« 巌邑堂の「花邑」 | トップページ | 白鳥(The SWAN)II »

2008年1月12日 (土)

犬連れ旅行

ハクチョウを見たくてこの3連休を使って計画を立てた。目的地は絶対にハクチョウが見れることを確認した新潟県の瓢湖である。
ところが新潟県は「犬連れ宿(犬と泊まれる宿)」が最も少ない県の1つである。そこで、仕方ないから車中泊の計画で進めていた。2重の寝袋と湯たんぽと毛布で寒さをしのぐ予定であった。
ところが大変な寒波が来ているということでこの計画は敢えなく消え去り、ネットで必死に捜した結果、瓢湖のすぐ近くに五頭温泉の大石屋旅館が宿泊を引き受けてくれた。

_2823これは瓢湖から五頭山を望んだものである。この中のどれかが五頭山で、わたしたちはその麓の旅館に泊まった。いわゆる“ひなびた温泉宿”で、ゆっくりくつろげる宿だった。“Wan”ちゃんも大歓迎で、畳の部屋ではあるが、食事も寝るのも一緒に生活できたのが嬉しい。
瓢湖では9時、11時、15時に餌まきをするので、朝5時に自宅を出て、14時から15時半までハクチョウを観察。そして宿に入り翌朝8時から再び観察することができた。

瓢湖を後にして長岡でどうしても食べたいお菓子があるので、寄り道する。炊き乃家の、新潟産特選黄金餅米を使用した「炊き餅」である。これは長岡を通るたびに買いたくなる和菓子である。
その後は上越の笹団子・ちまきの専門店“御母屋”で「笹だんご」を買い、同じく上越の回転寿司「富ずし」で昼飯を食った後、もしなじみのペンション「チロル」が取れればもう1泊しようと電話してみたら、苦もなく取れてしまった。

_2836

_2838

_2846

_2850チロルはわたしが最も安らぐ宿で、年に何度も世話になっている。
きょうは7頭ものワンコが泊まっていた。もうみんなで大騒ぎだった。
なぜか今回は老犬(11才〜12才)が多かったが、みなとても元気だった。“Hana ”もこれからも頑張って貰わなくては!

_2852

_2855

_2862朝起きたら昨夜まで降り続いた雪が見事だった。
若い頃の“Hana ”なら雪原を走りまわったものだが、いまはおとなしく楽しんでいる。
そのうち同宿のお友達の黒ラブもお散歩に出てきたので、やっと元気になったようだ!

ペンション・チロルは菅平の裏ダボスの前の峰の原にある。せっかくここまで来てスキーをやらないのもバカバカしいので、宿のスキーを借りて“Hana ”は宿に預けて、一滑りしてきた。
スキーは大変久しぶりだが驚いたことがあった。リフト券の1日券にシニア割引というのがあり、一般4000円に対し、シニア2500円で買うことができた。

1833

1830写真はなつかしい根子岳と四阿山である。
何度も登った山だが、特に根子岳はスキー登山で何度も登ったし、花の百名山でもあるし、野生のブルーベリーの宝庫でもある。

|

« 巌邑堂の「花邑」 | トップページ | 白鳥(The SWAN)II »

先代:登山犬 “Hana” 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
裏ダボスにワンちゃんOKのペンションがあるんですね。7頭もワンちゃんがいたら結構にぎやかで楽しそうですね。
菅平といえば大学生の頃学校の授業で「スキー」という科目があり(当時私は教育学部所属。教育学部の場合は授業って言う名目で本当に何でもありだった…)4泊5日でスキーを教えてもらうという合宿をしました。もう本当にずいぶん前になるのに写真で見るとあまり当時と変わってないような気がしました。懐かしいです。コースがいっぱいあるのでまた行ってみたいなあなんて思いますが、数年前足を悪くしてしまいスキーはできたら避けてくれと医者が…。足に負担がかからなければいいのですけどね。

投稿: タピアン | 2008年1月15日 (火) 15:59

菅平の山頂(根子岳)からのスキーは楽しかった思い出です。
ヘリも飛んでるけど、ワンコは乗せてくれないので歩いて登るしかないですが!
あそこまで2時間です。

久しぶりのゲレンデでスキーしたけど、今のスキー板は足や膝に負担がかからなくて楽でした。
ボクの痛めた膝も何ともなかったですよ!

投稿: Yopi | 2008年1月16日 (水) 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巌邑堂の「花邑」 | トップページ | 白鳥(The SWAN)II »