« きょうの紅葉 | トップページ | 赤いペアーウオッチ »

2006年10月22日 (日)

角取山/犬連れ山行

山の名前は時々変わるので、大変困る。実はこの「角取山」も、昔の呼び名である。かっては籠坂峠から三国山の間に、同じ名前を持つ3つの「角取山」が存在していた。その間際らしさから一つは「立山」(太刀山とも書く)、もう一つは「畑尾山」にしたようである。ただし、現立山にも畑尾山にも山頂を示す標識がないのだが、地元の者でないために(静岡県の境だが)、確認できないでいる。(今日始めて立山の標識を確認した)
さて、今日わたしたち犬2頭と人4人が登ったのは、10年前までは「角取山」の標識があったが、今は何もないで三角点のみがあるピークである。もう少しわかりやすく言うと[富士山に最も近い三角点のある山]なのである。
本日の目的は、❶ポインターの“あんず”の本格的な山初挑戦 ❷紅葉 ❸あけび ❹さるなし ❺山葡萄 である。

M_9215「角取山」は“Hana”は今回で13回目である。この山は富士山の展望には最高にもかかわらず、ほとんどハイカーの入らない山なので、犬連れにはもっともふさわしい山である。“Hana”はまるで自分の庭のように全てを知っている。


M_9211この走り回っている子はポインターの“あんず”である。かっては一緒に山に登ったダルメシアンの登山犬“ナナ”の後継犬だ。
この子は多分2才くらいである。そして多分、今回が初めての山登り(スポーツ登山)のはずだ!しかし、ポインターの血が騒ぐのか、若さ故の行動か、凄まじい勢いで走り回っている。わたしたちには体全身で喜びを表現しているように見えた。

|

« きょうの紅葉 | トップページ | 赤いペアーウオッチ »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの紅葉 | トップページ | 赤いペアーウオッチ »