« チェロの裏板インテリア | トップページ | シモバシラの霜柱/氷の花 »

2010年1月 4日 (月)

節分草/2010.1.4

_1806新城市の石雲寺の「セツブンソウが咲き出した」という情報を得たのは元旦だった。いままで最も早く節分草を見たのは'08.1.6だったから、知りうる限り最も早い開花である。
かなりの数が開花していたが、このところの寒波で凍えているようだった。
花に近づけたのはこの1輪だけだったのが残念!
この近辺、何カ所かでセツブンソウが咲くが、この花のように紫のシベが薄いのが特徴である。
兎にも角にも春は間違いなくそこまでやってきている。

| |

« チェロの裏板インテリア | トップページ | シモバシラの霜柱/氷の花 »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェロの裏板インテリア | トップページ | シモバシラの霜柱/氷の花 »