« 赤いペアーウオッチ | トップページ | 球管式アンプ »

2006年10月25日 (水)

“いづう”の鯖寿司

今日から松坂屋静岡店の催事場で[錦繍の大京都展]と題される催しが始まった。わたしにとっては1年間待ちに待った催しなのである。何を待ったのかというと他でもない、“いづう”の鯖寿司なのである。
この催し、ここ数年毎年この時季に開催される。昨年もあったのだが、なんとこの“いづう”の鯖寿司が出品されなかったのである。だから2年越しの鯖寿司なのである。今日は水曜日なので当然松坂屋に行くわけにはいかないので、買ってくるようお願いしてあったのだ。
焼鯖寿司は何処のを食ってもさほど味は変わらない。いつかコンビニの焼鯖寿司を喰ってなかなかうまいと思ったほどだ!しかし、生の鯖寿司だけはやはり“いづう”の鯖寿司が最高である。かなり各地の鯖寿司を喰っているが、今のところこれに勝る鯖寿司はない。
“いづう”の鯖寿司は厚い昆布に巻かれている。食べるときにはこの昆布を取るように書き添えられているが、実はこの昆布が大変おいしい。わたしは一応昆布を脱がせて寿司を食べるが、結局その昆布もみな喰ってしまう。
鯖寿司の他には、馴染みの菓子として俵屋吉富の「雲龍」という小豆菓子と、京・丹波ぶどう黒豆が買ってあった。
もう大満足!

|

« 赤いペアーウオッチ | トップページ | 球管式アンプ »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤いペアーウオッチ | トップページ | 球管式アンプ »