を買ってみた。
“甘いコーヒー”というのは最近覚えた味覚だが、この牛若丸はとても甘く、苦さは全く無い。
そして大変まろやかで、濃く入れるとコクがある。
このように何を味わわせたいのかはっきり意図のある食いもの・飲みものがわたしは好きだ!
わたしはコーヒーはホワイトチョコレートをかじりながらブラックで飲むのが好きだが、チョコを切らしているときには最適なコーヒーだ!


| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »