« 球管式アンプ | トップページ | 安部奥/大谷嶺の紅葉 »

2006年10月30日 (月)

登山犬“Hana”の減量作戦経過報告

“Hana”は月に一回フィラリアの薬をもらうために動物病院を訪れる。診察室にはいると“Hana”は自分から診察台に前足をかける。特に教えたわけではないが、なぜか自主的に上がろうとしてくれるので大変助かる。わたしがダッコして診察台にあげるのは到底不可能だからである。自分から立ち上がって前足を診察台にかけてくれるので先生も看護婦さんも誉めてくれるから、“Hana”も調子に乗っているのかもしれない。
さて、診察台に登ると自動的にその時の体重が記録される。以下が、これまでのデータである。
従来の体重 32〜33kg
6月の検診時  33.5kg
7月の検診時  35kg
8月の検診時  33kg
9月の検診時  32kg
10月の検診時  31.5kg
7月の検診時に35kgに達してしまったことは述べた。その後2ヶ月で3kgのダイエットに成功したことも述べた。
そして10月の検診。ついに32kgを割った。わたしは診察台の上の“Hana”に向かって「よくがんばったね!」と誉めてあげた。先生も誉めてくれた。この小さな体で3.5kgの減量は大変なことである。
目標は30キロ台に落ち着くことである。この1ヶ月で何とか500g減量して、30キロ台にしたいと思っている。
「もう少しがんばろうね!」

|

« 球管式アンプ | トップページ | 安部奥/大谷嶺の紅葉 »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 球管式アンプ | トップページ | 安部奥/大谷嶺の紅葉 »