2017年6月24日 (土)

アマティ、11種混合ワクチン接種

11_2

アマティの混合ワクチンを接種してもらいに行ってきました。
「北海道に行くなら8種で大丈夫ですよ」とは言われたが、「来年の5月は九州に行きたい」と言ったら即座に「では11種にしましょう」と言うことになった。
また、「北海道から帰ったらエキノコックスの除去剤(ダニと併用)を投与しましょう」とのことだった。
考えてみればわたしも25年前、16年前、12年前の旅行で感染していたらすでに発病していた事になる。
その後2年前、1年前に感染していたらまだ潜伏しているかも知れないが、まぁ、発病する頃にはわたしの寿命は終わるであろう……

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

マルモリートのピザとみんの餃子

Dsc07017_5

Dsc07009_4

Dsc07013

Dsc06987

Dsc07030_5

お昼はマルモリートのピザ、夕食はみんの餃子を食べることができました。
しかし、こんな至福の時をあと何回持つことができるのでしょうか?…
ご主人の丸森 糸氏のお話だと9/15で店を閉めると言うことです。なんでも本業の林業の仕事が忙しくなったからだとか……まさに[幻のピザ]となってしまうのです。
このワンちゃんはマルモリートの看板犬のバロちゃん。

みんの持ち帰り餃子も鳳来の大きな魅力の一つです。
きょうはアマティにとってもたまりませぬ!

| | コメント (0)

乳岩峡で泳ぐ

Dsc06299

Dsc06277_2

Dsc06578_2

Dsc06628_2

先日はあんなドシャブリの雨だったのに、乳岩峡の沢は若干水量が増しているもののいつもの美しさを保っておりました。 ここに行くときはわたしたちも長靴で、ジャブジャブ水の中を歩いて行きます。

Dsc06649_4

Dsc06655_2

Dsc06658_2

この3枚はなんでしょうねぇ、バシャバシャ自分で水をかきあげて喜んでいるようにも見えますが……

| | コメント (0)

ウチョウラン

Dsc06677_2

例年なら野生のウチョウランは咲きだしている時季だが今年は10日以上遅れる植物が多い!
北海道旅行を控えている今、どうしてもこの子にだけは会っておきたい!
そんな思いから日帰りで鳳来峡に向かった。
案の定、まだ小さなツボミしか付いておらず、昨年みた大株は葉は出ている物の花芽も付いてなかった。やはりベストシーズンまでには2週間はかかりそうだ!
ガッカリ気落ちして帰りがけフと上を見たら[エッ]  何やらピンク様のものが見える。
この場所は毎年見に行っているが、これは今まで見たことのなかった株である。
そのことにも驚いたが、随分のあわてん坊がいることにも驚き! いや、感謝感謝!
今年も君に会うことができた!

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

BACH 無伴奏チェロ組曲(横山真一郎版)

Img_8456_jpg315

_0186_2_4

バッハの無伴奏チェロ組曲の楽譜は80種類にもおよぶという。その中でもわたしが所持している楽譜は上の10冊と右側にある、カザルスのLPレコードで組曲全集の付録の楽譜。(上のBarenreiter版にはアンナ・マグダレーナ・バッハの他ケルナー、ウエストファル等6種の写譜楽譜が含まれる)
べーレンライター版と付録の楽譜にはスラーとフィガリングの指番号が省かれていて大変おもしろいのだが、実際に楽譜を見てチェロを弾くのは困難。
(ここまではすでに本ブログで述べています)

そんな時にわたしのお弟子さんJさんがVandersall 版を探し出してくれました。全てのアーティキュレーションと指番号をを排除された自分のオリジナル楽譜を作れるクリーンな楽譜で、輸入方法を検討してもらったのだが日本と取引のある会社がなく膨大な費用がかかることがわかったのです。
そしてとうとう見つけて下さったのが横山真一郎版です。6曲全曲をFinaleを用いてクリーンな楽譜に仕上げているのです。

20170611_170343_2

上の楽譜は横山版の1番のアルマンドの楽譜です。全曲がこういう感じで書かれています。この楽譜を見ているだけでいろいろなアーティキュレーションが頭に浮かんできてとても楽しいです。フルニエ、カザルス-Fokey、カザルス-Tobel版と共にこの横山版は重要な1冊となります。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

楽居のサプライズ

Dsc06240

Dsc06242_2

Dsc06243_2

楽居に寄るのは久しぶりだったんだけど、ちょうど時間の都合がよかったので行ってきました。
やはりうまい! 見事です。
大好きなイサキの白子はたまんないですねぇ!
鰯は軽く炙ってあります。脂ののりがすごくておいしい!
それからハモと蓴菜の汁。

Dsc06245_2

Dsc06248_2

お刺身の皿は鰯と鮪は入っていません。こういう気の使い方はウレシイです。
刺身皿のまん中はクエのコブ〆にからすみの粉をかけてあり、見事な味にしあげてあります。
それからホタテとエビの豪勢なかき揚げ。これがスゴイ!

Dsc06249_2

そして〆はリクエストしておいた中落ち丼です。(確か本マグロの頭骨の中落ちと聞いた気がします) これを最もおいしく頂くために、きょうは他の料理を少なくお願いしてあります。一箸づつ感動して頂きました。
今日の伊東のものすごい豪雨やお稽古の疲れが吹き飛びました。そして、静岡まで眠くなることもなく帰って来れました。

| | コメント (0)

豪雨の中でランチプレート

20170621_123705

台風なみの豪雨で鉄道や高速道路も止まっていたようですが、わたしは伊豆半島では1番ヒドイお昼過ぎ、伊東市の大室山周辺のル・フィヤージュというパン屋さんに行きました。元々大室山裾だっただけに坂道の道路は濁流となり下水のつなぎ目からは噴水のような吹き出しに「これはマイッタナ」と思いながらもパン屋さんに辿り着いたら、お店に入るまでに服も靴もずぶ濡れ状態。
おかでさまで普段は見ることができないような(売り切れで)おいしそうなパンが一杯並んでいました。
ランチプレートB、誰もいない店内で真っ黒な外の雨景色を見ながらゆっくり頂きました。おいしかった!

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

包丁研ぎ

Dsc06001

包丁を研ぐのはいつもわたしの仕事だった。
しかし、1年前に愛用のナイフを無くしてしまい、それ以来刃物を研ぐ気が失せてしまったのだった。

それでも、たまに研がざるを得なくなって仕方なく研ぐのだが、その切れ味は満足のいくものではなかった。わたし自身、刃物研ぎに気が乗らなくなるどころかどんなに一生懸命やろうとも昔の研ぎ味が出ないのだ!
それで、とうとうプロの刃物研屋に出し研いでもらうと、なるほどこれは見事!...
う〜む! やる気がメラメラと起こってきたぞ!...

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

ハイエースで北海道旅行の準備 その6 犬連れフェリー

Photo

Photo_3

今日のように暑い日になると、北海道旅行の計画を急がねばと思うようになる。 まず最初に考えることはどの航路でどのフェリーに乗るかを決めないと先に進めない。
静岡から行く場合、以前は直江津とか晴海からの航路があったが、現在は①青森-函館、②大間-函館、③八戸-苫小牧、④大洗-苫小牧、⑤新潟-小樽、⑥新潟-苫小牧の6つだろうか?
このうち④⑤⑥は航行時間が十数時間あり、少なくともウチのワンちゃんの耐えられる限界を超している。
アパートのようにケージが積み重ねてあるペット室(エアコン付き)はほとんどのフェリーが備えているが、小型犬用ばかりで大型犬には対応していない。
最近はペット同室の特別室付きフェリーが新たに就航していて、大型犬可のスイートルームもあるようだが、1室しかなく予約はかなり以前からでないと難しいとも聞いている。それより、長旅が控えているわたしたちヒトは2等客室で充分で、そんなところに金を使いたくない。
となると、ペットは船艙の中のクルマに残留させるしか他に方法がないのだ。
それで①の3時間半、②の1時間半はワンちゃんのためには魅力的で、今まではこの航路を主に使ってきた。
しかし、わたしたちのように青森や函館はもう回る必要が無い場合、このルートは1〜2日間余分に日数がかかってしまう欠点がある。
そこで、昨年から利用している③八戸-苫小牧ルートの夜立ちフェリー案が浮上する。
涼しくなった22時過ぎに出航して翌朝6時過ぎに到着するから、ヒトにもイヌにもやさしい普段どおりの生活の中で寝ているウチに着いてしまうという設定である。
これなら途中でご飯の心配も無いしウンチもシッコもガマン出来る範囲内である。(航行時間は7時間半だが乗船時間+下船時間で10時間みなければならない。その間クルマに戻ることはできない)

さて、往復のフェリーは決まった。あとは日程だ。
静岡から八戸まで高速を使って約850km。(実質10時間)  高速道を割引運賃で走るには土日割引を有効に使わねばならない。となると出発日は自動的に絞られてくる。
フェリーの往復割引は14日位内なので今回の旅行では使えない。予約をPCですると10%の割引があるが、帰りはPCを持っていないと割引予約が取れない。
さてさて、わたしの体調、お天気の予報等々考慮の上乗船予約を取らねばならないな!
北海道に入ってしまえばあとは気のおもむくまま東西南北に走ればいい!

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

ハイエースで北海道旅行の準備 その5 テント

_5199_2

北海道旅行も最初のウチは各地を回りたくて、同じ所に滞在することはほとんどなかったので車中泊が主体でした。
しかし、3日も4日も滞在するようになるといくらハイエースのベッドが広いと言ってもドーム型の4〜5人用の大きなテントにはかないません。 また、どちらにしても写真右側のスクリーンテントは大変便利なのでクルマの横にこのテントを建てて生活します。

Dsc02009_2

実は昨年の北海道旅行で、このドーム型テントの内側のシームテープが剥がれかかっていたのを思いだして、ネット販売でテープを取り寄せてあったのです。さて、きれいに補修しておこうと思ってテントを広げてみてガックリきました。ちょっと触ると、全てのテープが剥がれてしまうのです。もちろん取り寄せたシームテープではとても足りないし、アイロン併用の修復はとてつもなく大変でとてもわたしたちの手には負えないことを悟りました。
このテントは2001年に買ったモノですでに十数年経っています。すべてに経年劣化が起きているようです。仕方なく同じようなテントを取り寄せました。

20170616_075552_2

これならまだ10年は使えるだろうと思います。ペンションに3人で1泊する値段で買えるのでナイスです!

| | コメント (0)

一元のもやしラーメン

20170618_132931_2

鳥坂の一元は40年来のお気に入りのラーメン店です。一元のラーメンと言えば[サッポロ味噌ラーメン]なんですが、実は40年前からわたしは裏メニューの「もやしラーメン」を作って貰っていました。
その後、最近ですよね(10年位前から)、もやしラーメンと塩ラーメンがメニューに加わりました。

今日、久しぶりにお店に行き「もやしラーメン」を頼みました。今日は日曜日だし、寒いくらいの涼しさだし、女性客が多かったんだけど、ボクが食い終わるまでにもやしラーメンが8件、サッポロ味噌ラーメンが2件、ラーメン大盛りが1件、塩ラーメン1件。なんともやしラーメンが異常に多いのです。こんなことは大変珍しい現象です。
それから塩ラーメンの客は初めてです。ボクもまだ塩ラーメンを食ったことがありません。その女性客に「おいしい?」って聞きたかったけれどグッと堪えました。

| | コメント (0)

有度山(日本平)

Dsc06177_2

Dsc06192_2

有度山中腹にある市民広場ですが、今にも雨が降りそうな気配だったので遊んでいる人は誰もいず、いい気持ちでお散歩出来ました。 実は桑の実の採取という大きな目的があったんですが、それはジャムが出来上がったら報告します。

Dsc06021_2

Dsc06073_2

| | コメント (0)

雑紙[レトリーバー]

20176

Img_20170616_0003

雑誌をブログにアップすることは著作権の問題をクリアしていないので躊躇していたけど、まぁ雑誌の紹介になればと思って載せてみます。
今月号の特集は「特別な体験」とありますが、まぁ、わたしたちにとってはなにも特別なことでも何でもなく、それが日常というか生活というか…… 楽しい遊びそのものなんですが!...

Dsc05950_2

Dsc05952_2

じつは雑誌レトリーバーにはよくしてもらって、4度目の登場なんです。 上の左の写真は先代登山犬“Hana” で2008年52号と2010年60号で、右の写真が“Amati”で2012年68号と今回の2017年88号。   わたしもおもしろい体験をさせてもらってます。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

とんかつ「うんの」

Dsc06002

Dsc06003_2

借りている畑の近くに[うんの]というとんかつ屋があった。
最近、気に入ったとんかつ屋がなかったので、畑仕事でフラフラになりながらも寄ってみたら駐車場がないほどの繁盛ぶり。
ひだりは特上とんかつ膳、右はエビ・ヒレかつ膳。久々においしいトンカツが食えた。
しかもうまくて安いのがうれしい!

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

笹枯れ現象

20170609_070651_2

最近、山道をクルマで走ったり、山登りをした際、延々と続く笹枯れが目に付きます。
何十年か前にもこういうことがありました。先日はFBではどなたかが「笹に花が一斉に咲き出した」という情報を流していた。
いったいこの笹原は今後どうなるんだろうか?
けっこう全国的な現象なんだろうか?…

| | コメント (0)

スイカが育つ

20170614_140437_2

20170614_140412_2

畑に植えたスイカがね、スクスクと育ってますよ! 現在7つ。まだ花も咲いています。
これは小玉スイカなので、老夫婦が半分ずつ食べるのに適しています。
これが熟れて食べ頃になる頃、旅行から帰ってくる予定です。

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

津渡野のつど野  〜日本一のもりそば食べた〜

以前、大学院の学生達を連れて[つど野]に蕎麦を食べに行ったことがあった。お店が空いていたので親方を呼んで「蕎麦についてのうんちくを語ってくれ」とお願いした。
これだけのソバを打つんだからそれなりのコダワリを聞き出したかったのだが、「そんなものは何もありませんよ、どうぞ食べたいように召し上がって下さい」といわれて凹んだ記憶がある。 で、つど野のソバのわたしなりの喰い方のコダワリを考えてみた。

Dsc05954_2

Dsc05959_2

Dsc05956_2

ここのソバとツユの味と香りは逸品である。したがって薬味のネギもワサビもダイコンおろしもソバとツユの香りのジャマになるから一切使わない。
もりの2枚目は七味唐辛子をかけて頂くと蕎麦の味が一層引き立つ。ツユに浸ける場合と浸けない場合の2通り楽しめる。
さて、薬味は、蕎麦を食べ終わった後の蕎麦つゆのつまみとして、蕎麦つゆを少しかけていただくとこれがまた絶品!特にしっかりサラしたネギの味は最高。

| | コメント (0)

山アジサイを見てきました

この時季、山を歩いていると沢などの湿気た場所でひっそり山アジサイが咲いているのを目にします。しかし、アジサイは種類も形も豊富で文献を見てもよくわかりません。公園や庭に咲いている見事な花を付けるアジサイは本アジサイとでも言うんでしょうが、その原種はガクアジサイです。ガクは額ではなく萼です。たぶんそのガクアジサイの原種というか栄養不良なのが山紫陽花と言われているんではないかと思います。だからガクアジサイもヤマアジサイも花は芯にある珊瑚状のものであり、咲いているように見えるのは萼です。
そんな山アジサイを集めている玉川地区桂山のお寺に見に行ってきました。梅雨に入っているとはいえ全く雨が降らないので心なしか弱々しく見えますが、精一杯咲き誇っていました。
異常気象はこの子たちにとってもかわいそうですね!

Dsc05962

Dsc05973_2

Dsc05976_2

Dsc05978_2

Dsc05979_2

Dsc05994_2

Dsc05989_2

Dsc05991_2

| | コメント (0)

北海道車中泊旅行の思い出

1992

Img_20170124_2_2

1992年というから25年前(わたしは40代)だった。まだコンビニもキャンプ場も少ない時代で、ペンションもごく少なかった。 わたしはバリバリの山岳サイクリストで、MTBで礼文岳や雌阿寒岳などに登った。 まだイヌを飼う前だったので、テントをかついでトムラウシとか利尻岳などに登ったものだ。
すでにカーナビや携帯電話はあったのでフルに活用した旅行・山行だった。
クルマはシートがフルフラットになるので、登山用のテントに荷物を移して寝場所を確保した。写真は延々と続く道路で眠くなったようで、路肩にクルマを駐車させて1泊したとこだと思う。
礼文島、利尻島にもフェリーで渡り、クルマを宿代わりに使った。
行きは青森-函館フェリー、帰りは釧路-晴海フェリー(今はこの航路はない)を利用。

20012004_0001_2

_20150705_0002

三菱チャレンジャーでの旅行は2001年と2004年の2回、先代犬“Hana” を連れて各地の山を登りながら旅行した。まだまだ犬連れOKのキャンプ場やペンションが少ない時代だ。
クルマの中はフルフラットになる。荷物はルーフキャリアに乗ったが、日数が長いために5人用のテントを使ってゆっくり寝れるようにした方法が今後定着した。写真は大沼の同じキャンプ場で装備も同じだが両者には3年の間隔がある。
この頃にはコンビニが各地にできてきたので、はじめてクーラーボックスを持ち歩き氷の調達をしながらおいしい食事が頂けるようになった。
フェリーは行きはイヌの負担を考えて大間-函館、帰りは夜の室蘭-直江津(この当時は船倉に入れたのでイヌの排便・食事ができたが、その後法改正によりクルマに戻ることができなくなる)

0715_154806_20152016_2

これがお馴染みのハイエース2代目で2015年、2016年のスタイル。クルマは大きくなり荷物はさらに増え5人用テントの他スクリーンテントも装備され、滞在型のキャンプ旅行へと変わって行く。
荷物はベット下とルーフボックスに収め、ベットは疲れたときはいつでも親子3人が足を伸ばして休める状態になっている。
もし、今年実現すれば3年連続で、アマティは3回目となる。
フェリーは八戸-苫小牧ルート(所要時間夜間7時間)は犬連れには飲まず食わず(水は置いておくが)・ノー排便の限界)の大変便利な航路。

いままでに5回の旅行で回りたいところは全て行ったし、登りたい山(体力・技術的に登れる山)もほぼ行き尽くした。もし、今年行けるとしたら今までの総決算で、完全に滞在型のキャンプとなるだろうな!
ところでいままでの5回(そしてこれから行きたい6回目)、に共通して訪れた場所が富良野のキャンプ場(3回利用した 無料のキャンプ場は今は閉鎖)である。
また、4回利用した(今回で5回目)白滝のキャンプ場も大のお気に入り!

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

鯵のサラダ

Dsc05948_2

新鮮な鯵が手に入ったので、こんなサラダを食べることができました。
これはおいしかった!
ムシャムシャ食べてしまいました。

先日は鯵寿司、きょうは鯵サラダ!
いま、鯵がおいしい!

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

礼文小敦盛草(?…)

Dsc05919_2

今年3度目の訪問となるコアツモリソウです。わたしはピンクの花が好きなので、アツモリソウやホテイアツモリソウを追いかけるなら話はわかりますが、なぜかこのコアツモリソウに大変心を惹かれるのです。
アツモリソウのように赤く大きく派手な花を[これ見よがしに]咲くのではなく、小さくうつむいて自分の葉で顔を隠しながら咲くその姿に感動を覚えるんだと思います。
ところがですね、これを見てください!

20170612_162200_2

20170612_162707_2

普通のコアツモリソウの群落の中にポツポツとコアツモリソウのアルビノ種(白花)が点在するのです。 おぉ、何と言うことでしょう!
北海道:礼文島に今ごろ咲くレブンアツモリソウを思い起こさせるではありませんか?… 
突然変異にしてはかなり点在していることからアルビノと言うより、わたしは[レブンコアツモリソウ]と命名しました。

Dsc05925_2

Dsc05943_2

なお、今回の花見山行は河口湖ー忍野町あたり一体の主(ぬし)のご案内に寄ります。ただ、難解すぎて2度と行けないかも知れない!...

| | コメント (0)

10年ぶり再会のキバナアツモリソウ

Dsc05805_2

Dsc05804_2

キバナアツモリソウは大好きな花でした。
毎年櫛形山に登って見に行ってました。
が、櫛形山の大群落はいつしか絶えてしまったのです。最後に登ったのが2007年6月27日。この日を限りに櫛形山に見切りを付け、それいらいキバナアツモリソウには会えていません。それが今日、咲きだしたばかりのキバナアツモリソウに会えて大興奮です。今にも開きそうなツボミもいくつか確認出来ました。

| | コメント (0)

赤、白、ピンクのカモメラン

Dsc05759_2

ピンクの花好きのわたしはカモメランも大好きです。2週間前には黒岳ではまだかたいツボミだったカモメランは、いま満開状態です。

Dsc05763_2

Dsc05781_2

Dsc05840_2

左上はピンクのカモメランですが、右上は赤い舌のカモメランです。
これだけ赤いのはたいへん珍しいです。

そして、左は白いカモメラン。
これは超レアもので、他では見たことがありません。
もちろん突然変異のアルビノ(白花)だと思います。

Dsc05755_4

Dsc05830_2

今日のメインはこの1枚です。なんとピンク花とシロバナが1枚の写真に収まりました。
夢のツーショットです。 感動のツーショットです。

| | コメント (0)

三ッ峠のアマティ

Dsc05793_2

Dsc05847_2

山梨県の三ッ峠に登って来ました。
「月曜日なのでハーカーも少ないだろう」と予測していたのですが、やはり人気の山は若い人が多いですね。
しかし、一歩メインルートを外れるとそこにはだれもいないのでリードは離して歩けます。
原生林と岩場の絶妙なハイキングですが、残念ながら富士山は顔を出してくれませんでした。(この山にも先代の登山犬“Hana” が眠っています)

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

ハイエースで北海道旅行の準備 その4  ベッドの整備

0627_103031_2

わたしたち3人の旅行スタイルには車中泊用のベットは必需品です。
このベットは10年前にハイエースII型を購入したときに作って貰ったものです。
II型は7年乗った後にIV型の新ハイエースに乗り換える際、そっくりそのまま移設してもらいました。
しかし、古くなったからか移設が原因か左のボックス台の天板がズレてしまうようになり、安眠に影響を及ぼすようになりました。いろいろ工夫してみたのですが根本的な解決には至っていませんが、カマボコの板を挟むことによって取り敢えずはクリアしています。 これで1ヶ月位の旅行には耐えられるかな?…

| | コメント (2)

2017年6月10日 (土)

炎天下の百姓

20170610_105104_hdr_2

きょうは何度まで上がったんだろう?
スゴイ暑さでしたね!
この暑さの中わたしは百姓しました。
いつもなら百姓の後はご褒美に鰻を食いに行くのですが、きょうはもう食欲が無くなるほど疲れ、家に帰ってお昼寝でした。
久しぶりのお昼寝でしたがいいですね〜!
毎日こういう生活がしたいのですが……

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

[もちがつお]が喰えた!

Dsc05727_2

世の中にはわたしの知らなかったおいしいものがたくさんあって、今ごろになってそれを知ることも少なくない!「あぁ、なんでもっと早く知ることができなかったんだろう」とぼやくコトしきり!
実は舞阪港おきで獲れるモチガツヲもその一つ。 こんなにうまいカツヲは喰ったことが無いという代物。8年前に初めてその味を知ったのだが、この8年間で3度しか口にしたことが無い。ほんとうにモチモチしたお餅のような食感のカツヲで舌が目を回すような絶品。つい先日もTVで「今年は不漁」とのニュースが流れたばかり。
静岡市ではもちがつを食べられる限界なので、もちがつをの漁の情報はおろか店頭に並ぶと言うこともほぼ無いのだが、それが奇跡的に魚屋に並んだ。今日は昼からおいしい魚ずくめでカツヲなど買う予定もなかったのだがこれが並んだらすぐに買わないとこんどはいつになるかわからないという代物。
摺りニンニク醤油で喰ってみると、やはりほんもののモチガツヲである。すばらしくウマイ!  ただし、この魚屋の包丁は薄すぎる。カツヲを喰うにはこの3倍の厚さは欲しい。それにカツヲの旨さは皮付きで無くてはならないのに、皮を剥いであるのはけしからん!(静岡という場所柄、新鮮さを維持出来なかったんだろうが)

| | コメント (2)

由比のビワ

Dsc05719_2

由比のビワはほとんど都会に出荷され、わたしたちの口に入ることはなかなか無いのだが、やっと第1陣が落ち着き、第2陣が店頭に並びだした。
すると、傷物扱いの2級品が手軽に手に入る。
今年の初ものだが、おいしかったよ〜!

ビワと言えばいやな思い出があって、小学校6年の修学旅行の前日、由比の親戚からビワが大量に送られてきた。おいしかったのでついつい食べ過ぎてしまったら夜中にお腹を壊し大変なこととなる。お医者さんの往診を受けながらも夜中じゅう七転八倒したあげく、朝方やっと収まってきたので先生に黙って修学旅行に参加した。さいわい再発しなかったからよかったが……

| | コメント (0)

由比の根付き鯵寿し「銀太」

Dsc05710_2

Dsc05711

JR由比駅の前にサクラエビ料理と鯵のにぎりを食わせる[銀太]という寿司屋がある。
駿河湾倉沢に根付いた巨大なまぼろしの鯵を寿しに握った絶品がここにある。
また、由比漁港特産の地魚をにぎった「地魚にぎり」も絶品。
(寿し好きのわたしは残念ながら「サクラエビのコース」はまだ食べたことがない)

Dsc05714_2

これが幻の根付き鯵のにぎり。脂が乗っていてコリコリしてとてもおいしい。

Dsc05715_2

地魚のにぎりで、鯵のにぎりが一貫混ざっている。上の案内のように並んでいるので味の違いが楽しめる。

| | コメント (0)

ハイエースで北海道旅行の準備 その3 携帯ラジオ

Dsc02022

車中泊やキャンプをしていると欲しくなるのがラジオだ。
ニュースや天気予報はスマホのメールで入ってくるが、やはり人の声が聞きたくなってくる。
今までは父の遺品の古ぼけたラジオを使っていたのだが、どうも感度が悪くてうまく受信出来ない。
たとえば道の駅に泊まるんだったら全く問題ないのだが、実はラジオが受信出来ないキャンプ場等はかなりあるのだ。
また、夜はAMは受信出来るが昼間は全くできないところがある。そんなところはFMは夜も昼も受信出来ない。かと思うとそんな場所でもスマホは使えTVが映ることもある。(クルマのカーナビのラジオはなかなか感度がいい)
そんな訳で、昼間AM放送が聴けるラジオが欲しい。いろいろ探し回ったあげく、定評のあるソニーのこのラジオを買ってみた。
このラジオで受信出来なけれなもうあきらめるしかない。 
さっそく受信状態の悪い鳳来峡の山葵田小屋で試してきた。TVもスマホも感度良好(TVは有線)だが、ラジオは感度が悪い場所なのだ。あれま!やはりAM放送は夜しか入らないしFM放送は夜も昼も入らない。

う〜ん、たしかにラジオの時代は過ぎ去ったのかも知れない。しかし、北海道のキャンプ場でさえスマホが通じぬ場所は無いと言っていいほど完備されている。
そういえば、オートキャンプ場の管理人さんから「TVが映らないと分かると帰るお客さんが多い」という話しを聞いた。

| | コメント (0)

梅雨の合間の谷津山

Dsc04917

Dsc04918_2

Dsc05040_2

Dsc05688_2

この子はやはり[山の子]だな!  大喜びで飛び跳ねている。

Dsc05234_2

Dsc05240_2

獲物を追いかける時の尻の表情がすばらしい!

Gdsc05575_2

Dsc05584

[空飛ぶアマティ]

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

ハイエースで北海道旅行の準備 その2 遠近両用サングラス

Dsc04911_2

わたしはこどもの頃から目がよかったのでメガネとは無縁だった。年を取って老視、遠視、乱視が出てきたものの裸眼でスマホが読めるほどだが、乱視だけは進む一方でお月様が3つも4つも見えてしまうようになってしまった。
そんな訳で70才を過ぎてから3つもメガネを作っている(遠近両用、中近両用、近々両用)。さて、クルマの運転用に使っている遠近両用だが、乱視が進んできたこととまぶしさに耐えられなくなったことから遠近両用サングラスが必要になってきた。 といっても、この種のレンズはべらぼうに高くなかなか手が出ないのだが「クルマの運転もあと数年か」と思ったときに最後のあがきをする気になった。でも、フレームは以前から使っていたお気に入りの中古を使う。
(遠近は遠方と手元のカーナビなどに、中近は楽譜と手元、近々はディスプレイとキーボードの間等を数種類の焦点で構成されるレンズ)

| | コメント (0)

雨だね〜!

Dsc08264

Dsc08337_2

昨日梅雨入りしたらしい! きょうからはシトシトした雨がずっと続くようだ! 自家菜園の野菜たちは大喜びでスクスク育っているだろうし、遅れていた野生蘭は取り戻そうと生き生きとしてくるだろうだろう。 しかし、アマティには辛く退屈な日々が続くことになる。 アマティだけではなくわたしもイヤだな!

| | コメント (0)

2017年6月 7日 (水)

アマティ、原生林に入る!

Dsc04256_2

Dsc03912_2

いま、森はものすごく美しいのです。偶然が重なってこんなに美しい森に迷い込みました。 右の写真を見てください。こんなモノが落ちていましたよ! たぶん鹿の骨です。

Dsc04657_2

こんな長い枝をくわえて高い所に登って得意顔してわたしを見下しています。

Dsc04014_2

Dsc04017_2

Dsc04141_2

お花の前では心を落ちつかせてくださいね!

| | コメント (0)

山シャクヤク

Dsc04103_2

山シャクヤクがまだ間に合いました!  見事な大群生でした!...

Dsc04100_2

Dsc04188_2

Dsc04091_2

| | コメント (0)

そばの実 一閑人

Dsc03907_2

Dsc03910_2

Dsc03909_2

久しぶりに猪ノ頭の[そばの実 一閑人]でお昼を食べてきました。とても上品でおいしいお蕎麦ですが、人気店とみえてとても混んでて待たされました。
そばがきは絶品です。それから粗挽き蕎麦もおいしい。右は冷やしおろし蕎麦ですかね。蕎麦つゆを少し飲ませてもらったけれどうまかった。これに柚子味噌を溶かして食べるようです。 また、そば湯もトロトロでのど越しがいい。   これではお客が絶え間ないでしょうね!

| | コメント (0)

サイハイラン

Dsc03885_2

Dsc03890_2

Dsc03888_2

Dsc03900_2

今年はサイハイランの当たり年でしょうか?  ニョキニョキ、まさにアチコチにニョキニョキと出ていました。

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

ハイエースで北海道旅行の準備  その1 カーナビ

Cdimg_20170606_0003_2

蒸し暑くなってくると急に北海道旅行が恋しくなってくる。
6回目のクルマ旅、3年連続のハイエース旅行ができるだろうか?…
ここはまず、いつその気になってもいいようにとカーナビのソフトだけは新しくしておかねばなるまい。
が、ここで1つ大きな問題があって、ハーエースの純正カーナビのバージョンアップはMacに対応していないことだ。
昨年は北海道に出発直前にトラブルが発生し、エライことになったので、今回はなくなく1800円も出してDVD版を購入。
ところがここでも問題発生。日本全国の地図を更新すると10時間くらいかかりそうなのだ!  かといって全国版を買ったんだから北海道だけを更新するのも腹が立つ。
幸いなことに一旦セットしておけばカーナビを使いながらでも自動更新できるようなので、北海道計画が履行される前に10時間ほどクルマを走らせれば解決するのだが……

| | コメント (0)

しゃぶ花山椒

Dsc03878_2

5月23日に摘んできた山椒の花は当日は豚シャブでいただいたが、残りは冷凍にしてあったので今日は牛しゃぶでいただいた。
ははは! やはり豚より牛しゃぶの方が遙かにおいしいわ! この山椒のカオリとピリピリ感が何ともいえない!
まさに「こんなにゼイタクしちゃっていいのか!?」っていう感じ……

| | コメント (0)

畑仕事

20170606_113934_2_2

20170606_113847

Dsc03881

夏野菜園もかなり雰囲気が出てきた。
今日はトマトの屋根造り(雨が当たらないように上をビニールで覆う)。
次回はカラスにやられぬよう、ネットで周りを囲まなければならない。

すでにキュウリが採れだした。さっそくニンニク味噌でいただく。これがうまい!キュウリは95%が水分だと言うから、採りたてがウマイのは頷ける。

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

二俣の“さいとうラーメン”

20170605_123548_2

新東名と三遠南信道路ができてから、二俣を通ることがなくなってしまった。その結果、大好きだったさいとうラーメンと餃子も食う機会が無くなってしまった。
きょうは阿多古川沿いのイワツツジを探しながら熊(くんま)経由で二俣小に寄るルートを設定し、久しぶりにさいとうラーメンに寄ることができた。
オヤジさん、ずいぶん白髪になってしまったが元気にいい仕事をしていた。
一口すするなり「おいしいスープだな〜!」と漏れる。ここの野菜餃子も大好きだ!

| | コメント (1)

2017年6月 3日 (土)

棚山高原貸切

Dsc02153_2

Dsc02152_2

Dsc02155_2

棚山高原にキャンプ場があるということで様子を見に行ってみたら、キャンプ場はすでに閉鎖され道路も通行止めとなり、歩いて行くしか方法はないことがわかった。
ほとんど使われることの無い登山道は、犬連れには好都合。アマティは大喜びで走り回る。

Dsc02512_2

Dsc02561_2

この2枚は間の抜けた連続写真。「アマティはこんな橋も渡れるんだよ」という所を撮影したくて待機していたら、何のことは無い! アマティはこの橋をジャンプして越えてしまった。

Dsc02824

Dsc02933_2

このルートはずっと沢筋なので、これからのシーズンは犬連れにはまたとない遊び場。
ちょっと体が熱くなればどこでもクールダウン出来る。
クルマの駐車場から棚山高原まで歩いて45分ほど。
高原に着くと朽ちた管理棟や炊事場等、草ボウボウのテントサイト跡があるが、とてもここでキャンプする気はしない。

Dsc02329

| | コメント (0)

ササユリ

Dsc02232_2

Img_9867_2

ピンクのイナモリソウを見た後はうっすらピンクのササユリ。
このピンクもとてもかわいい!
ササユリは第1陣が咲きそろい、まもなく第2陣に引き継がれようとする時季で、やや中途半端感は免れないが、今年も会えたことに感謝しなければならない。

| | コメント (0)

イナモリソウが咲いた

Dsc02120_2

Dsc02104

Dsc02057_2

Dsc02031_2

ただでさえピンクの花が好きのわたしだが、実は地元の静岡ではこのピンクのイナモリソウが見れない。(静岡で咲くのはシロバナイナモリソウで6月中旬過ぎ)
ちょうど1週間前にこのピンクのイナモリソウを見に来たのだが、堅いツボミの状態だったので「まだ10日はかかるな」と思っていたのだが、開花情報が入ったのであわてて見に来たらすでに満開近い。その上虫食いにあった花もあるしまつだったが、とにもかくにも今年もこの美しい花に出会えて大満足。

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

なぜかホタルブクロが……

Dsc02005_2

庭の草むしりは腰痛持ちには大変ツライ仕事なので久しく手を入れていない。
フと池の向こう側に目をやったらなぜだ?…
ホタルブクロがたくさん咲いているではないか……
昨年までこんな所にホタルブクロは咲いていなかった。でも、だれもこんな所に植えた人はいない。
でも、何十株も芽を出しそれぞれが花を咲かせている。なんという不思議か?…
その向こう側にはドクダミとユキノシタが咲いている。

| | コメント (0)

2017年5月30日 (火)

サイハイラン

Dsc01983_2

Dsc01991_2

これも驚きました!
立派なスズムシソウが見れて大満足で御殿場インターに向かっているときです。クルマの中から外を見て「あれ?…サイハイランみたい」という声で「そんな馬鹿な」と思いながらもクルマを停めてみるとなんと本当に草藪の中にサイハイランが何本も咲いているではないか!...
交番の前に違法駐車して写真を撮ってきました。 立派な采配蘭です。

| | コメント (4)

スズムシソウ

Dsc01939_4

2日ほど前に「スズムシソウが咲いていた」との情報を得ていたことを思いだし、黒岳から降りた後は疲れてはいるものの、遠回りして御殿場経由で帰ることにした。

現地に着いてみると「咲いてる、咲いてる」    
こんなところで?…と思うような場所だが見事なものだ!
いつまでもこの場所で咲いていて欲しい!
まだ1番上はツボミのままでとても新鮮。

| | コメント (1)

黒岳

Ggggdsc01602_2

Dsc01390_2

今日は山梨県の黒岳に登ってきました。
5人に囲まれたアマティは終始ハシャギながら走るので、みんな呆れていました。
気温はかなり暑かったのですが、山頂の展望岩からは富士山が見事で、みんな大喜びです。
カモメランはまだ早かったけれど、三つ葉ツツジは開花したばかりでとてもきれいでした。

Dsc01618_2

Dsc01619_2

Dsc01372_2

暑さと急登のため5人はかなり疲れていましたが、アマティはまだまだパワーが残っています。呼び戻しをすると急坂を駆けて降りてきます。

右の写真は先代“Hana” が眠っている散骨現場です。“Hana” はこの場である貴重な山野草がいつまでも咲き続けるように見守っていてくれるのです。

Dsc01654_2

Dsc01655_2

美しい自然林の中、アマティは最後まで駆け抜けました。

Dsc01818_2

Dsc01884_2

今日のアマティは1リットルの水を自分で持ち、わたしたちがもう1リットル、計2リットルの水を用意しましたが、全部飲みきりました。
下山後は麓の沢で水浴びしてクールダウンです。

| | コメント (0)

芦川のすずらん

Dsc01338_2

Dsc01341_2

芦川のスズラン畑のスズラン祭りは5月20日に行われたはずだが、わたしの予想ではその頃はまだチラホラ咲きで、10日遅れの今が見頃ではないかと思って寄ってみたら案の定、とてもかわいく新鮮なスズランを見ることができた。

Dsc01347_2

Dsc09651_2

左はスズランに混じって咲いていたイカリソウで、こちらもとても新鮮な花だった。
右のイカリソウは数日前に歌宿に咲いていたまっ赤なイカリソウ。
イカリソウも奥が深いようで、なかなか勉強が大変だ!

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

シライトソウ

Dsc01316_2

Dsc01335_2

今年はシライトソウを見る機会を逸していたので、静岡に帰る直前にチョットだけ寄り道して会ってきた。
シライトソウと言うには貧相で「糸くず草」のようではあるが、素朴さといったらピカイチである。

| | コメント (0)

久しぶりの渓流泳ぎとイワツツジ

Dsc00913_2

アマティは肉球を痛めていたので泳ぎは禁止していた(実際にはイケナイと叫んでも無視して沢に飛び込むことはあった)が、肉球はかなりよくなってきたので静岡に帰る日の朝のお散歩は鳳来峡(宇連川)に降りてひと泳ぎしてきた。アマティが中洲に泳ぎ渡ったのでよく見たら咲きだしたばかりのイ ワツツジがとてもきれいだった。

Dsc01291_2

Dsc01264_2

Dsc01288_2

Dsc01209_2

上流でかなりの雨が降ったと見えて水量が多く流れが速いので、アマティが泳いでいてもいきなりさらわれ、真剣な顔をして必死に泳いで岸辺にしがみつく姿がおもしろく、笑いながら見ていた。(ここもそうだが急流があればその下流は浅瀬で流れも収まるので、本人は必死だろうが心配はいらない)
3・4枚目の写真の向こう側で水しぶきを上げているのは自然の滝で(幅は広いが高低差は少ない)、わたしは「鳳来のナイヤガラ」と呼んでいる。

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

ベニバナヤマシャクヤク

Dsc00841_2

ベニバナヤマシャクヤクはなかなか自然の中では見られなくなってしまった。
とても魅力的な花なのに残念だ!
これは山の中の廃村に近いような社の前に生えていたが、元住民が山中で見つけたものを移植したんだと思う。

| | コメント (0)

クリンソウ

Dsc00627_2

Dsc00669_2

日当たりのいいところはすでに終わっていましたが、日陰の場所ではきれいに咲いていました。

Dsc00722_2

Dsc00732_2

アマティは神池に飛び込んで泥だらけになってしまったので、きれいな水場で洗い落としてもらいました。

Dsc00798_2

| | コメント (0)

トキソウ

Dsc00607_2

この時期、トキソウも大きな魅力の一つだがないないないない! 咲いていない!
やっと見つけたものの、カメラが近くに近づけない。
ロープやネットで写真を撮るのはますます厳しくなるんだろうが、仕方ないんだろうな!...

| | コメント (0)

イナモリソウとカキノハグサ

Dsc00584_2

Dsc00589_2

Dsc00601_2

昨年は2度も訪れたのにいい状態のイナモリソウを見ることができなかったので、かなり期待していったのだがまだ全然早すぎるのか残念な結果。
あわてん坊はいないかと探し回ると、なんか小さな変形っぽいがイナモリソウだろうという株を見つけることができた。でも、これではなぁ!...
たくさんのツボミはあるのでもう一度見に来なくては! その代わり新鮮なカキノハグサを見ることができたのはラッキー!

| | コメント (0)

欲求不満を吹き飛ばせ!

Dsc00377_2

Dsc00453_2

Dsc00380_2

Dsc00379_2

伊那では車中残留などがありすっかりストレスがたまっていたアマティですが、鳳来峡の小屋にきたらそんなストレスは吹っ飛びます。

Dsc00429_2

Dsc00411_2

Dsc00455_2

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

明治亭(駒ヶ根)のソースかつ丼

Dsc00001

Dsc00003_2

Dsc09997_4

伊那の山から降りたら蕎麦とソースかつ丼を食いたいのだが、行きたかった蕎麦屋さんは金曜日はお休みだった。そのままクルマを飛ばして駒ヶ根の明治亭へ!
左上はヒレかつ丼で右上は海老ヒレ丼でどちらもご飯小盛り。このままでは食べられないので別皿にカツと海老を移してキャベツご飯で食べ始めるのだが、ご飯よりもキャベツの量が多いのがスゴイ!
右下は馬刺しだが、これもうまかった!

| | コメント (0)

イカリソウとフタバアオイ

Dsc09651

Dsc09646_2

Dsc09793_2

イカリソウが美しく咲いていました。
いま、まっ盛りでした。この色は1000m以上で無いと見られないでしょう。

下はフタバアオイの花です。チョット遅いけれどなんとか咲いていました。

| | コメント (3)

ホテイラン

Dsc09708_2

この子はわたしの永遠の恋人です。遠くなので年に1度しか会えません。例え雨が降っても会わない訳にはいかないのです。

Dsc09776_2

Ggdsc09731_2

Dsc09785_2

Dsc09757_2

Dsc09683_2

Dsc09727_2

Ggdsc09699_2

| | コメント (0)

シナノコザクラ

Dsc09620_2

Dsc09634_2

Dsc09629_2

Dsc09641_2

今年の異常気象は近年にない大がかりなもので、ここに来たのも昨年より10日遅くした。
しかし、それが功を奏したのかシナノコザクラはまさに見頃だったのがうれしい誤算。例年ならこの場所はとっくに花が終わっていたからである。
昨夜来の雨(今も霧雨が降っている)で花びらはすっかり濡れて痛んでいるが、10年来のシナノコザクラもこんなふうに濡れているのは初めてである。これはこれで貴重な1枚。
さらにこの場所は岩場を1mほどよじ登り片手で岩に捕まり、もう片手でコンデジのシャッターボタンを押して撮った。重いデジ一では無理かも知れない。

| | コメント (0)

2017年5月25日 (木)

戸台大橋下で車中泊

20170525_161332_4

20170525_161455_4

20170525_163713_2

Dsc09614_2

バスで歌宿まで入りたくてバス停の下で車中泊するのは10年近く続く恒例行事となってしまった。
ほんらい、ここは南アルプスの登山基地で夏山シーズン中は大混雑する登山客用の大駐車場だ。
しかし、シーズンオフの今は毎回貸切でここを利用している。もっとも、クマ、サル、シカには細心の注意が必要だから、夜トイレに起きるときは怖い。

今回は幸いなことに今日も明日も小雨模様。これなら安心してアマティをクルマに残留して山に入ることが出来る。(バスにはイヌは乗れないので晴れた日はクルマを森の奥に移動し、窓を開け放ってから扇風機を付けて出かけなければならない)

ほんの数時間ではあるが、わたしたちが山から帰ってきた時のアマティの喜び様は普通ではない。

Dsc09896_2

Dsc09839_2

Dsc09991_2

Dsc09983_2

| | コメント (0)

«野良仕事の危機