« チェロ発表会 | トップページ | こあじ鮨の“八起” »

2008年10月28日 (火)

蕎麦粒山の紅葉/犬連れ

_4148

_4140

_4143

_4124紅葉とイワシャジンを探しに、南アルプス赤石林道から蕎麦粒山に登ってきた。
1枚目は蕎麦粒山を下から見上げたもので、2・3枚目は山頂(1627m)。4枚目は途中からの大札山の写真だ。まだ1週間から10日ほど早すぎた。
例年なら今頃、燃えるような紅葉が見えるはずなのだが、これも地球温暖化の影響なのかもしれない。
もし、そうだとしたら、う〜ん、地球温暖化、恐るべし!
山頂から富士山が見えるはずだったのだが、残念ながら雲に隠れていた。

_4161

_4178

_4222今年もやっとイワシャジンをじっくり見ることができた。やや峠を越していたが、この上品なちょっと紫がかったブルーが、わたしは大好きだ。
ダイモンジソウもかなり遅すぎたが見ることができた。
真っ白な[大]の字にピンクのシベがかわいい!

_4237帰り道、「フォーレなかかわね 茶茗舘」に寄り道したら、こんな蕎麦饅頭を見つけた。なんと「蕎麦粒山」という蕎麦饅頭だ!
蕎麦粒山が蕎麦の実の形から名付けられたところから、饅頭の上に蕎麦の実が乗っている。
口に入れると、そば粉と自然薯と小豆のかおりがぷ〜んと広がる。

【写真はないが特記事項】
・実は南アルプス赤石林道に沿った蕎麦粒山の山腹の大岩から水が染み出している箇所があるのだが、その水をわたしは「日本一の湧き水」と呼んでいる。今日も20リットル汲んできて、先ほどコーヒーをたてたところだ。
・わたし達が下山しかけた頃、下から黄色いラブラドール・ファミリーがやってきた。山で犬連れに会うのは珍しい。チェリーという5才の女の子だった。

| |

« チェロ発表会 | トップページ | こあじ鮨の“八起” »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

山登り/ハイキング」カテゴリの記事

コメント

昨年の日記を参考にさせて頂き18日に行ってきました。紅葉はまだまだでしたが、イワシャジン、リュウノウギク、ジュウモンジソウ、フジアザミ,キキョウがいっぱい咲き丁度見頃を向かえていました。大感激しました。有難うございます。

投稿: ふきのとう | 2008年10月29日 (水) 07:17

紅葉が遅れていますねぇ!

花は18日頃が一番よかったんでしょうね!
ボクたちは遅すぎました。
リンドウが一番元気に咲いていたかな!

投稿: yopi | 2008年10月29日 (水) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェロ発表会 | トップページ | こあじ鮨の“八起” »