« 二俣のスィーツ | トップページ | 翁・達磨グループ/“三っ割り菊”の田舎蕎麦 »

2008年9月 1日 (月)

夏はカツオの土佐造り(鰹のタタキ)

_3599

_3604わたしの母は土佐の生まれである。そんな訳で子どもの頃は夏休みによく土佐に行ったものだった。
母は何でも料理が出来る。わたしがうなぎを捕まえてくれば蒲焼きを造ってくれた。わたしが雀を捕ってくれば焼き鳥を造ってくれた。魚を釣ってくれば捌いてくれた。
客が来れば飼っていた鶏を料理してくれた。そしてカツヲが手に入れば炭俵を燃して鰹のタタキ(土佐造り)を造ってくれた。
そんな中でウチのカアサンが唯一引き継いでくれたのがこのカツヲのタタキである。
もちろん炭俵などないからガスの火で炙り、レモンの汁をかけた上に、ニンニクとショウガをすり下ろしたものとシソとミョウガと細ネギを乗せたものである。
夏の食い物としては最高!

|

« 二俣のスィーツ | トップページ | 翁・達磨グループ/“三っ割り菊”の田舎蕎麦 »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二俣のスィーツ | トップページ | 翁・達磨グループ/“三っ割り菊”の田舎蕎麦 »