« 初滑り | トップページ | 宇久須の“八起”の小鰺寿司 »

2010年1月 6日 (水)

煙突掃除機

_1822_2

_0331

_0333鳳来町の隠れ家を愛用しているわけだが、その最も大きな魅力は薪焚きの五右衛門風呂があることである。
が、もうかなり古いもので釜自体も痛みが激しいが、なんと言っても煙突掃除が出来ていないのである。
もちろんわたしの家も子どもの頃は竈があり風呂焚きはわたしの当番だったから、知識は持っているつもりだが、なんせ道具がない!煙突掃除は竹を細く切ったものの先にタワシ様のものを縛り付け、上から突くのだが、そんなものは今はどこにも売っていない。
フと地元のホームセンター/カーマを訪ねたらなんと売っているではないか!それは竹ではないが鋼線を3本継ぎ足せるものが代用品として「煙突掃除用具」と書かれていた。タワシ様なものは細い弾力のあるピアノ線で出来ており、タワシよりも遙かに効率的だった。両者を蝶ネジでつなげるように出来ている。
さっそく試してみたらススがおもしろいように捕れる。これで風呂炊きの苦労も多少は改善されよう!

|

« 初滑り | トップページ | 宇久須の“八起”の小鰺寿司 »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初滑り | トップページ | 宇久須の“八起”の小鰺寿司 »