« オペラ《ポポイ》 間宮芳生 | トップページ | 愛犬とマゴの“張り合い” »

2009年6月29日 (月)

デジカメ用/コンパクトフラッシュ

_0925カメラはEOSの5Dと40Dを、あるときは目的に応じて、あるときは2台を抱えて持ち歩いている。
5DにはSanDisk/UltraIIの8GBのCFを入れているが、40Dには4GBしか入れていなかった。とうとう先日、40Gではいっぱいになってしまった事態が起こり、安売りのTransend/8GBのCFを買ってきた。この両者は1万円くらいの値段の差があるが前者の数ヶ月後に買ったTransentは、転送速度も速い表示がしてあった。よく生鮮野菜に例えられるが、その進歩は本当にすごいものだと思った。
さて、実際使っての感想。驚いたことがある。CFからPCに移すのに表示の転送速度とは裏腹に、安い方のCFはもうイライラするほどの遅さである。「安いとはこういうことだったのか!」と感心せざるを得ない。

|

« オペラ《ポポイ》 間宮芳生 | トップページ | 愛犬とマゴの“張り合い” »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オペラ《ポポイ》 間宮芳生 | トップページ | 愛犬とマゴの“張り合い” »