« 焼き竹の子 | トップページ | 天使となった“ナナ” »

2006年5月14日 (日)

“ナナ”が逝ってしまった!

M_1いつも3頭は一緒だった。城北公園でも毎晩遊んでいた。山登りも一緒だった。9年来の幼なじみの「登山犬」だった。なのにダルメシアンの“ナナ”は先に逝ってしまった。
きょうの14:30。

  “ナナ”のジャンプは美しかった。ただでさえ犬の走る姿は美しい。でも、“ナナ”のジャンプは特別だった。だれもがうっとりするようなジャンプだった。
2538w


_4128_“ナナ”はカモシカのようだった。元気で、早くて、勇気のある子だった。

M_60543頭の中では一番年上のリーダーだった。うつくしいリーダーだった。
3頭の中では一番手触りのよい子だった。でも、“ナナ”は触られることを好まなかった。機嫌の良いときにしか触らせてくれなかった。

Wanshiriみんな大のなかよしだった。

|

« 焼き竹の子 | トップページ | 天使となった“ナナ” »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼き竹の子 | トップページ | 天使となった“ナナ” »