« 別荘にピアノを搬入 | トップページ | 雨生山の“ハルリンドウ” »

2011年4月11日 (月)

春のかおりを食す! その2 “百古里庵”

_2804_2

_2812

_2814

とてもおいしい“ゴマ豆腐”を食べさせてくれる百古里庵という蕎麦屋がある。わたしはゴマ豆腐は好きで、各地で頂くのだがこんなおいしいゴマ豆腐を他に知らない。
きょうは取れたての「タケノコの刺し身」と「タラの芽の天麩羅」があった。
タケノコは酢味噌か山葵醤油でいただく。いや〜、おいしい!
タラの芽は本当に芽を出したばかりの初ものである。まだ芽も小さい。かおりがすごくいい!

かおりついでにもう一つ。

_2796_2これは今朝ワサビ田で見たサンショの花芽である。
この小さな丸いつぼみが開いて線香花火みたいな花が咲く。
普通は花ではなく新芽を佃煮にして頂くのだが、この花を摘んで佃煮にする方法がある。これはまさに絶品。見事なかおりをそのまま口にすることになる。
なお、なかなか買うことは難しいので、山で自分で採集し自分で佃煮にしなければ食べられない!

| |

« 別荘にピアノを搬入 | トップページ | 雨生山の“ハルリンドウ” »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別荘にピアノを搬入 | トップページ | 雨生山の“ハルリンドウ” »