« ハイエース/雪の車中泊/犬連れ | トップページ | 寝覚の床 »

2008年12月14日 (日)

最高の蕎麦 “とうじそば”と“ざるそば”

1014

1016

1017冬にしか食えない蕎麦があるという。今回やっとその蕎麦に巡り会えた。それがこの“とうじそば”だ!
投じ蕎麦とか湯じ蕎麦が語源らしい。
鉄鍋の汁(あぶらげ、鶏肉、ネギ、白菜、シメジ等)に、小さなかごに蕎麦を入れシャブシャブのように暖めていただく、蕎麦のことである。
この蕎麦に奈良井宿の「こころ音」という店で巡り会うことが出来た。
本当にうまい蕎麦だった。そのうえ体中がポカポカ暖まる。まさに雪国のごちそうである。
さっそく翌日からこの小さな“とうじかご”探しが始まったが、現時点でまだ見つかっていない。

_4805

_4818

_4807この奈良井からクルマで30分も走ると木曽福島のそば処“くるまや本店”がある。いつも混んでいて外で長い行列を作っていたくるまや本店も、紅葉のシーズンが終わると静かなたたずまいを見せてくれる。
ここの“もりそば”をわたしは好きだ!ソバつゆは甘めだが、喉越しがいいというか、口当たりがいいというか!漬け物の赤カブもおいしかった。
店の中ののれんに「日本一」と書いてあるのがわかると思う。まさに日本一だと思う。
今回の旅行、最高の蕎麦を2店も食うことが出来た。

| |

« ハイエース/雪の車中泊/犬連れ | トップページ | 寝覚の床 »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイエース/雪の車中泊/犬連れ | トップページ | 寝覚の床 »