« 子どもの記憶 | トップページ | ホテイラン »

2010年6月 4日 (金)

仙人小屋の仙人料理

_1744_3

_1734

_1738

_1740八ヶ岳の帰りは「仙人小屋」で食事をするのが楽しみである。
この店には来る度にサプライズがある。
お薦めメニューから「焼タケノコ」と「行者にんにくと鹿肉の切り和え定食」を注文した。最初のサプライズは大きなタケノコ!「オイオイこんなでかいタケノコ食えるのかよ?」と思ったのだが,これがうまい!まさに妙味!こんなタケノコ初めて食った!
「行者にんにくと鹿肉の切り和え」の鹿の生肉(?)が第2のサプライズ。生の行者ニンニクを刻んで醤油で味付けしたものを鹿肉にまぶして戴く。このうまさは尋常ではない。
この2つは涙が出るほどうまい!
新しいキノコを使ったキノコ汁も大変おいしかった。

Hana_1750“Hana”はわたし達の食事中はクルマの中で残留。
おみやげに生の鹿肉を2切れ持ってきてあげた。勿論水道で洗ってある。
写真は「マテ!」をしているところである。よだれがタラタラと流れている。
「ヨシ!」のコマンドと同時に一口で喰ってしまったが、満足げだった。

| |

« 子どもの記憶 | トップページ | ホテイラン »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どもの記憶 | トップページ | ホテイラン »