2018年2月18日 (日)

雪の中のネコヤナギ

P2181515_2

2月半ばを過ぎると本当に春が来るんですね!
茶臼山の雪原の中にネコヤナギの花(花穂)が咲いていました。
すでに街中ではとっくに咲いているのですが、山の中でしかも雪が積もった中で咲いているのは今年初めてです。
よくもまぁ、こんなに寒いのに咲いてくれたものだ!...
子どもの時、ネコヤナギをおもちゃにしたこの感触が忘れられない……

| | コメント (0)

雪山で遊ぶ

P2181147_2

今年3度目の茶臼山は最高のお天気でした。向こう側に見える白い山は全部登ったことのある山です。(夏山)
左から2つ目の山(赤石岳)は2度も自転車をかついで登りました。正面の△の山(聖岳)より左の赤石岳の方が高いです。
この山並みは静岡から見る逆なので不思議な気持ちです。
さて、アマティもこの景色にウキウキしたのか舞を舞っています。

P2181156_2

P2181155_2

P2180878_2

P2180988_2

さて、ここからが大変、もうこうなったら4回転アクセルとかハーフパイプの練習をしているとしか思えないアマティ君です。

P2181052_2

P2181053_2

P2181054_2

P2181157_2

すごいすごい!   パチパチパチパチ
3枚はお尻のアナ丸出しですが、隠そうとするとチンチン丸出しの[舞]でした!...

| | コメント (0)

池場のセツブンソウ

P2180575

P2180455_2

このセツブンソウはスゴイ!...
これだけ咲きそろうと見事ですね。
満開です!
名号でまっ先に咲きだしたセツブンソウは徐々に徐々に北上して今は池場近辺が満開です。
池場と言えば以前は神社の周りにセツブンソウの大きな群落があったのですが、今日見てきたら全滅? 1本も見つけることができませんでしたが、ちょっと離れたこの地は見事なものでした。
今後、わたしの知る限りでも東栄町まで北上して行くセツブンソウ。
かわいい花だな!

| | コメント (0)

名号の節分草

P2191606

P2191587_2

P2191596_2

S__10829837_2

日本一早咲きの名号の節分草。
今年はやや遅れて1/6はまだ開花せずツボミしか見られなかったが20日にはステキな花が見られた
26日は雪の中で寒そうに咲いていた
それも今日はまさに満開。みんなお日様を向いてかわいく咲いていました。
白い花の中のシベの色合いがステキですよね!...

| | コメント (0)

2018年2月17日 (土)

2日連続みんの餃子

P2170244_2

P2170249_2

初めての出来事でした。 でも、今日もおいしく頂くことができました。
こんなことはボクの生涯でも今まで無かったことですよ。
いくらおいしいといっても2日連続で同じものを買って来ていただくって!...
昨日はわざわざ片道30分かけてみんまで買いに来たけど、きょうは偶然そばを通りかかることになったので買ってしまったんです。でも、いつもと違うのは、いつもは買って30分かけて小屋に着きそのままいただくのですが、今回は大量に薪を買ってきたのでそれをおろすのに時間がかかり、餃子が冷めてしまったのでホットプレートで暖めてから頂きました。
これはこれでいいのですが問題は猫舌のアマティ君。
「ボクはいつになったら食べられるの〜?…」と不満顔。

| | コメント (0)

大好きな狛犬

P2170060_2

P2170059_2

P2170119_2

作手村の中にある古宮白鳥神社のこの狛犬が大好きなんです。刻印を読み取ると安永2年未年八月とあるからなんと今から243年前に奉納されたものなんだ。
当時の狛犬がなんでこんなにかわいく仕上がったのか?  当時耳の垂れた和犬がいたのか?

“Amati”が1才の時訪れたらほぼこの狛犬と同じ大きさでした
今ではアマティの方がずっと大きいです。アマティはこの境内でこの子と一緒に走り回りたくって一生懸命誘っているのですが乗ってきませんねぇ!...

| | コメント (0)

卓越なる運動神経

20180217_115200_2

20180217_115203_2

梅で有名な川売のずっと上の棚山高原の手前にコーヒー用の水を汲みに行くのだが、アマティの呆れた行動を見てしまった。
もともとアマティはとても慎重で、わたしからすると慎重すぎるほどで、危険な場所には決して近寄らない性格。(わたしに似ていると言えば似ている)
まぁ、今までにずいぶん怖い思いをいっぱいしてきたので(させられてきたので)、それを学習しているのでしょう。
ところがどうでしょう、今日のアマティはいつもと違ってる! こんなところに登ったかと思うと崖をスルスルッと降りていってしまった。わたしは大声で「まて〜、いけない!」を繰り返したら何のことは無い、平気な顔をしてわたしの元に戻ってきました。「もー、ビックリさせるなよ〜!」

ちなみに、アマティはこれまでずいぶん多くの冒険をやってきたが(やらされてきたが)、いままでにわたしの力を借りたことは1度もない。全て自分の力で乗り切ってきた。(もっともわたしの力を貸そうにもすでにそんな体力はわたしには無い)
今後も頼むぞ、“Amati”

| | コメント (0)

長寿:コセリバオーレン

P2170016

P2170027_2

おそらく全国でも珍しいほど早咲きの野草が、奥三河に咲くコセリバオーレンといっていいでしょう。
しかもこの花、ずいぶん長寿なのです。この冬、最も早く見たのが1/6、そして22、更に27日は雪が積もり雪の中で咲いていました
小さな小さな、目が悪くなったわたしにはとても見つけにくい花ですがかわいいヤツです。

P2170019_2

P2170048_2

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

いがりまさし写真展

Img_20180220_0001_2

Photo

写真家“いがりまさし”の作品は時々目にすることがありその都度心動かされるものがあった。
2018年の“いがりまさし”のカレンダー[草木暦]も実にすばらしく、ファンになってしまった。
そんなときFBで写真展が豊橋であることを知り駆けつけた。
5月6月の北海道(こちらでは初夏だが北海道では春)の空気が爽やかに伝わってくる作品に感動して帰って来た。   また1つ夢が増えてしまったが、う〜ん、これは手強いぞ……

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

割れそーだよー!...

P2140445_2

P2140442_2

P2140449_2

P2140495_2

アマティは今シーズン、2度も氷の上に乗っているときに割れて池に落ちています。
さすがのアマティも今日は慎重になっていますねぇ!

| | コメント (2)

今日の富士山

20180214_151332_4

精進湖が「全面凍結している」と思って近くに行ってみたら、氷が溶けたところに見事な逆さ富士が映っていました。

| | コメント (0)

ミスミソウもセツブンソウも空振り

Gp2140175

Gp2140170_2

P2140211_2

P2140125_4

山梨県にミスミソウを見にきました。
例年より雪は少なめだったので、充分咲いていると思ったんですがねぇ!
散々探し回ったあげくツボミを1つ見つけただけでした。
ちょっと土を掘ってみたら霜柱のような氷が出てきました。暖かくなったとはいえ、雪は溶けたとはいえ、山はまだまだ冬でした。
アマティが走り回っているこのフィールドがミスミソウの群落なのですが……

P2140199_2

P2140287

微かに残っていた雪にしゃがみ込んで、抱え込んで喜んでいます。

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

庭のマンサクが咲きだした

P2130006

フと庭に出ると、マンサクの花が満開でした。
山では3月後半にならないと見れませんが、さすがに庭では早いですね。

まずさくから「マンサク」とか花がたくさん咲くので豊年「満作」から命名されたとも言われている、春色第1号の花です。

| | コメント (0)

2018年2月12日 (月)

とうじそば(蕎麦しゃぶ)

Dsc04743_2

今日は寒いですねぇ! 珍しく風花が舞ってますよ〜!
こんな日は蕎麦のしゃぶしゃぶ、とうじそばがばっちしです。
煮えている野菜タップリの汁に小さな投じ籠に蕎麦を入れてしゃぶしゃぶと暖め、汁の具と共に頂きます。
お腹いっぱいになる頃には身体がポカポカになり、元気いっぱいになります。

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

もう一度確認してきたピンクの三角草

P2110481_2

P2110484_2

昨日見に来た半開きのピンクのミスミソウが気になって、今日は15時頃再度見に来た。
左の写真が、その個体だ。 やはりこれは花弁ではなく萼片だったのようだ。
そして、やはりこの子たちはお寝坊さんで、午後にならないと目を覚まさぬしょんない子たちだった。
右上の写真は同じく昨日[この株のシベはピンクですね]と紹介した子たちで、やはりしっかり開いていました。午後にならないと開かないなんてなんという子たちでしょう!...

P2110496_2

P2110451_2

白い子たちも全開でした!

| | コメント (0)

今日も雪遊び!...

P2110148

P2110169_2

昨日見に来た時にはまだ開ききっていなかったピンクのミスミソウが気になりまたやってきてしまった。しかし、昨日の轍を踏まぬよう遅めに見に行こうと考えてまずは白鳥山に登ることになった。
ところがこの山、けっこう険しくて登り2時間近くかかって山頂に着いたら雪がかなり残っていた。富士山がきれいだった!

P2110231_2

P2110291_2

P2110308_2

P2110392_2

2日続きの雪にアマティは大喜び。喜んで走り回っている(靴が脱げてしまった)のだが、写真に富士山を入れたかったようで、どの写真も縦位置だった!

| | コメント (0)

2018年2月10日 (土)

今日も雪遊び

Dsc05110

Dsc05118_2

Dsc05098_2

身延山の裏側・七面山の麓は日陰には雪が残っています。
蹄の獣の足跡が雪の上に残っていましたが、アマティはその上を切れたように走り回っています。   こんな遊びをしているときでも彼は目が真剣!

Dsc05179_2

Dsc05195_2

Dsc05096_2

Dsc05058_2

最後の写真は「枠からはみ出す子」

| | コメント (0)

山梨県では福寿草が!

Dsc04823_2

Dsc04819_2

福寿草はおめでたい花なのでお正月の花として定着していますが、野生は雪が溶けたこれからです。太陽の色をしたフクジュソウがお日様の光を全身に受けて輝くように咲く姿はまさに圧巻!
以前はこの場所は節分草も咲き乱れ、セツブンソウとフクジュソウが1枚の写真に収まる貴重なポイントだったのですが、セツブンソウが年々減少し、ほんのチョボチョボしか咲いていません。

Dsc04814_2

P2100084_2

| | コメント (0)

静岡県のミスミソウ

P2100005_2

P2100006

P2100009_2

P2100032_3

静岡県にも三角草が咲くことを知ったときは驚いたものです。わたしの知る限り県内でこの花が自生しているのは富士山近くのこの地しかありません。ただし、ここのミスミソウ、なぜかねぼすけで午前中に会いに行っても写真のようにまだ半分は寝ぼけています。なんでだろう?… でも、やっと春がきたことを実感する雪割草が咲きだしたのです。

P2100016_2

P2100043_2

P2100063_4

この株のシベはピンクですねぇ! かわいい〜!

P2100051_2

この花びらはピンクですよ! 残念ながらまだ半分寝ています。1時間ほど待ったけど開かなかったなぁ!... 明日は開くかなぁ?… 下にも別のピンクがあります。

P2100074_2

真っ白が一番多いけど、白もいいよね!

| | コメント (2)

2018年2月 9日 (金)

山形の白露ふうき豆

Dsc04748_2

P2070003_2

山田屋の白露富貴豆の味を一旦知ってしまうと、全く添加物のないエンドウ豆の和菓子の虜になってしまう。とりわけ豆の香りがすばらしい!
今回は山形に行く直前にもふうき豆を頂くなど大変なじみ深いお菓子だが、お店に行くのも4回目である。
右の写真は石衣という餡菓子だが、これは以前お店で何処かのおじさんから「これ、おいしいよ!」と言われてからやはり病み付きになったもの。

| | コメント (0)

ジャガイモ植えた!

20180209_144551

掘りたてのジャガイモがいかにおいしいかは、自分で育てたヒトで無ければわからないと思う。

わたしの感覚では掘りたて1時間以内で蒸して熟成バターをつけて食べるのが1番おいしい。
その1番おいしく食べるためには今植えないとイケナイのだ!
ところが今年は1月に体調を崩したこともあって耕すことができず植えることができないでいた。
しかし、もう限界とあって今日は一気に畑を耕し堆肥を入れ、種芋を植え付けてしまった。
今年はデストロイヤー20、男爵20を植えた。
さあ、5月の収穫が楽しみだな!

| | コメント (0)

お気に入りの防寒グッズ:ハンチングとネックウォーマー

Dsc04792_2

Dsc04796_2

Dsc04806_2

相変わらず寒い日が続きますがこの冬のお気に入りがあります。

このmont. bellカラーのハンチングは耳までカバーできる機能付き(写真はたたんである)なのです。
とても温かいので夜のお散歩からスキーまで愛用しています。

わたしは頸椎を痛めているからか、この冬は首が大変ツライのですが、スキーカバンの中に入っていたネックウォーマーを見つけたので被ってみると、とても楽になることを発見しました。
それでネックウォーマーのコレクションが始まったのですが、L.L.Beanのお店でお気に入りを見つけました。

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

北陸がとんでもないことになっている!...

Wst1802070071p1_2

大寒波が日本を襲い、特に北陸がとんでもないことになっている。(写真:大雪に見舞われ、渋滞する北陸自動車道の丸岡IC付近

カニを食いに行きたいと思いながらも、東北に方向を変えたのはラッキーだった。
しかし、記録的大雪だと言うことだったので、わたしのハイエースも万全を期していた。(ハイエースなどの小型トラックは雪の山道は大の苦手なのだ)

我がハイエースは四駆・ノンスリップデフ付・寒冷地仕様でもちろんスタッドレスだが、雪に閉じ込められる心配から-15度対応の寝袋を常備、マフラーが雪に埋まらないようにスコップとスパイク付き長靴、さらにはカンジキを装備、荷台の重石として水を60㍑ポリタンで加重、タイヤチェンも携帯、ウォッシャー液が凍らないように原液入れる、フロントガラス凍結解氷スプレー、牽引ロープ、バッテリーケーブル、卓上コンロと非常食等々、考えられる全てを装備して出かけた。
幸いなことに蔵王までの往復、全く順調に行ってこられたが冬の旅行は怖いことを思い知らさる連日のニュースだ!...

| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

スキー場の犬連れ宿

Dsc04715_2

Dsc04725_2

スキーに行くのに1番問題なのは犬連れ宿を探すことです。
最近、犬連れ宿は増えているのですが、スキー場の犬同伴宿はとても難しい。
犬と共に寝られたり食事可の宿はあっても、スキーをしている間は犬をどうするかが問題です。
犬はケージ棟に入れておく、ケージに入れ部屋に置く、ペットホテルに預ける、フロントにつなげておく等々あるけど「部屋に置いておいて自由にさせる」というところは余りありません。
この様子を掴めないのが悩みの種でした。
蔵王温泉の「ロッジ スコーレ」はかなり緩やかな感じだったので、ケージは持っていったもののベットやソファーには持参のシーツを掛け、昼間はアマティは自由気ままに過ごしていました。

| | コメント (0)

2018年2月 5日 (月)

念願の蔵王

Dsc04008

Dsc04058_2

Dsc03979_2

何十年間も蔵王の樹氷の中を滑りたいと思っていて、今日やっとその夢が実現しました。
樹氷原の中でツェルトを張ってコーヒーを湧かしたいと準備をしていったものの、残念ながらまだ未完成の樹氷と曇り空でその夢は見送りとなってしまったものの、「冥土の土産」と言ってもいい長年の夢がやっとやっと果たせました。

Dsc04067_2

Dsc04081_2

小規模なスノーモンスターは見たことあるけど、こんな見事なのは初めてです。

Gdsc03915_2

Dsc03805_4

この2枚は霧氷の林です。これもとても美しい!(日が出ればもっと美しい!...)

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

アマティにとっては夢の世界?…

Dsc03631_2

Dsc03550_2

蔵王温泉は宿のすぐ側がゲレンデなので、お散歩もゲレンデの片隅です。
でも、圧雪してないのでヒトは橇(スノーシュー)が必要ですが、アマティは胴体がカンジキ代わりです。
だから普通に歩いたり走ったりしても動けないので狐のようにピョンピョン跳ねなければなりません。
それが楽しくてしょうがないようです。

Dsc03531_2

Dsc03396_2

Dsc04489_2

Dsc04229_2

Dsc04518_2

Dsc04422_2

Dsc03518_2

Dsc04691_2

Dsc04666_2

Dsc04605_2

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

銀座:空也もなか

P2020025

思いがけず空也の最中を頂いた。
予約無しでは買うことができないと評判の和菓子なのだ。
はじめて口にする餡は添加物がいっさい入っていない昔ながらの純粋な味がする。
やはり、最終的にはこの味が好まれるんだよな!
小さいこともあって、立て続けに3つも喰ってしまった!

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

OIOI静岡店

正式名はなんというのか知らないが、静岡にマルイというデパートといっていいのだろうか、よくわからないデパートっぽいビルがある。いや、あったと言った方がいいのかも知れない。実は23年前、1度足を踏み込んだことがあるが何とも居心地がわるかったのでその後は一度も行ったことがない。
ところが、そのマルイにわたしの好きなブランドである[L.L.Bean]が入っていることを知り、どうしても行ってみたくなった。
で、出かけたのだが確かここにあったと思っていた場所にOIOIがない。すでにOIOIはなくなり[MODI]という店になっていた。が、MODIの店を通り抜け通りを隔てるとOIOIが見つかった。
OIOIに入ってまっ先に目に飛び込んできたのはチョコレートのリンツ。あれま〜、こんな所にリンツがあったんだぁ!
それはともかく、フロントでL.L.Beanのお店を聞くと、先のモディの2階だと言うから驚く。

20180202_111747_hdr_3

20180202_112637_3

L.L.Beanは冬物のセール中で、ついついアチコチ手を出してしまった。
再度OIOI店に移ってリンツのチョコレートも買ってきた。 

| | コメント (0)

A.Vigneron(チェロ弓)

Dsc07802_2

2本のヴィネロン(ヴィニョロン)は上が AndreVIGNERON(1881-1924)で、下がJeseph Aether VIGNERON(1851-1905) です。この2人は親子の関係にあります。
どちらも大変いい弓なのですが(特にお父さんの弓はすばらしいのですが)、サインである刻印がすり切れて消えかかっているので今のうちに記録に残したいと思います。

Pb020003_2

P1260261_2

上は1973年に購入した息子Andre の作で刻印は[ANDRE VIGNERON A PARIS]となんとか読み取ることができます。(購入当時ははっきりしていました)

A_pb020016_2

Avigneronp1260257_2

こちらは1963年に購入した父親Jeseph Arthurの作品で残念ながら刻印はほとんど消えていますが、微かに残っています。購入当時は[A.Vigneron]と読めましたが、今は[A Vigne ]までがやっとです。

| | コメント (0)

2018年1月29日 (月)

ローアングルがいいねぇ!

Dsc02984

腰痛持ちのわたしにはかなりつらいのだが、ローアングルで撮るとなかなか迫力ある写真になる。

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

雪まみれ百面相

Dsc01709_2

Dsc02295_2

やはり犬は雪が好きなんですね! 新雪で深雪だから何をやっても楽しいようです。

Dsc02613_2

Dsc02670_2

Dsc02676_4

Dsc02289_2

Dsc01713_2

Dsc01711_2

Dsc01736_2

Dsc02220_2

Dsc02349_2

Dsc01739_2

Dsc02634_2

Dsc01584_2

| | コメント (0)

最高の雪遊び 群れ編

Dsc02049

Dsc01893

Dsc02562_2

Dsc02020_2

ラブ4頭の群れで高山の雪山に雪遊びに行ってきました。
山登りはかなり深雪ですが、4頭のデカラブがラッセルしてくれるので大変助かります。わたしのカメラで4頭全員が収まったのはこの4枚のみでした。

Dsc02804_2

Dsc01640

Dsc02070_2

Dsc02110_2

4頭の群れが雪の中で放たれたとき、実に興味深い行動が観察され、一人っ子のアマティにはとてもいい体験となりました。
1人裸でいるのがうちのアマティです。そして1人興奮してるのもアマティです。

顔中雪だらけになるのはアマティだけではなく、みんな喜んで雪まみれになっていました。

Dsc02761

Dsc02010_2

| | コメント (0)

2018年1月27日 (土)

宇連川で遊ぶ

Dsc01484_2

Dsc01481

Dsc01433_2

Dsc01260_2

歴史的な寒波が来ているというのに、アマティにはそんなことはお構いなし!...
この岩場は四つ足でも大変なところだが、下に渓流が流れていることを知っているアマティはおもちゃを持って行かざるを得ないようだ!...
(わたしたちにとっては)幸いなことに広い岩の板敷で遠浅の河川なので泳ぎ出しはしなかったが、枝をくわえて川の中を走り回るのがゴク楽しいらしい!

| | コメント (0)

走っている姿が美しい

Dsc01031_2

Dsc01004_2

誰もいない広場はアマティにとっては最高の遊び場です。
走っているときの顔の表情はすごい迫力がありステキなんですが、お尻もいいですねぇ!...
このお尻の筋肉、穴(ケツ)の穴がの表情が今のボクちゃんの喜びをそのまま表現しているようで、わたしはこの子の後ろ姿が大好きです。

Dsc01054_2

Dsc01159_2

走っているときの顔も真剣そのものです。
犬っていいなぁ、なんでも真剣に遊ぶことができるんだよなぁ!...

五感の神経を全て駆使して全力で走る!

| | コメント (0)

雪の中の小芹葉黄連

P1270319_2

P1270348_2

P1270354_2

雪の中のコセリバオウレンは節分草に比べてイタイタしい可憐さがあります。

| | コメント (0)

2018年1月26日 (金)

雪の節分草

P1260268

P1260283_2

雪の中から咲きだす節分草の姿は格別のおもむきがあるので、毎年その機会をうかがっています。
新年になって3回目の訪問でやっとそのチャンスに出会いました。
左の子は1/6に今年まっ先にツボミを持ち上げた子でした。その後この子は1/20に見事に開花しました。そして今日(26日)、萼が虫に食われていますねぇ!
(この雪は23日に積もった雪です)

P1260277_2

P1260287_2

P1260292_2

| | コメント (0)

2018年1月25日 (木)

うわさのいちご[きらぴ香]

P1240006_2

ご当地いちご「きらぴ香」をやっと食べることができた。なんでも「章姫」と「紅ほっぺ」のいいとこ取りをした静岡産の新種であって、2年ほど前から噂を聞いてはいたのだが、やっと一般に出回って食べることができた。
章姫や紅ほっぺと食べ比べた訳ではないので比較は難しいが、酸味はやや控えめで上品さ・高級さを備えたおいしいイチゴだと思う。

| | コメント (0)

昭和45年(1970)以来の大寒波

今回の寒波は昭和45年の大寒波以来だといって各地の慌てぶりが放映されている。
45年3月までわたしはまだ東京の椎名町の下宿にいたが、当時は毎冬寒かったので特に45年の思い出はない。(といっても50年ほど前の話なので気象などにかまっているヒマは無かったかも知れない)

19756_2

201812520180125_094056_4

写真左は昭和50年(1975)頃のわが家の庭。(車庫の車はわたしが30才の時に買った車なので年代が推定できる)
この頃は雪景色が特に珍しかった訳ではないが、このように雪をかぶった庭の写真が残っていた。池も全面凍結し雪が乗っている。弟や母が写っている懐かしい写真だ!
右の写真は平成の大寒波襲来中の本日の写真。静岡はたまに風花が舞うことはあるものの雪が積もったことは全く無い。回りの田んぼやハス池が凍ったのを見たことはあるが、この池が凍ったことは数年来無い。(“Hana” が池の氷で遊んで割れて落ちた記憶はある)

201812520180125_094112_5

2010115_0426_4

玄関前にある手水鉢。左は今朝の様子だ。手水鉢の四角い升は凍っていないがその回りや下側は今年初めて凍った。こんなことでも近年珍しい。(少しだが水がチョロチョロ動いているので凍りにくいのは確かだ)
右は2010.1.15の朝の写真。四角い升の中までしっかり凍って、この氷を割るのはなかなか難しかった。こんな氷り方はここ数年間見たことがない。
今回、1970年以来の大寒波だと言っているが、静岡市葵区南部は例によっていかに暖かくなってしまったのか、温暖化現象が如実に示されている気がする。

| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

伊勢丹静岡店の[大九州展]で朝から大行列

20180124_100640_2

今日から伊勢丹で九州展が始まる。 ここでどうしても買わねばならないものがあるので開店時間に合わせて出かけてきた。
10時5分前に駐車を済ませ開店と同時に混み合う表口を避け裏口からエレベーターに向かったらすでに長蛇の列。
エレベーター待ちもアホらしいので階段で8階まで登ったら(ハアハアしながら)この始末。すでにこの味噌を買う為の交通整理が必要なほどの列ができていた。
これは鹿児島産の麦味噌で、なぜか静岡の人には大変評判がいいらしい。

ウチは自家製味噌だが、この麦味噌を合わせることによって味が一層よくなるので、必需品となっている。

| | コメント (0)

2018年1月22日 (月)

小芹葉黄連

P1220169_2

コセリバオーレンは1cmにも満たない小さな花ですが、セツブンソウと春を競って咲くわたしたちには待望の花です。今年は6日の段階でコセリバオーレンの方が辛勝でしたが、今はどちらも咲きそろっています。

P1220111_2

P1220127_2

P1220185_2

| | コメント (0)

アマティ走る

Dsc00759_2

Dsc00834_2

P1210087_2

P1210054_2

毎朝のお散歩でほんの数分ここで走らせるんですが、うれしそうにわたし目がけて突進してきます。
以前はコングを投げて走らせていましたが、あれはかなりハードなので今は行いません。
それでも楽しいと見えていろいろな表情を見せてくれます。
でも、目つきはいつも真剣ですねぇ!

Dsc00715_2

Dsc00761

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

茶臼山で雪遊びの計画だったが……

Dsc00045_2

20180121_132743_2

いいお天気が続き降雪も見込めなかったけれど、アマティの運動不足を解消させるため、わたしたちの初滑り(足慣らし)を兼ねてのんびりと行ってきた。
山葵田を出発したのは11時頃。12時半頃からアマティをクルマに残して滑り出し、リフトに数本乗っただけでもう今日は充分。
アマティの待つクルマに戻り、こんどは一緒にハイキング。でも、2週間前にはあんなにあった雪が全く無いぞ?…

Dsc00287_2

Dsc00289_2

向こう側に見える雪渓が、先ほどまでわたしたちがスキーをやっていた茶臼山スキー場です。2週間前はこのアマティが走っているところも雪がいっぱいあったのですが、今は吹きだまりに少し残っている程度でした。

Dsc00649_2

Dsc00392

Dsc00507

それでも2週間ぶりの雪にアマティは大喜びで走り回っていました。

| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

セツブンソウ

P1220230

節分草が咲きそろいましたねぇ! 見事な群落です。(保護中)

P1220193_2

P1220233_2

P1220238_2

P1220227_2

P1220207_2

なんてオシャレな花なんでしょう!...
白、黄、紫、桃に緑の葉の微妙なバランス。
創造の神は時々こんなオシャレな花を作るんですよね!
白いのは萼らしいです。花弁は退化して黄色い玉になっている。紫の雄しべにピンクの雌しべ。
こういうカワイイ花は人気が出てすぐに絶滅危惧種になってしまいます。

| | コメント (0)

«伊豆鹿肉