« わが家の食卓-春真っ盛り- | トップページ | マゴ台風がやってきた »

2006年5月 2日 (火)

ちょい悪オヤジ!

わたしは若い頃から髭が濃かった。だから毎日のひげそりがとてもたいへんだった。朝、髭を剃る場合は蒸しタオルを数枚使って顔を良く蒸し、髭が柔らかくなるのを待ってカミソリを当てるのである。蒸している時間は新聞読みなどマッタクできないし、剃りながら飯を食うことも出来ない。全く無駄な時間を毎朝費やしていた。夜の仕事がある日などは朝に引き続き、夕方も同じように髭を剃らねばならなかった。
唯一、夏休みや冬休みの長期休暇の場合のみ、このひげ剃りから解放され、ゆったりした時間を持てるのだった。しかし、この休み中も3週間もすると髭の中からかゆみが発生し、そのうち髭を伸ばすことも楽ではないことを悟るようになる。そんなときフッと気付いたのが[昔、息子の頭を丸刈りにした電気バリカン]を用いて髭を刈る方法だった。わたしはこの手法によって「万年無精髭」の美学を確立したのが、いまから15年ほど前である。
すなわち、髭は生やしっぱなしで、ほぼ1週間ごとにバリカンをかけるだけで、ダンディーさと身だしなみを整える術を身に付けたのである。これはわたしにとって大改革であり、大発見だったのだった。
さすが校長先生になるときには無精髭を落とそうかと迷ったが、結局押し通してしまった。またその後、この無精髭が結構流行りだしてきたようにも思える。
昨日、ヒゲトリマーのカタログを見ていたら、タイトルに書いた「ちょい悪オヤジ」のキャッチコピーが目に飛び込んできた。「そうか〜、オレみたいなヤツを“ちょい悪オヤジ”というんだぁ」と感心し、一人でニヤニヤしている。

|

« わが家の食卓-春真っ盛り- | トップページ | マゴ台風がやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょい悪オヤジ!:

« わが家の食卓-春真っ盛り- | トップページ | マゴ台風がやってきた »