« “いづう”の鯖寿司 | トップページ | 蕎麦とラーメンと »

2006年11月 3日 (金)

山岳サイクリング/初心者編

わたしのブログの訪問者で、第4位に多いのが[山岳サイクリング]で検索してくる方達である。
これはかってわたしが「山岳自転車研究会 Mt.F」の代表をやっていて、日本全国にわたると言っていいほど多くの山に自転車で登った経験から、カテゴリーとしても置いてあるから、つい人目に付いてしまうのであろう。現在首を痛めたわたしは自転車を降りているが、ルートだけは発信して行き続けたいと思っている。
さて、大川入山は名古屋のNCFの人たちのお気に入りの山岳サイクリングのフィールドだとのレポートを戴いている。きょうはその向いの「蛇峠山」を紹介する。
わたしは山に自転車を持ち込む場合、ほとんど事前に自転車無しで下見してから登るが、今はそんな時間もないほど直ぐにMTBで楽しみたいと思っている方々が多いと思うからである。
R153脇に駐車場があるから、そこでクルマをデポして舗装路を上る。馬の背にゲートがあるがMTBなら通れるからそのまま乗って登るといい。山頂まで1時間半見ればいいだろう。
下りはその舗装路を下ってもいいのだが、それではもったいないので遊歩道を下ろう。緩やかな山道はMTBの楽しみを倍加していくれるだろう。時々交わる先の舗装路との取り付きでやや坂は急になるが、不安だったら降りて下ればいい。決して無理をしないことである。お天気のよい日は大川入山の姿を見ながらサイクリングを楽しめる。下ったら駐車場のそばに温泉があるから汗を流すといい。

|

« “いづう”の鯖寿司 | トップページ | 蕎麦とラーメンと »

山岳サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “いづう”の鯖寿司 | トップページ | 蕎麦とラーメンと »