« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

スカイプ

_2111海外にいるマゴと“Skype”がつながった!
話しには聞いていたがカルチャーショックを受ける。
マゴとお話ししながら様子を見ることができるからだ!
わたしのMacはカメラもマイクも組み込まれているから、何の問題もなく簡単に繋がった。
こういう時代なんだぁ!
マゴがいつも使っているオモチャを見せたら「明日行くね!」としゃべっていた。ママが慌てて「明日は行けないよぅ!」となだめていた。マゴは遠くに来ていることは理解出来ていないようだ!

| | | コメント (0)

丸子城跡 梅にはまだ少し早かった!

_6248

_6239

_6232

_6225

_6206

_6212

_6223_2

今年の冬は寒いせいか、忙しさもあるのか、まだスイセンもセツブンソウもなにも見ていない。
せめて梅でも見に行こうかと丸子城跡に登ってみたのだが、残念ながらまだ早すぎた。
丸子城跡は大好きな山城である。今川氏と武田氏が使った城跡だが、500年も前の城なのに遺構の保存状況がとてもいいことでも有名だ。この森を歩くと戦国ロマンが甦ってくる。
老犬“Hana”は段差のある階段に少し手こずったが、元気にクリアした。

| | | コメント (0)

いちご大福

_6263

_6266“いちご大福”を初めて食べたときは、衝撃を受けたモノだった。大福にフルーツというコラボだけでもオドロキなのに、あんこの甘さといちごのスッパサに驚かされ、そのハーモニーに驚かされたのだった。
松木屋のいちご大福は、有名だったので耳にはしていたが、偶然店の前を通ることがあったのでのぞいてみてその不思議な形態にオドロキ。さっそく買って帰った。
かなり大きな大福なので、どこから食い付こうか迷った結果いちごから食い付いたが、結論から言えば間違いである。尻側から食い付いて甘さと酢い味を味わって、最後は酢い味でサッパリして喰べ終えたい。
2つ目の写真は静岡の昔ながらの“うさぎ餅”。どうやら兎の絵を刻印してあるのではなく、月の絵のようだ。あんはいちご大福と同じなので、いちご大福の前に食べればヨカッタ!

| | | コメント (0)

明太子の“ふくや”の「いか明醤」

_2107

_2105デパートの「大北海道展」の次は「九州展」。
なじみの「明太子のふくや」をのぞいたら「いか明醤」なるものに目が止まった。
わたしはいかが大好きだ。なかでも八戸の丸万水産の“いかキムチ”は絶品であったが、今は手に入らない。そんな時に「いか明醤」を目にしたのだ。
これは大当たりだった。うまい!
かなり辛いが包装が小さいのですぐに食べて切ってしまう。
取り寄せようとして「ふくや」のHPを探しているのだが、現在「いか明醤」は見つかっていない。
なお、ふくやではとんこつラーメンと辛し高菜を買ってきたので、きょうのお昼に味わってみたい。

| | | コメント (0)

2011年1月28日 (金)

GOPAN

Gopan昨年の11月11日に、お米を装填すれば自動的にパンが出来るという[GOPAN]というサンヨー製のライスブレッドクッカーが発売になった。餅もつけるというのでを買いに行ったら(正月の餅用に)、ものすごい人気商品で「いま予約しても2月が納品です」と言われた。その後12月1日から「予約注文を3月末まで見合わせ」のニュースが流れてきた。なんでも予約が多すぎて製品が間に合わないのだそうな!
それがやっと今日、納品されたのだった。まず、パンよりも先に餅を作ってダイコンオロシと山葵と醤油で「おろし餅」を作って食べてみた。餅米を入れてスイッチを押せば餅が出てくるんだから、便利この上なし!仕上がりはなかなか良好!でも、夜中になってしまったので食い過ぎて苦しかった。(写真はサンヨーのwebページから)

| | | コメント (0)

米 人気犬種1位はラブラドール 20年連続

Hana_2093

Hana_2092YAHOO!ニュース[ロイター1月27日12時10分配信]によると、米ケンネルクラブが26日に発表した2010年の米国での人気犬種ランキングで、ラブラドールレトリバーが20年連続でトップになったということである。
米人気犬種ベストテンは①ラブラドールレトリバー②ジャーマンシェパード③ヨークシャーテリア④ビーグル⑤ゴールデンレトリバー⑥ブルドッグ⑦ボクサー⑧ダックスフント⑨プードル⑩シーズー
大型犬が目立つ!日本と事情はかなり違うようだ。
写真はわが子のLabrador Retriever!コタツに潜り込んでいるところをストロボを使って写し込んだ。
目が白く光っているのは多分白内障が進行しているので、それが光ってこのようになったのであろう。恐らくこの部分はほとんど見えないと思われる。
しかし、人間好きで従順で甘えん坊のこの犬種は、一度飼ったら止められなくなる。「マゴよりずっとカワイイ」と言ったら怒られるだろうか?多分怒られるだろう!口には出せないがすごくかわいい!

| | | コメント (0)

2011年1月27日 (木)

みかんの花咲く丘

みかんの花が 咲いている
思い出の道 丘の道
はるかに見える 青い海
お船が遠く かすんでる

_2076

_2078子どもの頃、よくラジオから流れていた曲であり、いつも口ずさんでいた美しい曲である。
きょう“ミカンの花咲く丘”というお菓子を頂き、菓子箱を開けたらなんといきなりこの曲が流れ出してきたのだ。
まるで玉手箱のように!
何十年ぶりに聞くことか?ついつい一緒に歌ってしまった。フッと子どもの頃に帰った一瞬だった。
でも、なぜ箱を空けたらオルゴールが鳴り出し、蓋を閉めたらオルゴールが止まるのか理解に苦しんだ。しかもオルゴールを探したが見つからない。あれこれ試行錯誤するうちにやっと結論が出た。オルゴールは薄い小さな封筒に入った電子オルゴールで、蓋の開け閉めはたいして関係なく、明かりセンサーがボタン電池のスイッチに連動しているようだ。
なお、中身は“ミカンケーキ”である。

| | | コメント (0)

2011年1月26日 (水)

島田 よしむらの鯛焼き

_2072

_2074帰り道は島田を通るので、駅側の有名な鯛焼きを食べて帰ることにした。
旧東海道の旧店舗が駅の近くに引っ越した話しは聞いていたので、すぐに見つけることが出来た。昔の店とは大違いで驚いたが、味は昔と同じだった。
この鯛焼き、シッポまでギッシリあんこが入っているのは勿論だが、焼きたては皮がパリパリしてそれがおいしいのだ。店の中でも食べられるが、早く帰りたかったのでクルマの中で運転しながら頂いた。熱くてホクホクしながら口に運んだ!

| | | コメント (0)

藪蕎麦「宮本」

_2069マゴたちを見送ったらお昼を過ぎていた。急に腹が減ったので、近所の「宮本」に蕎麦を食いに行く。
昔は良く食いに行ったものだが、最近は近くにおいしい蕎麦屋が増えたので大変久しぶりである。
店内は撮影禁止となっているので、店の外の写真しかないのが寂しい。
店に着くなり女将さんが「江戸つゆがありますよ!」と言ってくれた。わたしは迷わずそれを注文し、ザルを4枚、穴子の天麩羅を頼んだ。
藪蕎麦のつゆはもともと濃くてキリッとしているのだが、江戸つゆはそれを更に濃縮したもの。「だしの効いたおいしい醤油」と言ってもいいくらいのものだった。蕎麦を浸けてしまったらとても食える代物ではない。だからチョコッと付けて戴くのだが、これがうまいんだな!見事な調和!
この店の穴子の天麩羅はわたしは大好きだ!

| | | コメント (0)

富士山静岡空港

_2058

_2057

_2061わたしは飛行機が嫌いなので利用はできるだけ避けているのだが、今日、娘とマゴが富士山空港から飛び立った。
すでにパパは一足先に行っているので、マゴは大喜びである。何ヶ月か滞在するようなので、大荷物を抱えての渡航だ。
この飛行場、景色は素晴らしかった。富士山がきれいに見えていた。
うるさいマゴだが、当分会えなくなると思うとチト寂しい。今がカワイイ盛りだからなぁ!
さて、そろそろパパに会える時間だろうか?

| | | コメント (0)

2011年1月25日 (火)

新菓苑

_2048

_2050最近はなぜかデパートの催しは北海道展や九州展が2週間もやったりして盛んだが、金沢展はなりを潜めている。
わたしは金沢の和菓子が好きなので、寂しい限りである。
そんなときに金沢のお土産を頂いたので、包装紙を見ただけで「やったぁ!新菓苑だぁ!」と喜びをあらわにしたのだった。
新菓苑には3種類あるが、なかでもこの曲水(左)と戸室が大好きだ!

| | | コメント (0)

2011年1月24日 (月)

静岡市のど真ん中にある谷津山(古墳)

_2023

Hana_2037

_2025マゴや“Hana”を連れて谷津山古墳公園に登ってきた。
山頂の古墳部分が芝生の斜面なので、子どもたちや“Hana”を連れてよく来たものだ。
マゴは喜んでコロガリ回る。“Hana”も昔は飛び回って遊んだモノだったが、今はおとなしくマゴが遊ぶのをジーッと眺めているのみ!

Hana_2031

Hana_2032

Hana_2035もし“Hana”が数才若かったら、恐らくこんな写真は撮れなかったかもしれない。
この坂を2人でコロガリ回る写真が撮れたかもしれないのだ。
きょうもこのあと、護国神社側におり、そして再び谷津山に登り帰して、2度登りして自宅に帰った。ケータイ万歩計によると、このルートで約1万歩。

| | | コメント (0)

2011年1月23日 (日)

ジビエ/鹿肉料理

_1973この子鹿は、昨日天城の旧天城トンネルへ向かう旧道でであったバンビである。
わたし達はクルマで通りかかったのだが、子鹿はいきなりカーブから出てきたクルマを見て、かなり慌てた様子だった。
わたしも慌ててカメラを探したのだが、何しろ後の荷台に乗せてあるリックサックの一番下にしまってあったので、旧道のど真ん中にクルマを止めてカメラを探し出し、今にも急斜面を飛び降りようとする寸前に間に合った一枚である。

実はその帰り道、ちょうど同じ場所でかっての(41年前の)わたしの教え子から電話があり「鹿肉があるけどいるかね?」とのことだった。おもわず「え?いま会ったけど」と言ってしまったが相手には何のことだか解らなかった。

_2017

_2020

_2022_2結局、帰り道、昔の教え子の家によって鹿肉を貰ってきて、今晩は鹿肉をいただくことになった。
ジビエ(狩猟によるフランス料理)とは言い難いが、野生の鹿を使った日本料理がわが家の食卓を賑やかした。
1枚目の写真は鹿肉。2枚目はその肉を使った猪鍋ならぬ鹿鍋である。初めて喰う体験だったが、これがバカうま!鹿肉と言えば今までわたしはシカ刺ししか頂いたことがなかったから、そのオドロキは大きかった。確かにシシ鍋もうまいが、シカ鍋も決して引けを取らない。やみつきになるうまさがある。最後は勿論シカ雑炊だ。
3枚目の写真はお馴染みのシカ刺しである。これは鹿肉としては定番。ニンニク醤油でいただいた。
昨日はシシ料理、今日はシカ料理。これ以上精が付いたらどうする?

| | | コメント (0)

2011年1月22日 (土)

天城/八丁池全面凍結

_1978

_1979

_1976

_2011

八丁池が全面凍結したというニュースは、1週間ほど前に聞いていた。わたしは高校生の頃からこの八丁池には何度も何度も足を運んでいるのだが、冬は行ったことがなかった。
今回はわたしの大好きな旧天城トンネルからのルート。稜線に出るとブナとヒメシャラが混生した原生林。その巨木の間から見え隠れする富士山。高度を上げるとアセビの大群落。ほんとうに美しい森です。

G_2004

_1998

G_1994

G_1987

旧天城トンネルから2時間半。展望台に着くと全面凍結した八丁池と富士山が見えた!やったぁ!ほんとうに全面凍結だった。
それでも氷の上に乗れるものかどうか不安だった。おそるおそる湖面に降りる。ゴム長靴を履いていたのがせめてもの救いだった。そのうちだんだん大胆になり、走ったり蹴飛ばしたり!そんなことではビクともしない分厚い氷であることが確認できた。
なお、ゴム長はスパイク付きなので、氷上はもちろんのこと積雪や氷結した登山道も快適に歩くことができる。

わたしは今から52年前、父に連れられて天城山脈を縦走してこの八丁池に出くわしたときの感動を思い出した。
また、登山犬“Hana”がこの池に入りたがってわたしに訴えているのを思い出した。
同じコースをMTBを担いで登ってきたことを思い出した。数々の想い出を持っている八丁池が、いま氷に覆われている。スゴイ!

| | | コメント (0)

天城湯ヶ島「かたつむり」の“猪のピザ”

_2012伊豆天城の414号線、浄蓮の滝のすぐ南側にある「かたつむり」で猪のピザが食えると言うことは何かで読んで知っていたので、一度喰いたいと思っていた。が、通常ここを通るのは朝早い時間でまだオープンしていない。きょうは14時半の下山だったので、開店時間に寄ることができた。沢山あるメニューの中には確かに「鹿の燻製のピッツア」と「イノシシベーコンのピッツア」があった。先ほど旧天城街道でニホンジカ(子ども)に会ったばかりなので、イノシシを頼んでみた。
これがバカうま!黙って出されればイノシシピザとは解らないかもしれないが、あきらかに癖がある。それがチーズとうまく解け合い、不思議なかおりとうまさを醸し出している。
コーヒーもとてもうまかったから、この店は恐らく何を喰っても旨いんだろう!
大きなできたての天然酵母パンを売ってたので、これもさぞかしうまいだろうと思って買ってきた。案の定、大変うまかった!満足!

| | | コメント (0)

2011年1月21日 (金)

大好きな、つど野の“ざる蕎麦”

Photoわたしが最もうまいと思う蕎麦である。
静岡県内には“翁”系列の店は韮山の「三ツ割菊」、松崎の「小邨」、遠州森町の「百々や」そして静岡市葵区の津渡野にある「つど野」の4店がある。
それぞれに特徴があるのだが、三ツ割菊の田舎そばと、つど野のもりそばは絶品。

ところで、今の蕎麦屋はどこにいっても大概ワサビとネギとダイコンオロシが付いてくる。翁系列の店もそうである。
しかし、これは蕎麦をまずくする。せっかくの蕎麦のかおりを消してしまい、つゆの味を変えてしまう。
わたしはネギもダイコンもワサビも大好きだが、おいしい蕎麦には不向きである。決してつゆに混ぜてはいけない。強いて言うならワサビだけは箸の先に少し摘んでそのまま適量の蕎麦を摘み、ソバつゆを少しだけ付けて口に入れると蕎麦のかおりを損なうことなくワサビのかおりを楽しむことができる。ワサビにつゆが付くとかおりを相殺してしまうからこの方法が賢い。

| | | コメント (0)

2011年1月19日 (水)

西千代田町に“魚好”あり!

_1966

_1970マゴ家族がしばらく来られなくなると言うことで、たっての希望で手巻き寿司パーティーが開かれた。
「わが家の手巻き寿司は定評がある」と言いたいところだが、実は静岡市葵区の西千代田町(わが家の近くだが)には「魚好」という最高ランクの品揃えをしている魚屋があり、そこで仕入れたネタで寿司を創ればおいしいのは当然なのである。
なかでも中トロのおいしさは他に比べようもない。今日のは特においしい中トロだった。
次の手巻き寿司パーティーはマゴたちが帰ってきた2ヶ月後である。

| | | コメント (0)

車町“仁志乃”の焼きたての「だんご」

_1965

_1962

_1960静岡にはこういう店もある。注文するとそれから焼き始めてくれるのだ。
このみたらしダンゴ、とってもおいしい。
マゴに喰わせようと思って買ってきたのだが「いらね〜!」の一言。
おかげでわたしは腹一杯になってしまった。
あんだんごもおいしい。ヨモギのかおりもとてもいい。

| | | コメント (0)

ジンマシンの原因はアニサキス

F100007812月18日、突然のかゆみを覚え全身にジンマシンが起き、夜中に済生会救命センターに担ぎ込まれ、翌々月曜日済生会の大混雑する外来でジンマシンの原因検査を受けた。その検査結果を今朝予約外来に行ったらなんと病院内はガラガラ。予約無しの前回は3時間以上かかったので、予約の意味をヒシヒシと感じた。
ところで、アレルギー検査の結果はカニ、エビ、マグロ、イカ、サバ全て陰性。ただし、アニサキスが陽性だった。アニサキスと言えば魚に寄生する虫で、ものすごい激痛で知られているが、わたしの場合は寄生虫に食い付かれたわけではなく寄生虫のアレルギーだったようである。
おいしい魚のおいしい箇所に寄生する虫だけに、はなはだ悲しい話しではあるが、アレルギーを起こすのは確率の問題として、余り気にせず生活した方がいいのだろうか?

| | | コメント (0)

2011年1月17日 (月)

雪を求めて「パノラマ台」へ(今年の初登山)

_1942_2

_1940_2日本全国が雪害でアタフタしている。静岡県西部の平野部にも積雪があり、事故・渋滞のニュースが繰り返されている。
そんな雪・雪・雪のニュースを聞いていて、今年はまだ山に登っていないことを思い出し、雪を抱いた山を探しに富士山の北側に回り込んだ。
しかし、白い山はどこにもない!完璧なカラブリ!なんと言うこと!あんなに大雪のニュースばかりだったのに!
しかたなく選んだのがパノラマ台(1330)。精進湖の駐車場に着いたら6割くらい凍っていた。これでは氷上のワカサギ釣りはできない。

_1946

_1951ここは山岳サイクリングの初心者コースでよく出かけたし、登山犬“Hana”も3回登っている。
特に積雪時は富士山が美しく楽しめる山である。
きょうは誰にも会うことのない貸し切り状態であった。残念ながら南アルプスは雲がかかっていたが、富士山はごらんの通り!
大雪を警戒し、老登山犬“Hana”はお家で留守番。装備は羽毛のジャケット、マウンテンパーカー、オーバーズボン、ストック、スパイク着き長靴、さらにツエルトまでザックに収めた重装備だったが、ひとかけらの雪もなかった。なんと言うことか!明らかな情報収集不足だった。
山頂はポカポカ日和。日なたの気温は15℃。風力0m。静かな小春日和ハイキングだった。

| | | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

凍てつく安倍の大滝

_6149

_6144

_6145

_6154

_6173

_6150この冬一番の冷え込みが続く。
もうそろそろ梅ヶ島の安倍の大滝も凍り出す頃ではないだろうか?と思って出かけて見た。このマゴは昨年の9/17にもシラヒゲソウを見に一緒に行っているから、ルートは覚えているようだった。
滝は案の定、かなり凍っていた。7〜8割といったところか!なかなか見事な氷滝である。
この寒さがあと数日続けば全面氷結するんではないだろうか?

| | | コメント (0)

魚魚の里の魚魚の家のヤマメ料理

1_6186

_61872

_6190梅ヶ島の魚魚の家(ととの家)でお昼となった。
ヤマメの定食を頼んだら、膳の他に山女魚の塩焼きが付いてくる。山女魚の卵が膳に載っているが、これはオプションである。
山女魚は自分で火にくべるのだが、ピクピク動いてマゴは驚きを隠しきれない。

_6191

_6203

_62043才のマゴはいま、カワイイ盛りである。ジィにからかわれてばかりいるので「ジィはきらい!」とかなりはっきり嫌われているが、仕草一つ一つがすべてかわいい。
これからはますます憎たらしくなるんだろうな!

| | | コメント (0)

2011年1月15日 (土)

北菓楼のパイシュークリーム“夢不思議”

_1939これは娘がデパートの大北海道展に行ったお土産である。
わたしは北海道展には欠かさず行っているのだが、このシュークリームがあることを知らなかった。それもそのはず、土日の限定出品なのだそうな!考えてみればわたしは混むことが予想される催しはウィークディの午前中にしか行ったことがなかった。
なんでも今日、このシュークリームを買うのに1時間列んだそうである。1人2箱(1箱に3個入り)の数量限定販売だという。
喰ってみたら確かにうまい。美味しいクリームが中にいっぱい詰まっている。これを喰うと1時間列ぶ価値が理解できなくはない。でも、わたしにはその忍耐力はないだろうな!

| | | コメント (0)

千房のお好み焼き

_1934

_1937

_1929_2

_1931_2

マゴは結構、好き嫌いがあるので、食事を外で取るとき、特にママがいないときは神経を使う。
今回もコワゴワお好み焼き屋に入って、お好み焼きの他にパリパリ餃子とライス(餃子ライスは大好きなので)を注文した。
ところが心配をよそに、パクパク食べ出した。こいつ、うまいものはわかるようだ!顔中マヨネーズやチーズをつけながらおいしそうに食らいついていた。

| | | コメント (0)

駿府楽市/竹細工展出品作品の“譜面台”

_1925

_1924静岡駅内アスティにある駿府楽市で「第33回 駿河竹千筋細工 新作展」が開催されている。じつはわたしのチェロのお弟子さんがこの新作展に譜面台を出品し、それが見事、市長賞を受賞したのでそれを見に行ってきた。
当初、写真で見せていただいたのだが、その印象は「否実用的だなぁ」と思ったのだが、実物を見たらなんのなんの充分実用に耐えうるし、なによりも非常に美しいものだった。
こんな譜面台でチェロを弾いたら楽しいだろうな!
わたしのお弟子さんには「もの創り」が多いのは単なる偶然か?あるいは不器用な師匠の反面教師なのか?

| | | コメント (0)

田おこしの儀式?神事?

_1920

2_191811日の朝だったと思う。“Hana”のお散歩をしていたら近所のお百姓さんが田んぼに出てお日様に向かって拝んだり、笹を立てたり、なにやら鍬を立てたりして神事を行っていた。翌日も同じ所を通ったら、2枚目の写真の様に笹に紙垂(しで)をつけた(玉串?)神事の跡があり、一面の田おこしが終わっていた。
わたしは田おこし自体は子どもの頃からよく見ていた。なぜなら昔はうまや牛を使って田おこしをやっていたからである。勿論現在は耕運機やトラクターを使って行う。どちらもとてもとても興味ある光景である。
ところで、そんなわたしもこの時期に田おこしをすることを知らなかった。もしかしたらお正月の行事かもしれないし、合理的な理由があるのかもしれない。
そういえばここの田んぼには毎年この時期、笹の玉串(?)が立っていることを思い出した。

| | | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

十勝マルセイバター

_6135

_6138“十勝マルセイバタ”を買ってみた。
上に乗っているのはマルセイのバターサンドである。この菓子に使われているバターがマルセイバタである。
舌の上に触れるとトロリと溶ける快感がたまらない。

愛知県最北の町、豊根町のドイツパン“ミンデン”で買って冷凍してあるブルーベリーを用いた天然酵母パンに、このバターを塗って食べる。最高! この旨いパンとバターがあれば鬼に金棒!

| | | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

焙煎直後のトラジャ・コーヒー

_613210日のことである。袋井のコーヒー豆焙煎専門店“まめや”に寄ったことはすでにアップした。
いつもは「まめやブレンド」を買うのだが、昨年暮れは「まめやブレンド」の他にクレオパトラ(南米コロンビア)を買ったらマイルドでとてもおいしかったことを思い出した。この日もそのつもりでいたら入荷したばかりのトラジャ(インドネシア)があったのでそれを焙煎して貰った。
本日開封して飲んだのだが、それが大変おいしかった。マイルドさに上品なコクをもった素晴らしい珈琲だった。幻の珈琲と言われるのもうなずける。
ただ、まめやブレンドに比べて200gに付き300円以上高い高級品である。

| | | コメント (0)

2011年1月10日 (月)

袋井/神明神社に初詣

1000077前々から気になっていた神社がここだ!
コーヒーの焙煎販売店“まめや”の裏に、小高いこんもりした古墳のような神社がある。
コーヒー豆を買いに行くたびに気になり、行ってみたいと思っていたのだが、いつもは試飲のコーヒーに夢中になりなかなか実現できなかったが、今日やっと実現した。
社は真新しく再建されていたが、雰囲気はとてもいい神社だった。
初詣には少し遅すぎたがやっとお参りできた。
“Hana”も喜んで登って行けた。といってもほんの数分で山頂社に行くことができる。
“Hana”にとっては今年初の初詣である。

| | | コメント (0)

のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)

_6066

_6067

_6068マゴのリクエストで、帰り道、のんほいパークに寄ることになった。
なかなか見事な動植物園だった。
ここでわたしが気に入ったのはシロクマとカバ。いつまでも見続けていたらマゴに怒られた。「ジィー、恐竜見に行こうよぅ!」

_6086

_6090

_6092

_6096_2
ここの恐竜館はなかなか見事なものだ!見応えがある。しかし、マゴにとっては広場のコンクリート恐竜の方がお気に入りだったようだ!

| | | コメント (0)

シモバシラ

_6023

_6026

_6033

_6028セツブンソウを見ることができなかったわたしたちは、シモバシラを見に行くことにした。
マゴ連れのため時間がかかり、11時を過ぎてしまったが、シモバシラは見事に形成されていた。
この形成の秘密は何度説明を聞いてもよくわからない。納得できない部分が多いのだ。しかし、何という神のイタズラか!創造の神はほんとうに茶目っ気たっぷり!

| | | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

茶臼山高原スキー場で初滑り

_1880

_1884今年のスキーの初滑りも茶臼山だった。
今回はマゴ連れなので自由が利かず、わたし一人で数本滑っただけだが、それでも気持ちよかった。
霧氷(樹氷)がなかなか見事!スキーは景色を見るだけでも楽しい。
K2のミウラクラシック(スキー板のブランド)のおかげで老人でも結構楽しんでスキーを滑ることができる。

_1898_2

_1896_2

_1887

_1903

_1904
[長靴小僧]大きな長靴を履いて完全防備したマゴ!
顔中からうれしさがあふれ出ている。愛犬“Hana”も雪が大好きだが、子どももかなりうれしそうだった!

| | | コメント (0)

2011年1月 8日 (土)

石雲寺のセツブンソウ

_1907旧鳳来町名号にある石雲寺のセツブンソウは、わたしが思うに日本一早咲きの節分草である。時には暮れのうちから咲き出すこともあるほどである。
だからわたしの花暦は毎年この名号のセツブンソウから始まるのだった。
今年も楽しみにして8日に石雲寺に訪れたら、なんとセツブンソウが咲く境内への通路が閉鎖されているではないか!
時期的には毎年間違いなく咲いている頃である。わたしにとって、この花を見ない限り1年は始まらないというのに、かなりのショックを受けた。残念ながら和尚さんに会えなかったので閉鎖の理由や開門の時期などは聞くことができなかったが、当然何らかの意図があってなされたことと思う。
弁天様の脇から多数のセツブンソウの咲く様子を確認できたが、とてもカメラを構える距離ではなかった。
石雲寺は「節分草の咲く寺」として村おこしにも一役買っている寺である。一刻も早く開門して欲しいものだ!

| | | コメント (2)

冬のワサビ田小屋へ

_1871

_1875今回はマゴ達も連れて行くので、こんなに大荷物になってしまった。
スキーやソリも入っているし、カメラに三脚も入っている。
布団に湯たんぽに電気毛布も防寒具も!

お昼は二俣のさいとうラーメン。ここで「餃子25個」と注文したら周りの人たちに振り向かれてしまった(写真には20個しか写っていない)。この店は皿の数で注文するのではなく、個数で注文するのだ!

| | | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

北海道展

_6019

_6018きょうから静岡伊勢丹デパートで北海道展が始まった。大好きなナチュラルチィーズを買いたくて駆けつけたのだが、なぜかチーズ屋さんは出店していなかった。
おかげで余分なものばかり買ってしまった。まずはROYCEのホワイト・生チョコレート。これはコーヒーを飲むときの相棒である。その他マルセイのバタークッキー。
催事場をウロウロしていて見つけたのが六花亭の“六花のつゆ”だ。かわいらしくおしゃれな缶に入っていたので何かと思って買ってしまった。これはちいさなボンボンだった。
赤紫色:ワイン、黄色:ブランディー、クリーム色:うめ酒、青色:ペパーミント、白:コアントロー、ピンク色:ハスカップ
ところで六花亭の包装紙やこの缶の花の絵はとてもすてき。これらの花は北海道で見ているのだがカタクリだけは見たことがない。本当に北海道でカタクリが咲くのか疑問だ!

_6022マルセイのバタークッキーはおいしいんだよな!昔はくどい菓子だと思っていたけど、年取るごとにおいしく感ずるようになった。
2つは喰えないけど、コーヒー飲みながらの1つは大変おいしい。

| | | コメント (0)

駒形/石ヶ谷の“そば寿司”

F1000069

F1000071「蕎麦寿司」の定義はあいまいで、なかなか定番がないのが実情である。蕎麦寿司を扱う蕎麦屋自体が珍しいが、扱い店でもそれぞれ独自の蕎麦寿司を研究している。
そんな中でわたしの最も好きな蕎麦寿司が石ヶ谷のそば寿司である。形も美しく可愛くユニークであるが、味は抜群。今まで食った蕎麦寿司の中で一番おいしい。
蕎麦寿司だけでは腹一杯にならないので、普段は石ヶ谷の看板である“淡雪”を食べるのだが、さすが今日は寒かった。
湯気がポカポカ立つカキ蕎麦を注文した。これは暖まってよかった!

| | | コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

人間ドック/オプション:頭部CT検査

Ct201112月始めに一日人間ドックに入ってきた。40才から毎年1回は人間ドックで検査を続けているが、近年はその度に病名が一つずつ増えているのを実感している。
オプションである「頭部CT検査」もたまに行っているのだが、今回もお願いしてみた。
その結果、暮れも押しせまった27日に「異常あり」で呼び出されてしまった。さらにはすぐに精密検査をするようにせかされ、今日やっと総合病院で精密検査を受けてきた。
その診断結果は「よくわからない」というものだが、何かが大きくなっているようである。癌ではないという。写真を見ながら説明を受けてもよくわからない。医者はポインターをさして「この部分が気に入らない」というが、わたしには何のことかわからない。結果として経過観察ということになり、半年後にCT検査をすることが結論となった。どうやら急にどうこうということではないらしい。
これはまさしく「検査を受けてよかった」と胸をなで下ろすべき事柄であろうが、知らなければ知らないでそのまま過ぎ去ってしまう程度のことかもしれないと思った。
年を取るとはこういうことなのだろう! でも、オレの頭蓋骨ってなんかゆがんでるよなぁ?

| | | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

杵臼餅

_6013

_6015杵と臼でついた餅など60年間も食べたことがなかった!微かに子どもの頃食べた想い出があるのみである。
そんな話をしたら「機械でついた餅は食べたことがない」という人が現れ、少しお裾分けを戴くことができた。
今時、臼と杵で手でついた餅などたいへん貴重な餅である。
なれば最も餅の特徴を味わえる磯辺巻き(海苔餅)がいいと考え、その餅を焼いて醤油を付けて海苔を巻いて喰ってみた。案の定、絶句!うまい!
もちのきめが細かく、ギッシリ詰まっていて歯ごたえがいい。しかも噛んでいると餅米の味が口中に広がる。「あぁ、こういう餅が日本にはあったんだぁ!」と思わせる見事な味わい。
久しぶりに日本の心に触れた気がする。本当なら七輪で餅と海苔を焼いて食ってみたかった。

| | | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

今日の富士山

_1869

_1867_2マゴたちを見送ったあと、畑にダイコンを抜きに行ったら(使う度に1〜2本抜いてくる)富士山がとてもきれいに出ていた。富士山の手前のビル群が前職である。
でも、わたしにとっては富士山よりも同じ場所から見える南アルプスの方が余程ウレシイ。赤石岳・聖岳・茶臼岳・上河内岳が白く光っている。何度も行った光景、何度も見た光景であるが市内からこの光景が見られるのがうれしい!

| | | コメント (0)

マゴと愛犬

_1866マゴの滞在も3日目となるとイロイロ弊害が出てくる。それが最も顕著に表れるのは愛犬の身の上である。
マゴたちは“Hana”をかわいがってくれる。そのことはとても有り難いのだが、少しかわいがりすぎて、見ていてハラハラしどうしである。老犬にはやや身に余るかわいがり様だからである。
今日の昼食後、マゴたちは帰って行った。恐らく最もホッとしたのは“Hana”だろう。
わたしもコタツに入るなり、グッスリ寝込んだようである。

| | | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

子守り?

_1822“Hana”は最近一層我が儘になり、嫌なことはイヤだとはっきり意思表示する。しかし、それがマゴの要求だと、決して何をされても嫌な顔一つしないから感心させられる。犬にも物事をわきまえる能力があると言うことである。
この正月は“Hana”は黒ラブのぬいぐるみをオンブさせられた。それがまぁ可愛いんだが、マゴ達は大喜びで“Hana”に襲いかかる。
すでに疲れ果てて腹ばいになったオンブ“Hana”にすら、マゴ達は強烈に働きかける。
マゴたちは「“Hana”ちゃんに赤ちゃんが生まれた」とおおはしゃぎなのだが!チョッと“Hana”がカワイソウ!

| | | コメント (0)

初詣は山越え

_1831

_1833

_1830ほんとうなら初日の出を拝みに行く予定だった谷津山を山越えして護国神社に初詣に出かけた。
その途中、マゴたちは山道の「冬いちご」がおいしい時期だと言うことを知っている。冬いちごを一杯摘んでお土産にすると行って持ち帰った。
確かにわたしが食べても、冬いちごは味が濃くて甘くてとてもおいしかった。

_1837

_1845護国神社は例年になく混雑していた。
まごたちはおみくじを買ったり、お賽銭を投げたり、お参りをしたりしていた。
“Hana”は境内には入れられないので、柵に縛り付けておいたのだが「キャン、キャン」と怒って吠え続けていた。
お参りが終わったら再び谷津山に登って家路についた。あぁ、腹へった!

| | | コメント (0)

初日の出

_1809

_1814予定では例年通り、6時に家を出て谷津山に登り初日の出を向かえるはずだった。
しかし、マゴの防寒服の件で手違いが生じ、初日の出を断念し寝込んでしまった。で、8時前にマゴを連れて“Hana”のお散歩に出かけたら、ちょうど今年の初日を拝むことができた。
わたしが太陽に向かってナムナムをしていたらマゴ達も真似をした(“Hana”はそっぽをむいていたが)。
今年もいいことがありますように!よく見ると“Hana”には2本のリードが繋がれ2人のマゴがそれぞれ1本ずつ握りしめている。

| | | コメント (0)

謹賀新年

2011

20113

20114de98f新しい年がきました!昨日と何も替わらない日常だけど、なんとなく新鮮な新しい日になったような気がします。
このワクワクをいつも感ずる日々にしたいと願っております。
考えてみれば3年ぶりの年賀状です。したがってかなり億劫な作業でしたが、作り出すと面白くて、例年のように何種類もの年賀状ができてしまいました。
昨年1年間に感動した写真を元に、わたし用には3種類です。
本年もこの感動を求めてすでにスタンバイ中です。雪をかき分け花を見つけ出す準備はととのいました。

2011_2

201134e146aこの2枚はカアサンが7月に友人同士でスイスアルプスを10日間トレッキングしてきたときのもので、カアサン専用の賀状である。
野生のエーデルワイスの群生も沢山見てきたようだ!
全くいい気なものだが、こんなスイスアルプスの花の写真を見せられてしまうと、行きたくなる気持ちもわからないではない。
でも、こんないい思をしてきたんだから、ここ数年は我慢して欲しいと願わずにはいられない。

| | | コメント (2)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »