« 蜂の子釜飯 | トップページ | 荷室の床張りとベットの完成 »

2007年12月 2日 (日)

ワサビ田小屋

_0544わたし達が別荘代わりによく利用するワサビ田の管理小屋は、極寒の地にある。たぶん常時人が住んでいないからだろうが、冬は家全体が冷え切っている。
“Hana ”もストーブの前を離れない。ストーブの前で、美味しいモノを食べれたときに長い大きな舌をベロリとやるのだが、部屋が暗いのでカメラぶれしてしまい写真が撮れない。

_0545

_0557次の写真は朝のお散歩時である。周りは霜で真っ白だった。“Hana ”はその中を喜んで走り回っていたが、ついにシャッターチャンスは無かった。なぜなら①朝とはいえ谷間の村はまだ日が差さず薄暗い。②“Hana ”は年のせいか走りが重く絵にならない。③長時間走らなくなった。等の要因で、いい写真が撮れない。

_0579_2対岸の山も写真のように黄葉している。残念ながら赤く紅葉している葉がないのがいまいちだが、なかなかのモノである。

| |

« 蜂の子釜飯 | トップページ | 荷室の床張りとベットの完成 »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蜂の子釜飯 | トップページ | 荷室の床張りとベットの完成 »