« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月27日 (月)

高通山貸切山行

hanag_7456河津桜を見たあとはすぐ側の高通山に登る。今年2回目、通算6回目である。下に波勝の部落が見える。
この山はたとえ土日でも滅多に登山者と会うことはない。それだけマイナーな評価を受けているのだろうが、わたしに言わせれば[超1級]である。たしかにソフトコースではあるが、自然林の美しさや展望の素晴らしさは間違いなく1級である。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

河津桜

_7411土曜日の代休が取れたので、風邪ぎみだったが河津桜を見に行ってきた。といっても混雑する河津に行くようなことはしない。

それは波勝崎にある秘境の群生地があって、わたしは毎年そこに見に行く。月曜日と言うこともあって誰一人いない、完全貸切の秘密の園だ。

いままさに8分咲のもっとも美しい桜を見れた。来週ではもう遅い!こういうチャンスというのは滅多に来ない。

向こうに見える山は波勝山だ。ルートはないが登ることは出来る。ただし、おサルのウンチがいっぱいあるから気をつけて!

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

いかキムチ

いかキムチとは「いかのキムチ漬け」のことである。
キムチ自体も大好きだが、これがなかなかうまいモノを見つけるのが難しい。そのうえ早く食べないと味が変わってしまうのでやっかいである。
さて、このキムチ漬けというかコチジャン漬けは白菜以外にもなかなかおいしいモノがある。うにを漬けた「ウニジャン」あさりを漬けた「あさりキムチ」などだ。それらのなかでもいかを漬けた「いかキムチ」は最高である。
これは簡単に手に入るものではないが、青森県八戸市の丸万水産に注文すれば送って貰える。0178-43-1015

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

野菜餃子

芦川村の帰りに嫌でも通るのが富士宮である。富士宮を通るときにはどうしても寄らねばならない店がある。それは持ち帰り餃子(本職は麺屋)を売っている「叶屋」(http://www.kanouya.jp/gaiyo/)である。
餃子というとほとんどは肉餃子であるが、わたしは野菜餃子が好きだ。これはなかなかおいしい店が見つからない。
叶屋の餃子は中を割ってみるとキャベツしか見えない。でも、とてもおいしい。
わたしが知っている限り、野菜餃子でおいしい店は静岡市の「福竜」と浜松市二俣の「さいとうラーメン」である。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

刺身コンニャク

山梨県の三珠町にいったら、どうしても寄らねばならないところがある。それは芦川村の“コンニャク”を買わねばならないことだ。
商品名を「みやがわの生いもコンニャク」と言って、刺身で喰うコンニャクを指す。
刺身コンニャクとしては日本一うまいと思っている。日本で二番目にうまいのは愛知県の作手村で作っている刺身コンニャクである。
生で喰うからにはもちろん、保存料・着色料などはいっさい使用されていてはこまる。
ショウガ醤油で喰うのが最高にうまいとおもう。
山梨県東八代郡芦川村鶯宿418    055-298-2095

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

古宿の節分草

_7361鳳来町の節分草が咲き、一段落すると山梨県三珠町の節分草が咲き出す。

この花は何度見てもかわいい花だ。

咲く場所によって、ガクのかたちもシベの色も違うので面白い。

わたしはこの古宿の節分草が大好きだ!

| | | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年2月 4日 (土)

節分草(名号)

_7302先週咲き始めた名号の節分草がどのくらい咲いたのかが気になり、再び訪れた。寒さがぶり返したこともあって、まだ4分咲きくらいだった。(2/4)

10kmほど北の群生地は、チラホラとツボミが見られる程だった。でも、確実に春は近づいている。(2/5)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »